--.--.--*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.07.25*Wed*

ビッグ (15話)


ドラマ情報&他の話数のレビューはコチラ → ビッグ

【あらすじ】
一緒にいることができない運命だと確信したキョンジュンは
熱心にダランと愛した瞬間を覚えていないふりをする。
だが、ダランはキョンジュンとの愛を思い出にしないで
家族に公開することを決心するけれど...


このドラマは字幕なし視聴です。
ハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますがご理解ください。


← 14話      15話   8     16話 →


夢の中・・・
ギョンジュンのそばにいるユンジェのところに行った
ユンジェの体のギョンジュン。
するとユンジェはギョンジュンに手を差し出したわ。
「この体に戻ったら、全部忘れてしまうのだろうか。
この手を掴んだら、幸せに目覚めることが出来るのだろうか」
と思いながらユンジェの手を掴もうとするギョンジュン。
と、そのときダランの「ギョンジュン」と言う声が聞こえ
「今、戻ってしまったらつらくなる人がいるから、もう少し時間をくれ」
とユンジェにいい、納得したユンジェは手を下ろしたわ。

目が覚めたユンジェ(中身ギョンジュン)はダランに何を聞かれても答えず、
ギョンジュンの病室に行くの。
病室にはマリがいたのね。
「ギョンジュン?それともユンジェさん?」と聞くマリ。
その後ろから、ユンジェ(中身ギョンジュン)を追いかけてきたダランが
「ギョンジュンでしょう?」とやってきたわ。
すると「そうです。ギョンジュンです。ダラン先生」と、
とっても他人行儀に言ったためマリもダランもビックリ。

ギョンジュンは事故の後の記憶がないと2人に話をし、
ユンジェ両親に会ってもぎこちなく、家に帰っても、
まったく覚えていない様子。
そこで嬉しくなったマリは2階の部屋にギョンジュンを連れて行くの。
「ここで私とギョンジュンが恋に落ちたのよ」と言うマリに
「嘘つけ。全部覚えてるからそんな嘘をつくな」とギョンジュン。
驚くマリに「元に戻ったら事故の後の記憶をなくしているから、
先生がつらくならないように、記憶のないふりをしているだけ」と説明。

翌朝、起きてきたダランが
「病院まで一緒に行こうか?」とギョンジュンに聞くけど
「今までのように1人の方がらくだから」と断るの。
次の日も同じような態度のギョンジュンに
「わざとそうしているだけでしょう?
手術の前日に私と約束したからってそんなことしなくていいのよ。
元に戻ってないんだから」とダランは言うんだけど
「悪いけど、本当に覚えてないんだ。
だから先生にとっても事故後にあったことはなかったことにしてほしい」とギョンジュン。

怒ったダランは2人の思い出の品物をゴミ袋に入れて
「これを捨てられる?」と聞くんだけど、ギョンジュンは平気でゴミ収集車に捨てちゃった。
ショックを受けるダランは部屋に戻って泣いてた。

翌日、ユンジェ母に会いに行ったユンジェ(中身ギョンジュン)とダラン。
母は「ギョンジュンを受け入れようと努力中」だというんだけど
ユンジェ(中身ギョンジュン)は
「目が覚めたギョンジュンは両親を受け入れられるだろうか。
自分の生まれた事情を聞いてどう思うだろうか」と問うの。
これを聞いていたダランはギョンジュンに記憶があるのではないのかと思い、
帰り道で聞いてみるけど、ギョンジュンはなんとか上手くごまかしてた。

翌日、病院でマリに会ったギョンジュンは
「元に戻ったら事故後の記憶が俺にはないはずだから、
俺がダラン先生に会わないようにしてほしい」とお願いを。
マリも「絶対に会わせないようにする」と約束。

翌日、ダランは「今日は帰れないかも」とギョンジュンに言い、外出。
実はダランは他の学校に行く手続きをしていたんだけど
ギョンジュンはこれを知らず。

チュンシクがユンジェ(中身ギョンジュン)に会いに来て
「今日姉さんは新しい学校の面接なんだ。
義兄さんが外国に行くのはわかるけど、
姉さんがどんなところで暮らすのかとか気にならないのか」と言うの。

これを聞いたギョンジュンは家に帰り、急に寂しくなるのね。
数日前、ダランに
ギョンジュンが好んでよく食べていたカップラーメンの残りを全部食べたら終わりだと
いわれていたことを思い出したギョンジュンは棚を見てみると、
そこには残っていたはずのカップラーメンが全部なくなってた。
「忘れてくれるんだからそれでいいんだ」と思いつつ、
今日も明日もこれからずっとダランに会えないんだと思うと、寂しくなり、
ダランに会いに向かったわ。

ダランが面接を受ける学校に到着した後、ギョンジュンも到着。
面接が終わるまで待っていたギョンジュンは
他の先生たちが「面接に来ている先生は離婚してここに来るらしい。
こんな小さな町に来たら、大変だと思うのに」と話しているのを聞いて、
ギョンジュンは職員室に乗り込み、ダランを連れて出るの。

「逃げるのか」と聞くギョンジュンに
「あんたみたいに1日で忘れられればいいと思うけど、私には出来ないの。
言われたとおりなかったことにするから、私にまかせて」とダラン。

面接後、ダランはミンギュに呼び出され、屋台で飲みながら話をしていたら、
酔って寝ちゃったのね。
ミンギュはユンジェ(中身ギョンジュン)に電話して
迎えに来るように頼んだわ。

ギョンジュンが来たことに気づいたダランは
「帰らないと」と席を立つんだけど、ギョンジュンがとめるの。
すると「好きだから手放したのに、
好きだったことすらなかったことにしろと言われたらどうしていいかわからない」
とダランは泣いてた。

翌日、ユンジェ両親とダラン両親と食事をすることになっていたダランは
「ユンジェさんと別れると言ってくるから、ギョンジュンはこなくていい。
私が全部、ちゃんと整理してくるから」と言うの。

そこでギョンジュンはマリに
「ダランからもらった時計を返してくれ」とお願いに行き、返してもらったわ。

学校が終わったダランを待ち伏せたギョンジュンは、
ダランを連れて、事故の前にいた湖へ。
「元に戻ったら全部忘れているはずで、事故前のこの場所までしか覚えていないんだ。
だから先生もユンジェの言葉を待っていたあのときに戻ってくれ」
と言い、時計を10時10分にあわせて、湖に投げ入れたわ。

湖にダラン1人が残って、ギョンジュンに言われたことを考えていて、
今までのギョンジュンとのことを思い出していたの。
と、そのときダランは時計を探そうと湖の中へ入って探し始めたわ。

一方、ユンジェ両親とダラン両親はユンジェとダランが遅いので、困っていたの。
そこへチュンシクとマリがやってきた!

その頃、ダランは執念で湖の中から時計を見つけ出し、
泥まみれになりながら、みんなの待つレストランへ向かうの。

一方、レストランにはユンジェ(中身ギョンジュン)がやってきて、
「ダランさんの代わりに話をします」と言い、
ダランに他の男がいるのでは思っているかもしれないけど
そんなことはありませんと否定。
と、そのとき「違います!!」とダランがやってきて、
名前は出さないけど、今までの楽しかった日々を話すダラン。
そして「私はKKJが好きです」とみんなの前で宣言。
驚く家族たちだけど、マリは複雑そうな表情を、
そしてユンジェ(中身ギョンジュン)は嬉しそう。

その頃、病室のギョンジュンに異変があり・・・

ダランが新しい学校に面接に行って、
ギョンジュンにとめられた辺りから涙が止まらず。
最後は堂々の宣言になってたけど、
これも素直に喜べないよね。
なんたってギョンジュンは元に戻ったら記憶がなくなるんだもの。
ダランの気持ちを考えると、つらいよなぁ。




にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ   人気ブログランキングへ   
※ランキングに参加しています。1日1回のクリックが反映されます!
 ランキングバナークリックはとても励みになっていますので
 それぞれに応援の1クリックしていただけると嬉しいです♪

◆ブログランキング◆

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

人気ブログランキングへ

1日に1回、毎日クリックしていただくとランキングに反映されますので、お帰りの際にそれぞれに応援の1クリックして頂けると嬉しいです♪

※アクションはクリックだけで結構です。立ち上がったウィンドウで何かをしないといけないこともありませんので、そのまま閉じてくださいね。

 

苺

Author:苺

このブログはコメント欄を閉じていますので
メッセージがある方は、メールフォームか
管理人へメッセージの記事のコメント欄を
お使いください。
記事の応援、更新の応援などはブログランキングのバナーをクリックしていただけると、
ものすごく嬉しいです♪ 
よろしくお願いいたします!

最新記事

Twitter

Twitter

検索

 




カテゴリ

全記事表示リンク

このブログについて

記事内のマーク説明
 →ドラマ表紙へ

レビューは完全にネタバレしています。
みなさんの好きなドラマや俳優さんの ことを悪く言ってしまうこともありますが、
個人的な感想ですのでご了承ください。

なお、字幕なし視聴はハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますが
ご理解ください。

リンクはフリーですが、
お声をかけていただくと嬉しいです。
管理人へのメッセージは下にあります
メールフォームからお願いします。

また宣伝目的のコメントや
管理人が不愉快・不適切と判断した
コメントは削除させていただくことがありますのでご了承ください。

※当ブログにて使用させて頂いております画像等の著作権・肖像権は全て出所元に帰属しています。画像コピー、転載は、ご遠慮下さい。
サイト内の文章(特にレビューの文章)の無断転載もお断りします。

MAIL

管理人へのメールはコチラから♪
返信が必要な方は必ずメールアドレスを明記してくださいね♪
管理人の判断で返信しない場合もあります。
ご了承ください。

宣伝目的のメールはご遠慮ください。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

<>+-

カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

Admin

アクセスランキング

2014/10/01~

 

 

 

ブログランキング ドット ネット

10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Copyright © 気ままに苺日和 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM)  …   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。