--.--.--*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.11.13*Tue*

せがれたち (15話)


ドラマ情報&他の話数のレビューはコチラ → せがれたち

【あらすじ】
ヒョンギはイノクとの結婚を宣言するが、ジョンスクの反対にあう。
たやすく許諾するわけがないジョンスクの姿にヒョンギは結局家を出て行く。
イノクとヒョンギはお互いの心を確認して、
付き合いを続けるが容易ではない状況に心が不便だ。
一方チョン女史はシニョンに願望の心を照らして、
シニョンはそのようなチョン女史が薄情なだけだ。
スンギとソンヒは曖昧な付き合いを続けるけれど...


このドラマは字幕なし視聴です。
ハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますがご理解ください。


← 14話      15話   6     16話 →


イノクにキスをしたヒョンギは
「イノクさんがとてもつらい状況だということはわかっているけど
僕はイノクさんを諦めることは出来ない」と言うの

その後、イノクを送っていくヒョンギは
「少しだけ話がしたい」と喫茶店へ向かい、
「今日みたいなことはしないでほしい」とお願いを。
そして「人を好きになるのに資格なんてない。
お互いに1人なんだし、問題はないはずだ」とイノクを説得するヒョンギ。
イノクは今はあまり考えたくない様子で、
そんなイノクにヒョンギは不安になり
「明日も、来週もずっと会えるよね?」と聞いてた。

一方、ミンギはヒョンギが気になり、歯科医院に行ってみると
ピアノ教室からジョンスクが出てきた!
「ヒョンギに言ったのはあんたなの?」と怒るジョンスクに
「兄さんも知らないといけないと思ったから。
家に帰るなら送るよ」とミンギは言うけど、
ジョンスクは断ってた。

その頃、ジョンスクが帰ってこず、心配するウォンテとスンギ。
でもジョンスクに電話をどっちがするのかもめてるし^^;;
結局、スンギが電話することになり、電話してみると
庭から携帯の着信音が聞こえるのね。
ジョンスクは帰ってきていたんだけど、考え事をしていて
庭で座り込んでたらしい。
ウォンテとスンギが声をかけるけど、ジョンスクは答えず部屋へ。

そこへヒョンギが帰宅。
「イノクさんに機会をくれ」と言うヒョンギに
「ちゃんと機会を与えた」とジョンスクは言い、
イノクと別れないのなら家から出て行けというの。

この話を聞いていたウォンテはヒョンギを台所に連れて行き
「正直に言わなくても、うまく言えばいいんだ」と言うんだけど
ヒョンギは「時間をかけても母さんが許すとは思えない」と。
「それなら家出したら許してくれるのか?」
「少なくともイノクさんへの気持ちはわかってくれる」とヒョンギ。

そして荷物をまとめて家を出たヒョンギをスンギが見送るの。
いつもと立場が逆なので、スンギも変な感じらしい。

ヒョンギが出て行ったことをジョンスクに話すウォンテ。
すると寝ていたはずのジョンスクは目を開け、驚いてた。

一方、ミンギは執筆部屋にユリがいるので、
荷物をまとめて、家に帰るところだったのね。
本当に数日でここを出て行くのか心配なミンギは
ユリに問い詰めるけど、ユリはのらりくらりとかわすだけ。
両親の話になり、ミンギは「本当はいるんじゃないのか」と言ったことから
ユリの表情は一転、暗くなるの。
実はユリは両親が生きているのか、
亡くなったのかも知らないだけでなく、顔も知らないらしい。
このことをミンギに話したユリは洗面所へ。

と、そこへヒョンギがやってきた!
そして洗面所からユリが出てきたため、ヒョンギはビックリ!

結局、歯科医院で寝泊りすることになったヒョンギは
眠れないのね。
イノクにメールしてるし^^;;

翌日、アラムを迎えに行ったヒョンギは
アラムを連れて出てきてくれたスンギにジョンスクの状況を確認。
ジョンスクは部屋にこもりっぱなしで、食事もしていないらしい。

その後、アラムを学校に送ったヒョンギは
ダビンを送りにきたイノクと会い、
子供たちを送り届けたあと、食事をしに行くの。

ヒョンギの様子がどことなくおかしいと思うイノクは
「何かあったんじゃないの?」と聞くけど
ヒョンギは「何もない」と言わないのね。

その後、公園のベンチでも
イノクは「何かあったんじゃないのか」と聞いてみると
「母さんのことは僕がちゃんとするから。
お義父さんのことも僕が全部ちゃんとする。イノクさんは何も心配しなくてもいい」
とヒョンギ。

そして二人はピアノ教室と歯科医院に向かうんだけど
そこでミンギに会うの。

ヒョンギの「コーヒーでも飲むか」という言葉には「いらない」と言っておいて、
イノクに「暇ならコーヒーでも飲ませてください」と言うミンギ。
と、そこへ歯が痛いと駆け込んできた患者を診るため、
ミンギとイノクが一緒なのが気になりながらもヒョンギは歯科医院へ。

ピアノ教室に行ったミンギは
「兄がどんな人かわかってると思うので、話しますが」と
ヒョンギが家を出たことを話すの。
この話に驚くイノク。

スヨンさん、唇赤すぎるよ!
イノク役のセビンさんより赤いってどうよ?
頼むからもう少し色、抑えてくれませんかね?
気になってそこしか目がいかんのだ^^;;


一方、ジョンスクは水だけ飲んで、不動産屋へ。
どうにか阻止できないかと考えるジョンスクは
イノクのピアノ教室の契約書を探させてた。

その頃、スンギの携帯にソンヒから電話があるの。
でもスンギは電話に出ないのね。
するとソンヒからメールがきたわ。
そのメールも削除してしまうスンギ。

一方、チョン女史の態度に息が詰まるシニョンは
とうとう「ミンギさんが片思いしていただけなのに、
どうしてそんな態度をとられないといけないのか。
私のことが嫌いなら嫌いとはっきりいってほしい」
と言い、家を出るの。

このことでチョン女史はドクスンの店に行き、酒を飲もうとするのね。
するとドクスンからヒョンギが再婚しそうだと聞かされ、チョン女史はビックリ。

まさか・・・まさかまさかの
チョン女史が反対するってことないわよね?
心から祝福できないかもしれないけど、
反対はしないでほしいわ。
妻がなくなってからヒョンギは1人で頑張ってきたんだから
そのことはチョン女史も間近で見て、わかってるはず。
でもこのチョン女史、性格悪そうなので、反対しそうだな(`-ω-´)


その頃、ヒョンギはイノクを呼び出すの。
クルーザーを貸切、中には風船がいっぱい^^;;
これを見たイノクは「いくらかかったの?」と呆れながら思わず聞いちゃうのね。
すると「おばさん」とヒョンギは言い、
「はい、おじさん」とイノク。

この二人、いいコンビだわ。

そしてヒョンギはイノクに宛てた手紙を書いてきたの。
最初は自分で読もうと思ったみたいだけど
照れくさくて読めず、イノクに自ら読んでもらうことにしたらしい。
ヒョンギの手紙を読んだイノクは嬉しくて目に涙をためてた。
そんなイノクのおでこにキスをするヒョンギ。

クルーザーから降りたイノクは
「今度は私のお願いを聞いて」と言い、
ヒョンギに家に戻るようにと言ってた。
「わかってる」と言うヒョンギに
「ヒョンギさんの目は嘘をつかないから」と信じるイノク。

一方、ソンヒはお金を預けていた人がいなくなったのかな?
その人は外国に行っちゃったのかな?
よくわからんのだけど・・・

そのお金のせいで、ソンヒは自分の仕事以外にバイトを始めたのね。
スンギに「お祝いしてほしい」といいに行くソンヒだけど、
実は慰めてほしかったの。
でも事情を知らないミンギは、ソンヒに食ってかかっちゃった。

ムカついたソンヒはスンギに水をかけ、店から出て行くのね。
顔を洗い、店から出てきたスンギは
階段でソンヒが座り込んでいるのを見つけるの。
ソンヒを連れて帰ろうとしたスンギだけど、
酔っているソンヒは「手を離して!!」と言い、
バランスを崩して、スンギとともに道端に倒れこんじゃった。
そしてソンヒはそのまま寝てしまい・・・

反対している人のことは置いといて。
イノクとヒョンギの距離がどんどん近づいているのがよかったなぁ♪

今回はこの二人に焦点が当たってたので
ミンギもスンギも特にこれと言ったことはなかったね^^;;
それにしても本当にミンギとユリのラブラインあるんですかね。
しっくりこないんですけど。




にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ   人気ブログランキングへ   
※ランキングに参加しています。1日1回のクリックが反映されます!
 ランキングバナークリックはとても励みになっていますので
 それぞれに応援の1クリックしていただけると嬉しいです♪

◆ブログランキング◆

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

人気ブログランキングへ

1日に1回、毎日クリックしていただくとランキングに反映されますので、お帰りの際にそれぞれに応援の1クリックして頂けると嬉しいです♪

※アクションはクリックだけで結構です。立ち上がったウィンドウで何かをしないといけないこともありませんので、そのまま閉じてくださいね。

 

苺

Author:苺

このブログはコメント欄を閉じていますので
メッセージがある方は、メールフォームか
管理人へメッセージの記事のコメント欄を
お使いください。
記事の応援、更新の応援などはブログランキングのバナーをクリックしていただけると、
ものすごく嬉しいです♪ 
よろしくお願いいたします!

最新記事

Twitter

Twitter

検索

 




カテゴリ

全記事表示リンク

このブログについて

記事内のマーク説明
 →ドラマ表紙へ

レビューは完全にネタバレしています。
みなさんの好きなドラマや俳優さんの ことを悪く言ってしまうこともありますが、
個人的な感想ですのでご了承ください。

なお、字幕なし視聴はハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますが
ご理解ください。

リンクはフリーですが、
お声をかけていただくと嬉しいです。
管理人へのメッセージは下にあります
メールフォームからお願いします。

また宣伝目的のコメントや
管理人が不愉快・不適切と判断した
コメントは削除させていただくことがありますのでご了承ください。

※当ブログにて使用させて頂いております画像等の著作権・肖像権は全て出所元に帰属しています。画像コピー、転載は、ご遠慮下さい。
サイト内の文章(特にレビューの文章)の無断転載もお断りします。

MAIL

管理人へのメールはコチラから♪
返信が必要な方は必ずメールアドレスを明記してくださいね♪
管理人の判断で返信しない場合もあります。
ご了承ください。

宣伝目的のメールはご遠慮ください。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

<>+-

カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

Admin

アクセスランキング

2014/10/01~

 

 

 

ブログランキング ドット ネット

08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Copyright © 気ままに苺日和 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM)  …   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。