--.--.--*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.05.26*Sat*

屋根部屋の皇太子 (20話)


ドラマ情報&他の話数のレビューはコチラ → 屋根裏部屋の皇太子

【あらすじ】
ガクと3人衆は無事に朝鮮で会って再び宮に戻ることになる。
ガクは世子嬪殺人事件の真相を明らかにしようと
義禁府に特別捜査本部を設置して世子嬪の家族を召還するけれど...


このドラマは字幕なし視聴です。
ハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますがご理解ください。


← 19話      20話   10     評価


なぜか鶏小屋の中で座っているガク。
どうやらたどり着いたのが鶏小屋だったらしい。
朝鮮時代にスーツを着てるガクはかなり怪しい人に見えるので
住民からは白い目でみられてた^^;;

と、そのときガクを怪しいと思った役人が追いかけにくるのね。
逃げるガクは偶然チサンと再会。

ちょっと・・・一番最初に朝鮮に戻ったチサンがいまだに現代の服着てるって
どうなのさ(笑)


2人は捕まらないようにと必死でにげるの。

そしてガクたちを追いかけている中心人物がテクスの前世なのよね(笑)
なんか朝鮮時代にもいろんな人が出てくるんじゃないかと思ってたけど
まずはテクスか。


何とか逃げ切ったガクはチサンと歩いていると、
朝鮮の時代の服を来たマンボとヨンスルを見つけるの。
感動の再会をするのかと思いきや、
チサンは食べ物にガッついてるし、
ガクはビールを見て、嬉しそうに飲もうとするけど、残っておらず^^;;
そしてガクはマンボから皇太子の韓服を受け取ったわ。

一方、崖に追い詰めて死なせたと思っていたガクが戻ってきた情報が入り、
崖に追い詰めた奴らはビックリ。
このガクを追い詰めた人たちはファヨンの父と部下がいたわよね。
そしてガクを追い詰める指示をしていたのがテムの前世だった・・・

テムを見た瞬間、笑っちゃったよ。
やっぱりあんたは悪のままなんだねぇ^^;;


その頃、宮殿に戻ったガクと3人衆。
ガクたちがソウルに行っていた期間は長かったけど、
朝鮮時代ではたった1日しかたっていないらしい。
「まさか!」「そんなことありえない」などと現代語を話す3人衆に
ガクは厳重注意を。
そして「これから世子妃殺人事件の犯人を暴く」と言い、
世子妃の両親たちを連れてこさせたわ。

両親たちにプヨンはどこに居るのかと聞くガクだけど
母は「プヨンは何も知らないので、助けていただければ」と言うのね。

時はさかのぼり、世子妃殺人事件当日を回想するガク。

ガクを遠くから見つめていたプヨンに気づいたガクは
コケてしまったプヨンに手を貸してあげるのね。
言葉遊びのガクの質問が明日の夜までに答えられなかったら
ガクの勝ちだとか言ってたかな~

そしてプヨンは父から頼まれた手紙とおしろいをファヨンに届けたわ。
手紙を読んだファヨンはかなり動揺し、
おしろいを試してみたいプヨンに「触らないで」と慌ててた。

家に帰ったプヨンはファヨンに手紙を渡したことを父に報告。
その父に会いにきていたテムの前世を見たプヨンは
いったい誰なのかと母に聞くのね。
母はあまり詳しく答えたくないらしい。
「もう寝なさい」とプヨンを自分の部屋に追いやるの。

刺繍をしていたプヨンは、おしろいの匂いがいつもと違ったことに気づくのね。
何かおかしいと思ったプヨンは
父からの手紙をファヨンから再び預かっていたため、見てみることに。
するとそこには
「今日がその日です」と書かれてあったの。
ファヨンは父からガクを殺すように指示されていたのね。
どうやらテムの前世はガクの異母兄弟か何からしくガクを恨んでいる様子。

このことを知ったプヨンは慌ててガクとファヨンのところへ。
「こんな時間に何をしに来たの。明日、出直しなさい」
と言うファヨンだけど、ガクはプヨンの話を聞くことにするの。
プヨンは質問の答えがわかったと言い、答えを言うのね。
この答えにとても満足するガク。
そしてプヨンはご褒美に干し柿が食べたいと言いだすの。
実はファヨンが干し柿に毒を振りかけていたことをプヨンは見て気づいていたらしい。
「干し柿でいいのか。好きなだけ食べなさい」と言うガク。
そこでプヨンはかなりの干し柿を食べるのね。
本当は体がふらふらしているのに、そんな素振りを見せずに
部屋から出るプヨン。

その後、ガクが寝てからファヨンはプヨンのところにやってきて
「プヨンが邪魔した」と言うんだけど、
プヨンは「どうか世子を守って」と言うの。
このままプヨンが死んだら毒が盛られていたことがバレてしまうから
プヨンが世子妃の服を着て死ねば、ガクを守れるし、家も守れるとファヨンを説得。
ファヨンはプヨンの言うとおりにするのね。
そしてプヨンの服を着たファヨンは家に帰り隠れたわ。

一方、ファヨンの服を着たプヨンは、
池に落ちて亡くなるの。

世子妃の両親を問い詰めるガクは
プヨンが家に居るという証言は嘘だというのね。
そして両親の家を捜索。
そこでプヨンの姿をしたファヨンを見つけるの。
顔を隠している布を取ろうとしたとき、
テムの前世たちが阻止しようと乗り込んできて、
ガクや3人衆とやりあうことに。
テムの前世はガクに矢を放つけど、ガクはパクハからもらったネックレスで助かったらしい。
そしてプヨンの姿をしたファヨンの顔の布をとると、ファヨンであることがわかるのね。
「助けてください」と言うファヨンだけど、
ガクは「私のことなんてどうでもいいんだ。プヨンが生きていてほしかったのに」と言い、
3人衆にファヨンを連れて行くように指示。

矢が当たったのになんともないガクに3人衆は
「どういうことですか?」と聞くと
ネックレスを見せ「パクハが助けてくれたんだ」とガク。

このときのマンボの嬉しそうな顔がいいね~

そしてガクは世子妃や両親、テムの前世も処罰することにしたのかな。

翌日、ガクはパクハのことをずっと思い出していたの。
そしてプヨンの部屋にやってきたガクは、
屏風の蝶が光るのに気づくのね。
その後ろに何かあるのではと思ったガクは
蝶の後ろの屏風を破ってみると、そこにはプヨンからガクに宛てた手紙が入っていたの。
「世子がこれを読んでいらっしゃるということは、無事だったんですね。とても嬉しいことです」
と書いてあり、プヨンはガクを愛していたことも手紙で告白。
手紙を読んで泣いていたガクは、ふと思うところがあり、プヨンの部屋に戻るのね。
そして「パクハ、私は無事に到着した。お前は元気でやってるか」
と言う手紙を書き、宮殿の柱の下に隠すの。

現代のパクハは宮殿に行き、
ガクがくれたプレゼントが隠れていた柱の下に手を入れてみるのね。
すると竹の筒が出てきてガクからの手紙を受け取ったわ。
手紙を読み、嬉しそうなパクハ。

手紙にはパクハのためにプレゼントした店のことも書かれていて、
パクハはそこで店を続けているらしい。
パクハもガクもお互いに会いたいと言う気持ちはあるけど、会えないので
パクハは元気がないわ。
と、そこへガクに似た人なのかテヨンなのかがやってくるけど
お客さんの顔をみないパクハは気づかないのね。

一方、朝鮮では3人衆がオムライスの店をオープンさせ、大盛況(笑)
3人衆はガクにオムライスを配達。
そして食べるときにはジャージなのね(笑)

食べ終わったガクは涙ぐむけど「オムライスが美味しすぎたから」と言い訳を^^;;
その後、デザートにハッカ飴を食べてた。

その頃、パクハが店にやってくると、絵葉書がドアに挟んであったの。
裏にはパクハのデッサンがあり、テヨンのイニシャルが。
表にメモで「今日の5時にここで会いましょう」と書かれてあり、
ソウルタワーに向かうパクハ。

そこで待っているとパクハのそばにテヨンが。
「どうしてこんなに遅くなったの?ずっと待ってたのに」と言うテヨンに
「どこにいたの?私はずっとここにいたのに」とパクハ。
そしてテヨンが手を出したので、パクハが手を重ねて、顔を見ると
そこにはガクが。
「300年を過ぎてもあなたを愛しています」とガクとパクハは心の中で呟き、The END

時を越えては会えないから切ないままで終わってしまうのかと思ったけど、
こういう終わり方なら納得。
今回の後半、何度か泣いちゃったな~^^;;

しっかし、池で亡くなってるのがプヨンだったとは。
1話ではファヨンに見えたような気がするけど、もしかしたらプヨンだったのかも。
あぁ・・・その部分だけ気になるのでもう一度見直そうっと。
と、見直しましたが、顔は映ってなかったな。
ファヨンだという思いこみだっただけだわ^^;;

それにしても楽しかった♪
楽しませてくれたパクハ、ガク、3人衆、゚.+:。(´∀`)゚.+:。コマウォ~!





 評価 

 オススメ度と感想 
※総合オススメ度以外の評価の数字は、
見終わった時の管理人の感想を数字にしたものなので、メモ程度にお考えください。


ストーリー展開度★★★★★★★★☆☆ 8
キャストマッチ度★★★★★★★★☆☆ 8
最終話納得度★★★★★★★★★★ 10
胸キュン度★★★★★★★★★☆ 9
笑える度★★★★★★★★★☆ 9
泣ける度★★★☆☆☆☆☆☆☆ 3
せつなさ度★★☆☆☆☆☆☆☆☆ 2
意外性度★★★★★★☆☆☆☆ 6


総合オススメ度 ★★★★★★★★★★ 10




【ストーリー感想】

朝鮮から現代にやってきたガクと三人衆は本当に楽しませてくれました♪
この4人とパクハのドタバタがありつつ、
パクハの実母を見つけたり、世子妃殺人事件の犯人のヒントを探していたりと
単なるラブコメでないところも惹きつけられました!
悪役のセナとテムがこの上なく憎たらしかったのも、
ストーリーを引き締める効果があったかな。

世子妃殺人事件の真相が意外だったので
最終話を見ると1話が見たくなりましたよね~
全部知った上でもう一度、視聴したくなっちゃうなぁ。

300年の時を超えてのハッピーエンドはステキ♪


【キャスト感想】

ガク/テヨン役・・・パク・ユチョン
ユチョン初視聴。
ユチョンは演技力で評価を受けていたことは知ってたけど
今回、初視聴して、納得しました。
特に現代でガクとテヨンの演じ分けがすごく上手でしたね。
最終話の最後、テヨンだけど立ち姿ではガクかも?と思わずにいられなかったけど
言葉を発した瞬間「テヨンだ!」とわかりましたもの。

プヨン/パクハ役・・・ハン・ジミン
とにかくジミンちゃん可愛い!
性格の悪いセナに嫌がらせされても
それをバネに前向きに生きてるパクハがよかったよね。
プヨンもずっとセナの影に隠れて生きてきたけど、
ガクに気持ちが伝わってよかった!



にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ   人気ブログランキングへ   
※ランキングに参加しています。1日1回のクリックが反映されます!
 ランキングバナークリックはとても励みになっていますので
 それぞれに応援の1クリックしていただけると嬉しいです♪

◆ブログランキング◆

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

人気ブログランキングへ

1日に1回、毎日クリックしていただくとランキングに反映されますので、お帰りの際にそれぞれに応援の1クリックして頂けると嬉しいです♪

※アクションはクリックだけで結構です。立ち上がったウィンドウで何かをしないといけないこともありませんので、そのまま閉じてくださいね。

 

苺

Author:苺

このブログはコメント欄を閉じていますので
メッセージがある方は、メールフォームか
管理人へメッセージの記事のコメント欄を
お使いください。
記事の応援、更新の応援などはブログランキングのバナーをクリックしていただけると、
ものすごく嬉しいです♪ 
よろしくお願いいたします!

最新記事

Twitter

Twitter

検索

 




カテゴリ

全記事表示リンク

このブログについて

記事内のマーク説明
 →ドラマ表紙へ

レビューは完全にネタバレしています。
みなさんの好きなドラマや俳優さんの ことを悪く言ってしまうこともありますが、
個人的な感想ですのでご了承ください。

なお、字幕なし視聴はハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますが
ご理解ください。

リンクはフリーですが、
お声をかけていただくと嬉しいです。
管理人へのメッセージは下にあります
メールフォームからお願いします。

また宣伝目的のコメントや
管理人が不愉快・不適切と判断した
コメントは削除させていただくことがありますのでご了承ください。

※当ブログにて使用させて頂いております画像等の著作権・肖像権は全て出所元に帰属しています。画像コピー、転載は、ご遠慮下さい。
サイト内の文章(特にレビューの文章)の無断転載もお断りします。

MAIL

管理人へのメールはコチラから♪
返信が必要な方は必ずメールアドレスを明記してくださいね♪
管理人の判断で返信しない場合もあります。
ご了承ください。

宣伝目的のメールはご遠慮ください。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

<>+-

カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

Admin

アクセスランキング

2014/10/01~

 

 

 

ブログランキング ドット ネット

10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Copyright © 気ままに苺日和 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM)  …   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。