--.--.--*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.10.24*Wed*

せがれたち (9話)


ドラマ情報&他の話数のレビューはコチラ → せがれたち

【あらすじ】
イノクはヒョンギとヒョンギの後輩セラが
ハグをしている場面を見て気持ちが妙になるのを感じる。
ヒョンギとイノクはお互いにこのことが‘特別な関係ではない状況’と考えながらも、
心が度々妙な気分になる...
シニョンに向かった心を知られたミンギはヒョンギに
‘心配するな’というけれどチョン女史の心配は深まるばかりだ。
どうしていいか分からないヒョンギは
ジョンスクがこの事実を知ることになるかと思って戦々恐々とする。
ジョンスクはイノクとヒョンギの関係が気になって
セラをヒョンギのそばに置こうとして、
イノクを意識したセラはイノクのピアノ塾に訪ねて行く。


このドラマは字幕なし視聴です。
ハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますがご理解ください。


← 8話      9話   6     10話 →


突然訪ねてきたセラがヒョンギに抱きついたので、
ヒョンギは驚くけど、その様子をスノクに見られていたことに気づき
とても気まずいヒョンギとスノク。

スノクはピアノ教室で生徒を教えていても、
気になるらしく、ボーッとしてた。

その後、帰宅し、気になることを忘れるかのように
浴室の掃除をするスノク。

一方、ヒョンギはセラが突然やってきたのは
ジョンスクの仕業ではないかと思うんだけどセラは否定。

その頃、スンギは携帯はあっても、女性の携帯番号がわからないので
連絡取れないのよね。
そこでジョンスクがアラムを寝かせている隙に
自分の携帯を取り返そうとするの。
でも引き出しに鍵がかかっているため、まずは鍵を探すところから。
ようやく鍵が見つかった!と思ったときジョンスクが部屋に戻ってくるの。
ジョンスクはすぐに鍵を探していたんだと気づき、
スンギのポケットやらを探すけど、鍵を見つけられず。
それもそのはず、鍵はスンギの口の中だったの。
ジョンスクが見ていない隙に口から鍵を出すスンギだけど、
その鍵は別の鍵だったらしく、
ジョンスクは引き出しの鍵を開けて、携帯を見せ
「今度こんなことをしたら携帯を壊すわよ」と。

それは困るし、なんとかあの携帯を返してほしいと思うスンギは
ジョンスクに「耳かきをして」と頼むの。
耳かきをしてもらいながら
「携帯を返してほしい」と言ってみるスンギは
ジョンスクに怒られてた^^;;

一方、ヒョンギはセラと別れ、家の前まで送ってもらったんだけど
一人になりたかったのか、病院にやってくるの。
と、そのときチョン女史から
「ミンギと話をしたのか」と電話が入り
「今、病院にいるので書斎に行ってみます」とヒョンギ。

書斎に行こうとしたとき、ミンギが帰ってきたことを知り、
慌てて追いかけ
「ドアを開けろ」と言うヒョンギ。
「シニョンのことだけど」と言うヒョンギにミンギは驚き
「誰から聞いたんだ」と。
チョン女史から聞いたというヒョンギは
本当にシニョンのことが好きなのかと問うの。
そうだとわかったヒョンギはミンギを責めたわ。
すると「兄さんだって義姉さんだけじゃないか」とミンギは反論。
この言葉にヒョンギは怒り出し、ミンギは悔しくて泣いてた。

その後、落ち着いたミンギは
ジンのためにも諦めるとヒョンギに約束。

翌朝、ヒョンギがアラムを学校に送ると、
イノクが安全当番だったらしく、会っちゃうのね。
ヒョンギもイノクも気まずいわ。

でもふと「なんでそんな風に思わないといけない?」
とお互いに思う二人。

その頃、スンギはミンギの部屋でお金を探していたの。
でも見つかったのは小銭だけ。
と、そのときジョンスクが出かけるのに気づいたスンギは
「お供します」と。
仕方なくスンギを連れて行ったジョンスク。
不動産屋に到着したジョンスクはドアが開いてなかったので
「ちょっとここで待ってて」とスンギにいい、立ち去ろうとしたら
スンギがカバンの中を物色し始め、これに気づいたジョンスクは激怒。

そしてジョンスクはヒョンギの病院に向かうのね。
するとチョン女史がヒョンギを責めながら事務室から出てきたので
ジョンスクは何事かと不機嫌に。

チョン女史と二人で話そうと事務室に行くジョンスク。
でもチョン女史は詳しいことまでは言わず。
そこへヒョンギもやってきて、
「あとで俺が全部話すから」と言い、チョン女史を見送りに行くの。

病院を出たところで、ヒョンギにまた文句を言うチョン女史。
これをイノクが聞いて、勘違いをしちゃうの。
チョン女史が帰った後、
「いくら亡くなった娘の夫だからって、新しい彼女が出来たら、
寂しいでしょう?」とイノク。
「僕のことで会いに来たわけじゃないんですけど」
とイノクが勘違いしてることがわかったヒョンギは否定してた。

するとそこへジョンスクがやってくるの。
イノクと話しているヒョンギを見て、
「すぐにこっちに来なさい」と事務室に連れて行くジョンスク。

ジョンスクに全部話すと言ったものの、
ミンギがシニョンのことが好きだとは言えず、
ミンギのジンへの態度がチョン女史が気に入らない
みたいに説明したのかな。
そこでジョンスクはミンギの部屋に行ってみることにするの。

病院を出たところでスンギにあったジョンスクは
「ミンギの部屋に行ってから倉庫を片付ける」と言ったのね。
これを聞いたスンギは大慌てで、ウォンテを探すけどおらず。
あたふたしていると、ウォンテがやってきたので
倉庫のことを話し、二人でバイクを出して、隠そうとしてた。

ミンギの部屋に行ったあと、倉庫にやってきたジョンスクは
バイクを見て、びっくり!!
結局、ジョンスクはバイクを売っちゃった。

一方、家に帰ってきたスンギは家の前でソンヒを見かけ
隠れようとするけど、見つかっちゃった^^;;
するとソンヒは「携帯がほしくないの?」と。

ソンヒに携帯を買ってもらったスンギは
家に帰り、いろいろと設定中。
と、そのときジョンスクが帰ってきたので、
慌てて携帯を隠したわ。

帰ってきたジョンスクはスンギに
「ミリムの店のインテリアなどを買うのを付き合ってあげて」と言い、
車はミンギから借りたらしい。

えーっと思うスンギだけど、そのとき携帯がなったので
ジョンスクの気をそらすため
「ミリムのところに行ってくる」とスンギ。

そしてミリムの仕事が終わるのを待っていたスンギ。
だけどミリムは「タクシーで行くからいい」と行っちゃった。

一方、セラはジョンスクを尋ねていたの。
アラムと話をするセラは
アラムがピアノを習いたがっていて、病院の前のピアノ教室に通うと話したことが気になり、
イノクに会いに行くの。

イノクの歳を聞くセラは
「私は誰かさんみたいに結婚したことがないし、子供も居ないから」
と言い、立ち去るのね。

セラの言葉に
「何で私がそんなことを言われないといけないの?」
と一人で怒るイノク。

その頃、ジョンスクからセラがイノクに会いに行ったことを聞かされたヒョンギは
心配になってイノクのピアノ教室へ。
すると一人で怒りながら泣いているイノクを見て
黙って立ち去ろうとしたとき、
物にぶつかって、イノクにヒョンギが聞いてたのがバレちゃった^^;;

どんくさっ(笑)
思わず笑っちゃったじゃないか!!


誤解されては困るとイノクは
「ユ先生に何の感情もありませんから」と説明。
するとヒョンギはセラのことを何度も名前で言うので
イノクは思わず
「私にもソン・イノクという名前があります」と言っちゃった^^;;
「それならこれから名前で呼びます」と言うヒョンギ(笑)

そしてヒョンギは
セラがイノクに失礼なことをいいに来たのではないかと
心配で来たと説明。
そんなヒョンギに「ユ先生」と言うイノク。
すると「僕にも名前があります。知ってらっしゃるじゃないですか」と。

一方、ビョングクはダビンが遊園地に行ったときの絵を描いていて
女の子と男性がいるのを見て
「これは誰なんだ」と聞くの。
「アラムとアラムのお父さん」と説明するダビンに
ビョングクは「ちょっと出てくる」とイノクのピアノ教室に向かったわ。

その頃、話し終わったヒョンギは、イノクが掃除をしたら帰ることがわかり
「僕が手伝います」と言うけど、
掃除機のボタンすらわからず^^;;
イノクが教えているとき、ビョングクがやってきて
ビョングクに気づいたイノクとヒョンギは驚き・・・

これはビョングクも反対しそうだなぁ。

そしてジョンスクがヒョンギとセラをくっつけさせようとしているのが理解できん。
イノクがヒョンギと付き合ったら困るっていうのは理解できなくはないけど、
だからってヒョンギとセラはまったくお似合いではないのに。
アラムだってセラよりイノクのほうがいいはず。




にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ   人気ブログランキングへ   
※ランキングに参加しています。1日1回のクリックが反映されます!
 ランキングバナークリックはとても励みになっていますので
 それぞれに応援の1クリックしていただけると嬉しいです♪

◆ブログランキング◆

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

人気ブログランキングへ

1日に1回、毎日クリックしていただくとランキングに反映されますので、お帰りの際にそれぞれに応援の1クリックして頂けると嬉しいです♪

※アクションはクリックだけで結構です。立ち上がったウィンドウで何かをしないといけないこともありませんので、そのまま閉じてくださいね。

 

苺

Author:苺

このブログはコメント欄を閉じていますので
メッセージがある方は、メールフォームか
管理人へメッセージの記事のコメント欄を
お使いください。
記事の応援、更新の応援などはブログランキングのバナーをクリックしていただけると、
ものすごく嬉しいです♪ 
よろしくお願いいたします!

最新記事

Twitter

Twitter

検索

 




カテゴリ

全記事表示リンク

このブログについて

記事内のマーク説明
 →ドラマ表紙へ

レビューは完全にネタバレしています。
みなさんの好きなドラマや俳優さんの ことを悪く言ってしまうこともありますが、
個人的な感想ですのでご了承ください。

なお、字幕なし視聴はハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますが
ご理解ください。

リンクはフリーですが、
お声をかけていただくと嬉しいです。
管理人へのメッセージは下にあります
メールフォームからお願いします。

また宣伝目的のコメントや
管理人が不愉快・不適切と判断した
コメントは削除させていただくことがありますのでご了承ください。

※当ブログにて使用させて頂いております画像等の著作権・肖像権は全て出所元に帰属しています。画像コピー、転載は、ご遠慮下さい。
サイト内の文章(特にレビューの文章)の無断転載もお断りします。

MAIL

管理人へのメールはコチラから♪
返信が必要な方は必ずメールアドレスを明記してくださいね♪
管理人の判断で返信しない場合もあります。
ご了承ください。

宣伝目的のメールはご遠慮ください。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

<>+-

カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

Admin

アクセスランキング

2014/10/01~

 

 

 

ブログランキング ドット ネット

08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Copyright © 気ままに苺日和 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM)  …   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。