--.--.--*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.10.20*Sat*

五本の指 (18話)


ドラマ情報&他の話数のレビューはコチラ → 五本の指

【あらすじ】
頭をひどくケガしたウジンは手術を受けて
事件の容疑者にされたジホは警察署で調査を受ける。
ヨンランは警察署に訪ねてきて徹底した真実糾明を要求するが
ジホはこれらすべてのことを整えたのがヨンランだと考える。
一方、イナは14年前、火の中で自身を助けた人が誰なのか知るようになるけれど...


このドラマは字幕なし視聴です。
ハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますがご理解ください。


← 17話      18話   6     19話 →


警察からの連絡で、ジホに会いに行ったヨンラン。
するとジホは
「母さんなんでしょう?あの時間、母さんは家に居なかった」
と問うの。
でもヨンランは「会議をしていたのよ」と嘘をついてた。
「ピアノもやめさせられ、会社も奪われたのに、
殺人犯にまでしようとしてるのか!!」
と責めるジホは、ヨンランが立ち去った後、悔しくて泣いてた。

その頃、ダミはジョンウクから
ウジンの件で容疑者として浮上しているのはジホだと聞かされるの。
「あの人はそんなことをする人ではない」と言うダミは
警察に行き、ガラス越しにジホを見つめ
「あなたじゃないでしょう?あなたは悪い人じゃないもの」
と心の中でつぶやいてた。

一方、目が覚めたイナは昨日のウジンのことを思い出すのね。
と、そのときケファがそばに居て、驚くイナ。
ケファは
「ジホが警察にいるんだけど、何か知ってるんじゃないの?」と聞き、
「どう考えてもおかしいでしょう。彼女の兄を殺すなんてありえない」と言うの。
そこでイナは
「ダミは14年前の火事を起こした人の娘なんだ」と。
これに驚くケファだけど、何かおかしいと思うのね。

帰ってきたヨンランに
「14年前にマンセさんが亡くなったのは、本当に火事が原因なの?」
と聞いてた。
ヨンランは「当時の警察も調べたし、そうだと言ってたじゃない」と説明。

その頃、刑事はイナに軽く質問し、アリバイがあるかどうか調べるのね。
ヨンランも調べるけど、その前にチェ弁護士と口裏を合わせていたので
問題なしと出たらしい。

イナはその後、動揺しながらも車を運転。
赤信号に気づいて、慌ててブレーキを踏んで
横断歩道に侵入せずにすんだけど、
このことで火事の日に自分を助けてくれたのはダミ父だと思い出すのね。

そこでウジンのいる集中治療室に行き、
遠くからダミを見つめて、
「すまない。俺を助けてくれた人がお前の父さんだったなんて」
と心の中でつぶやくの。

と、そのときウジンの意識が戻ったと聞かされ
これを聞いたイナはまずいと思うのね。

一方、ウジンの意識が戻ったナムジュとダミに
「今日は僕がウジンくんを守るので、
家でゆっくりしてきてください」とジョンウク。

言葉に甘えて、ウジンの荷物を取りに帰るナムジュとダミ。
ジョンウクはウジンの病室の前にずっと居たけど
「少し風に当たってこよう」と秘書を連れて病室の前から離れたわ。

なんで風に当たりにいくのに秘書を連れて行くかなぁ。
一人で行けよ!!一人で!!!ヽ(`Д´)ノ


その隙に、何者かがウジンの病室に侵入。
ウジンの酸素吸入器を外し、ウジンは亡くなったわ。

翌日、ヨンランはオ秘書から無事にコトが済んだと聞かされ
ホッと一安心。

その頃、ナムジュとダミはウジンが亡くなった知らせを受け、
驚いて病室へ。
昨日は意識もあり、手も少し動いたのに、どういうことだと
ナムジュはジョンウクを責めたわ。
でも「あなたのせいじゃないわ。これもすべてヨンラン、あの女のせいよ!!」と
ヨンランに会いに行くナムジュ。
でもヨンランは
「私には関係ないこと」と取り合わず。

そんなナムジュを見守っていたジョンウクは
ウジンの酸素吸入器を外した犯人を捕まえ、
「誰の指示でやったのか言え」と言うの。
その犯人は「ジホから命令されました」と答え、
ジョンウクは「ヨンランではなくジホだったのか」と。

一方、イナは登山から帰宅後、ヨンラン宛てにウジンから宅配便が届いていて
中身を見てみるとテープだったの。

その頃、会社にいたヨンランは
ウジンからメールが着てビックリ。
いそいで家に向かったわ。

自分宛の宅配便を探すヨンランに
「母さんが探しているのはこれのことか」とテープを見せるイナ。

そしてイナはヨンランの話を信じられないと言うのね。
「どうして母さんの言うことが信じられないの!」
「ダミのお父さんは、あの火事の日、俺を助けてくれた人なんだ。
母さんがジホを助けているとき、あの人は俺を助けてくれたんだ。
俺を助けなかったら、あの人は亡くなっていなかったはず」
とイナはいい、この話を聞いたヨンランは
「そんなはずが・・・」と驚くの。
もう嘘をついていられなくなったヨンランはイナに正直に話したわ。

「俺にとって父さんはどんな存在か知ってたはずだろう」と責めるイナに
「あの時は、ああするしかなかったのよ。
どうすれば許してくれるの?ジホを助けたら許してくれるの?」
とヨンラン。

その後、ヨンランはジホに会いに行き
「ここから出してあげるから、私たちの前から姿を消しなさい」
とアメリカに行くことを約束させるの。

そんなヨンランを許せないジホは
「二度とピアノを弾かない」と手にペンを刺してた。

事情聴取の部屋なのに、刑事が誰もいないって!!
ヨンランの話を記録してれば、誰がいろいろなことの犯人か
わかるっていうのに、なんで誰もいないんだヽ(`Д´)ノ


その頃、イナはダミ父とウジンの納骨堂にやってくるの。
「すみません」と謝るイナは
「僕が息子さんを殺すかもしれなかったのに、どうして僕を助けたんですか」
と聞いてた。

一方、ジホは釈放され、ヨンランが空港に送るの。
ようやくこれで終わったと思ったヨンランだけど
そのとき!
ケファから「イナが薬を飲んだ」と電話が入り、
慌てて、自宅に向かったわ。

その頃、飛行機に乗ったはずのジホは、
乗らずに、空港から出てきて・・・

ジホをアメリカに送る準備をしているときに
ヨンランが涙ぐんでたけど、
なんであんたが涙ぐむ?
うらんでるんでしょう?

あと空港で見送るときも、しんみりしてたわよね。
何をいまさら!!ってムッとしたわ(`-ω-´)




にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ   人気ブログランキングへ   
※ランキングに参加しています。1日1回のクリックが反映されます!
 ランキングバナークリックはとても励みになっていますので
 それぞれに応援の1クリックしていただけると嬉しいです♪

◆ブログランキング◆

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

人気ブログランキングへ

1日に1回、毎日クリックしていただくとランキングに反映されますので、お帰りの際にそれぞれに応援の1クリックして頂けると嬉しいです♪

※アクションはクリックだけで結構です。立ち上がったウィンドウで何かをしないといけないこともありませんので、そのまま閉じてくださいね。

 

苺

Author:苺

このブログはコメント欄を閉じていますので
メッセージがある方は、メールフォームか
管理人へメッセージの記事のコメント欄を
お使いください。
記事の応援、更新の応援などはブログランキングのバナーをクリックしていただけると、
ものすごく嬉しいです♪ 
よろしくお願いいたします!

最新記事

Twitter

Twitter

検索

 




カテゴリ

全記事表示リンク

このブログについて

記事内のマーク説明
 →ドラマ表紙へ

レビューは完全にネタバレしています。
みなさんの好きなドラマや俳優さんの ことを悪く言ってしまうこともありますが、
個人的な感想ですのでご了承ください。

なお、字幕なし視聴はハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますが
ご理解ください。

リンクはフリーですが、
お声をかけていただくと嬉しいです。
管理人へのメッセージは下にあります
メールフォームからお願いします。

また宣伝目的のコメントや
管理人が不愉快・不適切と判断した
コメントは削除させていただくことがありますのでご了承ください。

※当ブログにて使用させて頂いております画像等の著作権・肖像権は全て出所元に帰属しています。画像コピー、転載は、ご遠慮下さい。
サイト内の文章(特にレビューの文章)の無断転載もお断りします。

MAIL

管理人へのメールはコチラから♪
返信が必要な方は必ずメールアドレスを明記してくださいね♪
管理人の判断で返信しない場合もあります。
ご了承ください。

宣伝目的のメールはご遠慮ください。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

<>+-

カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

Admin

アクセスランキング

2014/10/01~

 

 

 

ブログランキング ドット ネット

08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Copyright © 気ままに苺日和 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM)  …   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。