--.--.--*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.04.27*Fri*

屋根裏部屋の皇太子 (11話)


ドラマ情報&他の話数のレビューはコチラ → 屋根裏部屋の皇太子

【あらすじ】
ガクはテヨンの携帯電話を再び手にすることになり、
サービス センターにパスワード問い合わせをする。
チサンが突然腹が痛くなり、マンホとヨンスルは慌ててどうしていいか分からない。
バーベキューパーティーをしようと来たセナの助けでチサンは病院に入院する。
そのことを体験した後、3人衆はますます故郷を懐かしがり...


このドラマは字幕なし視聴です。
ハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますがご理解ください。


← 10話      11話   8     12話 →


パクハを追いかけたガクは
「携帯が動かなくなったから責任をとれ」と言うの。
そう言うことでパクハが送ったメールは見ていないことにしてあげたかったのよね。
この言葉を信じたパクハは少し気が楽になったみたい。

その後、マノクから呼び出されたパクハは
テヨンとヨ会長の壁紙になっている携帯を渡されるの。
荷物に紛れ込んでいたというマノクは
画面が壊れてるからもう捨てるしかないかもと言うけど
壁紙を見たパクハはその携帯をガクに渡したわ。
するとガクはテムとともに携帯のパスワードを調べてもらいに行ったとき
失くした携帯だと気づいたのね。

一方、セナは屋根裏部屋へ。
するとチサンがお腹が痛いとのたうちまわってたの。
セナは慌てて病院に連れて行き、盲腸だとわかったので手術をすることに。

マンボが荷物を取りに戻ったとき、
ガクとパクハが家に戻っていたので
「チサンが手術をした」と報告。
ガクとパクハはすぐに病院に行ったわ。

マンボは病室に行き
「セナさんがいなかったら大変なことになっていた」
と感謝の言葉を言うのね。
これを聞いたガクも
「ありがとう」とお礼を。

この様子を見ていたパクハは居づらくなって病室から出て行っちゃった。
そんなパクハにガクは気づいてたわ。

そしてパクハがトイレから出てきたとき、
ガクはセナを見送ろうと廊下に出てきていたのね。
セナは
「パクハさんとのことは何も心配するなと言っていたけど
2人で一緒にきたから気になる」と言うの。
「ちょっと出かけていただけ」とガクは説明していて
これを影から聞いていたパクハはつらそうだわ。

その後、病室ではチサンが
「このまま死んでしまうのではと怖かった。母に会いたい。
ここにいるのも悪くないけど、やっぱり故郷に帰りたい」と言うのね。
「いつ朝鮮に帰れるのか」とマンボも寂しそう。
これを聞いていたガクは
「お前たちがそんなにも帰りたいと思っていると知らなかった。
私たちが朝鮮で調べていたことの答えがわかったら、
必ず朝鮮に帰れるから、もう少しだけ待ってくれ」とお願いを。

と、そこへパクハがお弁当を持ってくるの。
でもヨンスルは「チサンが食べられるようになるまで食べない」と言い、
食べたそうなマンボはヨンスルを睨んでた^^;;

そしてガクとパクハは病院をあとにするんだけど、
パクハはガクが乗ったバスには乗らず。
先に帰ったガクはパクハが帰ってくるのをずっと待ってたんだけど、
なかなか帰ってこなくて心配して電話するけど連絡がとれないのね。
たまらず、外に探しに行くガクだけど、どこを探しても居なくて
家に戻ってくると、パクハは庭に居たわ。

「電気がついてるから家に居ると思ったのに。どこに行ってたの?」
とパクハに聞かれたガクは
「探しに行った」とは言えずに「ちょっと気分転換に出ただけ」と言ってた。

その後もガクはパクハに何か言いたそうなんだけど、言えず。
パクハがまた庭に出たので、ガクは追いかけ
パクハの目の前に座るのね。
それでも何も言わないガクにパクハは気まずくて
「明日、病院に持っていく果物を買ってくる」と出かけようとするの。
と、そのとき、ガクはパクハの腕を掴み、引き止めるの。
「俺を好きだというのは本当か」
「メールを見たの?知ってて一日中、私を見て笑ってたってこと?」
とムッとするパクハに
「好きになるな」とガク。
この言葉に何もいえなくなったパクハは買い物に出かけたわ。

えっ!ガクがパクハを探しに行った時間が23時35分だったのよ?
その後、時間は過ぎているはずなのに
今から果物売ってるところがあるのかい?
ま、果物を買いに行くというのは口実だろうけどさ。
それにしてもおかしいよな^^;;


パクハが出かけた後、ガクは
「すまない」とつぶやいてた。

翌日、ガクは携帯を持ち、サービスセンターへ。
そしてロックを解除してもらい、写真を見ると
テヨンと一緒にテムが写っていたの。
日付を見ると2010年2月17日になってたわ。

その後、ガクはパクハにテヨンが描いたスケッチを持ってきてもらうの。
テヨンがスケッチしたであろう日にちや、
テヨンと思われる人物に呼び出された日にちを聞くガク。
パクハは会う約束をしたのは2月18日だと証言。
「でも私はテヨンさんを知らないわ。あの日、来てたら会っていたかもしれないけど」
と言うパクハに
「来なかったのは死んだからだ」とガク。
「どうしてなの?」
「それは今、調べているんだ」とガクは言い、
会社に戻ってテクスに
テヨンが失踪した日や、テムがアメリカに到着した日などを聞くのね。
するとテムがアメリカに着いた日は2月17日で一致するらしい。

そこでガクはテムをバーに呼び出すの。
「思い出したんだけど、気分が悪い」と言うガクは
「ある男とある女が出会う運命だったのに、
誰かが邪魔したため、男は女と会えなかった」と言うの。
これを聞いたテムはテヨンを突き落としたときのことを思い出し
かなり動揺。

わかりやすっ!

でも動揺しているのを見せてはいけないと必死になったため
ガクと話すときはいつも怒っている感じなのに、
口数が増えてるし^^;;

そしてガクはテムに
「テム兄さんがアメリカに来たとき俺と会ったのか会っていないのか」
と質問するとテムは
「イカれたやつめ!」と。
「会ったか会っていないか2つに1つなのに、イカれた奴というのは答えになっていない。
だから会ったのか、会っていないのか」
とガクは何度も聞くのね。
「会ってない!」と言うテムに
笑い出したガクは
「会っていたら、殺人者だもんな。でも会っていないといったら嘘つきだ」と言うのね。
テムは怒り、立ち去ろうとすると
「殺人者と嘘つきは同じだからな」とガクはとどめを(笑)

その後、会社に戻ってきたガクはパクハが
ぼ~っとして歩いていて、足をくじいてしまったところを目撃。
するとガクはパクハに気づかれないように、
湿布などの薬を買い、パクハのカバンのそばに置いておくのね。
これに気づいたパクハは家に帰り
「どうして好きになるなと私には言うのに、自分は好き勝手に私に優しくするのか」と怒るの。
そこでガクは朝鮮から現代に来てしまったわけを話すのね。
「世子妃の生まれ変わりのセナさんと結婚すれば、
また朝鮮で起きたことと同じことが起こるはず。
その犯人を突き止めたら、朝鮮に戻れるはずだと思っているから
セナさんと結婚しようとしているんだ」とガク。
そして犯人がわかったらパクハに公表してほしいとお願いしてたかな。

その後、ガクはセナに呼び出され、会いに行くの。
するとセナは「あなたと結婚したい」と言い、
お互いの気持ちが同じなら、問題はないと思うというのね。
そこでガクとセナはヨ会長に報告に行くの。
ヨ会長や大叔母は大喜び。
ドンマンはセナがテヨンと結婚すると分かり、ニヤニヤと。
その後、テムにこのことを報告に行くの。
でもテムはかなり動揺し、セナを責めに行ったわ。

一方、セナから婚約するけどマノクのことを先方に話していないため、
もう少し会わせるのは待ってくれといわれ、ショックを受けていたマノク。
そんなときパクハから連絡があり、パクハとマノクはお酒を飲みに行くのね。
「あんたは私が飲みたいときにいいタイミングで連絡をくれる」と嬉しそう。
そしてマノクとセナはかなりお酒を飲み、それぞれの家に帰ったわ。

翌日、パクハはマンボと商品を取りに倉庫に行くのね。
倉庫の中にない商品をマンボが取りに行っているとき、
倉庫内で出火。
マンボが倉庫を出たときに、戸が閉まったため、外からドアが開けられないのね。
パクハは倉庫の中をさまようけど、動けば動くほど怖くなり、
安全そうなところで座り込んじゃった。

一方、新しく取り扱う商品の契約をしようとしていたガクだけど
マンボからの連絡で、相手の会社が来ているにも関わらず、
倉庫へと向かうガク。

そしてようやく倉庫の鍵が開くけど、火がまわっているので
みんなは消防隊が来るまで待っていたの。
でもガクだけは待っていられず、中に入ってパクハを探し・・・

ガクが結婚しようとしたとき、プヨンが顔にやけどをおったのと同じことが起きたということよね。
セナとの結婚がきまりかけていたところでこの火事だもの。
顔にやけどを負わなければいいけど。




にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ   人気ブログランキングへ   
※ランキングに参加しています。1日1回のクリックが反映されます!
 ランキングバナークリックはとても励みになっていますので
 それぞれに応援の1クリックしていただけると嬉しいです♪

◆ブログランキング◆

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

人気ブログランキングへ

1日に1回、毎日クリックしていただくとランキングに反映されますので、お帰りの際にそれぞれに応援の1クリックして頂けると嬉しいです♪

※アクションはクリックだけで結構です。立ち上がったウィンドウで何かをしないといけないこともありませんので、そのまま閉じてくださいね。

 

苺

Author:苺

このブログはコメント欄を閉じていますので
メッセージがある方は、メールフォームか
管理人へメッセージの記事のコメント欄を
お使いください。
記事の応援、更新の応援などはブログランキングのバナーをクリックしていただけると、
ものすごく嬉しいです♪ 
よろしくお願いいたします!

最新記事

Twitter

Twitter

検索

 




カテゴリ

全記事表示リンク

このブログについて

記事内のマーク説明
 →ドラマ表紙へ

レビューは完全にネタバレしています。
みなさんの好きなドラマや俳優さんの ことを悪く言ってしまうこともありますが、
個人的な感想ですのでご了承ください。

なお、字幕なし視聴はハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますが
ご理解ください。

リンクはフリーですが、
お声をかけていただくと嬉しいです。
管理人へのメッセージは下にあります
メールフォームからお願いします。

また宣伝目的のコメントや
管理人が不愉快・不適切と判断した
コメントは削除させていただくことがありますのでご了承ください。

※当ブログにて使用させて頂いております画像等の著作権・肖像権は全て出所元に帰属しています。画像コピー、転載は、ご遠慮下さい。
サイト内の文章(特にレビューの文章)の無断転載もお断りします。

MAIL

管理人へのメールはコチラから♪
返信が必要な方は必ずメールアドレスを明記してくださいね♪
管理人の判断で返信しない場合もあります。
ご了承ください。

宣伝目的のメールはご遠慮ください。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

<>+-

カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

Admin

アクセスランキング

2014/10/01~

 

 

 

ブログランキング ドット ネット

08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Copyright © 気ままに苺日和 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM)  …   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。