--.--.--*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.11.22*Mon*

結婚してください!? (41話)


ドラマ情報&他の話数のレビューはコチラ → 結婚してください

【あらすじ】
ソヨンのラジオに出演したジョンイムは
前の失敗を挽回しようとするように熱唱をして、
今は自身の場所に帰ると明らかにする。
テホはジョンイムを慰めに訪ねて行くが誤解で戦うことになって、
ヒョノクはジョンイムの歌が途方もない人気を得ているという驚くべき便りを伝える。
一方ギョンフンは前妻問題で腹が立ったヨノの心を変えようと努めて、
ダヘは台所補助でマネジャーで昇進したというガンホの話に喜びを隠すことができない。
そしてジョンイムに嫉妬したソヨンは、テホにますます執着することになるのに…


このドラマは字幕なし視聴です。
ハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますがご理解ください。


← 40話      41話   6     42話 →


最後まで歌いきったジョンイムは「ありがとうございました」と言い、
スタジオをあとにするの。
スタジオに居た観客らからはジョンイムコールが起こり
ジョンイムが立ち去っても終わらなかったわ。

ヒョノクは歌い終わったジョンイムに満足そうに拍手をし、
スタジオを出て行ったジョンイムを追いかけるの。
「今日の歌は最高だった」と褒めるヒョノクに
「いい思い出をありがとう」とジョンイム。
するとヒョノクは「本当にやめるつもりじゃないですよね?」と言うの。
「始まったばかりだ」と言うヒョノクに
「もう充分よ。自信がないの。これでやめるわ」とジョンイム。
ヒョノクはジョンイムを「送っていく」と言うけど
それを断りジョンイムは一人で家に帰ったわ。

これからのジョンイムのことを考えるヒョノクの前に
ソヨンがやってくるの。
どうしてジョンイムがあんなことを言ったのかとか
ヒョノクが言わせたのかとか聞いたのかな~
ヒョノクは「そんなふうに見えるのか?」と聞いてたけど。。。
するとソヨンは
「ヒョノクが放送まで出させたじゃない」と。
ヒョノクがソヨンに話している時、PDがやってくるの。
「ジョンイムさんが掃除のおばさんだって本当?
放送後、掲示板で話題になっている」とPDから聞き、
ヒョノクは嬉しそうだわ。

家に帰ったジョンイムはキーボードをしまっていたわ。
自分の名前の入った最初のアルバムを見つめるジョンイムのところへ
エランがやってきて
「今日の歌はよかったわ。歌手を続けたら?」と言うのね。
でもジョンイムは「もう終わったの。明日から元の場所に戻るわ」と。

放送の時のジョンイムは、決心したと言う感じで
カッコよかったのに、家に帰ってきてから
エランに「終わりだ」と言いながらも未練がありそうなのよね・・・


一方、テホは家に帰り放送で
「こんな舞台で歌うことができて、幸せだった」
と語るジョンイムを思い出していたの。
そこへスノクがやってくるの。
「ジョンイムのことなんだけど」と言うスノクに
「また?」と言う感じのテホ。
「考えてみたんだけど」と言い、ジョンイムの心情を理解してやれと話すスノク。
「その話は終わったんだ」
「ジョンイムと会ったの?」
と言うスノクは
「会って慰めてあげて」と。
でもテホは
「慰めるって何を慰めるんだよ」と反論。
すると「わかったわ。あんたの人生、あんたがしっかり生きなさい」
とスノクは怒って部屋を出て行っちゃった^^;;

そして夕飯の時間になり、テホが食卓に居ないことが気になるジョンデは
スノクに聞くけど「ご飯はいらないって言ってる」と答えたのかな?
グチグチ言うジョンデに、ヨノが「放っておけばいい」みたいなことを言ったのかな~
言いすぎるヨノにスノクは注意。
するとジョンデは今度はジョンイムの文句を言い始めるの。
ヨノがジョンイムの味方をすると
「歌がうまかったからって放送であんなことをするのか?」とジョンデ。
これを聞いていたダヘも
「そうですよ。ガンホさんも歌がうまいから歌手になれるかも」と言うの。
この言葉に呆れたヨノは「ここでどうしてガンホのことが出てくるの?」と。
すると「あの人とケンカしたんですか?」とダヘ。
否定するヨノだけど、スノクも気になっていたようで聞かれるのね。
ダヘも嬉しそうに「そうですよね」と言うのでヨノはダヘを睨んでたわ^^;;

ダヘは悪い子じゃないんだけど、
最近のダヘは好きになれないな~
結婚するまではヨノやジョンイムに可愛がってもらっていたのに。。。


一方、ギョンフンは翻訳の仕事をしてたのかな?
ヨノのことを思い出し、電話をするの。
でもヨノは冷たいのね。
「まだ怒ってるの?」と聞いてみるけど
「怒ってないわ。怒ってないし、別れるつもりもないし、
嫌いにならないから心配しないで」
と電話を切るヨノ。

その頃、ギョンフン母はギョンフン父に電話をしていたの。
母の話に大きな声で怒っているらしい父。
母は「ギョンフンを連れていくから」と言うけど
母の言葉を信じていない父は途中で電話を切っちゃった^^;;
そこにやってきた姉は、母になにやら話してたけどよくわからず。
母はギョンフンを空港に連れて行って飛行機に乗せると言ってた気が・・・
姉は、ギョンフンがここに出入りするようになったのは
ヨノのためで、母のためではないと言うようなことを言ったのかな~
すると母は「あの子のせいだわ」と。
「だれ?ジュン母のことを言ってるの?」と姉。
「そうよ。悪い嫁だわ。死んでも許せないわ。
私の息子をあんな風にして」と言う母に姉は呆れてたわ。

(。・`Д・´)はぁ?
やっぱりこの母、好きになれん。
ギョンフンの前では「私が悪かった」と必死で謝ってたけど
結局、それはギョンフンを連れ戻すための演技だったってことでしょ?
まぁ演技だとは前からわかってたけど、
こうもハッキリ言われると、ムカッとしたわ(`-ω-´)


一方、ガンホはエコー動画を見てニコニコ。
エコーなのに、ウチの子は可愛いともうすでに親バカに^^;;
そしてダヘに
「実は昇進するんだ」と話すの。
まだ正式に決まったわけじゃないらしいけど、
マネージャーから言われたらしい。
喜んだダヘは両親に報告しようとするけど
「正式に決まってからにしてくれ」とガンホ。
ガンホが止めるにも関わらず、ダヘは両親に報告に行っちゃった^^;;

ほらほら~
どうしてあんたはそんなに自分勝手なのさヽ(`Д´)ノ
ガンホが正式に決まってからって言ってるんだから
旦那の言うことを聞きなさいってば!!


スノクに言いに行ったダヘは、
そこでインソンからの贈り物が来たことを知ったわ。
「ダヘ母にうちの家のことを心配させて・・・」と言うスノク。
これを聞いたダヘは庭に出てインソンに電話するの。
「もう贈り物をするのはやめて。贈ってくれなくても
ちゃんと食べてるわ」とダヘ。
でもインソンは妊娠してるときはいいものを食べないとと
引き下がらないわ。
ダヘも引き下がらず、言い合いになる二人^^;;
電話を切ったインソンにインピョはなだめるけど
インソンの怒りは収まらないわ。

台所でインソンからの贈り物を整理するスノク。
そこへジョンデがやってきて
インソンの気持ちを理解するようなことを言ったのかな。
「インソンのことはよく理解できるのね。ダヘを可愛がるように
ジョンイムのことも可愛がってくれればいいのに」
と言うようなことを言うスノク。
そしてスノクはブツブツと文句を言うのね。
「いろいろ考えないで、有難いと思えばいい」とジョンデ。
スノクは「気楽でいいわね」と^^;;

翌日、学校が終わったヨノはギョンフンから電話が来ず
怒ってたわ~
ベンチに座って携帯を見つめため息をつくヨノ。
そんなヨノを見つけたギョンフンは、ヨノに気付かれないように電話するのね。
電話を見て笑顔になるヨノだけど、
電話に出ると平静を装うのね。
「忙しいんだけど」と言うヨノに
「学校の近くまで来たから出てきてよ」とギョンフン。
「今忙しいから・・・」とヨノが言った時
「お!来たんだね」とヨノの後ろからギョンフンは近づき
ギョンフンに気づいたヨノはビックリ!( ´艸`)ププッ
そしてギョンフンは「歩こう」とヨノの手を掴み歩き始めるのね。
「俺のことが憎い?」と聞くギョンフンに
「憎いわ」とヨノ。
するとギョンフンは
「俺はヨノさんのことが好きだ。頭からつま先まで」と。
「それでも憎いわ」とヨノ。
ベンチに座ったギョンフンは
「どうしたら愛してることを信じてくれる?
ゴルフを教えればいい?アメリカに行って勉強すればいい?」
と聞くのね。
それに対し、ヨノは何か言ってたけどよくわからず。
ヨノの言葉にギョンフンは
「ジュン母のことは忘れたよ。あの人はヨノのライバルじゃない。
それでもまだ自信がない?」と。
「もし、あの人が生きていても、私を選ぶの?」
「それはわからない。ヨノだって誰を選ぶかわからないだろう?」とギョンフン。
そして「週末にゴルフに行こう。久しぶりだからできるかどうかわからないけど」と言うのね。
自分を選ぶと言わなかったギョンフンに気を悪くしたヨノは
「行かない」と^^;;
するとギョンフンは急に話を変え、
ヨノに「手をつなごう」と言いだすのね。
しかたなく手を差し出したヨノの手を握ったギョンフンは
いきなり走り出したわ( ´艸`)ププッ

一方、ジョンイムの歌が入ったアルバムを見つめるテホ。
その頃ジョンイムは掃除の仕事をしてたわ。
そこへテホが「ご飯を食べよう」と誘いに来るの。
「お弁当を食べた」というジョンイムを無理矢理連れて出るテホ。

そして店に入ったテホはこの間のジョンイムの歌を褒めるの。
「ありがとう」というジョンイムだけど嬉しそうじゃないわね。
「どうして俺がここまで来たかわかってるのか?
お祝いしてやりたかったんだ。歌手をやめて自分の場所に戻るとよく決めた。
お前、本当に歌手になれると思ってたわけじゃないよな?」とテホ。

なんだよ~
少しはジョンイムの気持ちがわかったのかと思ったけど
全然わかってないじゃない!!


「ダメなの?私が歌手になるのがどうしてダメなの?」
と聞き返したジョンイムに
歌手になるのはそんなに優しいことじゃないとか、いろいろ言ってたかな~
テホの話を聞いていたジョンイムは
「何が言いたいの?テホさんの妻でもないし、歌手でもなくどうやって生きて行けと?」
と言ったのかな。。。
「また始まった」とテホ。
「俺はお前が心配で」と言うテホに
「心配しなくていいって言ってるでしょ。別れた人の心配をしなくていい」
とジョンイム。
「別れたら終わりなのか?友達だと言っただろう?」
「友達はソヨンがいるでしょう?」と言い
ジョンイムは店を出たわ。
ジョンイムを追いかけるテホは
「俺の気持ちを誤解してる」と話すの。
「私に悪いと思ってるの?私もテホさんのように
気楽な友達になりたいわ」と言ったのかな~
そしてテホが無視しているように感じる
と言うようなことを言うジョンイムに
「それが誤解だ」とテホ。
するとジョンイムは
「私は慰めて欲しいの。無視ではなく慰め」
「慰めてるだろう?」
「違うわ。あなたがしているのは慰めではなく無視よ。
私は本当の慰めが欲しいのよ。慰められるのが本当の友達よ」
と言うジョンイムに
「わかったよ。歌手になれよ。それでいいだろう?」とテホ。
そしてテホと別れたジョンイムは会社に戻ってくるのね。

その頃、カン室長は、
ジョンイムが話題になっていることに喜び、ヒョノクに報告。
ジョンイムの居場所を聞かれたカン室長は
慌ててジョンイムのところへ。

その時、ジョンイムは掃除をしていたんだけど、
記者たちが勝手に入ってきて
「インタビューをさせてくれ」と言われてビックリ!
そこへカン室長がきて、記者の前から連れ出されたジョンイムは
「何があったんですか?」聞くの。
カン室長が説明しようとしたとき、ギナムから電話が。
ジョンイムが話題になっていることをギナムから聞いているとき
またしても、記者が入ってきてインタビューを迫られるジョンイム。

一方、スノクのところへ来たジョンナムは
元気がないのね。
これから一人で生きていくことに、虚しくなっちゃったのかしら。
それを聞いたスノクは笑いだし、
「私はジョンナムのほうがうらやましい」と。
そう言われたジョンナムは「どこがうらやましいの」
と言いながら元気になってたわ( ´艸`)ププッ

インソンの病院で看護師と話していたインピョを訪ねたジョンナムは
インピョを連れ出し、金を返せといったのかな~

一方、ジョンイムは自分が話題になっているのを見せられ、
「何が何だか・・・」と驚くのね。
「おばさんの歌が上手だからだよ」とヒョノク。
と、その時、ジョンイムの携帯がなるの。
でも誰かわからない電話で
「インタビューじゃないかな。出て」とヒョノクは言うの。
でもジョンイムは出ないのね。
今まで、さんざんジョンイムを嫌っていたカン室長は
ジュースを持ってきたりしてご機嫌を取るのね^^;;
するとまた電話が^^;;
「大丈夫だから出て」とヒョノクに言われたジョンイムは
電話をヒョノクに渡してたわ( ´艸`)ププッ

その頃、エランとジンソクもジョンイムの話題を見て喜んでたわ。
「いまのうちにジョンイムにサインをもらっておかないと」と楽しそう。

一方、テホはソヨンとカフェで本を読んでいたの。
ソヨンは
「とっても嬉しいの。幼い時からボーイフレンドができると、
こうやってカフェで一緒に本読むことをしてみたかったの。
オッパとこうしてるなんて信じられないわ。嬉しい。
オッパはガールフレンドができたら何がしたいと思ってたの?」
と聞くのね。
テホは「手をつないだり、キスをしたり・・・」
と現実的な答えを^^;;
するとソヨンは
「どんな女性に出会っても結婚しないで
友人として過ごすという考えに変わりはないの?
私たちはそれ以上の間に発展できないの?
まだジョンイムさんが気になるの?」と。

(。・`Д・´)はぁ?
なんですって?!
あんた、最初から友達でと言い続けてたじゃないのさヽ(`Д´)ノ
ジョンイムと離婚したとわかったら、それ以上に発展できないのか?だって?
とうとう本音を言ったわね・・・
そんなこと出来るわけないでしょ!
テホができると言っても、誰も許さないさ。
アニ、私は許さないわよ!!ε=(。・`ω´・。)プンプン!!
ジョンイムが気になるかって?
気になってるに決まってるじゃない!
ソヨンといてもジョンイムのこと考えてるのが証拠よ。
わかってるのに分からないふりしてるんでしょ?
もう諦めたら?もっとソヨンに似合ってる人がいるはずだと思うし。


「そんなことは・・・」
「そう見えるわ。まだジョンイムさんの人生に責任があると思ってるの?」
「責任なんて・・・悪いとは思うけど。人間の道理だろう」
「ジョンイムさんが歌を歌ってるのは知ってるの?」
「うん」
「私の番組に出たことも?」
「うん」
「全部知ってるのね」とソヨン。
テホはちょっと弁明した感じだったけど
詳しくはよくわからないな~
するとソヨンは
「オッパにとってジョンイムさんは何?」と。
この問いにテホはハッキリとは答えず、ごまかしてたわね。

店を出たテホはソヨンと歩きながら、ジョンイムのことを思い出していたの。
「私のことをどう思う?」と聞かれたテホは
「怖くて可哀想だ」と言い、ジョンイムが泣いて
「あなたにとって私は何?どんな存在なの?」と聞かれたことを。。。
そしてこの前「テホさんがしているのは慰めではなく無視だ」と言った
ジョンイムの言葉を。。。

ソヨンに「何を考えてたの?」と声をかけられたテホは
「ごめん。行くところがあるんだ」と言うの。
「どこ?」と聞かれたテホは答えず「ごめん」と。
そしてCD店に行き、ジョンイムの歌が入っているOSTを全部買い占めた!!
そのまま会社に行き、ジョンイムが出てくるのを待つのね。
1枚のOSTにジョンイム宛てにメッセージを書こうとするテホだけど
途中で納得いかずに、メッセージを書くのをやめてたわ^^;;
そしてジョンイムの曲を聞きながら、出てくるのを待つの。

その頃、ジョンイムはヒョノクから
正式な契約書を渡されていたの。
これを見たジョンイムは「自信がないわ」と。
そしてヒョノクはお祝いパーティをしようとジョンイムを夕食に誘ったわ。

ヒョノクと出てきたジョンイムを見たテホはついていくのね。
ヒョノクと二人で食事をしようとしているジョンイムを見つけたテホは
怒ってジョンイムのところへ行こうとして、
蹴躓いてコケた!!!((*≧m≦)ププッ
その時、買い占めたCDを持ってたので、
CDも落としちゃったわ^^;;
コケたテホを見て驚くジョンイム。

ヒョノクと食事しようとしたジョンイムをテホが見つけた時
前半の回でジョンイムが散々惨めな思いをしてたときの
テーマ曲が流れたから久しぶりだわ~と思ってると
テホがコケた!!((*≧m≦)ププッ
今度はテホの番ってことかしらね(笑)

もう歌わないと言ってたジョンイムがカッコよかったけど
結局、歌手になることになったのね。。。
なんだかそのあたりがスッキリしないわ。
あぁしないと、話題になることがないから、
歌手に戻れないんだろうけど。
歌手を辞めると言わないで、話題になる方法のほうが
私はよかったかな~




にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ   人気ブログランキングへ   
※ランキングに参加しています。1日1回のクリックが反映されます!
 拍手やランキングバナークリックはとても励みになっていますので
 それぞれに応援の1クリックしていただけると嬉しいです♪

◆ブログランキング◆

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

人気ブログランキングへ

1日に1回、毎日クリックしていただくとランキングに反映されますので、お帰りの際にそれぞれに応援の1クリックして頂けると嬉しいです♪

※アクションはクリックだけで結構です。立ち上がったウィンドウで何かをしないといけないこともありませんので、そのまま閉じてくださいね。

 

苺

Author:苺

このブログはコメント欄を閉じていますので
メッセージがある方は、メールフォームか
管理人へメッセージの記事のコメント欄を
お使いください。
記事の応援、更新の応援などはブログランキングのバナーをクリックしていただけると、
ものすごく嬉しいです♪ 
よろしくお願いいたします!

最新記事

Twitter

Twitter

検索

 




カテゴリ

全記事表示リンク

このブログについて

記事内のマーク説明
 →ドラマ表紙へ

レビューは完全にネタバレしています。
みなさんの好きなドラマや俳優さんの ことを悪く言ってしまうこともありますが、
個人的な感想ですのでご了承ください。

なお、字幕なし視聴はハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますが
ご理解ください。

リンクはフリーですが、
お声をかけていただくと嬉しいです。
管理人へのメッセージは下にあります
メールフォームからお願いします。

また宣伝目的のコメントや
管理人が不愉快・不適切と判断した
コメントは削除させていただくことがありますのでご了承ください。

※当ブログにて使用させて頂いております画像等の著作権・肖像権は全て出所元に帰属しています。画像コピー、転載は、ご遠慮下さい。
サイト内の文章(特にレビューの文章)の無断転載もお断りします。

MAIL

管理人へのメールはコチラから♪
返信が必要な方は必ずメールアドレスを明記してくださいね♪
管理人の判断で返信しない場合もあります。
ご了承ください。

宣伝目的のメールはご遠慮ください。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

<>+-

カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

Admin

アクセスランキング

2014/10/01~

 

 

 

ブログランキング ドット ネット

04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
Copyright © 気ままに苺日和 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM)  …   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。