--.--.--*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.12.22*Sat*

逢いたい (13話)


ドラマ情報&他の話数のレビューはコチラ → 逢いたい

【あらすじ】
14年間ジョンウが自身に対する申し訳ない思いと
懐かしさで生きてきたことを悟ることになったジョイは、
ジョンウとともに2人だけの思い出がある公園を訪ねて行って楽しい一時を送る。
一方、ジョンウから‘スヨンを見つけた’という話を
伝え聞いたヘリーは背信と怒りに身震いするけれど...


このドラマは字幕なし視聴です。
ハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますがご理解ください。


← 12話      13話   6     14話 →


ヘリーはジョイの好きな屋台へ行き
「仕事が終わったら来い」とジョイにメールするの。

一方、作業室にミランがやってきたので、
ジョイはジョンウが出てこないようにカーテンを閉め、
ミランと話をするの。
話しながら、ジョイは
「ここの仕事を引き受けたら、時々ここに来れるかな」
といい、ジョンウはジョイの言葉の意味を感じ取ってた。
そして「水をください」というジョイ。
ミランが作業室から出て行ったとき、ジョイとジョンウはカーテン越しに見つめあっていて、
ジョンウはたまらず、カーテンを開けジョイを抱きしめたわ。
ミランがやってきて、みつかりそうになるけど、
ちょうど電話が入ったため、ミランは作業室から出て行くの。

作業室に二人だけになり、キスをしようとするジョンウ。
でもジョイは顔を背けるのね。
すると「初めてじゃない」とジョンウは言い、
バスに乗ってたときに、寝ているスヨンと唇が触れたことを話したわ。
そしてジョンウはジョイにキスを。

その頃、ジョイがいなくなったので、
ヘリーに電話するミラン。
何も聞いていないヘリーは驚き、
ミランの店に行かないとと思うんだけど、
そのとき!ジョンウとジョイが作業室から出てきた!
電話が繋がったまま、ミランは話していたため、
ヘリーは状況がわかったのね。

ジョンウとジョイが店から出たあと、
ヘリーはミランに
「僕たち3人は友達なんですよ」と説明。

一方、ジョンウはジョイと車に乗り、移動中。
ジョンウの携帯にヘリーから電話があるの。
「スヨンを見つけた」と言うジョンウに
「ジョイに代わってくれ」とヘリー。
すると「ジョイは直接ヘリーが見つけてくれ」と言い、
ジョンウは電話を切るの。
この言葉が悔しいヘリー。

そしてジョンウはスヨンとの思い出の公園にジョイを連れて来たわ。
ブランコに乗り、昔の思い出話をする二人。
「許してくれと言う言葉は今は言わない。俺が聞きたいのはただ一つ。
ジョンウが好き。ジョンウは?だ。俺はお前が好きだ」
と言うジョンウに
「私のことをずっと好きでいてくれてありがとう」とジョイ。
でも「ヘリーは14年間家族であり、友達であった人なの。
いつかヘリーと結婚するわ」と。
そして帰ろうとするジョイに
「友達になろう。スヨンがダメなら、ジョイと友達になろう」とジョンウ。

ジョンウと別れたジョイは、一旦家の前まで帰ってくるけど、
引き返したわ。

ジョイが行ったのはジョンウとスヨンの思い出の電球。
そこからスヨンたちが住んでいた家まで、数を数えながら向かったジョイは
壁に「会いたい」と書いた落書きがまだ残っていることに気づくの。
涙を流しながらなぞっているとき、ウンジュが帰宅。
慌てて隠れたジョイは、
ウンジュの電話の内容から、ソンホが亡くなったことを知ったわ。

そしてもう一度、電球のところに戻り、
ジョンウに何度か電話するジョイ。
その様子をヘリーが見ていて、ジョイが電話するたびに
自分の携帯にかかってくるのではないかと待ってた。

翌日、ジョンウはジョイから何度も電話がかかってきていたことを知るの。
と、そのときジョンウは班長から呼ばれ、
行ってみるとテジュンのことやナム秘書のことを聞かれてた。
「韓国を発つ前にナム秘書はメールを送って来た。
スヨンを探したら、俺が辛い目にあうと書かれてあって、
それがどういう意味なのか聞かないと」とジョンウ。

一方、テジュンはヒョンジュンを探すために、
ヒョンジュの写真を撮り、新聞に載せるの。
これをみたヘリーの友達はすぐに連絡してくるのね。
「テジュンは俺を探したいだけだから、無視しておけばいい」とヘリー。

その時、ヘリーの部屋にジョイがやってくるんだけど
ヘリーは秘密の部屋に入っているため探し出せないわ。

そこへジョンウから電話がかかってきたジョイは
「聞きたいことがあったの」と話すの。

その後、ジョンウと同僚刑事ジョンミョンがやってきたので
ジョイはジョンウに
「サンホおじさんが亡くなったって?」と聞くの。
ジョンウは「お前が生きていると信じて探していて、
必ず連れて帰ると連絡があったのが最後なんだ」と。
「それじゃ私のせいで亡くなったの?」
「そうじゃない。俺が必ず捕まえる。
だからお前も辛いだろうけど手伝ってくれ」と言うの。

そこへヘリーがやってきたわ。
ジョンウとジョイが話しているのが気に入らないヘリーは
「話はまた今度にしましょう」というの。

この言葉を聞いていたジョンミョンは
「好き勝手なこと言いますよね」と。
そしてジョンミョンとジョンウはヘリーに
パク・ソンヒという名前と病院名を聞くけど、
ヘリーは知らないと部屋に戻って行ったわ。

ヘリーを追いかけたジョイは
「私に怒ってるなら私に怒りをぶつけてよ。
最近の私をあなたが怒るのは理解できるから。
でも14年ぶりに母さんにあったりして、
知らなかったことがたくさんわかったの。
少しは私の気持ちをわかってくれない?
家族や周りの人と久しぶりに会うことはいいことじゃない。
どうしてそれがダメなの?」というんだけど、
ヘリーは
「ジョンウだけが今まで待ってたわけじゃない。
俺も同じだけ待ってたんだ。それにジョンウは絶対にダメだ!」というの。
そしてヘリーはジョイに何も言わずに外出。

一方、ジョンウはミランに会いに行くの。
30億をヘリーに返さないといけないのか?
ミランはこのことを知らなくて、ナム秘書がしたことと言ってたかな~
だからナム秘書を探さないといけなくて、
ジョンウに「絶対に探しだしてほしい」とお願いを。

そこへヘリーがやってくるの。
「話は聞いたと思うので、同じ話はしません」というヘリーはミランに
精神病院を知っているかと問うの。
明らかに知っている感じだけど「知らない」というミラン。
「知ってるように見えますけど」とヘリーは言い、
「あとで話したい」というのね。
そして「ハン刑事と話がしたいので」と言い、ミランを部屋から追い出したわ。

ヘリーは「今度、スヨンを交えて3人で飲もう」と提案するけど、
「まずは2人で飲まないと」とジョンウ。
スヨンがずっと息をひそめて暮らしてきたのはどうしてなのか聞きたいというジョンウに
「それはスヨンが望んだから。スヨンが望むことは全部やってきた」とヘリー。
「それならこれからもそうしてくれ。彼女が望むことを全て。
14年前からの友達と飲みたいと言っても、映画を見たいと言っても怒らないでほしい」
「まずは叔母さんのことからちゃんとしてくださいね」
とヘリーは言い、ジョンウは店をあとにしたわ。

ヘリーは誰かに電話して
「ジョンウが動き出した。準備は終わってるな」と確認を。

その頃、精神病院に来ていたテジュンは
院長にお金を渡し、何やら指示を。
そしてテジュンは帰るんだけど、
ちょうどそこにやってきたジョンウがテジュンの車に気づいたわ。

ジョンウとジョンミョンは院長に話を聞くけど、院長は知らないの1点張り。
「ハン・テジュン会長を知ってるでしょう。
さっきここから出て行くところを見たんだけど」とジョンウ。
そのことも院長は「知らない」と。
「そうですか、それならいいです」
とジョンウはジョンミョンを連れて病院を出たわ。

二人が話している時、悲鳴が聞こえ、
行ってみると、カン・サンチョルが亡くなっていたの。
サンチョルの胸元にはテジュン一家の写真が。

ジョンウがその写真を見ているのを、ヘリーが見てた・・・
そして
「俺を恨むな。俺、ジョイ、お前の3人をこうしたのは、お前の父親テジュンだ。
だから行ってテジュンを捕まえろ。俺はこの足じゃ行けないから」と呟くヘリー。

ジョンウは辺りを見回し、サンチョルを突き落とした人物がいるのではないかと探すのね。
怪しい人物が見え、追いかけるジョンウ。

一方、スヨンはソンホが亡くなった場所に行き、
「おじさん、来たわ。スヨンよ」
と言い、あの日のことを思い出そうとするの。
「おじさんを殺した犯人が見つかるなら、忘れた記憶を思い出すわ」とスヨン。

一方、怪しい人物を追いかけていたジョンウは屋上へ。
でも怪しい人物はおらず。

その頃、ヘリーは病院をあとにし・・・

ヘリーはヒョンジュが生きていることを知らなかったのよね。
ということは、あの点滴チューブで作っているものを持ってたのはどうして?
叔母が間に入ってたってことか?

スヨンはソンホを殺した犯人を捕まえたいと思ってるけど
それってヒョンジュンよねぇ。
本当のことを知ったら、スヨンはまた傷ついちゃうわ。




にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ   人気ブログランキングへ   
※ランキングに参加しています。1日1回のクリックが反映されます!
 ランキングバナークリックはとても励みになっていますので
 それぞれに応援の1クリックしていただけると嬉しいです♪

◆ブログランキング◆

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

人気ブログランキングへ

1日に1回、毎日クリックしていただくとランキングに反映されますので、お帰りの際にそれぞれに応援の1クリックして頂けると嬉しいです♪

※アクションはクリックだけで結構です。立ち上がったウィンドウで何かをしないといけないこともありませんので、そのまま閉じてくださいね。

 

苺

Author:苺

このブログはコメント欄を閉じていますので
メッセージがある方は、メールフォームか
管理人へメッセージの記事のコメント欄を
お使いください。
記事の応援、更新の応援などはブログランキングのバナーをクリックしていただけると、
ものすごく嬉しいです♪ 
よろしくお願いいたします!

最新記事

Twitter

Twitter

検索

 




カテゴリ

全記事表示リンク

このブログについて

記事内のマーク説明
 →ドラマ表紙へ

レビューは完全にネタバレしています。
みなさんの好きなドラマや俳優さんの ことを悪く言ってしまうこともありますが、
個人的な感想ですのでご了承ください。

なお、字幕なし視聴はハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますが
ご理解ください。

リンクはフリーですが、
お声をかけていただくと嬉しいです。
管理人へのメッセージは下にあります
メールフォームからお願いします。

また宣伝目的のコメントや
管理人が不愉快・不適切と判断した
コメントは削除させていただくことがありますのでご了承ください。

※当ブログにて使用させて頂いております画像等の著作権・肖像権は全て出所元に帰属しています。画像コピー、転載は、ご遠慮下さい。
サイト内の文章(特にレビューの文章)の無断転載もお断りします。

MAIL

管理人へのメールはコチラから♪
返信が必要な方は必ずメールアドレスを明記してくださいね♪
管理人の判断で返信しない場合もあります。
ご了承ください。

宣伝目的のメールはご遠慮ください。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

<>+-

カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

Admin

アクセスランキング

2014/10/01~

 

 

 

ブログランキング ドット ネット

08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Copyright © 気ままに苺日和 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM)  …   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。