--.--.--*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.07.04*Wed*

ビッグ (9話)


ドラマ情報&他の話数のレビューはコチラ → ビッグ

【あらすじ】
本来の体で魂が戻りそうな予感にキョンジュンとダランは新婚旅行をあきらめて病院へ向かう。
一方ユンジェ母はユンジェとともに事故に遭ったカン・ギョンジュンが
過去ユンジェが探した少年であることを知って衝撃を受けるけれど...


このドラマは字幕なし視聴です。
ハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますがご理解ください。


← 8話      9話   8     10話 →


「自分(ユンジェ)の体に異変があったからギョンジュンの体にも何かあったはずだ」
と言うギョンジュンはダランとともに病院へと向かったわ。

その頃、ギョンジュンの体はベットから落ちてた。
精密検査をするけど、特に異常はないらしい。

新婚旅行に行っているユンジェ(中身ギョンジュン)とダランが病院に来たので
セヨンは驚いてた。

その後、ダランとギョンジュンは些細なことでケンカになり、
みんなに新婚旅行だと言っている期間の3日間、連絡するなとギョンジュン。

ダランはその間どこで過ごそうか考えて、
チムジルバンに行くことに。

が!そこにはミンギュとジョンへとチュンシクがきていて、
チュンシクがダランに似た人を見たとミンギュとジョンへに言うけど信じてもらえず。
ダランに電話したチュンシクはチムジルバンにいることを話し、
ダランは見つかってはまずいと逃げた!

一方、家に帰ったギョンジュンはマリがいてびっくり。
マリはギョンジュンがダランと新婚旅行に行かなかったのが嬉しいらしい。
そんなマリは2階の一室をギョンジュンとマリの写真で埋め尽くして大満足。
自分がギョンジュンだと思い出させる部屋にしたかったらしい。
ギョンジュンは呆れてたけど。

そしてギョンジュンはダランが心配になるのね。
家の近くをウロウロしてるかもと、外に見に行ってみるギョンジュンは
チムジルバンから帰ろうとしてていたチュンシクたちに見つかった!

ユンジェ(中身ギョンジュン)は、
どうしても気になる患者が居たので新婚旅行に行かずに病院に戻って、
ダランは1人で新婚旅行に向かったとダランの家族に説明。

そしてダランに電話してダランの家に居ることを告げるギョンジュンは
「もう家に帰ってていいよ」と言うの。

一方、ユンジェ母はアメリカにいるユンジェ父の元に戻ることにしたんだけど
セヨンから「ユンジェさんが新婚旅行に行かずに病院に来た」と報告。
ユンジェが事故にあったときの相手が気になったらしいと話したセヨンは
ギョンジュンの名前を言うの。
この名前を聞いたユンジェ母は
「名前はギョンジュンと言うの?歳はいくつ?」と。
「高校生です」とセヨンは答えるのね。

その後、ユンジェ母は父に電話して
「亡くなったヒスさんの息子の名前は?」と聞くの。
「カン・ギョンジュンだ」と言うユンジェ父に
「私はあの子を探したくない」と電話を切るユンジェ母。

その頃、ギョンジュンはミンギュたちと食事をし、
ダランの部屋に泊まることになったのかな。
ダランに電話したギョンジュンは
ダランがラーメンを食べようとしていると聞いて
「食べるな!今から持って帰るから」と急いで食事を家に持って帰るの。

そしてダランに食事を渡すギョンジュン。
が!ダランは
「あなたが急にいなくなったら家族がビックリするから私の家に戻りなさい」と言うのね。
「配達させただけかよ」とギョンジュンは仕方なく帰ろうとするんだけど
「明日、中国から帰ってきたことにして迎えに来てくれ」と言うの。
この言葉にダランは頷いてた。

一方、ギョンジュンの病室にやってきたユンジェ母はギョンジュンを見て
「あなたが生まれたときは一度も顔を見なかったのに、今が初めてね」と言ってた。
そしてハッとして、すぐ病室をあとにしたわ。

んん?
ヒスがユンジェ父の愛人でギョンジュンを産んだなら
こんな言い方しないわよね。
ギョンジュンはユンジェ母の子なのか??


翌朝、ギョンジュンはマリと共にヒョクスのレストランへ。
どうやらヒョクスのレストランはギョンジュン母ヒスのレストランそっくりに作ってあるらしい。
でも食事は全然ダメなのね。
そこでなにやらヒョクスにアドバイスしていたような。。。
そしてギョンジュンの荷物をうまくいって持って帰ってくることに成功。

その後、マリはチュンシクと一緒に家に行くの。
ダランの部屋にギョンジュンが泊まったので気になる様子。
と、そのときギョンジュンの写真などが入った箱を見つけたマリは
ギョンジュンの家に持って帰ろうと思うのね。

そこへダランが帰宅。
マリから箱を渡されたダランはギョンジュンの家にその箱を持って帰ったわ。

が!ギョンジュンはダランの部屋に泊まったときに
その箱の中身を見ていたため、機嫌が悪くなっちゃった。
「俺の部屋には俺の荷物だけしか置かない」と言うギョンジュンは
自分の部屋にあったユンジェの服をダランの部屋に持って行ってた。
そして言い合いになる2人だけど、ダランはリビングに
ギョンジュンと母ヒスの写真を見つけるの。
ギョンジュンが「ダラン先生の家族はユンジェであって、俺ではない」と言っていたので
ダランはギョンジュンが寂しいんだとわかったかな。

翌日、ダランがギョンジュンに食事を作っても「いらない」とまともに話をしようとしないのね。

その後、ギョンジュンは病院に行き、
いつものように入院する子供たちが遊んでいる部屋へ。
そこで女の子がままごとをしていて、男の子に
「これ食べて」と渡すけど「いらない」と言うのを繰り返していて
これを見ていたギョンジュンは
「一緒に遊んであげればいいだろう」と言うの。

が!そこへダランから電話がかかってきて、
食事の世話を焼くダランに
「いらない。食べない」と電話を切るのね。
これを見ていた男の子は
「先生だって同じことしてるじゃないか」と指摘。

困ったギョンジュンは、ダランにパンを買って帰るの。
ダランは外出していたんだけど、ギョンジュンの服や、
部屋をキレイに片付けてくれていたのね。
このことが嬉しくなったギョンジュンはダランに電話して
「先生の休暇は今日が最後だろう?
俺が買ってきたパンの下にいらないチケットを置いておくから」と言うの。

一方、チュンシクはマリからTシャツを買ってもらったお礼に
映画を一緒にみるためにチケットを準備。
マリはチケットを2枚とも奪ったわ^^;;

マリちゃん、お金持ちなんですから
ギョンジュンと行きたかったら自分で買ってくださいな。
チュンシクがせっかく準備したのに、チュンシクに行かしてあげないなんて
可哀想じゃないか^^;;


そのチケットを持ち、ギョンジュンの家に行ったマリは
ダランがギョンジュンと見るというコンサートチケットをちょうだいと言うの。
「ギョンジュンもマリさんと見たいわよね」と渡してしまうダラン。

その頃、ユンジェ母はユンジェ父に電話して
「あの子は私の子じゃないわ。私の息子はユンジェだけよ。
あの子は息子じゃなくて、ユンジェを助けるためにしたことよ。
ギョンジュンなんて子は私は知らない」と言っていたの。
これを偶然聞いてしまうセヨン。

最初は愛人の子なのかなと思ってたけど、それは違うみたいだし
ギョンジュンはユンジェ母が産んだような感じよね。
だけど産んですぐに顔を見なかったということは・・・代理母か?
いやいや、違うか。
とにかくユンジェ父の子だということは間違いないわよね。
ミラクルの絵を持ってるのはユンジェとギョンジュンなんだもの。
それでユンジェ母がギョンジュン母なら、ヒスが育てる理由がわからんねぇ。
ヒスとユンジェ父の子供だけど産んだのはユンジェ母?
それしか思い浮かばん^^;;
で、結局、普通に愛人の子だったりして(笑)


一方、ギョンジュンはダランが大事にしていたユンジェのテープレコーダーを修理してもらい、
そのままコンサート会場へ。
するとそこに来たのはマリだった・・・
ギョンジュンは「なんでお前が来たんだ?」と言い、コンサートを見ないというのね。
「テープレコーダーを壊してしまったから、申し訳なくてダラン先生を誘ったのに」
と言い、立ち去るギョンジュンにマリは
ギョンジュンがダランのことが好きなのでは・・・と感じるの。

その頃、ダランは映画館の前。
映画館の前でどうしようか悩んでいたダランを見つけたギョンジュンが近づいたわ。
テープレコーダーを修理したことを証明するギョンジュン。
そんなギョンジュンにダランは
「どうしよう。ギョンジュンが来て、とても嬉しいんだけど」
とつぶやき、これを聞いたギョンジュンはダランを見つめ・・・

とうとうダランもギョンジュンのことが好きかも?と思い始めちゃったわ♪
見つめあうダランとギョンジュンよかった~(*´ェ`*)




にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ   人気ブログランキングへ   
※ランキングに参加しています。1日1回のクリックが反映されます!
 ランキングバナークリックはとても励みになっていますので
 それぞれに応援の1クリックしていただけると嬉しいです♪

◆ブログランキング◆

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

人気ブログランキングへ

1日に1回、毎日クリックしていただくとランキングに反映されますので、お帰りの際にそれぞれに応援の1クリックして頂けると嬉しいです♪

※アクションはクリックだけで結構です。立ち上がったウィンドウで何かをしないといけないこともありませんので、そのまま閉じてくださいね。

 

苺

Author:苺

このブログはコメント欄を閉じていますので
メッセージがある方は、メールフォームか
管理人へメッセージの記事のコメント欄を
お使いください。
記事の応援、更新の応援などはブログランキングのバナーをクリックしていただけると、
ものすごく嬉しいです♪ 
よろしくお願いいたします!

最新記事

Twitter

Twitter

検索

 




カテゴリ

全記事表示リンク

このブログについて

記事内のマーク説明
 →ドラマ表紙へ

レビューは完全にネタバレしています。
みなさんの好きなドラマや俳優さんの ことを悪く言ってしまうこともありますが、
個人的な感想ですのでご了承ください。

なお、字幕なし視聴はハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますが
ご理解ください。

リンクはフリーですが、
お声をかけていただくと嬉しいです。
管理人へのメッセージは下にあります
メールフォームからお願いします。

また宣伝目的のコメントや
管理人が不愉快・不適切と判断した
コメントは削除させていただくことがありますのでご了承ください。

※当ブログにて使用させて頂いております画像等の著作権・肖像権は全て出所元に帰属しています。画像コピー、転載は、ご遠慮下さい。
サイト内の文章(特にレビューの文章)の無断転載もお断りします。

MAIL

管理人へのメールはコチラから♪
返信が必要な方は必ずメールアドレスを明記してくださいね♪
管理人の判断で返信しない場合もあります。
ご了承ください。

宣伝目的のメールはご遠慮ください。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

<>+-

カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

Admin

アクセスランキング

2014/10/01~

 

 

 

ブログランキング ドット ネット

10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Copyright © 気ままに苺日和 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM)  …   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。