--.--.--*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.02.24*Fri*

乱暴なロマンス (15話)


ドラマ情報&他の話数のレビューはコチラ → 乱暴なロマンス

【あらすじ】
打撃練習室で待っていたドンスはムヨルに向かって乱暴にバットを振り回す。
同時にその間ムヨルの周囲で起きた事件は全部自身が犯したことだと話す。
しかしムヨルはドンスの話を信じないで何の抵抗もしない。
ドンスのバットがムヨルの頭に向かって飛んでくる危機の瞬間、
凄じい速度で駆け付けたウンジェが到着するけれど...


このドラマは字幕なし視聴です。
ハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますがご理解ください。


← 14話      15話   9     16話 →


ドンスは「俺の立場になって考えればわかるだろう?」と言い、
今までしてきた数々のことは自分の仕業だと告白。
ムヨルは「どうしてお前が?でもお前じゃないだろう?どうしてなんだ?」と信じないのね。
するとドンスはムヨルを殴り、バットを振り上げたわ。

と、そこへ異変を感じたウンジェがやってきてドンスを止め、
ドンスとウンジェは殴り合いに。
ウンジェが不利な体勢になったところでムヨルは我に返りウンジェを助けたわ。
そして何度かドンスを叩くムヨルは、途中で手を止めてた。
その時、グラウンドの電気がつき、キム室長とともに警察がやってきてドンスは捕まったわ。

ドンスに殴られたコ記者は目を覚まし、外に出てみるとドンスが捕まっていて
思わず撮影しようとするけど、途中でやめてた。

一方、子供がドンスと連絡がとれず心配していると
スヨンは家に帰ろうとするのね。
スヨン母は「帰ってもドンスは家にいないわ。今、警察に居るはずよ。
あなたを庇うために行ってるわ」と説明。
「私のため?」
「覚えていないの?あなたがジョンヒの絵を傷つけたじゃない」
「私が?」とスヨン。

その頃、ドンスは今までのムヨルの一連のストーカー事件は自分だと証言。

一方、家に帰ったムヨルはショックを受け、部屋に閉じこもったまま。
ウンジェが訪ねてきて「どうしても話したい事があるんですけど」と
ムヨル叔母に言うと、ムヨル叔母は誰にもムヨルと会わせたくないので
「会いたくないと言ってる」と勝手に断ったわ。

そしてムヨルの部屋に行った叔母は
「ムヨルがつらいことを誰も理解できなくても、私は理解してるわ。
だから1人だなんて思わないで」と家に帰っていくの。

その頃、ウンジェはジョンヒの家に行き、
「ムヨルと会って行かないの?何日も家から出ていないみたいなんだけど」と言うの。
すると「ウンジェが会いにいけばいいじゃない。
家まで入ってムヨルに聞いたの?
心配ならどう傷ついているのか、どうしてほしいのか聞かないと。」とジョンヒ。
「迷惑かもしれないじゃない。本当に一人になりたいのかもしれないし」
「ウンジェは結局、そこまでなのね。
ムヨルがどれだけつらいのかより、自分が傷つくことが心配なのね」
とジョンヒは指摘してた。

思ったことをズバッと言うので、人を傷つけることも多いだろうけど
こうやって、人のダメなところも指摘できるのはジョンヒのいいところよね。


ジョンヒの家を出たウンジェは、ジョンヒの言葉を思い出し、
ムヨルの家へ。
インターホンを何度か鳴らしてみるけど、応答がなく、鍵を開けて中に入ったわ。

ムヨルの部屋に行ったウンジェは
「迷惑だったら言ってくれれば出て行くから」と言い、
隣に座るの。
するとムヨルはウンジェにもたれかかってた。
その後、ムヨルは高校時代からのドンスとのことをウンジェに話すのね。

そこへ手袋を忘れて戻ってきたムヨル叔母が・・・
ムヨルが楽しそうに話しているのを部屋の外から聞いていた叔母は嫉妬を。

家に帰り、ムヨルの写真部屋に入った叔母は
写真をはがしてた。

と、そのとき、インターホンがなるの。
「誰ですか?」と聞いても何も言わず。
するとポストからムヨルの目がつぶれた写真が投げ込まれたわ。

ドアを開けて誰か確認しようとする叔母だけど
そこにいたのはユニ。
実はユニは取材を受けることになっていたのか、待ち合わせ場所にいたとき、
記者たちがムヨルのストーカーの犯人がドンスだったこと、そして捕まったことを話していたのね。
これを聞いておかしいと思い、ムヨル叔母を訪ねたの。

部屋に入り込むユニは
「どうしてムヨルのストーカーになったのか」と問うの。
「気になるから聞いてるだけで、どうこうするつもりはないです。
ムヨルに何か望んでいることでもあるんですか?それがないなら、お金か?
望んでいることもお金もないなら、愛?」とユニが言い、笑うのね。
「すみません。教えてもらえないので、変なことを考えてしまって」と言うユニに
叔母は明らかにムッとするのね。
そして「知りたいなら教えてあげる。時間がかかるから、お茶でも飲みましょう」と叔母。
ユニは要らないと言いつつ、叔母に出されると飲んじゃったのね。
薬の入った飲み物だったので、ユニはその場に倒れちゃった。

一方、ドンスとのことを話していたムヨルは
「絶対にドンスは犯人じゃない。何か事情があるはず」と言い、
どうすればドンスを助けられるかウンジェと考えるのね。
そこで行き着いたのは本当の犯人を見つけることで、
犯人はユニと接触していることから、ユニと連絡を取ろうと
電話をしてみるの。
だけどユニはムヨル叔母の寝室に移動させられたまま、身動きできず。

翌日、ムヨルの家にキム室長とドンアもやってきて、
本当の犯人探し会議を。
でもドンスが犯人ではないというムヨルとウンジェと
ドンスが犯人だというキム室長とドンアとで意見が対立。

とにかくユニと連絡が取れないので、ユニを探すべく、
みんなは動くことに。
そのユニの話をしているとき、ドンアがムヨル叔母に
ユニの家の近くで会ったことを思い出すの。
「人違いじゃない?」と否定するムヨル叔母に
確かにそうだったと思うドンアは首を傾げてた。

その後、ムヨルとウンジェはユニの通う大学に行き、
ユニの事を聞くけど、今日は来ていないらしい。
ドンスが犯人ならユニと接触しているところを見ている人がいるかもと
ドンスの写真を見せるけど、ユニと接触しているところを見た人はおらず。

一方、ドンアとキム室長はユニの家へ。
祖母にドンスの写真と念のためスヨンの写真を見せてみるけど
どちらも知らず。

その帰り、前に怪我をしたときにやってきたスーパーに行ってみるの。
ドンアは「確かにあの顔なんだけど」と言い、
「そういえば」とその女性から携帯を借り、キム室長に電話したことを思い出すの。
キム室長の携帯に着信が残っていたのでドンアは電話をかけ
「ムヨルさんの叔母さんに間違いないですよね」と聞くと
「そうですけど、どちらさま?」とムヨル叔母。
ドンアはすぐに電話を切り
「やっぱりそうだったじゃない!叔母さんだったわ」と。
「どうして会ったことを隠すのか」とキム室長も疑い始め、
もう一度ユニ祖母のところに行き、ムヨル叔母の写真を見せると
「知らない」と言うけど、態度は知ってる風なのね。

一方、電話を切った叔母はバレたことに気づいたらしい。
慌ててカバンを持ち、向かったのは、ジョンヒの家。
そしてジョンヒに電気ショックを与えて、気を失わせて、
かばんに入れてジョンヒを運んだわ。

一方、キム室長とドンアはムヨルとウンジェを呼び出したの。
「電話じゃ出来ない話ってなんだよ」と聞くムヨルに
「まだ確かめている最中なので、少し待ってください」とキム室長。

その頃、コ記者は元コッペムのミジンのところへ行き
ムヨル叔母の写真を見せるの。
ミジンもムヨル叔母を知っていて、コ記者はすぐにキム室長に電話を。

電話を切ったキム室長は
「驚かないでください」と言い、ムヨル叔母が犯人の可能性があると指摘。
驚き、信じられないムヨルだけどウンジェは
「もし叔母さんが犯人なら・・・ジョンヒが危ない」と。
この言葉でムヨルとウンジェはすぐにジョンヒのところへ向かうの。

ジョンヒはケビンが監視してたのよね。
ウンジェはケビンに電話して
「ジョンヒに接触した人はいませんよね」と聞くと
「いないよ。叔母さんを除いては」と言ったため
叔母さんと接触したことが判明。

急いでジョンヒの家に行くと、そこにジョンヒの姿はなく、
ムヨルはショックを隠しきれず。
この様子を見たウンジェは
「こんなときに嫉妬してる自分が嫌になる」と独り言を。

そしてウンジェはジョンヒを探しているとき、ふと休館のジムに電気がついていることに気づくの。

その頃、ムヨル叔母は目を覚ましたジョンヒに
「私にも名前があるのよ。でも愛する人に呼んでもらうこともできない」
と切々と訴えるムヨル叔母は
ジョンヒをプールに落とそうとするの。
「どうして私なの」」とジョンヒが聞くと
「あなたは私の場所をとったじゃない!
ムヨルが傷ついているときだけ私の場所だったのにそれすらも取ったじゃない!!
今、死んだら、ムヨルにとってあなたは美しい思い出のまま終われるのよ」と叔母。
「私はムヨルと別れたの」
「それなら昨日の夜、ムヨルと一緒に居たのは誰なの」と叔母が言った時、
物音がしたので、叔母はジョンヒを連れて、隠れたわ。
ウンジェがプールにやってきて、隠れていた叔母は
ウンジェに電気ショックを与え、気を失わせてた。

一方、ムヨルとケビンは叔母の家へ。
ドンドンとドアを叩くムヨルは
「ムヨルの家と暗証番号が同じなのよ」と言っていた叔母の言葉を思い出し
同じ暗証番号を入れると開いた!
家の中に入り、各部屋を見て回るムヨルとケビン。
ケビンは寝室でユニを見つけてた。
そしてムヨルは写真部屋に入り、呆然。

と、そこへキム室長から電話があり、マンションへ戻ったわ。

キム室長とドンアは防犯カメラの映像から、
ムヨル叔母が4階にいることを確認し、
やってきたムヨルにも「4階だ」と告げるの。

その頃、ジョンヒとウンジェは手と足を縛られ
「昨日ムヨルと一緒にいたのはどっち?」と。
ウンジェが「私です」と言うと
「昨日一緒にいたのはウンジェで、指輪をしているのはジョンヒってどういうことなの」と言うの。
黙る2人に叔母は2人の顔に黒い布をかけたわ。

そして叔母はムヨルに電話して
「プールにいるから来て。聞きたいことがあるのよ」と言うの。
これを聞いたムヨルはキム室長に「プールだ!!」と電話を。

プールにやってきたムヨルに
「どっちがあなたの彼女なの?」と叔母。
「どうして叔母さんが・・・もうやめてくれ」
「これからずっと恨んでいかないといけないのに、
どっちを恨めばいいかわからないじゃない」
と言い、ウンジェとジョンヒをプールに突き落とす叔母。
ムヨルは慌ててプールに飛び込み・・・

スリルがあって、見入っちゃったわ~
それにしてもどんどんムカついてきますな、叔母さんは。
指輪をしているのはジョンヒなのに、ウンジェが一緒にいたのはどうしてかと言われても、
そんなもんどっちでもよかろう??
それより、ユニはどうなってるんだ?
ただ眠らせただけなんだと思ってたけど、あんなに長い時間動けないものなのかな。




にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ   人気ブログランキングへ   
※ランキングに参加しています。1日1回のクリックが反映されます!
 ランキングバナークリックはとても励みになっていますので
 それぞれに応援の1クリックしていただけると嬉しいです♪

◆ブログランキング◆

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

人気ブログランキングへ

1日に1回、毎日クリックしていただくとランキングに反映されますので、お帰りの際にそれぞれに応援の1クリックして頂けると嬉しいです♪

※アクションはクリックだけで結構です。立ち上がったウィンドウで何かをしないといけないこともありませんので、そのまま閉じてくださいね。

 

苺

Author:苺

このブログはコメント欄を閉じていますので
メッセージがある方は、メールフォームか
管理人へメッセージの記事のコメント欄を
お使いください。
記事の応援、更新の応援などはブログランキングのバナーをクリックしていただけると、
ものすごく嬉しいです♪ 
よろしくお願いいたします!

最新記事

Twitter

Twitter

検索

 




カテゴリ

全記事表示リンク

このブログについて

記事内のマーク説明
 →ドラマ表紙へ

レビューは完全にネタバレしています。
みなさんの好きなドラマや俳優さんの ことを悪く言ってしまうこともありますが、
個人的な感想ですのでご了承ください。

なお、字幕なし視聴はハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますが
ご理解ください。

リンクはフリーですが、
お声をかけていただくと嬉しいです。
管理人へのメッセージは下にあります
メールフォームからお願いします。

また宣伝目的のコメントや
管理人が不愉快・不適切と判断した
コメントは削除させていただくことがありますのでご了承ください。

※当ブログにて使用させて頂いております画像等の著作権・肖像権は全て出所元に帰属しています。画像コピー、転載は、ご遠慮下さい。
サイト内の文章(特にレビューの文章)の無断転載もお断りします。

MAIL

管理人へのメールはコチラから♪
返信が必要な方は必ずメールアドレスを明記してくださいね♪
管理人の判断で返信しない場合もあります。
ご了承ください。

宣伝目的のメールはご遠慮ください。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

<>+-

カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

Admin

アクセスランキング

2014/10/01~

 

 

 

ブログランキング ドット ネット

08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Copyright © 気ままに苺日和 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM)  …   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。