--.--.--*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.05.09*Wed*

棚ぼたのあなた (22話)


ドラマ情報&他の話数のレビューはコチラ → 棚ぼたのあなた

【あらすじ】
家に戻ったマルスクは激しく怒ったジャンスを避けてグィナムの家に逃げこむ。
ジェヨンのレストランに友人らと共に来たギュヒョン.
ギュヒョンはイスクが受け入れさえすればイスクと新しく縁を始めたいと話して
そのようなギュヒョンをイスクは非難する。
このすべての状況が当惑して苦しいイスクのそばで話を聞くジェヨン.
家を少しでも助けるために新聞配達はしたジョンペはボエ、スネとあってしまう。
父母の日、クィナム夫婦はジャンスとチョンエのために特別な贈り物を準備するけれど...


このドラマは字幕なし視聴です。
ハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますがご理解ください。


← 21話      22話   6     23話 →


マルスクが家に入らないように阻止するユニだけど
一瞬の隙をついてマルスクがユニの家の中に入ったわ。
「お義父さんだってそんなこと言ったって、本当にするわけないわ。
だから帰りなさい」と言うユニに
「お義姉さんは知らないだろうけど、学生のとき、父さんに本当に髪を切られたんだから。
今回も本当に切られちゃうわ。だからかくまって」とマルスク。
このマルスクの言葉にユニは
ジャンスが本当に髪を切るような人に見えずに驚いてた。

その後、グィナムが帰宅。
マルスクが家に居ることがわかったけど、
マルスクはジャンスたちには絶対に言うなと言うの。

そこでグィナムとユニはチョンエとイルスクに
「マルスクが家に居る」と報告。
なのでジャンスにはうまく言ってくれと言ってたかな~
するとイルスクは
「マルスクは高価なものに目がないから気をつけたほうがいい」
と言うようなことを忠告。

ユニが家に帰ると
高いクリームのフタは開いてるし、洋服ダンスの中から服を取り出して見てるし^^;;
呆れるユニに
「お腹がすいたから何か食べさせて」とマルスク。
するとユニは「食べるものは何もないわ。食べたかったら家に帰ったら?」と冷たく接するの。

一方、セグァンが外泊したため、マルスク元彼は
「別れるというといったじゃないか」とセグァンを責めるのね。
すると「海が見たいというから行ってきた。夜通し運転してたから疲れてるんだ」
と寝ちゃった。

その頃、ユンビンはマネージャーの紹介でプロデューサーと会っていたの。
「ご結婚はされていませんよね」と聞かれたユンビンは
「してます。音楽と」と堂々と言ってたわ(笑)

今をときめくアーティストならまだしも、
もう完全に落ちてるユンビンがそんなこと言っても
かっこよくもなんともないじゃないか(笑)
ユンビンの「音楽と」を聞いて、おもわず笑っちゃったよ^^;;


そしてユンビンはいいたい放題なのね。
聞いていられなくなったマネージャーは
「ユンビンさんはもう昔のスターなんですよ。
町を歩いても気づかれないでしょう??」と痛いところをつくの。
それでも自分は昔のスターではなく「スターユンビンだ」と言うユンビン。
これを洗濯を干しに屋上にやってきたイルスクが聞いていて
イルスクはユンビンに会いに来たファンを装って、
ユンビンを助けるのね。
「ファンをつれてくる」と言うイルスクは
「日本からも来てるんですよ」と言ってた。

このイルスクの応援でユンビンはプライドを持って
プロデューサーの仕事を断り、部屋へ。
でも1人で泣いてたわ。
と、そこへイルスクがドア越しにユンビンを応援。

イルスクはいい人よね~
マルスクと同じ姉妹とは思えないくらいいい人だわ。


その頃、マルスクはユニの寝室のベットの上で
スナック菓子を食べながら雑誌を読んでた(`-ω-´)
これに気づいたユニは注意をするけど
悪びれる様子もないマルスクにユニは強行突破。
マルスクをベットから退かせてた。
そして「マルスクさんが私の妹じゃなくてよかったわ。
妹が外泊したらそれこそただじゃおかないもの。
今度、私の弟に会ったらどれだけ私が怖いか聞いてみればいいわ」
といい、ユニは布団を干すために部屋から出て行くの。

その弟とマルスクは一緒に居たんですけどね^^;;

一方、グィナムはジャンスに
「お母さんからマルスクのことを聞いていますか」と聞き、
ジャンスとマルスクが大喧嘩しないように間に入るのね。
そして「お父さんの作るアンパンが大好きだからアンパンを作ってみたい」とグィナムはいい、
小さい頃、グィナムが同じようなことを言っていたことを思い出したジャンスは
嬉しそうにアンパンの作り方を教えてた。

その頃、イスクはジェヨンに
「昨日来た友達なんですけど、今日集まりがあるらしくて
ここに来たいというんです」と言うの。
「どうしてだ?ソウル市内にレストランはここだけじゃないだろう?」
と明らかに嫌そうなジェヨン。
そしてイスクに自分とは雇用関係なんだから、親しくしゃべりかけるなと注意を。

一方、ラーメンが食べたくなったオクだけど、
作ってみるとにおいで気分が悪くなるのね。
そこでジョンペとジョングンは屋上に行ってラーメンを食べるの。
と、そこへ部屋から出てきたユンビンが。
ジョンペはユンビンに「ラーメンを一緒に食べよう」と誘い、
最初は断ってたユンビンだけど、結局ガッツいてた^^;;
するとジョングンがもうすぐ兄弟が生まれるので
いろいろ思うことがあるらしく、その話をするの。
ジョンペは呆れてたけど、ユンビンは
「気持ちがよくわかる」と言い、この言葉にジョングンは嬉しそう。

ここも同じ系統だったのか^^;;

その頃、お腹が空いたマルスクは
「食べるものはないの?」とユニに聞くけど
「ないわよ。私は今からお義母さんのところに行って食べるの。
マルスクさんも一緒に来たら?」とユニ。
行かないの一点張りだったけど、結局行くことになり、マルスクは家に入るなり
「お祖母ちゃん、お父さん、お母さんごめんなさい。
これでご飯たべてもいいわよね?」と言い、
ご飯を必死で食べてた(笑)
そんなマルスクに
「今度こんなことをしたら本当に髪を切るからな」とジャンス。

その頃、ジェヨンの店にはギュヒョンとその仲間たちが。
ギュヒョンはイスクに「ワインを選んで持ってきてほしい」と言うんだけど
イスクはワインがよくわからないのね。
すかさずジェヨンがきて
「僕の方がワインに詳しいので僕が持ってくる」と言うの。
するとギュヒョンは
「それならお客さんもいないことだし、イスクを30分ほど借りたい」と言うの。
「それはダメだ」というジェヨンだけど、結局ギュヒョンの言うとおりに
イスクはみんなとワインを飲むことに。

そこでギュヒョンはヘスの愚痴を言うのね。
ドレスはチョン・ジヒョンが着たドレスでないといけないとか
指輪はコ・ソヨンのしているもので、会場も有名なところでないと
結婚しないと言ってるらしい。
「お金ばっかりかかって両親に申し訳ない」と言うギュヒョンは
「母がヘスよりイスクを気に入っていた」と言うの。
友達たちは「それならヘスを捨ててイスクと結婚すればいいじゃないか」
と言うのでギュヒョンも「そうしようか」と。
この言葉にイスクは怒り出して、店から出て行っちゃった。

イスクを追いかけてきたギュヒョンに
「冗談にもほどがある。あの場所にヘスがいたら?
ヘスはあなたの婚約者でもあり、私の友達なのよ。
あなたたちの結婚式には行けないわ。もう私の前に現れないで」
と言い、立ち去るイスク。

そしてイスクは公園で泣いてた。
そこへギュヒョンとイスクの会話を聞いていたジェヨンがやってきて
「あんな男忘れろ」と慰めるけど、イスクはなかなか気持ちがおさまらないらしい。

翌日、マルスクはイスクとイルスクをつれてユニの家へ。
明日の両親の日にみんなでプレゼントを渡そうと提案するマルスクは
グィナム、イルスク、イスク、マルスクで4:3:2:1の割合でお金を出そうと言うの。
「どうしてそんな比率になるの?」と聞くユニにマルスクは説明。
でもグィナムたちは贈るものを自分たちで準備しているらしい。
そしてグィナムは
「朝はユニのお母さんのところに行くから夕飯をみんなで食べる」と言うのね。
これを聞いてマルスクとイルスクはビックリ。
イスクは
「兄さんのやりたいようにしていいわ。でもお母さんが寂しがらないようにしてね」
と理解を示してた。
イルスクもユニの話を聞き、一応は納得したけど、
マルスクはまったく理解できないらしく怒ってたわ。

翌日、両親の日の朝。
ユニとグィナムがマニのところに行っていることを聞いて
マンレやジャンス、チョンエは理解をしめすけど、
イルスクとマルスクは不満そう。
イスクは夜は仕事で何時になるかわからないと言ってたわ。

その頃、ユニとグィナムはマニのところへ。
ユニからもセジュンからも商品券をもらったマニは
部屋に行って中身を確認。
するとセジュンの商品券がものすごく少ないのね。
これを見てマニはセジュンとジヨンに嫌味を^^;;

一方、オクは叔母さんに母の電話番号を聞いて電話するけど
母は電話してくるなみたいなことを言ったらしい。
オクは泣きながら「心配しないで。もう二度と電話しないから」と電話を切ってた。
この様子をジョンペが見てたわ。

なんてひどい母親なんだ(`-ω-´)
母の声が聞きたいから電話しただけなのに、
物をねだろうとかお金が必要だから電話してきたのか
みたいに言われたっぽいのよね。
プレゼントまで準備してたのに、
可哀想だわ(´・ω・`)


その日の夜、
ユニとグィナムもジャンスたちに会いにやってくるの。
みんながプレゼントを渡す中、ユニとグィナムは
グィナムの今までの写真をまとめてスクリーンで見せるの。
マンレもジャンスもチョンエもこれには感動してたわ。
そしてヤンシルも泣いてた。

その後、マルスクは「兄さんはあれだけなの?」と不満そう。
と、そこへユニがきたので
「ユニさんのお母さんには何をあげたの?」とマルスク。
するとユニは「商品券だけど」と言うのね。
「ほらほら!自分の母親には商品券で、うちの両親にはあれだけなのね」
とマルスクは嫌味を。
だけどユニは「あれだけじゃないのよ」と言うの。

その頃、リビングではグィナムがくじを作っていたの。
みんなに一つずつ引かせるグィナムはいろいろなクーポンを作っていたらしい。
グィナムと食事にいけるクーポンなどがあったんだけど
ヤンシルが引くと「今まで悪いことをしたことを許すクーポン」だったわ。
これを見たヤンシルは涙を流し・・・

他の人がこれを引いたらどうなってたんだ?
ってドラマだからありえないんだけどさ(笑)
グィナムは思い出していないようだけど、
何かのきっかけがあれば、思い出しそうな感じなような気もするな。




にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ   人気ブログランキングへ   
※ランキングに参加しています。1日1回のクリックが反映されます!
 ランキングバナークリックはとても励みになっていますので
 それぞれに応援の1クリックしていただけると嬉しいです♪

◆ブログランキング◆

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

人気ブログランキングへ

1日に1回、毎日クリックしていただくとランキングに反映されますので、お帰りの際にそれぞれに応援の1クリックして頂けると嬉しいです♪

※アクションはクリックだけで結構です。立ち上がったウィンドウで何かをしないといけないこともありませんので、そのまま閉じてくださいね。

 

苺

Author:苺

このブログはコメント欄を閉じていますので
メッセージがある方は、メールフォームか
管理人へメッセージの記事のコメント欄を
お使いください。
記事の応援、更新の応援などはブログランキングのバナーをクリックしていただけると、
ものすごく嬉しいです♪ 
よろしくお願いいたします!

最新記事

Twitter

Twitter

検索

 




カテゴリ

全記事表示リンク

このブログについて

記事内のマーク説明
 →ドラマ表紙へ

レビューは完全にネタバレしています。
みなさんの好きなドラマや俳優さんの ことを悪く言ってしまうこともありますが、
個人的な感想ですのでご了承ください。

なお、字幕なし視聴はハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますが
ご理解ください。

リンクはフリーですが、
お声をかけていただくと嬉しいです。
管理人へのメッセージは下にあります
メールフォームからお願いします。

また宣伝目的のコメントや
管理人が不愉快・不適切と判断した
コメントは削除させていただくことがありますのでご了承ください。

※当ブログにて使用させて頂いております画像等の著作権・肖像権は全て出所元に帰属しています。画像コピー、転載は、ご遠慮下さい。
サイト内の文章(特にレビューの文章)の無断転載もお断りします。

MAIL

管理人へのメールはコチラから♪
返信が必要な方は必ずメールアドレスを明記してくださいね♪
管理人の判断で返信しない場合もあります。
ご了承ください。

宣伝目的のメールはご遠慮ください。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

<>+-

カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

Admin

アクセスランキング

2014/10/01~

 

 

 

ブログランキング ドット ネット

10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Copyright © 気ままに苺日和 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM)  …   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。