--.--.--*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.06.18*Mon*

棚ぼたのあなた (33話)


ドラマ情報&他の話数のレビューはコチラ → 棚ぼたのあなた

【あらすじ】
グィナムはヤンシルに今まで自身が養子としてどのように暮らしてきたのか
胸中にあった言葉を降り注いで背を向けてその姿を見たユニは一緒に心が痛い。
美しく着飾ったイスクはジェヨンとの夕食で自身が女としてどうかと尋ねるけれど。
マルスクは今までの自身の派手なスタイルを捨ててセグァンが好む女になるために努力する。
チョンエの誕生日プレゼントを買いに行ったヤンシルとユニ.
そこでチョンエはドバイに行っているはずのナムグを見ることになるけれど...
ユニはヤンシルにどうしてクィナムにそんなことが出来るのか
自分はそのままにしないと言うけれど...


このドラマは字幕なし視聴です。
ハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますがご理解ください。


← 32話      33話   6     34話 →


チョンエやマンレに知られるのが怖かったというヤンシルは
ジョンフンとも夫婦仲がよくなく、バレたら離婚されるかもと思っていたことを告白。
そして「あなたは私より幸せに生きてきたじゃない」と言うの。
この言葉に感情を抑えられなくなったグィナムは店を出るの。
追いかけてきたヤンシルに
「僕は今まで幸せに生きてきたと思ったことはほとんどないです。
孤児院での僕の誕生日は孤児院にやってきた日です。
本当の自分の誕生日はいつなのか、両親は生きているのか、亡くなっているのか。
僕は捨てられたのか、捨てられたならどんな悪いことをしてしまったのか。
どうして生まれてきたのか。
こんなことになるならいっそ生まれてこなければよかったと思ってきたんです。
それなのにあなたは私より幸せに生きてきたじゃないはないでしょう?」
と怒りをぶつけるグィナム。
「チョンエさんたちに言うの?言わないで。私から言うから」
「本音で言えば、みんなに話をして、叔母さんにバツを与えたいです。
でもここで終わりにします。それは叔母さんのためじゃなく、
母さんや父さん、お祖母ちゃんをこれ以上傷つけたくないからです。
もう何もしないでください」とグィナムは言い、立ち去ったわ。

この様子を車の影から見ていたユニは、ずっとグィナムの後ろを歩いて帰宅。
家の前でグィナムがいなくなったあと、
必死でグィナムを探すジャンスやチョンエのことを思い、グィナムは泣いてたわ。
そんなグィナムを見たユニはお酒やアテをたくさん買って帰宅。

それなのにちょうど帰宅したセグァンが食べ始めて
ユニは怒ってた(笑)

一方、ジェヨンはイスクに気づき、声をかけるの。
するとイスクは「お腹がすいた」と言うのね。
そこで2人はレストランへ。
食事をしているときイスクが
「私って女としてどうなんですか?」とジェヨンに聞くの。
答えられないジェヨンにギュヒョンはどう思っているのかと思うとイスク。
するとジェヨンは「俺が思うに・・・」と言い、
10年も思い続けてくれたイスクをそのまま手放すのはおしいと思ったんじゃないのかと言うの。
しかもイスクは甘くラクだからと言うのね。
この言葉にイスクは怒って、レストランから出て行っちゃった。

その頃、ユニはグィナムに自分の子供の頃の話をするのね。
ユニ父はユニが15歳くらいのときに亡くなったのかな。
大学を諦めようかと思っているユニに担任の先生が話をしてくれたことを話し、
「あなたももしつらいことがあったら、一度そうやって考えてみて。
そして私がいることを忘れないで。私は一生あなたの味方だから。
あなたが好きな人は好きだし、嫌いな人は嫌いだから」とユニ。
グィナムはユニの話に涙ぐんでたわ。

翌朝、マルスクは持っているブランド物などの整理を。
これに驚いたイスクは「どこか具合でも悪いの?」と聞くけど
「彼氏がブランド物などを持ってるのが嫌いなんだって。化粧もしないわ」とマルスク。
その後、ラフな格好で朝食を食べるマルスクにみんなビックリ。
「その格好で会社に行くの?」とチョンエが聞くと
「そうよ」とマルスクは言い
「男がブランド品とか化粧とかしてるのはイヤだって言ったらしい」とイスクが説明。
チョンエは「いくら言っても聞かなかったのに、男のいうことを聞くなんて」と呆れていると
ジャンスとマンレはマルスクの彼氏のことについていろいろ聞くのね。
でもマルスクは何ひとつ知らず^^;;
「まぁこれから一つずつ聞いていけばいい」と楽天的。

聞かなくても会えばわかりますけどね。
ユニの弟だとわかれば、何も聞く必要ございません(笑)


その頃、ジェヨンはいつものように準備をしながら、ぬいぐるみに話しかけてた^^;;
と、そのとき!ぬいぐるみのお腹を押しても「I LOVE YOU」と言わないことに気づき
「なんでなんだ?対話をしないといけないじゃないか。お前までなんなんだよ」と悲しそう。

その後、レストランに出勤したジェヨンは
イスクに声をかけるけど、冷たくされて、
何かを話さないとと思うジェヨンは
「ぬいぐるみの声が出なくなったんだけど、どうしてか知らないか」と聞いてた(笑)

そんなもん知るかいっ(笑)
だいたい大の大人がぬいぐるみの声が出なくなってオロオロしてるのなんて
恥ずかしすぎるから!


冷たい返事で「昨日のことはどうぞお気になさらないでください」
と言われたジェヨンはユニに会いに行くの。
なかなか言い出せないジェヨンだけど、ユニは
「イスクさんのことが好きなの??」と。
「どうしてわかったの?」と聞き返すジェヨンに
「オーラが出てるわよ」とユニ。
そして「今までいろいろと教えてきたけど、こればっかりは答えはないわよ」と言いつつ、
グィナムがいなくなった日にイスクが生まれたので、
誕生日はいつも祝ってもらっていなかったことを話してた。
イスクが男っぽくしていたのも、グィナムがいなくなって男がいなくなったかららしい。

その後、ヤンシルに呼び出されたユニ。
ユニはヤンシルにグィナムのことを問い詰めようと思っていたのね。
でもそこにはチョンエが。
チョンエの誕生日なのでヤンシルは服を買ってあげようと思っていたらしく
ユニも妊婦になるので、マタニティ服を買ってあげようと呼んだらしい。

その後、三人で食事するけど、ユニはいったんトイレへ。
ヤンシルは最初からテリーがグィナムだと知ってたんだと思うと
怒りがこみ上げてみるのね。
そして席に戻るとチョンエに電話がかかってきていて席を外していたの。
ここぞとばかりにユニは
「ウチの人が目を瞑ると言ったのかもしれませんが、なかったことには出来ませんよ。
私が知っているんですから。30年前のことは知りません。
でも出会ってからのことは覚えています。
最初から知っているのに知らないふりをしてたじゃないですか。
そして知られないうちに外国に行かせようと私に留学の話を持ってきたんでしょう?
どうしてそんなことが出来るんですか」とヤンシルを責めたわ。
と、そのときチョンエが戻ってきて、二人は話をやめるの。

家に帰ってきたチョンエは気になって
「ヤンシルさんに何か言われたの?」と聞くの。
ユニはチョンエに話したいけど、グィナムがグッとこらえているのに
自分が言うべきでないと思い
「グィナムさんはとてもいい人です。
お母さんやお父さん、お祖母ちゃんをとても愛しています」と言うの。
「何もしてやれていない親だけど、あの子は本当に優しいわ。
あなたもね。アメリカに行かずに残ってそばにいてくれて優しいわ。
私はちゃんとわかってるからね」とチョンエ。

一方、セジュンの店にやってきたジヨン。
またしてもセジュンは銀行の口座からお金を勝手に下ろしたらしく
バツを与えられてた^^;;

その頃、セグァンとデートするマルスク。
化粧もせず、ブランド物を持っていないマルスクに
「そんなに俺のことが好きなのか?」とセグァン。
「うん」と言うマルスクは
「大学はどこに行ってるの?どこに住んでるの?」と聞くの。
大学の名前を聞いてユニの弟と同じような気がすると思うマルスク。
そして家は「マルスクの家の近くで姉さんと住んでいる」とセグァンは説明。
「それならお姉さんに今度会わせてよ」とマルスクは言うけど
「俺の姉さんはちょっと・・・」とセグァン。

大丈夫だって!知らない仲じゃないから!
早く会わせてやりなって。
そのほうが見てるほうもラクになるから(笑)


翌日、ユンビンのインタビューに付き添うために外出しようとするイルスク。
するとチョンエが「この間、ナムグさんを百貨店で見た」と言うの。
マンレは「韓国に戻ってきていたらイルスクが知らないわけないじゃない」と言うんだけど
「ものすごく似てて確認しようと思ったら、ユニが足が痛いというから見失っちゃったの。
でも女性と一緒だったからきっと見間違いよね」とチョンエ。
この話にイルスクはユニに救われたと思ったかな~

一方、グィナムは病院から帰ろうとしたときスジから連絡があるの。
行ってみると孤児院にいる子が急に倒れたらしく、スジは動揺して
足がガクガクしたらしい。

グィナムが来てくれたことで少し落ち着いたスジに
「俺も孤児院に行った頃はよく病気になっていたらしい」とグィナム。
「バス停で1人っきりになったんだもの。それは怖かったでしょう」と言うスジに
グィナムはあの日のことをまた思い出すの。

バスに乗って寝てしまっていたグィナムが目を覚ましたとき、
ヤンシルがバスから降りようとしていたの。
ヤンシルはチラッとグィナムを見ていたので、わざと置き去りにしたんだと
グィナムは思い出して、ふらついてた。

その頃、ユニはヤンシルから
「これは私とグィナムの問題だから勝手なことをするな」といわれ、
我慢できなくなりジャンスの店へ。
「お話したいことがあるんです」とユニはジャンスにいい・・・

グィナムの気持ちはわかるけどね。
でもジャンスたちに言えるのはユニしかいないんだし
言っちゃっていいと思うな。
今のところまだわざとしたわけじゃないと言ってるんだもの。
本当はわざとだったのにさ。
どうせジョンフンと離婚することまで考えて旅行に行ってきたんだから
離婚を突きつけられても大丈夫でしょう?




にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ   人気ブログランキングへ   
※ランキングに参加しています。1日1回のクリックが反映されます!
 ランキングバナークリックはとても励みになっていますので
 それぞれに応援の1クリックしていただけると嬉しいです♪

◆ブログランキング◆

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

人気ブログランキングへ

1日に1回、毎日クリックしていただくとランキングに反映されますので、お帰りの際にそれぞれに応援の1クリックして頂けると嬉しいです♪

※アクションはクリックだけで結構です。立ち上がったウィンドウで何かをしないといけないこともありませんので、そのまま閉じてくださいね。

 

苺

Author:苺

このブログはコメント欄を閉じていますので
メッセージがある方は、メールフォームか
管理人へメッセージの記事のコメント欄を
お使いください。
記事の応援、更新の応援などはブログランキングのバナーをクリックしていただけると、
ものすごく嬉しいです♪ 
よろしくお願いいたします!

最新記事

Twitter

Twitter

検索

 




カテゴリ

全記事表示リンク

このブログについて

記事内のマーク説明
 →ドラマ表紙へ

レビューは完全にネタバレしています。
みなさんの好きなドラマや俳優さんの ことを悪く言ってしまうこともありますが、
個人的な感想ですのでご了承ください。

なお、字幕なし視聴はハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますが
ご理解ください。

リンクはフリーですが、
お声をかけていただくと嬉しいです。
管理人へのメッセージは下にあります
メールフォームからお願いします。

また宣伝目的のコメントや
管理人が不愉快・不適切と判断した
コメントは削除させていただくことがありますのでご了承ください。

※当ブログにて使用させて頂いております画像等の著作権・肖像権は全て出所元に帰属しています。画像コピー、転載は、ご遠慮下さい。
サイト内の文章(特にレビューの文章)の無断転載もお断りします。

MAIL

管理人へのメールはコチラから♪
返信が必要な方は必ずメールアドレスを明記してくださいね♪
管理人の判断で返信しない場合もあります。
ご了承ください。

宣伝目的のメールはご遠慮ください。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

<>+-

カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

Admin

アクセスランキング

2014/10/01~

 

 

 

ブログランキング ドット ネット

08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Copyright © 気ままに苺日和 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM)  …   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。