--.--.--*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.06.19*Tue*

棚ぼたのあなた (34話)


ドラマ情報&他の話数のレビューはコチラ → 棚ぼたのあなた

【あらすじ】
ユニはヤンシルの話を家族にしなければならないのかやめるべきか悩んで。
30年の痛みがグィナムが帰ってきながら終わったと考えるチョンエとジャンス.
幸せな今このまま何もできなければという風を話す。
ジェヨンはイスクに十分に愛されることができる女だと、
だから自身を過小評価しないでと言い、謝罪と用心深い告白を一緒にする。
マルスクはセグァンの言葉を無条件に従う優しいガールフレンドに成っていって。
チョンエの誕生日.
一緒に食事をすることにしたユニ家族らと
ジャンスマンションの人々が次から次へ約束場所に集まるけれど...


このドラマは字幕なし視聴です。
ハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますがご理解ください。


← 33話      34話   7     35話 →


ユニはジャンスに
「グィナムさんのことなんですけど、話したい事実があるんです。
でもその事実を公表してしまうと家族が傷ついてしまうんですけど、
どうしたらいいですか」と聞くの。
「その話がどんなことかわからないし、聞きたいけど、伏せておく方がいいと思う」
とジャンス。
でもそのことが気になってジャンスは眠れないらしい。

翌朝、ユニにあげるためにおかずを準備していたチョンエ。
でもチョンエがちょっと席を外した隙にマルスクが持って行っちゃった!
そして公園にいたセグァンに自分が作ったと嘘をついて渡してた^^;;

持って行きすぎでしょう?
それはちょっと頂く程度のものじゃないじゃない!
しかも「こう見えるけど料理は得意」とか言ってるし(`-ω-´)
料理してるところ見たことありませんけど。


その頃、チョンエはユニにおかずをあげようと台所に連れて行き
おかずがなくなっててビックリ!
まずはイルスクを疑うんだけど、イスクが
「マルスクが持っていったような気がするけど」と言ったので
チョンエは呆れてた。

一方、家に帰ったセグァンはユニにおかずを見せるのね。
「勉強もせずに恋愛するつもり?」と怒るユニだけど
おかずを食べて
「これくらい作れないとね」と言うの。
するとグィナムがやってきて
「俺はユニの作ったおかずを食べたことがないんだけど」と言い、
ユニは立場がなくなっちゃった。

そのおかずを食べて、チョンエが作った味だと思わんかね。
思ってもみないので思わないか。
ま、でも。
チョンエが「また今度作るから」と言ってたけど、
必要ございませんけどね。
だってユニが食べてるおかずはチョンエが作ったおかずなんですもの~(笑)


その頃、イスクがレストランに出勤。
するとジェヨンがいきなりりんごを投げてきた!
思わず受け取ったイスクに
「今、受け取ったね?受け取ったよね」と嬉しそうなジェヨン。
イスクは「飛んできたから受けただけ」と言うのね。
「確かに俺の謝罪を受け取ったね」と嬉しそうに言うけどイスクは冷たいわ。

謝罪とりんごが同じ言葉なので、よく使われるのは知ってるけど、
それは親父ギャクやろ~^^;;


そしてジェヨンは
「この前のことはごめん」と謝り、イスクは誰かから愛される資格を持っていると力説。
でもイスクはジェヨンの言いたいことがイマイチつかめず、
謝罪は受け取ってくれるらしい。

ちゃんと言えばいいのに。

一方、マルスクが帰宅。
おかずを勝手に持っていったマルスクにチョンエは激怒するけど、
マンレはチョンエをなだめてた。

そこへイルスクがやってくるのね。
ユンビンの出演番組の放送があるので、チャンネルを変え、
嬉しそうに見ていたけど、インタビューの内容が大きく編集されていて
ものすごい傲慢でわがままな人のようになってたの。

これに驚いたイルスクはPDに連絡して、翌日会いに行くの。
するとPDは「最初に確認したでしょう?」と言い、
どんな編集をしても文句を言わないと言っただろうと言ったのかな~
しかも「番組を降りてもかまわないんだよ」と言われてしまい、
イルスクはそれ以上強く言えず。

その頃、ユニは作家の所に行き、
「こんなことがあったら、作家の先生ならこの後どうしますか」
と誰とは言わずにグィナムの話をするのね。
作家は「もちろん公表する」と言ったようだけど
公表したら大変なことになるとも言ってた。
これを聞いたユニはそれはダメだと思うのね。

一方、ヤンシルがグィナムに会いに病院に来たわ。
「ユニさんに話をしたの?」と聞くヤンシルに
「話してませんけど」とグィナム。
「そうよね。ユニさんもあなたから聞いたんじゃないと言ってたわ。
それなら誰から聞いたのかしら。不安だわ。
それにユニさんは、黙っていないと言ってたのよ。家族たちに知られたくないの」
とヤンシルが言うと
「ユニはそんなことをする人じゃない。
それにあなたが家族に知られたくないというのは間違えてるでしょう」
とグィナムはムッとして立ち去るの。

自分勝手すぎるんだよな~
だからこそ、公表してしまったほうがいいと思うんだけど。


その頃、ジェヨンは社員を集めて「みんなの誕生日をお祝いする」と突然言い出すの。
しかもこの誕生日の代表はイスクを指名し、
くじを引かせるのね。
するとくじでネックレスが当たったイスクは大喜び。
その後、パーティが開かれて、イスクの笑顔にジェヨンも満足そう。

そして従業員の1人がビールを取りに裏に行くと、
ジェヨンが作ったくじが置いてあったのね。
他のを見ると全部ネックレスが当たるようになってて、
ジェヨンがイスクのことを好きだとバレちゃった。

イスクに言わない代わりに、社員の手伝いをするジェヨン。
と、そこへギュヒョンがやってくるの。
「イスクはいますよね」とレストランに入ろうとするギュヒョンに
社員が「イスクさんは帰りました」と言ってくれるの。
この社員の言葉を信じたギュヒョンはそのまま帰ってくれたわ。
協力してくれた社員に感謝するジェヨンは
「食器洗いが残ってたな~」と社員が言うので、
すすんで食器洗いをするためにレストランへと戻っていくの(笑)

一方、マンレはチョンエに
「ヤンシルから電話があったんだけど、
あなたの誕生日をホテルでするって」と報告。
そこで家族たちだけでなく、チョンエの姉妹、
そしてユニの弟セグァンも呼ぼうということになるの。

チョンエから電話を受けたユニは「わかりました」と言うものの
ヤンシルが費用を全て出すことが気に入らないのね。

そこへグィナムが帰宅し
「散歩に行こう」と言いだすの。
グィナムは「叔母さんのこと、どうやって知ったんだ?」と聞き、
ユニは正直にこの前見たことを話すのね。
そして最初から全て知ってて、グィナムの幼い頃の写真を捨て、
ユニを留学させようとした怖い人だとユニは言い、
「今回のお義母さんの誕生日だって、費用は全部叔母さんが出すのよ」
と話しながら怒りがこみ上げてくるユニ。
そんなユニに
「叔母さんのことは俺がちゃんとするから、お前は気にするな」となだめるグィナム。

一方、夕飯のときにチョンエの誕生日をホテルですると聞いたマルスクは
「彼氏も連れてっていい?」と聞くの。
「あんたよりイスクのほうが先につれてきてほしいわ」と言うチョンエだけど
イスクは「そんな人はいない」と言うのね。

マルスクがセグァンをつれてくるのか、
それともユニがセグァンをつれてくるのか、どっちだろうか。


その後、イルスクはユンビンと共に放送局へ。
「もしかしたら記者がたくさん来ているかも」と心配する2人だけど
誰も待っておらず。
それどころか、今回の騒動でユンビンは番組から強制的に降ろされた!
PDに文句を言い「記者たちに話をする」とユンビンは言うけど
「記者に言うなら言えばいい」とPD。

その頃、セグァンはジャングンの家庭教師をしていたんだけど
全然出来ないジャングンにお手上げなのね。
そこで「すいませんが」とジョンペに家庭教師を辞めたいと申し出るの。
と、そこへジャングンがやってきて
「先生がいるのにこんなことを言うのはなんだけど、
先生とは合わないみたいなんだ。だから家庭教師をやめてもらって」
とジャングン。

あんた・・・何様(笑)
頭が悪すぎるのはあなたなのよ。
セグァンのせいにしなさんな^^;;


するとジョンペは
「ジャングンもああ言ってるし、先生も無理だと言われているので・・・」
と言うけど、ジャングンにあんなことを言われたセグァンは
「いいえ、辞めません」と家庭教師を続けるというの(笑)

そりゃそうだ。
あれじゃまるでセグァンの教え方が悪いみたいじゃないか。


そして、マルスクはセグァンに「日曜日に両親に会わせたい」と電話するけど
「その日は先約があるんだ」と断られちゃった。
電話を切ったマルスクは、ユニが家から出てきたので
「母さんの誕生日をホテルでするけどそれは叔母さんが出すんだから、
嫁ならもっとしないとね。この前みたいなイベントで終わらせないでよね。
楽しみにしてるから」と言うの。
このマルスクの言葉にムッとするユニ。

これは三人が顔をあわせるのが楽しみだな(笑)

チョンエの誕生日の日。
ホテルに先に到着したのはユニとセグァン。
グィナムはチョンエたちを迎えに行くのね。

その頃、イスクもジェヨンに
「さっき話しましたけれど」とホテルに向かうことを告げるの。
すると「そのホテルで結婚式があるんだ。だから送って行ってやる」とジェヨン^^;;

そんなわけなかろう?
だから気持ちを伝えなって!
イスクはちょっと鈍感なので、言わなきゃわからんと思うけどなぁ。


一方、イルスクとマルスク、ミンジも駐車場に到着。
マルスクは彼氏と会わないので、ブランドのワンピースを着ているらしい。
「久々だから写真でも撮って」とイルスクにお願いするマルスク。
写真を撮った後、マルスクが確認しようと思ったとき、
ユンビンの動画を発見。
これに気づいたイルスクは、インタビューのときに動画を撮ってたことを思い出すのね。
「今頃気づくなんて」と言い、イルスクはそのままホテルをあとにしちゃった。

イルスクとミンジがホテルに入るけど、
そのときセグァンはトイレに行っていて、ニアミス。

またか・・・
このパターン多いんだよな。


その後、マルスクとユニがトイレに行き、出てくると
ちょうどセグァンが戻ってくるところだったの。
マルスクは「あっ」と思うけど、ユニが
「セグァン」と言い、
「マルスクさんは初めてだったわよね。私の弟のセグァンよ。
こちらは一番下の妹のマルスクさんよ」とセグァンとマルスクに紹介したため
2人とも固まってた・・・

やっと!!
やっとだわ~♪
この瞬間をどれだけ待ってたことか。
なにが「セグァンさんのお姉さんとだったら上手く行くように努力できる」よ。
ユニにケンカばっかり売ってたのにさ。
もうそれもできなくなるわよね。
だってセグァンのお姉さまですもの~
マルスクが頑張っても
ユニはマルスクの本性を知ってるので、大反対でしょうけど(笑)




にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ   人気ブログランキングへ   
※ランキングに参加しています。1日1回のクリックが反映されます!
 ランキングバナークリックはとても励みになっていますので
 それぞれに応援の1クリックしていただけると嬉しいです♪

◆ブログランキング◆

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

人気ブログランキングへ

1日に1回、毎日クリックしていただくとランキングに反映されますので、お帰りの際にそれぞれに応援の1クリックして頂けると嬉しいです♪

※アクションはクリックだけで結構です。立ち上がったウィンドウで何かをしないといけないこともありませんので、そのまま閉じてくださいね。

 

苺

Author:苺

このブログはコメント欄を閉じていますので
メッセージがある方は、メールフォームか
管理人へメッセージの記事のコメント欄を
お使いください。
記事の応援、更新の応援などはブログランキングのバナーをクリックしていただけると、
ものすごく嬉しいです♪ 
よろしくお願いいたします!

最新記事

Twitter

Twitter

検索

 




カテゴリ

全記事表示リンク

このブログについて

記事内のマーク説明
 →ドラマ表紙へ

レビューは完全にネタバレしています。
みなさんの好きなドラマや俳優さんの ことを悪く言ってしまうこともありますが、
個人的な感想ですのでご了承ください。

なお、字幕なし視聴はハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますが
ご理解ください。

リンクはフリーですが、
お声をかけていただくと嬉しいです。
管理人へのメッセージは下にあります
メールフォームからお願いします。

また宣伝目的のコメントや
管理人が不愉快・不適切と判断した
コメントは削除させていただくことがありますのでご了承ください。

※当ブログにて使用させて頂いております画像等の著作権・肖像権は全て出所元に帰属しています。画像コピー、転載は、ご遠慮下さい。
サイト内の文章(特にレビューの文章)の無断転載もお断りします。

MAIL

管理人へのメールはコチラから♪
返信が必要な方は必ずメールアドレスを明記してくださいね♪
管理人の判断で返信しない場合もあります。
ご了承ください。

宣伝目的のメールはご遠慮ください。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

<>+-

カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

Admin

アクセスランキング

2014/10/01~

 

 

 

ブログランキング ドット ネット

11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
Copyright © 気ままに苺日和 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM)  …   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。