--.--.--*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.09.20*Thu*

パンダさんとハリネズミ (9話)


ドラマ情報&他の話数のレビューはコチラ → パンダさんとハリネズミ

【あらすじ】
誰もいない時キスをしようというスンジの提案に結婚する気があるのか尋ねるダヤン、
彼女の問いにスンジは当惑するばかりだ。
良いパパになることができればキスしてもいいとのダヤンの話を
十分に考えたスンジは最高のパパを思い出させて自身とは違った条件と姿に腹が立つ。
ダヤンは自身がスンジが好きだと悟ることになって、
ビョンムの家に行ったスンジはビョンムに相談をして
まだダヤンに話すことが出来なかった自身の過去にため息をついて葛藤する。
ダヤンはスンジを誰もいない公園に連れていってキスをしようといって、
そのようなダヤンの積極的な行動に
スンジは好きになる資格があるか悩んで時間が必要だというけれど...


このドラマは字幕なし視聴です。
ハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますがご理解ください。


← 8話      9話   5     10話 →


「キスをしよう」と言うスンジに
「ルール違反よ。次、ルール違反をしたらウォンイルとデートする」
とダヤン。
「それじゃ3回ルール違反して、キスをしてからウォンイルのところへ行け」
「そんな軽い女じゃないわ」
「俺だって軽い男じゃない」
「それなら・・・結婚してくれるの?」
と言うダヤンにスンジは呆れてた^^;;

これに怒ったダヤンは家へ。
怒りが収まらず、文句を言うダヤン。
と、そのときダナが部屋から出てきて
「子供の頃のキスはファーストキスといえるのか」と聞くの。
ダヤンのファーストキスは近くに住むケーキ屋の息子。
でもある日ケーキ屋で火事があり、その子の母親が警察に捕まり、
父親は息子を捨てて消えたらしい。
その息子はどこに行ったかわからないとダヤン。

スンジのことですやん^^;;
ファーストキスはあの子としたものと言ってたけど
スンジとしてるんやんか。


そしてダヤンがあまりにも悲しむので、
両親は妹か弟を作ろうとダナが出来たらしい。
これを聞いたダナ
「お姉ちゃんのために私が生まれてきたっていうの?」
とショックを受けてた。
ダヤンはなだめようとするけど、ダナは怒ったままだわ。

その後、ダヤンはスンジのことが気になり、
部屋に行ってみるけどスンジはおらず。
「家出??」と思うダヤンは
スンジがスナックに行き、女の子とお酒を飲んでいるところを想像。
そんなわけがないと、いろいろ思っていたダヤンは
ふと自分がスンジのことを好きだと気づくのね。

その頃、スンジはビョンムの家で寝てた・・・

翌日、ギョヌを呼び出したウォンイルは
ギョヌの友達の弁護士を紹介してほしいと言ってたのかな。
するとギョヌは
「ダヤンと上手くいってるのか」と聞くの。
「いいや、スンジといつも一緒に居る」とウォンイルが言うので
「そんなことしてないでダヤンに告白するのが先だろう」とギョヌ。

ウォンイルもスンジと居るのが楽しいのね~
ま、見ててそれはわかるけど(笑)


一方、ボムボから連絡があったダヤンは
スンジがビョンムの家にいたことを知り、ホッと一安心。

ボムボはミヒャンに
「ダヤンさんもスンジのことが好きみたい」と報告。
「それはよかったわ」と笑顔になるミヒャンに
「久しぶりに笑顔を見ました。何かあったんですか?
よかったら気軽に話してほしいです」とボムボ。
するとミヒャンは
「もし父さんに誰かが尋ねてきたらすぐに私に知らせて。刑事が来るかもしれないの。
子供の父親のことで」と言い、
ボムボはミヒャンに子供がいたことを知り、ビックリ。

その頃、起きてきたスンジに事情を聞くビョンム。
するとスンジは
「いい父親になる気があるなら付き合うと言われた」と言い、
父親を知らない自分がいい父親になれるわけがないと言うのね。
これを聞いたビョンムは怒ってたわ。

そしてスンジはダヤンに言わないといけないかなと言ってたけど・・・
これを聞いたビョンムは
「ダヤンが何も知らないでいてくれればいい」と
何かあれば憎むのは自分で良いと言っていたような。。。

その後、スンジはイェウォンがプレゼントしようとしている相手ボラムに会いに行くの。
そしてボラムの父親がパティシエだということ、
実はボラムはジャージャー麺が好きなのではなく牛肉が好きだということがわかるの。
そこでスンジはボラムに牛肉を食べさせてあげたわ。

その頃、ウォンイルはイェウォンと会っていたの。
「私と一緒にいるのはダヤンお姉ちゃんが相手してくれないからでしょう?
ダヤンお姉ちゃんはウォンイルお兄ちゃんのことは眼中にないしね。
ずっとスンジお兄ちゃんのことを待ってるもの。
ま、私でもスンジお兄ちゃんのほうが好きだけど。
だってウォンイルお兄ちゃんは面白くないし、魅力もないもの」
と痛いことを言うイェウォンに
「何言ってるんだ。俺がどれだけ面白い人間か。
それに魅力だってスンジより身長も高いんだぞ」と反論。
「身長が高いなんて魅力に入らない」と言われて、反論できず(笑)

その頃、スンジはボラムに
「最高のケーキを作る」と約束。
が!その後に、ボラムがドングの息子だと言うことがわかり、スンジは驚いてた。

そりゃ私も驚いたさ。
そしてボラムの父の話を思い出して納得(笑)


その後、スンジはドングを連れてダヤンの店にやってくるの。
「どうして敵を連れてくるのか」と聞くダヤンに
「ドングがボラムの父親だ」と言うスンジは
ドングとともにボラムのケーキを作ろうと思ったらしい。

一方、ダヤンから
スンジにキスを使用と言われたのにしなかったから家出した
と聞かされたウンビは帰ってきたスンジに
「ダヤンが後悔してるって」と言い、
ウォンイルのためのケーキを注文。
その注文は「ケーキが食べられない人が食べられるケーキ」なのね。

翌日、イェウォンからお金をもらわずケーキを渡したスンジ。
イェウォンとボラムが公園でお祝いしているのを影から見守っていたスンジたち。

その後、ダヤンはスンジと話をしようと人のいないところに連れて行き
「キスをしよう」というんだけど、スンジは
「お前に話をしないといけないんだけど、
まだ気持ちが準備できていないからもう少し待ってくれ」というの。
「ヒントだけでも・・・」
「俺がお前を好きになる資格があるのかどうか、確信がもてる時間が必要なんだ」
とスンジは立ち去ったわ。

一方、ジェギョムたちはマカロンの広告のため、
化粧品会社にやってくるんだけど、
そのモデルがミナなのね。

韓国語がわからないと思ってるジェギョムたちはジュンガプに
「セイントノーレのマカロンとミナの写真を撮り、店に飾る」と通訳させるの。
が!ミナは
「化粧品のモデルであって、セイントノーレのモデルではありません」と拒否。
韓国語で話すミナに驚いたジョンレに
「日本人が韓国語を話してはいけませんか」とさらに気分を悪くするミナ。

そしてミナの近くにはダヤンの店のマカロンが。
「私の好きなマカロンのお店です」とミナは言うの。

その日の夜、ミナがダヤンの店のマカロンが好きだと新聞記事になったわ。
これをダヤンがスンジに報告。
ダヤンは思わずスンジにキスを。

と、そのときウォンイルもその記事を見てやってくるのね。
ダヤンとスンジがキスをしているのを見て、ショックを受けるウォンイル・・・

なんだかジェギョムがスンジの父じゃないような気がしてきたぞ。
でもDaumの紹介のところにそう書いてあるんだよなぁ。




にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ   人気ブログランキングへ   
※ランキングに参加しています。1日1回のクリックが反映されます!
 ランキングバナークリックはとても励みになっていますので
 それぞれに応援の1クリックしていただけると嬉しいです♪

◆ブログランキング◆

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

人気ブログランキングへ

1日に1回、毎日クリックしていただくとランキングに反映されますので、お帰りの際にそれぞれに応援の1クリックして頂けると嬉しいです♪

※アクションはクリックだけで結構です。立ち上がったウィンドウで何かをしないといけないこともありませんので、そのまま閉じてくださいね。

 

苺

Author:苺

このブログはコメント欄を閉じていますので
メッセージがある方は、メールフォームか
管理人へメッセージの記事のコメント欄を
お使いください。
記事の応援、更新の応援などはブログランキングのバナーをクリックしていただけると、
ものすごく嬉しいです♪ 
よろしくお願いいたします!

最新記事

Twitter

Twitter

検索

 




カテゴリ

全記事表示リンク

このブログについて

記事内のマーク説明
 →ドラマ表紙へ

レビューは完全にネタバレしています。
みなさんの好きなドラマや俳優さんの ことを悪く言ってしまうこともありますが、
個人的な感想ですのでご了承ください。

なお、字幕なし視聴はハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますが
ご理解ください。

リンクはフリーですが、
お声をかけていただくと嬉しいです。
管理人へのメッセージは下にあります
メールフォームからお願いします。

また宣伝目的のコメントや
管理人が不愉快・不適切と判断した
コメントは削除させていただくことがありますのでご了承ください。

※当ブログにて使用させて頂いております画像等の著作権・肖像権は全て出所元に帰属しています。画像コピー、転載は、ご遠慮下さい。
サイト内の文章(特にレビューの文章)の無断転載もお断りします。

MAIL

管理人へのメールはコチラから♪
返信が必要な方は必ずメールアドレスを明記してくださいね♪
管理人の判断で返信しない場合もあります。
ご了承ください。

宣伝目的のメールはご遠慮ください。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

<>+-

カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

Admin

アクセスランキング

2014/10/01~

 

 

 

ブログランキング ドット ネット

10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Copyright © 気ままに苺日和 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM)  …   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。