--.--.--*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.12.06*Thu*

せがれたち (21話)


ドラマ情報&他の話数のレビューはコチラ → せがれたち

【あらすじ】
イノクはヒョンギと別れるという心に変わることがなくて、
ヒョンギはこのようなイノクをあきらめることはできない。
イノクはヒョンギと別れるために塾を整理しようとするが
ソンヒが借金ためにそれさえも容易ではなくて悩む。
ユリを送りだしたミンギは内心気にかかって、シニョンとジンは大きく争う。
チョン女史はシニョンを一方的に叱ってシニョンを空しくする。
スンギはソンヒを引き離すために息子を見せて、
ソンヒはボラムの存在を知って衝撃を受ける。
ミリムはジョンスクをあきらめるようにするために、
新しい男ができたと嘘を話す。


このドラマは字幕なし視聴です。
ハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますがご理解ください。


← 20話      21話   5     22話 →


診察を終えたヒョンギは、イノクのピアノ教室から
ピアノの音が聞こえたので思わず行ってしまうのね。
「おかげさまで、ピアノ教室を再開する」
と言うイノクは
「これからヒョンギさんが、いきなりここに出入りしないでほしい。
結婚しないと言うことは別れるということなのよ」
とヒョンギを突き放すの。
ヒョンギの前では冷静を装ってるけど、ピアノ教室を出たイノクは辛そう。

一方、スンギはソンヒにボラムを見せるの。
ソンヒが驚いていると、ミリムがやってきて
「1週間に1回会う約束でしょう?どうして勝手に約束を破るのよ」
とボラムを取られちゃった。

その後、スンギとソンヒはカフェに行き
「結婚できない理由はボラムってことね」とソンヒ。
「そんなことで」と言うソンヒだけど、
それじゃボラムがいても関係ないというのかと聞かれると
即答できるわけもなく。
スンギのことを話したらビョングクが倒れそうだし、
と悩むソンヒ。
するとスンギは
「俺の兄さんは子連れ再婚しようとしてる」と話し、
ソンヒも「ウチの義姉さんも子連れ再婚しようとしてるわ」と。

ヒョンギとイノクですから(笑)
「ウチも」じゃなく、その二人が結婚しようとしてたんですわ!


その頃、ジョンスクはミリムに会いに行くの。
お金を渡し
「これはあなたにあげたものだから、返してもらわなくてもいい」
と言うジョンスク。

そして不動産屋に戻ろうとしたとき、イノクとバッタリ会うのね。
「話をしたい」と言うジョンスクを
ピアノ教室に連れて来たイノクは
「ヒョンギさんに結婚できないといいました。でも事情があって、
ピアノ教室はここで継続したいんです」と話すの。
だけどジョンスクは、
「あなたは気持ちの整理が出来たのかもしれないけど、ヒョンギはそうじゃないわ」
とイノクと顔を付き合わせることを避けたい様子。

その後、ジョンスクは不動産屋に戻り、
ウォンテにこのことを報告。

そしてジョンスクはミンギの執筆部屋に行くのね。
「ヒョンギがピアノの先生と別れた」とジョンスクから聞いたミンギは
ヒョンギに確かめに来るの。

「俺はまだ別れたつもりはない」と言うヒョンギだけど、
少しは冷静になったようで、ミンギもホッと一安心。

そのミンギはユリのことが心配で、
ユリが働いている店にやってくるの。
ユリと聞いても店の人はわからなくて、
ユリの本名はボンナムらしい。
「まだ店で寝泊りしてるんですか」と聞くミンギに
「借金があるようで、もう一つバイトを紹介した」と店の人。

その頃、ユリはベビーシッターの仕事をしてたわ。

一方、ヒョンギはアラムを迎えに来ていたの。
ビョングクもダビンを迎えに来てたのね。
挨拶をするもののアラムが
「早く帰ろう」といったため、ヒョンギはすぐにアラムと帰宅。

ダビンはビョングクに
「ママとアラムのお父さんは付き合ってるの?」と聞くの。
「ダビンはイヤなのか?」
「お祖父ちゃんがイヤじゃないなら」
「わしが嫌なわけがないだろう。アラムのお父さんはとてもいい人なのに」
とビョングクは言ってた。

一方、帰宅したらアラムは元気がないのね。
アラムはどうやらイノクとヒョンギが付き合ってるのが、イヤなのね。

そこへスンギが帰宅。
ジョンスクはスンギを部屋に呼び、
「ミリムが新しい男と再婚するだろうから、
ボラムと1週間に1回会う約束は必ず守って、ボラムを渡さないようにしなさい。
そしてソンヒだかいう女を連れてきて、結婚しなさい」と言うの。
「ソンヒは偽物なんだ。母さんがミリムを手放してくれるためにソンヒに頼んだんだ」
とスンギは言うけど、ソンヒはスンギのことを思ってるのではないかとジョンスクは指摘し
「ソンヒと結婚しろ」と。
でもスンギは拒否。

一方、チョン女史がいないので、シニョンはジンに
「アイルランドに旅行に行くのは、私のせい?
それともミンギさんのせい?」と聞き、
ジンとミンギの友情にうんざりするというシニョン。

ちょうどその頃チョン女史が帰宅。
シニョンがジンに
「偽善者」と言ったのが聞こえたチョン女史は
ジンの部屋にやってきて
「図々しいわね。誰のせいでジンがこんな姿になったと思ってるのよ!!」
と言っちゃった。
これを聞いたシニョンは自分の部屋に行き、事故の日のことを思い出して泣いてた。

言われてもしょうがないわよね。
ちょっといいすぎか?とも思わなくもないけど、
シニョンの態度を見てたら、いいたくもなるわよねぇ。


その頃、家に帰ってきたソンヒに、失くしたお金がどれくらいあるか聞くイノク。
金額の大きさに驚くイノクに
「私がなんとかして返す」とソンヒ。
でもソンヒ一人で返せる額ではないので、
イノクはピアノ塾をなんとしてでも続けないとと思うのね。
そんなイノクに
「こんな時にいう言葉じゃないけれど、あの人のこと諦めないで。
義姉さんにとって最後の恋かもしれないじゃない。
あとで後悔しないようにしてほしい」とソンヒ。

一方、シニョンは明け方、荷物を持ち、家を出たわ。

翌日、ジンはシニョンがいなくなったことに気づき、ミンギに電話するの。
すぐにミンギはジンの家に行き、ジンをシニョンの部屋に連れていったわ。
「シニョンはこんな部屋に住んでたんだな。初めて知った」というジンは
「シニョンにみじめな思いをしてしまった。シニョンが出て行ったのは俺のせい」と辛そう。

一方、昨夜ヒョンギが悩んでいるのを知っていたジョンスクは
朝食を食べさせようと、ウォンテに電話させるけど、
ヒョンギは「要らない」と電話を切っちゃった。

ジョンスクはなんとかピアノ教室を追いだして、
ヒョンギの気持ちの整理をさせたいようだけど、
ウォンテは「急ぐな。急ぐと怒りも大きくなる」となだめてた。

その頃、イノクはビョングクと市場にお買い物へ。
イノク夫の法事が近いのね。
市場で、父と子が歌を歌っているのを見てヒョンギを思い出してしまうイノク。

一方、ヒョンギはピアノ教室の前で会ったイノクのことを思い出していたの。
ヒョンギのことを「アルムのお父さん」と言ったイノクに
ヒョンギはショックを受けてたみたい。

その頃、ビョングクとイノクは市場の食堂で食事を。
と、そのときジョンスクから呼び出されるの。

ジョンスクとの待ち合わせ場所に向かうイノクをヒョンギが偶然見ちゃった。

イノクがやってきてジョンスクは
「ピアノ教室をたたんでほしい。お金のことなら心配ないわ。
契約期間も残ってるし、インテリアのこともこっちがするから」
と言い、お金を差し出したわ。
でもイノクは受け取れないというの。
受け取ってほしいとジョンスクと受け取れないイノク。

と、そこへヒョンギがやってきて
「このお金はなに?」とジョンスクに聞くの。

するとイノクは「お金が必要だからお母さんに頼んだのよ」と言いだし・・・

ヒョンギとイノクはずっとこの調子でいくのか?
別れたつもりのないヒョンギと、
別れようと自分の気持ちにフタをするイノクと。
もう見てて疲れるわ。

どのカップルもいい方向に進んでいないので
飽きてきちゃうね~
一組くらい楽しみなカップルがあってもいいと思うのに。




にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ   人気ブログランキングへ   
※ランキングに参加しています。1日1回のクリックが反映されます!
 ランキングバナークリックはとても励みになっていますので
 それぞれに応援の1クリックしていただけると嬉しいです♪

◆ブログランキング◆

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

人気ブログランキングへ

1日に1回、毎日クリックしていただくとランキングに反映されますので、お帰りの際にそれぞれに応援の1クリックして頂けると嬉しいです♪

※アクションはクリックだけで結構です。立ち上がったウィンドウで何かをしないといけないこともありませんので、そのまま閉じてくださいね。

 

苺

Author:苺

このブログはコメント欄を閉じていますので
メッセージがある方は、メールフォームか
管理人へメッセージの記事のコメント欄を
お使いください。
記事の応援、更新の応援などはブログランキングのバナーをクリックしていただけると、
ものすごく嬉しいです♪ 
よろしくお願いいたします!

最新記事

Twitter

Twitter

検索

 




カテゴリ

全記事表示リンク

このブログについて

記事内のマーク説明
 →ドラマ表紙へ

レビューは完全にネタバレしています。
みなさんの好きなドラマや俳優さんの ことを悪く言ってしまうこともありますが、
個人的な感想ですのでご了承ください。

なお、字幕なし視聴はハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますが
ご理解ください。

リンクはフリーですが、
お声をかけていただくと嬉しいです。
管理人へのメッセージは下にあります
メールフォームからお願いします。

また宣伝目的のコメントや
管理人が不愉快・不適切と判断した
コメントは削除させていただくことがありますのでご了承ください。

※当ブログにて使用させて頂いております画像等の著作権・肖像権は全て出所元に帰属しています。画像コピー、転載は、ご遠慮下さい。
サイト内の文章(特にレビューの文章)の無断転載もお断りします。

MAIL

管理人へのメールはコチラから♪
返信が必要な方は必ずメールアドレスを明記してくださいね♪
管理人の判断で返信しない場合もあります。
ご了承ください。

宣伝目的のメールはご遠慮ください。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

<>+-

カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

Admin

アクセスランキング

2014/10/01~

 

 

 

ブログランキング ドット ネット

10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Copyright © 気ままに苺日和 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM)  …   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。