--.--.--*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.04.14*Sat*

屋根裏部屋の皇太子 (7話)


ドラマ情報&他の話数のレビューはコチラ → 屋根裏部屋の皇太子

【あらすじ】
テムは自身が起こした事故に対してマノクに必要なことがあればいつでも話してくれというが、
これに対しマノクはパクハをホーム&ショッピングに就職させてほしいとお願いする。
パクハとガクは25年前パクハの家族の写真
(お母さんの顔が切れている)を撮った場所に行くことになる。
一方、チャン会長はかなり以前になくした娘を探したくてテムにお願いするけれど...


このドラマは字幕なし視聴です。
ハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますがご理解ください。


← 6話      7話   8     8話 →


パクハに何かがあったと思ったガクは追いかけるけど
パクハは何も言わずにタクシーに乗り込んだわ。

そしてマノクの病室へ。
そこにチャン会長がやってくるの。
チャン会長はパクハが自分の娘かと思うけど
マノクは「あの子じゃない」と。

どうやらチャン会長は数年前にガンの手術をしたので
二度と会わないと言っていた娘に会いたくなったらしい。
でも香港で暮らしているチャン会長には
子供がいるようなことを言ってたような。。。

パクハが帰り、チャン会長とマノクはロビーで話をしていたの。
つらい状況のチャン会長は話をしていてたまらず
「飲み物を買ってくる」と席を立つのね。
と、そのときセナがやってきて、マノクはビックリ!
戻ってきたチャン会長は娘だと思ったらしく、遠くから見つめてた。

一方、バスを降りたパクハに
少しはなれたところから電話するガク。
「イチゴがいいか、バナナがいいか」
と飲み物を持ち、聞くガクだけど
パクハは「今日は遅くなるから」と電話を切るの。

川を眺め、考え事をするパクハ。
その隣のベンチにはガクが座っていて
パクハにあげるために持っていた飲み物を全部飲み干してるし^^;;

ガクに気づいたパクハは怒りながら帰宅。
すると3人衆が会社で扱うダイエットマシーンを
何をするものかわからず使っていて
パクハに助けを求めるの。
それでなくても機嫌が悪いパクハは怒ってた。

しかたなくキャンピングカーから出てきた3人衆。
なにやらマンボとチサンはガクにパクハの悪口を言ってたけど
ヨンスルは黙ったまま。
そんなヨンスルに「言わないということは、パクハが気になるのか」
とガクが指摘。
「違います」と答えたヨンスルは、意を決してパクハの悪口を言うんだけど、
そこにタイミング悪くパクハがキャンピングカーから出てきていて、
それに気づかないヨンスルは悪口を言い続けるのね。
マンボ、チサン、ガクはそんなヨンスルに背を向けてて、
我に返ったヨンスルはおかしいことに気づき、
振り向くと・・・パクハがいてビックリ!
パクハはものすごーく怒って、ヨンスルは小さくなってるし(笑)

その後、パクハは荷物をまとめてキャンピングカーから出て行こうとするのね。
そんなパクハを引き止めるガク。
と、そのとき、パクハの荷物が床に落ち、
子供の頃の写真を見つけたガクは
「これは誰の写真だ」と聞くの。
「私の写真よ」と言うパクハに
「9歳までの記憶を取り戻したんだな」と嬉しそうに言うガク。

パクハは小さい頃に母が父と自分を捨てたから憎んでいたらしい。
そして思い出したばっかりにセナがパクハを捨てた事実も思い出したので
「思い出さないほうがよかったこともある」と言うのね。
「それでも思い出があれば、その人とずっと一緒にいられる」とガク。

その後、ガクは自分がこの時代に来てしまったいきさつを思い出し、
ファヨンの死の謎を解かないとと思うのね。

翌朝、退院するマノクにテムが
「これからの治療費も全部僕が持ちます。
もしそのほかにも僕が手助けできることがあれば行って下さい」
と言ったため、マノクはパクハを会社で雇ってほしいとお願い。
パクハは「やめてよ」と言うけど、テムは「わかりました」と。

一方、会社に出勤したガクはハッカ飴を持ってきていたの。
3人衆に食べさせるけど、ヨンスルはハッカ飴(パクハ飴)という名前なので
噛めないの。
これに気づいたガクはいくつもヨンスルにわたし
「一気に食べろ」と言うけど、ヨンスルは口に入れたまま噛めず(笑)

ヨンスルのキャラ、おもろすぎ~( ´艸`)ププッ

その頃、テムはチャン会長に
「一つお願いしたいことがある」と言われ
一枚の写真を見せられるの。
その写真はパクハが持っていた母の顔がない写真と同じもので
これはちゃんと3人で写ってるものなのね。
「私の娘を探してほしい」とチャン会長。

パクハの名前が違う名前だったので、
パクハ父が母と別れてから変えたのかな~
てっきりセナ母だと思ってたけど、パクハ母だったのね。


そしてテムがその写真を見ていると、
セナがやってくるの。
チャン会長の部分しか見えなかったけど
テムは「香港の人と結婚したチャン会長だけど
韓国にいるときに家族がいたらしい。
その家族写真だ」と説明し、3人の写真を見せるの。
セナはそこに写っているのがパクハ父だと気づき、ビックリ。
と、そこへテムを訪ねてパクハがやってきたので、さらに驚いてた。
セナは思わず写真を隠し、平静を装うけど、テムが立ち去った後、
「どういうつもり?」とパクハに怒るの。
マノクがテムに頼んだことを話すパクハは
「この会社が偶然あんたの勤める会社だったってだけよ。だから私にかまうな」と。

そしてエレベーターに乗ったパクハが1階に下りると
ガクが乗ろうとするのね。
「また会ったな」と言うガクに
「これからはもっと会うかも」とパクハ。
するとガクはパクハの写真を撮った場所に行けば
何か思う出すかもとパクハを連れて行くのね。

その様子をパクハの家族写真を入手したセナが見てたわ。
そしてテヨンの携帯に電話するセナは
「どこに行くのか」と聞くの。
「春川(チュンチョン)に行く」と告げるガク。

その後、春川についたガクとパクハは
写真を撮った写真屋さんを見つけるのね。
そしてその写真屋の主人に小学校の場所を聞いてた。

小学校に向かう道中で、昔ピンポンダッシュをしていたことを思い出したパクハ。
ガクが「それの何が面白いのか」と言うので、
パクハはピンポンダッシュをするのね。
ガクは面白かったらしく、自らもピンポンダッシュをしてた(笑)

そして学校に到着したガクとパクハ。
でも学校にはパクハと言う女の子がいたという記録がないらしい。
「名前を間違えたとか?」と聞くガクに
「自分の名前を間違えるわけがない」とパクハ。

学校にはチャン会長が言ってた名前で通ってたんだろうな・・・

パクハの名前の漢字を聞くガクは
それを見てプヨンを思い出したらしい。
プヨンと同じことを言うパクハに驚いてたけど。

一方、チャン会長を連れて春川の写真屋にやってきたテム。
そこで「さっきもこの写真を持って聞きに来た人がいた」と聞かされ
その人たちが小学校に行ったと聞き、チャン会長とテムは小学校へ。

その頃、パクハとガクをセナが見つめてた・・・
チャン会長とテムがやってきたのを見て
パクハに会わせたくないセナは
慌てて2人の前に出て、あたかも自分が写真屋に行き、探していたように振舞うのね。
「記録も見てきたけど、なかった」と告げるセナ。

そこでチャン会長はセナが娘だと勘違いし、
セナの車で帰ると言い、車を運転するセナを見つめてた。

セナの母だと思ってたときは
パクハを娘だと勘違いするんじゃないかと思ったけど逆だったか!!
セナを娘だと勘違いしてるよ^^;;


ホテルまでチャン会長を送ったセナは
チャン会長から指輪をもらってた。

勘違いしてるのにあんな指輪まであげてるし。
こんなのセナの思う壺じゃないか!


そしてテムとともに駐車場に向かうセナ。
テムはセナに
「チャン会長がセナのことをとても気に入ってくれたみたいだ」
と嬉しそうに抱きしめるの。
と、そこへドンマンがやってきて、抱き合ってる2人を見て、激怒!
テムには「家で話をしよう」と言うドンマンは
セナに「一刻も早くテムと別れろ」と。

一方、バスに乗って帰るガクとパクハ。
寝ていたパクハはガクにもたれているのに気づき
もたれるのをやめるんだけど、
ガクは目を瞑ってるけど、起きてたのね。
パクハの頭を自分の肩にもたれかけさせてた。

その後、バスを降りたガクにセナから
「会いたい」とメールがあり、
ガクはすぐに会いに行くの。
セナはガクからもらったブレスレットを返し
「出会ってから今までのことを考えると私に関心があるみたいだけど」と言うの。
「そうだ」と言うガクにセナは呆れ
「わたしはあなたに興味がないわ」と。
「必ず好きにさせてみせる」
「いつから私のことを思ってるの?」
「前世から」
「本当に変な人ね」と言うセナに
「妹はいるか」と聞くガク。
驚きつつ「いない」と答えるセナだけど
ガクは「必ずいるはずだ」と言ってた。
そしてセナにブレスレットをつけながら
「覚えていないなら、ずっと一緒にいればいい」
とガクは心の中でつぶやいてたかな。
その様子をテムが見てたわ。

ガクと別れたセナが家に帰るとテムが待ってたの。
「話をしよう」と言うテムに
「疲れてるから」とセナ。
「父さんにあんなことを言われて、嫌だっただろう。すまない」
とテムが言うと
「そう思うならいますぐ結婚すると言いなさいよ」とセナ。
「それは出来ない。わかってるじゃないか」
「それなら別れましょう」とセナは言い、
テムは家から出て行っちゃった。

翌日、パクハの初出勤の日。
ガクと3人衆がなかなか車から出てこないので
痺れを切らしたパクハが先に行こうとするんだけど
すぐに追いつかれてるし(笑)

その頃、テクスはテムに会いに行くの。
「2年前お前はテヨンに会っていただろう?俺には確信があるんだ」と言うテクスは
食事した店や飲み屋で2人分の料理を頼んでいたことを指摘。
この言葉にテムはかなり動揺。

一方、仕事をするパクハのいるスタジオにやってきた
ガクと3人衆。
今日から屋根裏部屋に戻れる日ということで、
パーティがしたいらしい。
「何が食べたいの?」と聞くパクハに
何が食べたいのかなかなか言えない3人衆。
するとパクハはある料理が食べたいと思い、話すと
ガクが「それは5歳の時に食べて、気分が悪くなったから食べられない」と言うのね。

この話を副調整室で聞いていたテムはおかしいと思うのね。
そしてガクをスカッシュに誘うけど、ガクはスカッシュが出来ず。
「記憶がないのは理解できるけど、体で覚えたことまで忘れてしまうのはおかしい。
俺はお前のことを一度もテヨンだと認めていない」とテムはガクに言い・・・

だから?
ガクがテヨンじゃなかったらなんなのよ!
テヨンじゃなかったら会社は俺のもの・・・と思ってるのかもしれないけど
テヨンを殺した事実は消えませんからね。
会社を自分のものにしようとする前に、自分は犯罪者だということを忘れるな!
テムとセナにムカムカするわ(`-ω-´)




にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ   人気ブログランキングへ   
※ランキングに参加しています。1日1回のクリックが反映されます!
 ランキングバナークリックはとても励みになっていますので
 それぞれに応援の1クリックしていただけると嬉しいです♪

◆ブログランキング◆

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

人気ブログランキングへ

1日に1回、毎日クリックしていただくとランキングに反映されますので、お帰りの際にそれぞれに応援の1クリックして頂けると嬉しいです♪

※アクションはクリックだけで結構です。立ち上がったウィンドウで何かをしないといけないこともありませんので、そのまま閉じてくださいね。

 

苺

Author:苺

このブログはコメント欄を閉じていますので
メッセージがある方は、メールフォームか
管理人へメッセージの記事のコメント欄を
お使いください。
記事の応援、更新の応援などはブログランキングのバナーをクリックしていただけると、
ものすごく嬉しいです♪ 
よろしくお願いいたします!

最新記事

Twitter

Twitter

検索

 




カテゴリ

全記事表示リンク

このブログについて

記事内のマーク説明
 →ドラマ表紙へ

レビューは完全にネタバレしています。
みなさんの好きなドラマや俳優さんの ことを悪く言ってしまうこともありますが、
個人的な感想ですのでご了承ください。

なお、字幕なし視聴はハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますが
ご理解ください。

リンクはフリーですが、
お声をかけていただくと嬉しいです。
管理人へのメッセージは下にあります
メールフォームからお願いします。

また宣伝目的のコメントや
管理人が不愉快・不適切と判断した
コメントは削除させていただくことがありますのでご了承ください。

※当ブログにて使用させて頂いております画像等の著作権・肖像権は全て出所元に帰属しています。画像コピー、転載は、ご遠慮下さい。
サイト内の文章(特にレビューの文章)の無断転載もお断りします。

MAIL

管理人へのメールはコチラから♪
返信が必要な方は必ずメールアドレスを明記してくださいね♪
管理人の判断で返信しない場合もあります。
ご了承ください。

宣伝目的のメールはご遠慮ください。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

<>+-

カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

Admin

アクセスランキング

2014/10/01~

 

 

 

ブログランキング ドット ネット

08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Copyright © 気ままに苺日和 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM)  …   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。