--.--.--*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.03.23*Fri*

棚ぼたのあなた (8話)


ドラマ情報&他の話数のレビューはコチラ → 棚ぼたのあなた

【あらすじ】
偽グィナムを捉えることになったテリー.
警察で会ったジャンスになくした息子がいるということと
自身が養子ということを話すことになる。
ナムグのお母さんに助けてもらおうと行ったイルスクは
信じられない現実とぶつかることになる。
米国留学を決めて家を出ていかなければならない状況になったユニ夫婦は
再びチョンエと仲が良くなくなるけれど...


このドラマは字幕なし視聴です。
ハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますがご理解ください。


← 7話      8話   5     9話 →


男を捕まえたテリーは警察へ連れていくの。
そこにジャンスがやってきて、テリーにお礼を。
警察でテリーも両親を探していることを知ったジャンスは
「そんな事情があったんだな。知らなかったよ」と。

警察からの帰り
「何年前にいなくなったんですか?」とテリー。
「30年前だよ。あいつがいなくなってから10年は必死で探しまわった」
と言うジャンスは今でも家で息子の話をあまりしないと言ってたのかな~
すると
「僕の両親もそんなに探し回ってくれたのかな。
もしかしたら僕と会いたくないのかも」とテリーが言い、
「何か事情があったんだよ。子供が恋しくない親なんていないぞ。
この世にそんな親はいない」とジャンスは励ましてた。

その後、家に帰ったジャンスは
詐欺男をテリーが捕まえてくれたことをチョンエとマクレに報告。
ジャンスはテリーが両親を探していることを言いかけるけど
余計なことは言わない方がいいと思ったのか、言うのをやめたわ。
そしてパン屋に行き、隠し持っているグィナムの写真を見つめるジャンス。

一方、ユニが「アメリカに行く」と言うので
マニは問いただしていたの。
と、そこへテリーがやってきて
「僕たちがアメリカに行くので、お義母さんも年の半分をアメリカで暮らして、
半分をこっちで暮らしてはどうですか?」と言い、
マニは大喜び。

家に帰ったユニはテリーに
「あとは家の問題だけね。
こっちの家は私が大家のおばさんに話しておくから、テリーはアメリカの家を探して」と。
その後、テリーは「そうだ。ウチの前の家は息子を失くしたんだって」とユニに言うの。
でもユニはもう寝てた^^;;

翌朝、イルスクは子供を連れてパン屋へ。
ちょうどパン屋の前でマルスクと会ったので
「急用ができたから子供をお願いね」と預けていくの。

そしてイルスクが向かったのは、ナムグの親の家。
でもそこには誰にもおらず。
近所の人から「嫁に家を買ってもらったと言ってた」と言われ、
教えてもらった場所に行ってみると、そこには大きな家が。
インターホンを鳴らし
「どういうことですか?嫁に家を買ってもらったと聞いたけど
この家の嫁は私ですよね?何かの間違いですよね」とイルスク。
でもナムグ母は「申し訳ないわ。あなたに会わせる顔がないわ」と門を開けてくれず。
イルスクは悔しくて泣いてた。

一方、ユニは引っ越すことを告げるべく、チョンエを訪ねるの。
するとチョンエから「この間は旦那さんにお世話になったわ」と言われるの。
何のことだかわからないユニに
「いいのよ。詳しくは言わないけど、ありがとうとだけ伝えて」とチョンエ。

そしてユニはとうとう引っ越すことを告げるの。
驚いたチョンエは
「契約したじゃない。それは困るわ。新しい人がやっときたっていうのに。
また次の人を探さないといけないじゃない」と文句を。
「それじゃ私が次の人を探しましょうか?」とユニ。
結局チョンエはそれで同意したらしい。

チョンエが台所にいると、マクレがやってくるの。
詐欺男にあげたお金を差し出すマクレは
「実はこのお金はイスクが嫁に行くときにと思って貯めていたものなの。
イスクがいつ嫁に行くかわからないし、それまであなたが持ってなさい」と。

その頃、ユニは家を売るために、ネットに載せ、家を売り込むの。
でもジョンペに邪魔されてた^^;;

一方、イルスクはナムグに実家のことを問いただしていたの。
「その時に話をした」と言うナムグは
「離婚はそんなに難しいことじゃないんだし、ちょっと勇気を出すだけで
他人になれるんだ」と説得。
するとイルスクは
「わかったわ」と離婚に応じるの。
でも条件があって、1年だけ両親や家族たちには離婚は内緒にしてほしいとイルスク。
ナムグもイルスクの説明に了承したため、イルスクは離婚契約書を作成。
ナムグもサインをしたわ。

その後、家から出たナムグについていくイルスク。
「どこまでついて来るんだ」と聞くナムグに
「一つだけお願いがあるんだけど」とイルスク。
そしてナムグの気が緩んだ隙にイルスクはナムグをグーで殴ってた!!

翌朝、パンを作るチョンエとジャンス。
チョンエはユニたちが引っ越すことを不満げに話してた。
そして屋根裏部屋の人が引っ越してくることを話してたかな~

その後、イルスクの娘とグィナムの木の手入れをするジャンス。
そこへテリーがやってきて、イルスクの娘が歌っている歌を聞いて
「おじさんもその歌を知ってるよ。ちょっと歌詞を変えて歌ってたけどね」
と歌ってみるの。
ジャンスはテリーの歌を聞き、グィナムを思い出してたわ。
そしてテリーは
「実は引越しします。アメリカに」とジャンスに話し、
「この家がとっても気に入ってたので、残念です」と言うのね。

その頃、ヤンシルはユニと会うの。
チョンエが急に引っ越すユニたちをよく思っていないことを知り、、
「私が手助けをしているのを黙っててくれないか」と言ってた。

一方、ブラジルから帰国したジェヨンを秘書が待ち構えていたの。
どうやら父がジェヨンのことを怒っているらしい。
これを知ったジェヨンは
「数日間いなくなる」と言い残し、空港を立ち去るの。

そしてどこか泊まる所はないかと探していたとき、
どこかで聞いた声が聞こえてくるのね。
その声とはイスク。
イスクの会社の社長が借金しているのかな。
その取立てにきたらしく、イスクはその人たちとケンカに。
これを見たジェヨンは助けに入るけど、やられちゃってた^^;;

その頃、ユニの携帯に新しい入居者が決まったと連絡が入り、ユニは大喜び。

一方、仕事をするマルスクを訪ねる、マルスクを追いかける男。
「どうして電話に出てくれないんだ」と言う男に
「わからないの?会いたくないからじゃない」とマルスク。
それでも引き下がらない男に、マルスクは演技をして諦めさせようとするんだけど
どうやら名前を間違えたらしい^^;;
このことに男はショックを受けて、帰って行ったわ。

一方、、ユンビンが屋根裏部屋に引っ越してきたの。
大事なピアノの置き場所がなく、不満そうなユンビン。

その頃、イルスクはバスに乗り、ラジオからユンビンの曲が聞こえてきて
昔のことを思い出してた。

一方、ユンビンが買い物から帰ってくると、
ピアノの音がしたので慌てて、屋上に行くと
そこにはイルスクの子供がピアノを弾いてたの。
「勝手に弾くな」と怒るユンビンに
「これはおじさんのなの?」とイルスクの子供。
「おじさん?俺におじさんって言ったのか?兄さんと呼べ」
「だっておじさんだもの」と泣き出しちゃった。

子供から見たらどうみてもおじさんじゃないか^^;;

イルスクの子供が泣いていたため、迎えに来たイルスクは
「その人にあったら怒ってあげるから」となだめてた。

一方、市場に出かけていたチョンエにマルスクが
「荷物が届くから受け取っといて」と電話をしてくるの。

その頃、ユニもテリーから
「養母さんから何か手がかりになるようなものを送ってくれてる荷物が
今日、パン屋に届くから、取りに行ってくれ」と頼まれていたわ。

チョンエはパン屋に戻り、荷物を見てマルスクのだと思うのね。
箱を開けてみると、グィナムが居なくなっていたときに着てたカーディガンで
「似ているものではなく、同じものじゃないか」と
驚くジャンスとチョンエ。
と、そこへ
「荷物を取りに来たんですけど」とユニがやってきて・・・

まだ面白いと思えるところまでいかないなぁ(´・ω・`)



にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ   人気ブログランキングへ   
※ランキングに参加しています。1日1回のクリックが反映されます!
 ランキングバナークリックはとても励みになっていますので
 それぞれに応援の1クリックしていただけると嬉しいです♪

◆ブログランキング◆

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

人気ブログランキングへ

1日に1回、毎日クリックしていただくとランキングに反映されますので、お帰りの際にそれぞれに応援の1クリックして頂けると嬉しいです♪

※アクションはクリックだけで結構です。立ち上がったウィンドウで何かをしないといけないこともありませんので、そのまま閉じてくださいね。

 

苺

Author:苺

このブログはコメント欄を閉じていますので
メッセージがある方は、メールフォームか
管理人へメッセージの記事のコメント欄を
お使いください。
記事の応援、更新の応援などはブログランキングのバナーをクリックしていただけると、
ものすごく嬉しいです♪ 
よろしくお願いいたします!

最新記事

Twitter

Twitter

検索

 




カテゴリ

全記事表示リンク

このブログについて

記事内のマーク説明
 →ドラマ表紙へ

レビューは完全にネタバレしています。
みなさんの好きなドラマや俳優さんの ことを悪く言ってしまうこともありますが、
個人的な感想ですのでご了承ください。

なお、字幕なし視聴はハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますが
ご理解ください。

リンクはフリーですが、
お声をかけていただくと嬉しいです。
管理人へのメッセージは下にあります
メールフォームからお願いします。

また宣伝目的のコメントや
管理人が不愉快・不適切と判断した
コメントは削除させていただくことがありますのでご了承ください。

※当ブログにて使用させて頂いております画像等の著作権・肖像権は全て出所元に帰属しています。画像コピー、転載は、ご遠慮下さい。
サイト内の文章(特にレビューの文章)の無断転載もお断りします。

MAIL

管理人へのメールはコチラから♪
返信が必要な方は必ずメールアドレスを明記してくださいね♪
管理人の判断で返信しない場合もあります。
ご了承ください。

宣伝目的のメールはご遠慮ください。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

<>+-

カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

Admin

アクセスランキング

2014/10/01~

 

 

 

ブログランキング ドット ネット

10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Copyright © 気ままに苺日和 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM)  …   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。