2010.10.03*Sun*

ラスト・スキャンダル (1話~10話)


ドラマ情報&他の話数のレビューはコチラ → ラスト・スキャンダル 


1  2  3  4  5  6  7  8  9  10     11~16話 →

 1話   7

ソニは38歳にして閉経・・・
昔はCMにも出たことがあったらしいけど、
今はそんなことをみじんにも感じられないくらい
おばさんになっちゃってるソニ
夫が事業を始めて家に帰ってこないので
エキストラなどのアルバイトをして家計を支えているのね。

一方、ジェビンは38歳なのに32歳とうそついて
俳優をしているの。

そりゃきついよ~
どっからどう見ても32歳なんかに見えないって!!!

ソニはCMのエキストラの仕事依頼があり、向かう途中
ジェビンとぶつかっちゃった。
間近でジェビンを見たソニは、初恋の相手ドンチョルにそっくりだと思うのよね。
一方、ジェビンソニに似てる・・・と思ったけど
まさかあんなおばさんじゃないだろうって思っちゃうのよね( ´艸`)ププッ

このCM撮影でジェビンルビーを指名。
CMのコンセプトが気に入らないエキストラのアジュンマたちは
監督に抗議。
その先頭に立たされたのがソニだったのよ。
撮影が長引くのでジェビン
「その文句言ってる人だけはずして早く撮影しましょう」と提案。
せっかく来たのに仕事もできずお金ももらえないソニ
と、そのとき、ジェビンが大好きで追っかけていた
ジミンを見つけたソニは飛び蹴り笑
大騒動になり、ジェビン関係のNEWSでもその騒動が放送されちゃってたわ(´Д`)

ジェビンはマネージャーにソニの居場所を調べてもらいソニに電話。
その時ソニは屋台でお食事中だったのに
「ドライブしながら音楽聴いてた」っていうのよ~
ジェビンも職業を偽ってたし。

「会いたい」というジェビン
でも「今もまだキレイだろ?」と言われたソニ
絶対に会えないと思ったのよね。

マンションに当選したソニは浮かれてたんだけど
そこに夫が借金をして家が差し押さえに。
しかも夫は捕まっちゃったらしい。
共同経営してた人にだまされたらしくって
「なんとかここから出してくれ」と頼む夫。

お金を借りようとするけど、そんな大金、誰も貸してくれなくて・・・
そこで友達から
「ドンチョルに会えば?」と言われ、
意を決してドンチョルと会うことにするソニ

ホテルのカフェで待ちあわせしたんだけど
周りの人はジェビンだと気づいて
ここでは会えないと思ったジェビン
スイートルームにソニを呼び出した!!
どうしてスイートルームに呼び出されたのか不思議がるソニ
そしてドアをノックして・・・

ジェビンとソニは会うたびに嫌な思いをしているのに
その人が初恋の人だったなんてね~( ´艸`)ププッ
ジェビンはあのソニを見たら、幻滅しちゃうんじゃない?
っていうかなんでその髪型なの?
もっと他にあるだろ~笑




 2話   7

ホテルのドアがノックされ、ドアを開けたジェビンは
まさかあのおばさんがソニだったなんて・・・とビックリ!
ソニは「ドンチョルがジェビンだったのね!似てると思ってたのよ~」と嬉しそう。
部屋に入ろうとするソニに
「僕はジェビンだ。人違いだ」と立ち去るジェビン。
そこでソニはドンチョルに電話してみるの。
「出なかったらドンチョルだったってことだわ」というソニ。
もちろんジェビンは電話に出ず( ´艸`)ププッ

翌日、番組観覧の仕事に遅刻したソニは
放送が始まったためスタジオに入れず。
お金ももらえず、落ち込んでいるとき、前からジェビンが歩いてくるの。
ソニはジェビンに気づかれないように隠れ、ドンチョルに電話。
するとジェビンはマネージャーに水を買いに行かせて電話に出るの。
「今空港にいる」というジェビンに
「私も今空港にいるわ」とソニ。
そして「振返ってみて」と言いジェビンに近づくの。
ジェビンは振返り、そこにソニがいて大慌て。

ソニに自分がドンチョルだとバレたジェビンは
ソニが世間にバラしてしまわないかとビクビクしてたわ(^m^*)

ソニは夫に会いに行き「頑張って保釈金を準備するから」と言うけど
夫は「あまり時間がないから覚悟する」と。
ソニと入れ替わりに現れた女性はソニの夫ユシクに面会し
「10億出す」と。
この女性はユシクに騙されて損をしたはずなんだけど
旦那さんが亡くなってから10年経ち、まだ自分が女だったと気づいたから
残りの人生を私だけのために生きてくれたら、10億ではなく
全財産をユシクに賭けると言ってたわ。
留置所のなかで悩むユシク。

一方、お金の工面を早くしないといけないのに、
ドンチョルにお金を借りられなくなったソニは
病を装い手術を受けたら保険金がもらえると知り病院へ。
検査後、手術だと思っていたのに、
「まずは薬物治療から」と言われ、
なんとか手術してもらおうとするソニだけど
「他の理由があるんじゃないんですか?」と医師から聞かれるの。
ばれた・・・と思ったソニは
「すみません」と謝り、「実は夫が・・・」と言ったところで
「そうだったんですか。閉経も経験して大変だったでしょう」と言い
すぐに手術の手配をしてくれるの。

日帰りで手術できると聞いたソニは即手術を。
手術後、お会計で高額な料金を言われたソニはビックリ!
そこで初めて保険金がもらえる手術ではなく、違う整形外科の手術をされたことを知るの。
お金をもらうどころか、借金を増やしてしまったソニは落ち込んでたわ。

一方、ジェビンは年齢をごまかしているので、整形外科に通っているのよね。
整形外科から出てきたとき、ソニがいたので
ジェビンは自分の追っかけをして写真を撮っていると思いこみ
ソニを追いかけるの。
「昔も今も追いかけてるのはあなたのほうよ!!」と怒るソニ。
そして「私は今、ものすごーく機嫌が悪いから」と
ジェビンを押しのけ家に帰ったわ。

翌日、ソニの友達が「保険金が出たお祝いにおごって」とやってくるけど
違う手術をしてしまったと告白し
「何やってるの!!」と呆れられるの。
と、そこへユシク母が帰宅。
「いい話を聞いたの」と手術すると保険金がもらえるという話をし
「あんた保険に入ってたでしょう?」と。
そこでソニの友達は
「その手術を知って昨日病院に言ってきたけど恥をかきましたよ~
あの手術は50歳以上からしか出来ないらしいんです。
お母さん、手術します?」と。
手術の内容をかなりオーバーに言ったため、ユシク母は
「そんなことをするのなら・・・」と諦めたらしい( ´艸`)ププッ

ソニの携帯に、ユシクが拘置所に移送されるというメールが届き
急いで警察へ向かうソニ。
車に乗り込むユシクと会えたけど、ソニはショックよね。
ソニが帰宅すると、ソニの友達が待っていて
「保釈金のことで駆け回ってるのはわかるけど、
子供の面倒くらいちゃんとみなさい。
うちの子が塾代をジミンに貸したらしいわよ。
それでアイドルの写真を買いまくってるらしい」
と言われたソニはすぐにジミンの部屋へ。
ジミンはアイドルの写真を買いまくってそれを売ってお金にしようとしてたの。
「あんたまでそんなことを!!」と怒るソニに
ユシク母は「親子揃って呆れる」と。
ジミンは「こうなったのは父さんのせいだ!!」と言うけど
ユシク母はソニのせいだと思ってるみたいね。

たまらなくなったソニは一人で飲みに行くの。
そこにジェビンのポスターが貼ってあり
「一緒に飲むか」と飲んでたわ。

その頃ジェビンは、テレビを見ていたのに緊急速報が入り
ソニが自分のことを暴露している夢を見るの。
ソニの暴露に恐れたジェビンは
「今日こそ決着をつけてやる」とソニの家まで行くの。
するとそこに酔っぱらったソニが帰ってきたわ。

歌を歌い、「泣きたい女がここにいま~す」というソニ。
ジェビンは隣に座り、
「お前に連絡したのは20年前の復讐をするつもりだった」と話すの。
そして「ずっと今までお前を思って独身でいたのに、人妻になって現れるなんて!!
今からでも俺のところへ来てくれるか?」とジェビン。
「無理よ。なぜなら私には家族があるもの」とソニ。
「それならいっそのこと会わない方がいい。
もう俺のことは忘れてくれ。1日でもお前をお金で買えるなら・・・」
と言い残し立ち去るジェビン。

これでケリをつけたと思ったジェビンだけど、
ソニは「1日でもお金で買えるなら・・・」という言葉に
わらをもすがる思いで、翌日、ジェビンの家へ(笑)

ソニが訪ねてきてビックリするジェビンは
何かあると思い、ぬいぐるみに小型カメラをつけて持ってきて
ソニの話を録画してたみたい。
「昨日言ってたことは本当?全部覚えている?」とソニ。
「もちろん」と言ったジェビンに
「実は夫の事業が失敗して、お金が必要なの」と言い
ソニはいきなり服を脱ぎだした!!
ビックリするジェビンに
「1日だけ私を買って」とソニ。

もうソニとのことは終わったと思ったのに
「私を買って」とか言われてるよ~。゚(゚ノ∀`゚)゚。アヒャヒャ

1話は1年以上前に見ていたので
(もちろんレビューも1年以上前に書いたまま^^;;)、
思い出せるかな~と思ったけど
なんとか大丈夫だったw





 3話   7

「私を買って」というソニに驚いたジェビンは隠しカメラを見せ
「何かあると思ってビデオを撮っていた」と言うの。
昨夜のジェビンの言葉が嘘だったと気づいたソニは
「テープを返せ」と追いかけるけど、
ジェビンはテープを返して脅迫されては困ると「返さない」の一点張り。
そこへジェビンの兄ドンファが帰宅し
慌てたジェビンはソニを「家政婦だ」と説明。
ドンファがソニを追いだしてくれると思っていたジェビンだけど
以前、テレビ局のバイトに遅れた時に、お願いしてテレビ局に一緒に入れてもらった人が
ドンファだったこともあって、ドンファはソニの家政婦を承諾。
その日からソニは家政婦として働くことに。

ジェビンはなんとかソニを帰そうとするけど、
「テープを返してくれたら帰る」と。
ジェビンはテープは返せないので、
結局ソニはそのまま家政婦として仕事をするのね。

取材が入っていたジェビンだけど、ソニが家政婦として家に居るので
テープの在りかがバレては大変と、
取材も家でするとわがままを^^;;

取材中「女性には怒らない」と言ったジェビンの前で
ソニはジュースを置こうとしてこぼすの。
一瞬怒るジェビンだけど、すぐに気を取り直し、
ソニを連れ出し「俺の神経を逆なでするな」と注意。
が、しかーし!
ソニはそばにあるベンチに座り取材を見ていたわ。
ジェビンと兄のドンファの名字が違うことを質問されたジェビンは
「離婚して僕は母の方に引き取られたので、母の名字を名乗っているので違う」と説明。
ずっとアメリカに居たというジェビンの話に
「一緒の高校だったじゃないの!!」と小声で言うソニ。
そしてソニは携帯で話してるふりをして
「ドンチョル~探し物が見つからないのよ。それに嘘はいけないわ」と言って
取材の邪魔をしてたわ( ´艸`)ププッ

夕飯を作り終え、ようやく家政婦としての1日目が終了したソニ。
ドンファからもらったその日のお金が
ユジョンの家でもらう3日分相当らしく、
「ドンチョルさえいなかったら、ここでずっと家政婦をしたい」とソニ。
そしてドンチョルの要らなくなった服をごみ捨て場に捨てるけど
「もったいない」と何着か持って帰るの。

と、そこへジェビンが来て目の前でテープを引き出し
「もうこれでテープはなくなったから、明日から仕事にこなくていい」
とソニに言うの。
テープもダメになったのなら・・・と「わかった」と帰るソニ。

家に帰ったソニの部屋にいきなり娘ジミンが入ってきたわ。
「急に入ってこないでよ!!」と怒るソニに
「何この服?」とジミン。
手に取ったジウンがジェウンの服だと気づき、
「オークションで売れば高値がつく」とオークションに出品。

翌朝、まだゴミ捨て場に捨てた服があったと
取りに行ったソニは早朝にドラマロケのあったジェビンに見つかるの。
「お前何しに来たんだ!」とジェビンが怒っているところへ
ドンファとフンがジョギングから戻ってきて
「朝食を作りに来てくれたの?」とフンは嬉しそう。
しょうがないので、そういうことにしたソニは
ジェビンも仕事だし、今日一日家政婦の仕事をしていくことに。

ジェビンはロケ中、マネージャーのウォンタクが現場監督から
無線をもたされていて「迷惑だ」と言っているのを見て
家に帰ったジェビンは、ソニに無線を首からかけさせるの。
「それをはずしたら即解雇だから」とジェビン。
そしてソニをこき使うのね^^;;

テレビのリモコンを隠し、テレビ本体から
ソニにチャンネルを変えるように言っていたジェビンだけど
ある番組を見てジェビンは表情が一転。
考えこみ始めたの。
そのチャンネルに映し出されていたのは
大女優イ・ナユンが帰国したというもの。

ナユンは久しぶりに韓国に帰国し、
一番先に向かったのはドンファのところ。
そして一方的に韓国にいる間はドンファの会社にマネージメントをお願いすると発表。
会えば仕事の話ばかりするナユンに
「他に話すことはないのか」とドンファ。
「他の人も元気でしょう?フンは14歳だから中学生ね」とナユン。

ナユンがフンの母か?

家に帰ったドンファにジェビンは
「ナユンが帰国したのは知ってるのか。
兄さんが会うのはいいけど、俺を巻き込むなよ」と言ってたわね。

一方、ソニは夫ユシクに会いに刑務所へ。
でもユシクは保釈されていたの。
電話してもつながらず、とりあえず
「家で待ってる」とメッセージを残すソニ。

が!そのユシクはユシクを買うと言ってくれた女のところへ行っていたのね。

家に帰ったソニはユシクのためにとごちそうを作っていたの。
そして自分の部屋に入ったソニはビックリ!!
部屋が荒らされていて、部屋を借りるために必死で働き
ためていたお金がごっそりなくなっていたの。
ジウンを呼び、聞くけど「私を疑ってるの??」とジミン。
そこへユシク母がユジョンとともに帰宅。
「もしかして私のお金を持って行きました?」と聞くソニに
「持って行ったわよ。ユシクはお金のために船に乗って行ってしまったのよ」
と泣くユシク母。
「義姉さんのせいだ」とソニを責めるユジョン。
あまりにソニをひどく言うので、友達のミンジュ母が
「それはちょっと言いすぎじゃないですか?
学歴がないとかいいますけど、学歴のあるユシクさんが
詐欺を働いたのはどうなんですか!!」と援護。
「ご近所さんまで巻き込んで私をいじめる」というユシク母に
ユジョンは「私の家に行きましょう」と連れていくの。

でもこれは芝居だったのね。
ユシクと落ちあった母は
「言われた通りにした」と。
ユジョンは「ここまでしないといけないの?
義姉さんと本当に離婚するの?」と聞いてたわ。
「離婚することになるだろう」とユシク。

翌日、家政婦の仕事に来ないソニが気になるジェビン。
電話してみると「急用が出来ていけない」と。
ソニは大家さんにもう少し待ってくれと言いに言ったけど駄目だったのよね。

そんなときドンファから呼び出されるの。
「家政婦を辞める」といっていたソニに
「フンもなついていることなので、よければ理由を聞かせてほしい」とドンファ。
そこで家を出るように言われていることと、娘がいることを話すの。
するとドンファは「住み込みで働いてもらえないだろうか?」と提案。
そして「今日、家族会議をするので来てほしい」と言ってたわ。
ソニは一気に問題が解決して大喜び。
バッタリ出くわしたジェビンには今までのことを謝り
「これからどこで会おうとお互いをけなすことは止めよう」と話すの。

夜、家族会議でアピールしたソニは
投票の結果、住み込みの家政婦に決定。
と、そこへ、ジェビンの私物がオークションに売られていることを知ったドンファが
内密に調べていて、部下に捕まえてくるように指示していたのね。
連れてこられたジミンを見たソニはビックリ!!
ドンファはさっきまでとてもいい人だったのに、急に険しい顔になり
「家政婦の話はなかったことに。いますぐ出て行ってくれ」と。
ジェビンは事態が把握できず、ドンファに説明を求めるの。
「私物を盗んでオークションで売ってもうけていたんだ」と言うドンファ。
「そうじゃない」と反論しようとしてもドンファは聞かず。
「連れ出せ」というドンファに
「ちょっと待て!!家族会議で投票までして決めたのに
いきなりなんなんだ!!」と止めるジェビン。

やることなすこと裏目に出ちゃってるよね(´・ω・`)
ジェビンに本当のことを言えば、助けてくれるような気がするんだけどな~





 4話   7

ジェビンは
「こんな大ごとになるとは思ってなかった。
捨てるのはもったいないから家で着ようと持ち帰ったら
売ったら高く売れると聞いて・・・」
と話すソニの言葉を信じ、許してくれるのね。
「行くところがない」というソニに
「家政婦として働いてもいい」と許可を。
ジェビンはドンファに「悪気があってしたわけじゃないし、行くところがないらしい」
と説明し、家政婦として雇うことを許可したと話すの。

翌日、ジェビンが寝ていると外が騒がしく
起きて行ってみると、ソニたちが引っ越しをしていたのね。
ウォンタクらも手伝わされていて
「今日はお前の仕事がないからって代表から呼び出されて
手伝わされてる」とウォンタク。
ジェビンは「兄さんが指示したのか?」と驚いてたわ~

離れにいるソニのところに行ったジェビンは
壁にペンキを塗ってるソニを見つけるの。
「そんな塗り方はダメだ」とペンキを塗り始めるジェビン。
と、そこへソニの娘ジミンがやってきて、
ジェビンが大好きなジミンはジェビンから離れないわ( ´艸`)ププッ

昼食を作ったソニだけど、ジェビンから
「カロリーが高いものばかり出すな!!」と注意されるの。
そして「夕飯からカロリーの低いものを出せ!!」と。
「引っ越しで忙しくて買い物に行けない」とソニが言うと
「約束が守れないなら解雇だ」とジェビン。
「それなら買い物に連れて行って」というと、ジェビンは断るのよ~
しかたなくソニが買い物に行こうとした時、
ジミンがやってくるの。
ジェビンを見たジミンはジェビンから離れず、
困ったジェビンは「俺も行く!!」だって( ´艸`)ププッ

そして買い物に行ったソニは生きているニワトリを買うのね。
荷台にニワトリを乗せると
「羽のあるものは嫌いなんだ」とジェビン。
ソニはここぞとばかりに、怖がって降りようとするジェビンに
「今降りたら、みんなが集まって大変なことになるわよ。顔も洗ってないんでしょう?」
と言い、ジェビンは我慢して家まで帰ったわ。

家に戻ったソニはジェビンから無線で
「クリーニングを取って来い」と指示されるの。
急いでジェビンの部屋に持って行くんだけど、
クリーニングに出さずに、手洗いしたらしく
Tシャツが縮んでたわ( ´艸`)ププッ
「クリーニングに出さずに手洗いしたんだろう?」と怒られるソニ。

ジミンがリビングに来ているときに、フンが帰宅。
ジミンを紹介するけど、ジミンに一目ぼれしているみたいなフンは
照れて部屋に逃げたわ( ´艸`)ププッ
これを見たマネージャー2人は
「親睦を深めるためにパーティをしよう」と提案。

パーティの準備をしていると、出かけていたジェビンが帰宅し
ソニに服を買ってきたと渡すの。
でもその服はお手伝いさんの服とエプロンと鍋つかみ^^;;
そんなことをしつつ、ソニの事情が気になるジェビンは
パーティの最中、ジミンに父親のことを聞くの。
「借金だけ残して消えた」と聞き、事情がつかめたジェビン。
ドンファは家政婦の仕事のごみ出しなどを手伝ってくれるんだけど
ごみ出しに出た時に、ナユンがいきなり来てパーティはお開きに。
フンには「ジェビンとドンファ、どっちがいい男なのか」と聞いたりして
謎なナユン。
酒に酔ったナユンを送って行ったドンファは
ナユンから「私もあの家に住みたい」と言われ
「いまさら何をするつもりだ?大女優になりたいという夢はかなっただろう?」
と言ってたわ。

夜中、台所に来たジェビンは
そこで床に座り酒を飲んでいるソニを発見。
「なんで椅子に座らないんだ」と聞くジェビンに
「代表が帰ってきてないのに座れない」とソニ。
そこでジェビンは、地下にあるジェビンの部屋に連れていくのね。
お酒を飲んだジェビンは
「酒も入ったことだし、聞きたいことがあるんだけど」と
昔、待ち合わせ場所にソニが来なかった理由を聞くの。
でもソニは答えず。
そしてソニはナユンの話をしだしたので、機嫌が悪くなるジェビン。
「そんなだから旦那に逃げられるんだ」と言ってしまうの。。
「誰に聞いたの?ジミンね?」とジミンに怒りにいこうとするソニ。
でもジェビンは「俺が聞きだしたんだからジミンを怒るな」と言ってたわ。

翌日、起きてくるとソニがおらず。
ドンファから「ソウルに行った」と聞かされ、
家を探しに行ったのか?とちょっと心配に。
ドンファは出かけ際に
「仕事は休みだろう?今日はチャン会長の
奥さんのワインバーがオープンだから顔を出せ」とジェビンに指示。

その頃、ソニはユシクの携帯電話代を支払いにに行っていたの。
でも「昨日、ご本人が支払っていらっしゃいます」と言われビックリするソニ。
と、その時、ジェビンから電話があり、
指定した場所まで来いと言われるのね。
行ってみると「女に服を買うから選べ」と。
そして店を出たところで「女が着ないと言ってるからお前にやる」と言うのよ。
「最初から私に買ってくれるつもりだったんでしょう?」とソニ。
そして「それじゃ今からこれは私のものよね?」と聞いてから、
店に戻ろうとするソニを引き止め
「返しにいったら解雇だからな!」とジェビン。
そして次に美容院に連れていき、服に合うような髪型にしてくれとジェビンは言うの。
髪をするのに眼鏡をはずして席を立ったソニ。
その席に座ろうとしてジェビンはソニの眼鏡を割ってしまいソニは怒ってたわ^^;;

ソニが美容院に居る間に、ジェビンは用事があるとどこかへ。
その途中でナユンから電話があり
「一緒にワインバーに行こう」と言われるの。
「悪いがパートナーがいるので」と断るジェビン。
そして美容院にソニを迎えに行くんだけど、
ソニは待ちくたびれて寝てたのね。
あまりの変わりようにすぐにソニに気づかないジェビン( ´艸`)ププッ
ソニを起こし、どこにいくとも言わずにジェビンはワインバーに連れて行ったわ。

そのワインバーはユシクを愛人にした女ジョンスクがオーナーなのね。
ユシクは妹ユジョンと母を招待するけど
「今日は忙しくて家族と話している時間なんてない。
しかもVIPのお客さんばかり来るんだから、場違いだ」と
ユジョンと母に帰るように指示するジョンスク。

オープンし、VIPのお客さんが続々と駆け付ける中、
ドンファはナユンと来店。
そしてジェビンはソニを連れていくの。
ナユンは変身したソニに
「誰かと思ったら家政婦さんじゃないの」と。
どうやらナユンはジェビンが気になるらしいけど、
ジェビンはナユンと関わりたくないらしい。
そこでナユンはソニが一人になったのを見計らって
ソニに「飲もう」と誘うのね。
と、その時、ワインを持った従業員が躓いてしまい、
ワインが服にかかったソニとナユン。
すぐに飛んできたジョンスクはナユンに必死で謝り、
「あなたも早く手伝って」とソニに片づけるように言うのよ。
これを見たジェビンはすっ飛んできて
ソニに「やめろ」とやめさせたわ。
「僕のパートナーです。僕が侮辱された気分だ」と。
ジョンスクは「家政婦だと聞いていたので」と言い訳するけど
ジェビンは怒ってたわ。

家政婦だから何?
店に来たらどんな職業の人でも客は客でしょう?
家政婦をしてたら、客として来店してても何かあったら
従業員と同じように扱われるわけ?
そんなのあり得ないだろうヽ(`Д´)ノ


怒るジェビンをドンファは「話がある」と連れていくの。
そしてマネージャーに「ソニだけ連れて帰って欲しい」と電話。
するとジェビンは「俺も帰る」とソニを連れて店を出たわ。
ちょうどその時、記念品を運んでいたユシクとすれ違うけど、
お互いに背を向けたり、荷物を持っていたりで気づかず。
ジェビンが帰ろうとしたことに慌てたジョンスクはジェビンを引き止め
ユシクを紹介しようとするの。
エレベーターに乗っていたソニも顔を出し・・・

おおっ!ユシクとご対面か?
でもジェビンが眼鏡を割ったから、ソニはユシクだと気づかず
ユシクだけが焦ることにならないだろうか^^;;





 5話   7

ジョンスクに引き留められたジェビンはソニに
「先に行ってろ」とエレベーターに乗せられたわ。
エレベーターが閉まる寸前にユシクが来たけどソニだとは気づかず。

そりゃそうよね。
芸能人が女の連れと一緒にいるところを見られるのはイヤだものね。


車に戻ったジェビンはソニが待ってると思ってたのにいなくて
電話をするとソニはバスの中。
「今すぐ戻ってこないと解雇だぞ!!」というジェビンに
「付き合ってられない」と電話を切るソニ。

先に家に着いたジェビンは心配してソニを待っていたけど
ソニはちょうど帰ってきたドンファに声を掛けられていたのね。
「車に乗って」と言われるけど、断ったソニ。
するとドンファは車から降りてソニと一緒に歩きだした!
二人で歩いて帰ってくるのをみたジェビンはムッとし
部屋に戻ったソニに「腹が減った。何か作れ」とトランシーバーで指示。
そして「兄貴に尻尾を振るな」と注意してたわ。

翌朝、ソニは井戸水を汲みに行った帰り、
運動していたドンファとフンに出会うの。
喉が渇いている二人に水を飲ませるソニ。
と、そこにジェビンからトランシーバーで呼び出されるの。
これを見たドンファは家に帰り
「家政婦さんにトランシーバーを持たせてるのか?
大人にあんなに命令口調で」とジェビンに怒るの。
ジェビンはすぐにソニのところへ行き
「トランシーバーのことを兄貴に話しただろう?」と
自分が怒られたとソニに怒るジェビン。

ソニはミンジュ母に会い、ご飯を食べながら
「ユシクを探す」と言いだすの。
「お金はどうするの?」と言われたソニは
ジェビンが買ってくれた服を売ればお金になると考え
買った店に行くけどカードで買った服だから
現金では返品できないと言われるのね。
それに一度着てるし^^;;
ナユンもちょうど同じ店に来ていて、
ナユンに見つかったソニは慌てて店を退散。
「お金はなんとかするから興信所を探しておいて」とミンジュ母に頼むソニ。

家に帰ったソニはドンファに取りいってお金を貸してもらおうと考えたのね。
ドンファの好物を聞き、それを作って待ってたわ。
でもドンファはソニからもらった井戸水でお腹を壊していたの。
フンもまた学校でお腹が痛くなり、ジミンに連れられて帰宅。
ジェビンはドンファが怒っているとソニを脅すけど
ドンファには「怒らないでやってほしい」とお願いするのね。

ドンファに取り入ることが出来なくなったので
ジェビンに取り入ることにしたソニ。
その頃ジェビンは映画監督とユシクのワインバーで飲んでいたわ。
ユシクに接待され、ワインを飲んだジェビンは
ユシクに家まで送ってもらうの。
その途中でソニから電話があり、運転していたユシクは
ジェビンが女と話をしていることで興味津々。
ソニはジェビンが帰ってきて迎えに出るけど、ユシクだとは気づかず。

そしてジェビンに「もう少し飲もう」と誘うのね。
酔わせてお金を貸してもらうと約束を取り付けようとしたみたいだけど
話してる時に肝心なところで寝てしまうジェビン。

翌日、大事なキスシーンの撮影があったジェビンだけど
二日酔いで撮影に行けず( ´艸`)ププッ
しょうがないのでドンファはジェビンが心労で倒れたことにしちゃったわ^^;;
これを知ったユシクは店に来てもらった日にこんなことになったと
お見舞いに行こうと考えるの。

その頃ナユンは映画監督から電話があったんだけど
断ろうとしてたのよね。
「相手役がジェビン」だと聞いて断るのを辞めたかな?

フンはドンファとナユンの子みたいだけど
どうしてナユンはジェビンのことが気になるのかしら・・・
今はドンファには興味なさげだものね


ジェビンの家に着いたユシクだけど、
車から花を持って降りたところで、花を落としてしまい台無しに。
と、そこへ大きな花束を持ったバイク便に抜かされるの。

その頃、家ではジェビンがソニとゲームをしていて
ソニがゲームに勝ったら望みを聞いてやるということだったので
ソニは必死で勝とうとしてたのよね。
もう少しで勝てるというときに、バイク便が到着しゲームは中断。
花を受け取りに行ったソニ。
その様子をユシクが見ていてソニがいてビックリして隠れてたわ。

花束はナユンからで、それを聞いたジェビンは機嫌が悪くなるの。
「兄さんの部屋に飾っておいてくれ」と。
そのあとも、ジェビンにつきまとうソニに
「何が望みなのか言ってみろ」とジェビン。
「断られたら恥ずかしいから言えない」と言うソニに
ジェビンは自分とキスがしたいんだと勘違い( ´艸`)ププッ
勘違いされたソニは
「みんなが寝静まったらもう一度ゲームをして」と言うの。

一方、ドンファは花束に入っていた手紙を見て
ナユンに会いに。
ナユンはジェビンに送ったつもりだったのにドンファが来て
ガッカリしてすぐに帰っちゃった^^;;

その頃、ソニとジェビンはゲームで対戦中。
また負けたソニにシッペをしようとしたジェビンは
ソニの腕があざだらけなのを見て、やめるの。
「望みはなんなんだ?」というジェビンに
「お金を前借させてほしい」とソニ。
「そんなことで、こんなにあざだらけになるまでするか?」と呆れるジェビン。
そして使い道を聞くと「夫を探すため。興信所に頼むお金がほしい」と。
これを聞いたジェビンはすぐに準備してくれるのね。

庭でソニが「1日だけ買って」と言いに来た時のビデオを
二人で笑って見てるんだけど、ソニはそのうちに涙が出てきちゃうのね。
その頃、家に帰ってきたドンファは二人が一緒に居るのを目撃。
涙が止まらないソニが部屋に戻ろうとしたとき、ジェビンは引き止めキスをした!!

ドンファもビックリしただろうね( ´艸`)ププッ
ソニのことが気になってたからショックかな?





 6話   7

キスをしたジェビンとソニはお互いに意識し始めちゃったわ。
でもそんな素振りを見せない二人。

一方、二人のキスを見てしまったドンファは
秘書に電話し、ソニのことを調べるように指示。

翌日、ジェビンからお金をもらったソニは
早速、興信所に行こうと「ソウルに行く」とドンファに告げると
「送って行く」とドンファ。
なんだか落ち着かないソニに
「旦那さんが戻ってきたら出て行くんでしょう?
フンが寂しがるな~それにウチとは縁が深いみたいだから」とドンファは言うの。
ソニは本当のことを話そうかと思うんだけど、やっぱり止めたわ。

会社に行ったドンファは秘書から
ソニの夫が刑務所に服役していたけど、出所してから行方不明だと報告されるの。
「海外ではないのか?」と言うドンファに
「渡航歴はありません」と秘書。
そこで引き続きソニの夫を探せと指示。

一方、ジェビンは仕事の合間にソニに電話して
「お弁当を持ってこい」というのよ。
「興信所から帰って来たばかりなのに」というソニに
「持ってこなかったらクビだ」と強気のジェビン。
しかたないのでソニはお弁当を持ってジェビンの撮影現場へ。

その頃、ジェビンは撮影現場でナユンとバッタリ会うの。
「昔のように仲良くしたい」というナユンに
「兄貴の元カノと仲良くするのはごめんだ」とジェビン。
するとナユンは「今度の映画、私も出るのよ」と。
これを聞いたジェビンは映画を断ろうと考えるけど
ナユンから「公私混同しないで」と言われ
仕事として一緒に映画を撮ることを承諾。
そこへソニがお弁当を持ってきたわ。

ソニがジェビンに近づくのが気に入らないナユンは
帰ろうとするソニを送ると車に乗せるの。
家に上がりこみ「たまに夕飯を食べにきたい」とナユン。
この言葉にソニは喜んで「来てください」と言うのね。
と、そこへフンが制服を汚して帰ってくるの。
「どうしたの、その服!脱ぎなさい!洗ってあげるから」
と本当の母のようにフンに接するソニに複雑な表情のナユン。
フンはナユンがいるので、脱ぎたくないといい
「きれいな女の人の前だと恥ずかしいのね~」とソニ。
フンがトイレで着替えるというので、
ナユンは「帰るから気にしないで」と言い、帰ったわ。

一方、会社からドンファが帰ろうとしたとき、ジョンスクが訪ねてくるの。
「先約がある」というドンファに
「明日家にお伺いする」とジョンスク。

翌日、ジョンスクはユシクにジェビンの家に行くことを告げるの。
これを聞いて慌てたユシクは母に電話し
「理由は聞かずにソニとジミンを誘いだして会っててくれ」と頼むの。
ソニは急に義母から電話があり、呼び出されてしかたなく「行きます」と。
でもお客さんが来るのでソニは行けなくなり、
ジミンだけが行くことに。
そんなことを知らないユシクは
母からの「作戦成功」のメールにひと安心。

その頃ソニはドンファとフンとともにスーパーにお買い物。
そこでユシクを見かけたソニは追いかけるけど、見失ったわ。

先に家に着いたジョンスクとユシク。
ジェビンはソニに「まだ帰って来ないのか」と電話をするの。
「今のは誰に電話したんですか?」とユシクは聞き
「うちの家政婦に電話したんです」とジェビン。
これを聞いたユシクは大慌てで家の外へ。
母に電話はすると「ジミンだけが来た」と言われビックリ!
そこへドンファやソニが戻ってきてとりあえず逃げ込むと
そこはソニが住んでる離れの部屋だったのね。

ソニが家から出てきたので、家に戻ろうとするユシクだけど
そこにジェビンが出てきて、ソニを探しに離れへ。
慌ててユシクは隠れたわ。
ソニの家に入ったジェビンはカレンダーの赤丸で囲まれた日を見たのね。
そして外に行くと、外で座り込んで泣いているソニを見つけてそばに行くの。
「泣くなら言えと言っただろう?」とジェビン。
ソニの夫のことを悪く言うジェビンにソニは怒って家に戻っちゃった。

ジョンスクはユシクが戻らないので怒って帰ろうとするの。
ユシクが体当たりで車を制止させ、
「ジェビンのせいで怒りがおさまらなかった」と。
ジョンスクをバカにした態度が許せなかったと言い訳し
それをジョンスクも信じてたわ。

ほんと嘘がうまいですこと・・・
でもこれがいつまで保てるかなぁ♪~(・ε・)


ジェビンはソニに「撮影のバイトがある」と誘いだすの。
でも仕事ではなく、ローラースケート場だったのよね。
遊んだ後、レストランに行き、ジェビンは弾き語りを。
そしてケーキが出てきて「誕生日おめでとう」と言われたソニは
「私、誕生日じゃないわよ」と( ´艸`)ププッ
あの赤丸の日は結婚記念日だったらしい。
そのことを聞いて怒るジェビンだけど
「こんなことしてもらったのは初めてよ」とソニ。
そんなソニをジェビンは哀れな目で見てたわ。

その頃、ドンファは秘書から「ソニの夫が見つかった」と報告があるの。
詳しく聞いたドンファはビックリしてた。

一方、ソニのところにも興信所からユシクが見つかったと連絡があるの。
急いでそこに向かうジェビンとソニ。
とっても高級そうなマンションで
「こんなところに居るのか?」とジェビン。
ソニは「一人で行くから帰って」と言い、報告されたマンションの部屋の前へ。
でもその部屋に誰かがいる気配がして慌てて飛び出してくるソニ。
ジェビンは帰るといったものの、ソニが気になって引き返してきてたのね。

ソニが慌てて走ってきたのでジェビンは
「何があった?一緒に行ってやろうか?」と言うけど
「あなたは芸能人なんだから、見つかると大変だから帰って」とソニ。

その頃、ユシクはジョンスクにプレゼントする指輪を取りに行き
花束を持って帰宅。

ソニが勇気を出してそのマンションに向かおうとしたとき、
ユシクを発見!
「あなた!!」と走ってユシクに飛び付くソニ。
それをジェビンは見ていて・・・

ユシクだとジェビンは気づいた?
気づいてなくてもドンファは報告受けてるわよね?
こんなユシクみたいな男、早くバレちゃえばいいのよ!





 7話   7

ユシクに飛び付いたソニを見たドンチョルはその場を立ち去ったわ。
ユシクはソニを車に乗せ
「借金取りに追われている」と嘘をつくの。
ようやく落ち着いて話せる場所に来たソニは
「保釈金はどうしたの?高級な家に住んでいて
高い車に乗ってるのはなぜ?」と聞くと
「先輩から借りた」と言うユシク。

そして家に帰ったソニは台所でご飯を食べていたの。
「結婚記念日だったのに食事も食べずに帰ってきたのか?」
と聞くドンチョルに
「旦那の顔を見ただけでお腹がいっぱいだから断った」とソニ。
そしておかわりをしてまで食べるソニに
「まだ食べるのか?」とドンチョルが心配。
するとソニは「いくら食べてもお腹がいっぱいにならない」と。
だけど、食べ過ぎて吐いちゃった^^;;

一方、ユシクはジョンスクにプロポーズするけど
「あなたはまだ他人の夫よ。それが解決するまでは
プロポーズは保留」と言われ、ユシクは困っちゃった。

その頃、ドンチョルに「病院に行った方がいい」と言われるソニだけど
「これくらいで病院になんていけない」と
悪い血を出そうとするのね。
そんなソニをドンチョルは手伝っていると、ソニの携帯に電話が。
ユシクからで会いたいと言われ、翌日会うことにしたソニ。

翌朝、ドンファから
「ジェビンが映画に集中できるように家政婦を置かないことにしたから
やめて出て行ってほしい」と言われるソニ。
「ドンチョルが落ち着きがないのは自分のせいじゃないのに・・・」
とソニは困ってたわ。

出かける準備をしようとした時、ドンチョルから
「トレーニング室を片付けるように」と指示されるソニ。
トレーニング室に行ったら、これでもかってくらい散らかってて^^;;
片づけたと思ったら、今度はナユンから電話があり
突然「行きたい」と。
「出かける用事があるので」というソニに
「誰もいないの?」とナユン。
夕方にフンが帰ってくると言うのを聞いたナユンは
「わかった」と言って電話を切るのね。

学校から帰ってきたジミンに後片付けをお願いしているところへ
ナユンがやってきた!
「フンのことなら私が見てるから行ってきたら?」とナユン。

そしてソニは待ち合わせ場所の遊園地にやってくるけど、
ユシクは来ず・・・
人を使ってソニに手紙を渡すのね。
その手紙は
「借金取りに見つかってケガをして行けない」というもの。
ユシクを心配して泣くソニに
着ぐるみが近づいてきた!
その着ぐるみはドンチョルだったのよね( ´艸`)ププッ

着ぐるみを着てると周りにジェビンだとバレないとわかったドンチョルは
着ぐるみのままソニと遊園地の乗り物に乗り楽しいひと時を。
とっても楽しそうなソニだけど、ふとソニは
ユシクがケガをしているのに私だけが楽しんで・・・
と落ち込みだすの。

一方、ドンファはナユンが家に来てフンと会っていたことを知り
ナユンの家に乗り込んだわ。
「フンに近づくな」と警告するドンファ。
そして15年前ナユンから言われた
「気持ちが離れたのにやり直せない」という言葉をドンファは言って立ち去ったわ。

ドンチョルとソニは家に向かっていたけど
一緒に帰るわけに行かず、ソニは「その辺で降ろして」と。
その時、ユシクから電話があり「会おう」と言われたソニ。
ドンチョルはソニの夫が気に入らないのね。
「こんな時間に会うのか??」と聞くけど
「私の夫よ?」と。
ドンチョルは機嫌を悪くして急ブレーキをかけソニを降ろしたわ。

ユシクに会いに行ったソニは
「家族がまた一緒に暮らせるためなら何でもする」と言ったため
「これだけはしないでおこうと思ったけど偽装離婚しよう」とユシク。
「離婚?」と不安になるソニに
ユシクはうまく説明し、納得させてたわ。
しかも「明日裁判所に行こう」と言われ不安になるソニ。

一方、家ではソニの帰りが遅くてドンチョルは心配でリビングをウロウロ。
とそこへドンファが降りてきたので、ドンチョルは2階に上がろうとした時
ソニが帰宅。
「帰りが遅い」とドンファから言われたソニが謝ると
「フンを客に預けて外出するなんて。フンのためにあなたを雇ったのに」
とドンファから散々言われてしまうソニ。
立ち去ろうとするドンファに
「子を持つ親として恥ずかしいことをしたことは一度もありません。
今まで生きてきて誇れることは家族を守ってきたことです」と
ドンファに謝れと涙ながらにソニは訴えるの。
そんなソニにドンファは謝ったわ。

翌朝、「最後の無断外出です」というメモを残し
ソニは裁判所へ。

会社に行ったドンファをジョンスクが訪ねてくるの。
そしてジョンスクから再婚をすると招待状をもらったドンファが
招待状を開けてみるとそこにはユシクの名前が・・・
そこでドンファは
「彼には家族がいるでしょう?」と聞くと
「でも今日離婚するので、問題ないです」とジョンスク。
これを聞いたドンファはソニに電話。

ソニは離婚届を提出し終わって、一人で座って泣いていたのね。
ドンファからの電話で「すぐに帰ってこい」ということだと思ったソニだけど
ドンファは「状況がわからないんですか??」とすぐに事務所に来るように指示。
ソニが事務所に到着したころ、
ドンファに会いにユシクが来ていたの。
ソニを見つけたドンファはソニがユシクに気づかないように
すぐにソニを連れて車に乗り家へ向かったわ。
その途中でユシクから電話があったソニ。
「あなた」というソニの言葉を聞いたドンファは
ソニから携帯を取り上げ「大事な話があるから」と。

一方、ドンチョルは朝からソニがいないことがものすごく気になり
ソニの夫に会おうと決意。
ウォンタクに人を送らせてソニの夫をホテルの一室に呼んでもらったわ。
ドアを開けるとそこにワインバーの店長ユシクが立っていて
「お前が夫なのか!!」と驚くドンチョル。

前回までジェビンと書く方が多かったのに
今回はドンチョルのほうがしっくりくるかな~と
ドンチョルの名前のほうをよく使ったけど・・・
名前が2つあるときって困るのよね^^;;

遊園地でのドンチョルとソニは見てるこっちまで楽しかったね( ´艸`)ププッ





 8話   8

ユシクはジェビンに「ソニの旦那なのか」と言われ
慌てて逃げるんだけど、ジェビンは追ってきた!
そしてジェビンに捕まってしまい殴られるユシク。
そこはホテルのロビーだったため、ウォンタクらは必死でジェビンを止めるのね。

一方、ドンファはソニに
「他人の秘密を知ってしまったらどうするか?」と尋ねていたの。
「その人のために言わないほうがいい」と答えるソニに
ドンファは「家政婦をこのまま続けてくれ」と言ったわ。
と、その時、ジェビンが問題を起こしたと報告があり
ドンファは急いで事務所へ。
ジェビンが人を殴った本当の理由を記者に話すわけにもいかず
「痴漢に間違えた」ということにすることにしたのね。
ユシクも自分の顔が新聞に載るのはまずいのでそれで了承。
が!この話を聞いていた何も知らないジョンスクは
ユシクに何があったのか問うの。
そこでユシクは
「ジェビンからいきなり殴られた」と言ったことから
ジョンスクはジェビンに謝らせると。

翌日、謹慎になって外出出来なくなったジェビン。
家に居るとソニの携帯にユシクから連絡が入るのね。
離婚したのになぜまだ連絡を取っているのか、
まだユシクが凝りていないんだなと思ったジェビンは
ソニの携帯を取り上げた!
「離婚したんだろう?」というジェビンに
「どうして知ってるの?」とソニ。
そして「離婚した割には冷静すぎる」とジェビンは指摘。
ソニは偽装離婚したことを誰にも言うなと言われているので
うまくごまかしていたわね。

ジョンスクから呼び出されたドンファとジェビン。
「後腐れのないように和解を」というジョンスクだけど
ジョンスクが目の前に居ると話しづらい3人。
そこでユシクはジョンスクに席をはずすように言うんだけど
3人になっても話しづらいのよね^^;;
ユシクはトイレに逃げ込むんだけど、ジェビンが後から追ってきた!

出かける前にジェビンはソニに
「憎いやつがいたらどこを殴るか?」と聞いていて
「後頭部」と言ったことから、ユシクの後頭部を殴るジェビン。
席に戻ったジェビンにジョンスクが
「和解されたんですって?」とワインを持ってきたけど
ジェビンもドンファも「結構です」と断ってたわ。
とにかく長引かせたくないユシクは
「車に乗ってこられてるから。。。お水で乾杯しましょう」と
その場をなんとか切り抜けるの。

家に帰ったジェビンはソニをトレーニング室に呼び出し
離婚のお祝いをするの。
ケーキを買ってきたジェビンは明かりを消し
ケーキのろうそくだけで二人で話を。
「約束をやぶる悪い奴だ」とユシクのことを言うジェビンに
「それでも幸せだった」とソニ。
結婚とは苦しい時、悲しい時に少しの幸せの時間を思いだして
生きていくものだとソニは言ってたわね。

と、その時、ドンファの足音がして
慌ててろうそくを消す二人。
ドンファの足音が聞こえなくなったので
コソコソ話をしていたけど、その話をドンファは聞いていたわ。
気づかれないように2階に戻って行ってたけど( ´艸`)ププッ

翌日、ナユンがジェビンを訪ねてくるの。
ジェビンの記者会見の服を見たてようとするナユンに迷惑そうなジェビン。
そこへフンが帰ってきたのでナユンはフンに「遊ぼう」と言うのね。
そこでジェビンはジミンとソニを誘って「陣取り鬼をしよう」と言いだすの。
ナユンはジェビンと一緒に居たいので
「私たちもまぜてもらおう」と。
みんなで楽しく陣取り鬼をしたけど、
ジェビンがソニと仲良くしていることが気になるナユンは
ソニに名前を聞き「もしかしてジェビンと同い年の39歳?」とナユン。
ソニはナユンがジェビンの本当の年を知っていてビックリ!

翌日、ソニは「外出したい」とジェビンに申し出るんだけど
「家事が終われば外出してもいい」とジェビン。
張り切るソニに次から次へと用事を言い、なかなかソニは外出できないの。
ようやくジェビンが疲れて寝てしまったのを見計らって
ソニは外出。
目が覚めたジェビンはソニが外出したと知って怒って待ってたわ。
帰ってきたソニに「旦那に会いに行ったんだろう?」と怒るジェビン。
実はソニは役所に行って戸籍を取っていただけなのよね。
ジミンはまだこのことを知らないから、何かあった時にユシクの戸籍に入っている
戸籍票が欲しかったのよね。

そしてジェビンは映画の製作発表へ。
ソニは家で掃除をしていて、ドンファの部屋で
ユシクとジョンスクの婚約式の招待状を見つけてしまうの。
「旦那と同じ名前だわ」と思うソニは
ユシクのことを思いだし、イヤな予感がしてホテルへ。

製作発表で写真を撮っていたジェビンは
ソニがホテルに来たのを見て、制作発表の場から抜け出すの。
「なぜお前がここに居る?」とソニを呼びとめるジェビン。
「代表の書斎で招待状を見つけたの。旦那と同じ名前なの。
イヤな予感がする。確かめたいの」とソニ。
ジェビンは阻止しようとするけど、ソニは婚約式の会場に向かったわ。
ジェビンはソニを追いかけ、引き止めたときユシクの声が。
ユシクのほうを見ないようにソニを抱きしめるジェビン。

と、そこへジェビンを追ってナユンがきたため
制作発表の記者たちも一緒に来て
ジェビンが女性と抱き合っているのを見て取材を始めてしまうの。
振返ったジェビンは「兄貴・・・」と。
これを見たドンファは、上着を脱ぎソニの頭から上着をかけ
記者たちに見られないようにしてくれ
その場から出ようとし・・・

この場の兄弟の連携がよかったね~
そりゃね、女でも男でもユシクの味方になる人はいないものね。





 9話   8

ソニをホテルから連れ出したドンファとジェビン。
家の近くにもマスコミが張っていると考えた二人は
ソニをトランクに入れ、家へ。
案の定、マスコミたちはジェビンの帰りを待ち構えていたわ。
なんとか家に入れたジェビンたちだけど
マスコミはずっと家の前で待機。

家に帰った来たドンファは対応に追われ、
ソニとジェビンに外出するなといい、事務所へ。
でもソニはユシクのことを確かめたくて、
マスコミがたくさんいる中、出かけるの。
ソニが家から出たとたん、マスコミに囲まれるけど
家政婦だとわかったマスコミたちは
「家政婦に聞いてもしょうがない」と諦めてくれ
ソニは家から出ることに成功。
ユシクの家に向かったソニだけど、そこにユシクはおらず。
その頃ユシクはジョンスクの希望でテントを張ってそこで一晩を過ごしたらしい^^;;

一方、ジェビンはソニの姿が見えず、ウォンタクから
「出かけた」と聞いてジェビンも家から抜け出した!
ユシクの家に行ってみると、そこにはソニが・・・
無理矢理家に連れて帰るジェビン。

翌朝、新聞にジェビンと女性が抱き合っている写真が載り
ソニはビックリ!!
ドンファには考えがあるようだけど。。。
ドンファが出かけてから、ウォンタクが慌ててやってきて
「テレビを見てみろ」と。
するとナユンがジェビンと付き合っていると証言していたの。

その頃、ユシクは新聞を見てジェビンとソニが抱き合っているのを見て
電話をかけてきたわ。
ユシクと会う約束をしたソニだけど、ジェビンは行かせまいと
撮影スタッフにお弁当を作って持ってこいと指示。

一方、ドンファはナユンに
「余計なことをするな」と言うけど
「私は無視したことが許せない」とナユン。
そして「ジェビンを振り向かせる」と撮影に向かったわ。

撮影現場でジェビンと落ちあったドンファは
「ナユンを怒らせてしまったから、撮影の間だけナユンの恋人のふりをしろ」
とジェビンに指示。
二人の会話を聞いていたソニは
ドンファとジェビンとナユンに何かあると知ったのね。

撮影が終わるまで待っていろとソニに指示するジェビンだけど
ソニはユシクに会いに行っちゃった。
「今回は許すけど、次は許さない」と
立ち去るユシクを追いかけるソニ。
途中まで追いかけたけどタクシーに乗ったユシクは追いかけられなかったのかな。
ソニはドンファに電話をしたわ。

ドンファと居酒屋で飲むソニは
「代表の部屋で主人と同じ名前の人の招待状を見つけました。
その人はどんな人ですか?」と聞くの。
「よく知らないけど紹介することはできる」とドンファ。
そして「紹介しましょうか?」というけどソニは
「いいです」と断ってたわ。

ドンファと少し楽しい時間を過ごしたソニだけど
家に着いてから、一人で庭へ。
ユシクに電話してみるけど
「忙しいから」と切られるのね。
「私が知らないと思ってるだろうけど、わかってるのよ」と
ひとり言をつぶやくソニをジェビンは見ていたわ。

翌日、ジェビンはユシクのところへ。
お金を渡し、「ジョンスクさんと別れて元妻を迎えに行け」と。

ジェビンが家に帰るとソニはユシクに呼び出されて出かけるところで
ジェビンは「送って行く」というのね。

その頃、ユシクはソニとの待ち合わせ場所に向かっていたんだけど
不審に思ったジョンスクはユシクの後を追っていたの。

ソニと会ったユシクはお金を渡し
「これで家を借りてあの家から出ろ」と指示。
そこへジョンスクが「何をしているの?」と来ちゃった。
「慰謝料が欲しいというので」と説明するユシクに
「私たち婚約したの。困ったことがあったら私に連絡して」とジョンスク。
ユシクとジョンスクが立ち去った後、ソニは号泣。

ジェビンはソニを送ってきて、そのままそこに居たのね。
するとユシクとジョンスクが帰るのを見て
ソニが一人だと気づいたジェビンは、すぐにソニのところへ。
するとソニは号泣していて、ジェビンはソニを抱きしめたわ。
それでも涙が止まらないソニに
「俺はもう友達をやめる」とソニに言い・・・

友達をやめるってことは、ソニを守って行こうと思ったのかしらん♪
ドンファもソニが欲しいと言っていた靴を買ってたし
二人でソニの取り合いか?(笑)





 10話   8

涙が出なくなるまでソニを泣かせてあげるジェビン。
「いつからあの人が夫だと知っていたの?」とソニ。
「そんなこと知っても仕方ないだろう?」
「知ってたから悪い奴だとか、私をバカだとか言ってたのね」
とソニは納得してたわ。

家に帰ったジェビンは、友達をやめる宣言をしたため
ソニの肩に手を置いたり、ソニと手をつないだり・・・
そこへドンファがやってきて、慌てて手を離す二人^^;;
そしてようやくジェビンが「ソニと同級生だ」とドンファに告白したわ。

ソニは一人でユシクのことを考えていたのね。
ジェビンが無線で話しかけてきて
「寝るところ」というソニだけど
「あんなことがあったのに寝れるわけないだろう?
どうやって仕返ししてやろうかとか考えていたんじゃないのか?
偽装離婚しようと持ちかけてきたなら、お前にまだ未練があったんだろうから
お前からあんな奴、捨ててやれ」とジェビン。
そんなジェビンはトレーニング室にソニあてにメッセージを残していたのね。

翌朝、ジェビンを起こしに来たソニに
「昨日言いたくても言えなかったことをトレーニング室のどこかに書いた」
と言うの。
と、そこへドンファがやってきてソニに「話がある」と部屋へ呼んだわ。
ソニがドンファの部屋に入ってくると、ドンファは
ソニが欲しがっていた靴を渡そうとするんだけど、
そこにジェビンが来たので、話を変えるドンファ。
このことにジェビンはひっかかったのね。
「兄貴がおかしい」って言ってたわ。

映画のオーディションの審査員として会場に行っていた
ジェビンとナユン。
その会場はユシクのワインバーがあるホテルだったのね。
ソニはユシクに会いにワインバーへ。
ドンファはソニがワインバーに向かっているのを見てついていったわ。

ユシクと話をするソニは
ユシクがお金のために離婚したことを知るの。
「お前にお金があるならお前のところに戻る」とか言ってたわね~

あほか!
お金があったらお前のところに戻るって?
あんたのせいでソニが苦労してるんでしょうが!!
もしお金があってもこっちから願い下げじゃヽ(`Д´)ノ


ワインバーを出たソニについていくドンファ。
橋の上でユシクの悪口を大声で叫んで泣くソニを
ドンファは見てられなくて「大丈夫か?」と声をかけるの。
そして「あなたはよく頑張りましたよ」と励ますドンファに
ソニは少し落ち着いたみたい。

ジェビンはドンファが後から来るというので
ナユンと食事をしていたんだけど、いつまでたっても来ず。
そこでジェビンはソニに電話するのね。
すると「代表のお昼ごはんを家で作っている」と聞いてビックリ!
「兄貴と一緒にご飯を食べたらクビだ!!」と言うジェビンだけど
ソニはドンファとご飯を食べてたわ。

ちょうど子供たちが校外学習に行っているので
「この機会に少しゆっくりするといい」と
ソニにお休みをくれるドンファ。
家に帰ってきたジェビンは
「明日の予定は?」とソニに聞くの。
そこでソニが休みだと知ったジェビンは
朝から病院に連れていきレーシック手術を受けさせた!
1日、目を開けてはいけないらしく、
「一人だと心細いから一緒に居て」というソニに
嬉しそうなジェビン。
本当は映画の撮影があったんだけど、すっぽかしちゃった^^;;

夜、ドンファがソニにプレゼントする靴を持ってソニの家へ。
ソニと一緒に居たジェビンは慌てて隠れるの。
レーシック手術をして目が開けられないソニを心配して
部屋まで連れていくドンファは
玄関先に靴を置いていくのね。
それをジェビンが見つけてたわ。

部屋に戻ったドンファにナユンから電話があるの。
「ジェビンが撮影をすっぽかしたから今から家に行く」とナユン。
「家にはいない」とドンファは答えるけど、ナユンは聞かないのね。
家でジェビンを待つけど帰ってこず。
台所を見ると散らかっていて
「この家は台所を散らかしたままでも注意されないのね」
と嫌味を言い家を出るナユンだけど、
ナユンはソニの家に行ってみるのね。
するとジェビンとソニがソファで寝ているのを見てビックリ!

ナユンはワインバーに行き、一人で飲んでいると
ユシクとジョンスクの会話が聞こえてきて
ソニがユシクの前妻だとわかったナユンは
ユシクに詳しく聞こうとしてたわ。

ジェビンはユシクから「ナユンが泥酔しているから迎えに来て欲しい」
と電話があったのね。
迎えに行く前に、ソニを起こして目を開かせるジェビン。
「動物は最初に見た人についていくものだ。だから誰についていくかわかるな?」
とソニに言うの。
ソニは目を開けてものすごく見えるようになってて、とっても喜んでたわ。
「帰ってくるまでにトレーニング室のメッセージを探しておけ」といい
出かけるジェビン。

ワインバーに行くとナユンは泥酔してなかったのね。
「ソニの名前を出せば、いつでも来てくれるのね?」とナユン。
そして「私があなたから離れたのは」と話しだすの。
この話をユシクが聞いていることに気づいたジェビンは
ナユンを家まで連れて帰るんだけど
ナユンは「あなたから離れたことを後悔している。私はお兄さんの彼女ではないわ」
と言うけど、ジェビンは信用せず。
そこでドンファに電話して
「私たちが恋愛関係ではないとジェビンに話して!!」とナユンは言ってたわ。

その頃、ソニはトレーニング室でメッセージを見つけていたのね。
「19歳のソニより39歳のソニのほうが愛おしい」と書かれてあり
ソニはトレーニング室でジェビンの帰りを待つことに。

ドンファが台所に下りてくると、片づけてあるのを見て思わずニッコリ。
電気を消すと、トレーニング室の電気がついているのに気づいたドンファが
トレーニング室に行ってみると、ソファでソニが寝ていたわ。
おもわずソニに近づき、髪を触るドンファ。
と、その時「何してるんだ」とジェビンが!!
「彼女を好きになって悪いか?俺はよくてもお前はダメだと言っただろう?」
とドンファは言い・・・

ナユンとの時も
「俺はよくてもお前はだめだ」と諦めさせたのかしら。
ナユンとドンファが恋人関係ではなかったとしたら
フンは誰の子?ナユンの子なのは間違いないと思うから・・・
ジェビンの子なのか??




にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ   人気ブログランキングへ   
※ランキングに参加しています。1日1回のクリックが反映されます!
 拍手やランキングバナークリックはとても励みになっていますので
 それぞれに応援の1クリックしていただけると嬉しいです♪

◆ブログランキング◆

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

人気ブログランキングへ

1日に1回、毎日クリックしていただくとランキングに反映されますので、お帰りの際にそれぞれに応援の1クリックして頂けると嬉しいです♪

※アクションはクリックだけで結構です。立ち上がったウィンドウで何かをしないといけないこともありませんので、そのまま閉じてくださいね。

 

苺

Author:苺

このブログはコメント欄を閉じていますので
メッセージがある方は、メールフォームか
管理人へメッセージの記事のコメント欄を
お使いください。
記事の応援、更新の応援などはブログランキングのバナーをクリックしていただけると、
ものすごく嬉しいです♪ 
よろしくお願いいたします!

最新記事

Twitter

Twitter

検索

 




カテゴリ

全記事表示リンク

このブログについて

記事内のマーク説明
 →ドラマ表紙へ

レビューは完全にネタバレしています。
みなさんの好きなドラマや俳優さんの ことを悪く言ってしまうこともありますが、
個人的な感想ですのでご了承ください。

なお、字幕なし視聴はハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますが
ご理解ください。

リンクはフリーですが、
お声をかけていただくと嬉しいです。
管理人へのメッセージは下にあります
メールフォームからお願いします。

また宣伝目的のコメントや
管理人が不愉快・不適切と判断した
コメントは削除させていただくことがありますのでご了承ください。

※当ブログにて使用させて頂いております画像等の著作権・肖像権は全て出所元に帰属しています。画像コピー、転載は、ご遠慮下さい。
サイト内の文章(特にレビューの文章)の無断転載もお断りします。

MAIL

管理人へのメールはコチラから♪
返信が必要な方は必ずメールアドレスを明記してくださいね♪
管理人の判断で返信しない場合もあります。
ご了承ください。

宣伝目的のメールはご遠慮ください。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

<>+-

カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

Admin

アクセスランキング

2014/10/01~

 

 

 

ブログランキング ドット ネット

05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Copyright © 気ままに苺日和 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM)  …