--.--.--*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.12.09*Sun*

せがれたち (22話)


ドラマ情報&他の話数のレビューはコチラ → せがれたち

【あらすじ】
ミンギは家を出て行ったシニョンを心配して、
ジンはやはりシニョンとの間が完全に歪んだのを感じる。
行く所がなくてさまよったシニョンはイノクの車にはねられそうになり、
シニョンとイノクは初めて会うようになる。
ヒョンギはしきりに擦れ違うイノクとの関係に骨を折るばかりで、
結局イノクはジョンスクの勧めで塾を辞めることを決心する。
ソンヒは作った借りを挽回しようと東奔西走して、
スンギはこのようなソンヒを知らず知らず助けようとする。
ミンギはユリにまた会ってシニョンの行方に対する話を聞くことになる。


このドラマは字幕なし視聴です。
ハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますがご理解ください。


← 21話      22話   5     23話 →


「このお金はなんだ」とヒョンギに聞かれたイノクは
お金が必要だからヒョンギと別れる代わりに
お金がほしいとジョンスクに頼んだと説明。

イノクの言葉を信用しようとしないヒョンギだけど
イノクは冷たい言葉でヒョンギを突き放したわ。

一方、シニョンがいなくなり、
ミンギのところにも連絡がないので、
ジンはシニョンが心配で仕方ないのね。

その頃、行くところのないシニョンは
電車に乗り、時間をつぶしてた。

一方、イノクはソンヒを呼び、
ジョンスクからもらったお金を渡してた。
「このお金はどうしたの?」と聞くソンヒに
「塾をやめる」というイノク。
「昨日は塾を続けると言ってたのに」とソンヒ。

一方、ビョングクはドクスンの店でご飯を食べていて
チョン女史とヒョンギの関係を知らされるのね。
ちょうどチョン女史がやってきたので
「そうだとは知らずにすまない」と謝ってた。

その頃、ヒョンギはウォンテに
イノクの塾をやめさせようとしないでほしいとお願いを。
でもウォンテは「本人がやめると言ってるんだから」
と聞いてくれないの。

と、そこへドクスンの店から出てきたビョングクが
ウォンテとヒョンギの様子を見ちゃった。

その後、ビョングクはイノクの塾へ。
塾をやめるのかと聞くビョングクに
「別れたのに毎日顔をあわせるのもなんだなと思って」
とイノクは説明。
「俺の知らない何かがあるんじゃないのか」
とビョングクは心配するけど、イノクは
「そんなんじゃないです」と言ってた。
するとビョングクは、イノクが決めたのならと理解してくれて、
「ソンヒに預けているお金で他の場所を借りればいい」
と言うので、イノクは困っちゃった。

そしてイノクが出かけているとき、塾に宅配便が届くの。
ちょうどヒョンギが歯科医院から出てきたところで、
「預かってくれないか」と宅配業者に頼まれ、預かることに。
中を見てみると塾のチラシだった。

家に帰ったヒョンギはスンギに
「塾をやめるのに、どうして大量の塾のチラシが届いたのか」
と話してた。

一方、イノクは車を運転してるとき、赤なのに横断歩道を渡ろうとしている女性を見かけ、
慌ててブレーキを。
すると女性は倒れちゃった。
駆けつけるけど、意識がないのね。
すぐに病院に連れて行ったわ。
女性の携帯で家族に電話してあげようと思うけど、
バッテリー切れで連絡できず。
すると目が覚めるの。
その女性はシニョンだったわ。
どうして自分がここにいるのか、
イノクはいったい誰なのかと思うシニョンは
倒れた時の様子をイノクから聞かされ
「本当にありがとうございます」とお礼を言うの。
「途中まで送る」と言うイノクに
「いいんです」と断るシニョン。
でもイノクは放っておけなかったようで
「私も夕飯まだだから一緒に食べよう」と誘うの。

何から何までしてもらったシニョンは
イノクのおかげで元気になり、電話番号の交換して別れたわ。

その頃、シニョンに連絡をするミンギだけど
電源が入っていないため、つながらないの。
そこでミンギはふとユリのことが気になり、
店に行ってみるのね。
するとユリは小説を書いてた。
ミンギに怒っているユリは
「どなたですか?知らない人とは話をしません」
と言うんだけど、ミンギが立ち去ろうとしたとき
「Sは旅行にでも行くの?」と言うの。
「なんだって?シニョンをどこで見たんだ」と食いついてきたミンギに
「おごってくれたら話す」とユリ。

そしてミンギはユリを食事に連れて行くけど、
「食堂であったけど、話は聞いていない」と。

それでもシニョンが近くの食堂に現れたことは事実なので
ミンギはジンにこのことを報告。
この報告を聞いたチョン女史も
「そんなに遠くには行ってなかったのね」と安心した様子。

一方、ミリムの店で客が湿疹が出来たと訴えるの。
でも常連客が来たときにその客が何かをこっそりと食べているのを目撃していて、
これはチョコレートアレルギーなのではないのかと問い詰めると、
客は認めたらしい。
「あなたのおかげでうまく乗り切れた」とお礼を言うミリム。
「それじゃコーヒーでもおごってよ」と言われ
「ボラムを迎えに行かないといけないので、今度」とミリムは言うの。
「そうだったね。ボラムがいたね。それなら車に乗ってよ。送っていくよ」
と常連客は言うんだけど
「歩いていくのでいいです」と断ると
「それじゃ」とあっさり帰ってしまうのね。
自分に気があるのかないのか、さっぱりわからず
「変な人だ」とミリム。

翌日、イノクがチラシを取りにヒョンギのところにやってくるの。
重いのでヒョンギが持って行ってあげるというと、イノクは断るんだけど、
箱をひっくり返しちゃった。
そしてヒョンギはイノクの塾のチラシを見ながら考えてた。

その後、家に帰ったヒョンギはジョンスクに
「イノクさんを追い出すのは止めてほしい」と言うの。
「もうそんなことは出来ないわ。次に契約する人も決まってるんだから」
とジョンスクが言うと
「それなら俺が出て行く」とヒョンギは言い・・・

そう来たか!
だけどね、そんなことで引きさがるジョンスクさんじゃないわよね。




にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ   人気ブログランキングへ   
※ランキングに参加しています。1日1回のクリックが反映されます!
 ランキングバナークリックはとても励みになっていますので
 それぞれに応援の1クリックしていただけると嬉しいです♪

◆ブログランキング◆

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

人気ブログランキングへ

1日に1回、毎日クリックしていただくとランキングに反映されますので、お帰りの際にそれぞれに応援の1クリックして頂けると嬉しいです♪

※アクションはクリックだけで結構です。立ち上がったウィンドウで何かをしないといけないこともありませんので、そのまま閉じてくださいね。

 

苺

Author:苺

このブログはコメント欄を閉じていますので
メッセージがある方は、メールフォームか
管理人へメッセージの記事のコメント欄を
お使いください。
記事の応援、更新の応援などはブログランキングのバナーをクリックしていただけると、
ものすごく嬉しいです♪ 
よろしくお願いいたします!

最新記事

Twitter

Twitter

検索

 




カテゴリ

全記事表示リンク

このブログについて

記事内のマーク説明
 →ドラマ表紙へ

レビューは完全にネタバレしています。
みなさんの好きなドラマや俳優さんの ことを悪く言ってしまうこともありますが、
個人的な感想ですのでご了承ください。

なお、字幕なし視聴はハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますが
ご理解ください。

リンクはフリーですが、
お声をかけていただくと嬉しいです。
管理人へのメッセージは下にあります
メールフォームからお願いします。

また宣伝目的のコメントや
管理人が不愉快・不適切と判断した
コメントは削除させていただくことがありますのでご了承ください。

※当ブログにて使用させて頂いております画像等の著作権・肖像権は全て出所元に帰属しています。画像コピー、転載は、ご遠慮下さい。
サイト内の文章(特にレビューの文章)の無断転載もお断りします。

MAIL

管理人へのメールはコチラから♪
返信が必要な方は必ずメールアドレスを明記してくださいね♪
管理人の判断で返信しない場合もあります。
ご了承ください。

宣伝目的のメールはご遠慮ください。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

<>+-

カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

Admin

アクセスランキング

2014/10/01~

 

 

 

ブログランキング ドット ネット

08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Copyright © 気ままに苺日和 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM)  …   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。