--.--.--*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.12.27*Thu*

清潭洞アリス (8話)


ドラマ情報&他の話数のレビューはコチラ → 清潭洞アリス

【あらすじ】
スンジョがアルテミス会長だという事実を知ることになったセギョンは衝撃を受ける。
一方、スンジョはムン秘書にセギョンが自身が好きだということを聞いて
嬉しくてどうしていいか分からないけれど...


このドラマは字幕なし視聴です。
ハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますがご理解ください。


← 7話      8話   8     9話 →


エレベーターの中でスンジョはムン秘書から
「セギョンさんは会長のことが好きだそうです」と聞き、
信じられない様子。

カーッ!
やっぱりか!
前回のラストに騙された!
「セギョンさんが俺を?」のところのスンジョの顔が
違うやないかぁぁぁ!
あんなに嬉しそうに言ってたら、
騙されることなかったのに(`-ω-´)


その頃、セギョンはアジョンから
「キム秘書がジャンティエール・シャ会長よ!」
と言うメールをもらい、呆然。

エレベーターの扉が開き、
目の前にスンジョがいることに気づいたセギョンは思わず背を向けたわ。

エレベーターを降りたスンジョは
一歩あるくごとにムン秘書に
「本当に?」「本当の本当に??」
と何度も聞いてた(笑)

そして控え室へ。
スンジョはセギョンが自分のことが好きだとわかり
舞い上がっちゃったのね。
ドンウクがやってきてスンジョの異変にビックリしてた(笑)

とりあえず、セギョンはまだスンジョが会長だと知らないんだから、
この場で公表して告白しろとドンウク。
するとスンジョは
「セギョンさんが好きなのはキム秘書でジャンティエール・シャじゃないじゃないか!
俺はジャンティエール・シャなのに」と今度は不安いっぱいに。
「落ち着け。そうだよ、お前はキム秘書じゃないよ。
でもジャンティエール・シャでもない。
名前は服みたいなもんだ。
お前はチャ・スンジョという人間として好きな女性に告白すればいいんだ」
とドンウクは言うの。

一方、セギョンはパーティ会場にやってくるけど、
今までのスンジョとのことを思い出してた。

そこへセギョンが来ているか確認するスンジョとドンウク。
来ているとわかったスンジョは逃げ、ドンウクは追いかけた!

この二人の走るシーンがおかしすぎ(笑)
コントじゃないんだから( ´艸`)ププッ


その頃、ユンジュはイルナムと会ってた。
ジーエン衣料の社長の妻がユンジュだと知ったイルナムはビックリ。
「これも会長のおかけです」と言うユンジュは
土下座して
「もう一度、助けてください。約束を守ってください」と。
するとイルナムは
「約束は守らないといけないだろう」と言うんだけど
イルナムとユンジュの二人が黙っていれば、
インファとスンジョの結婚はうまくいくと言うイルナム。
「譲ってください。諦めてください」と泣きながらお願いするユンジュだけど
イルナムは聞いてくれないわ。

一方、パーティの控え室ではスンジョが
「どうしよう、どうしよう」と騒いでいたの。
いくらなだめても、不安が募るスンジョに
「もうすぐ挨拶する時間です」と言いにやってきたムン秘書が
「堂々と本心を話したらどうですか」と言っちゃった。
この言葉にドンウクも賛成し「本心を話せばラクになる」とアドバイス。
スンジョはようやく自信が出て、挨拶をするため会場に向かったわ。

司会者からスンジョの紹介があり、
スンジョは緊張しながらもステージへ。
招待客に話をしながらも、心の中ではセギョンにずっと話しかけてたのね。

そして乾杯のとき、会場が明るくなり、スンジョはセギョンを探すの。
でもセギョンの姿がなく、スンジョはオロオロしはじめちゃった。

実は、スンジョがステージに出てくる前にセギョンは立ち去っていたのね。
慌てて立ち去ったため、携帯を忘れたセギョン。
これに気づいたダミー・ホンはセギョンの携帯を預かってた。

預かってたのか、何か自分の利益になることをしようとしているのか
わからんのだけどね。


パーティが始まり、招待客と話をするも、
セギョンがいなくて不安で仕方ないスンジョ。
「会長だと知って失望したのかな」とドンウクに話すけど、
「会長が出てくる前にいなくなったはず」と言い
「今日はこのパーティをちゃんと成し遂げろ。大事な席じゃないか」とドンウク。

一方、会場をあとにしたセギョンはアジョンと会っていたの。
「もう一つすごいことを思い出したのよ~。
セギョンがキム秘書を好きだってムン秘書に言っちゃった。
私ってえらいわよね!でもこれで、お互いに好きなんだから
明日からもセギョンは今までどおりにしてればいいのよ。
会長に近づいた理由なんてもう関係ないんだから。
セギョンは会長のキャンディになればいいのよ」とアジョン。
「キャンディ?」
「そうよ。一世一代の幸運がやってきたのよ。宝くじに当たったようなものね」
「宝くじに当たったようなもの・・・」
といいながらセギョンはなぜか涙が出ちゃうのね。

その頃、パーティ会場では、ミニョクが誰かと話をしていて
「会長はロイヤルグループのチャ会長の息子に似ている」と聞かされるの。
インファがロイヤルグループと接触したがっていたことを思い出したミニョクは
インファの動きを観察。

するとインファはスンジョに接近。
と、そのときスンジョの携帯がなるの。
慌てて携帯を見るスンジョに
「待っている電話があるんですか」とインファ。
「いいえ」と言ったとき、目の前にダミー・ホンを見つけたスンジョは
インファとほとんど話をせずにダミー・ホンのところへ。
「セギョンさんと会ったのか」と聞くスンジョに
「会うも何も。会長が入場される前に帰られましたよ。
なので謝罪も出来ませんでした」とダミー・ホン。
「謝罪するとはどういうことかわかってるのか。
セギョンさんの前に二度と現れるな。そして俺の前にもな」とスンジョは言い、
その場を立ち去るの。

一方、セギョンは大学に行き、
頭の整理をするためにノートに箇条書きにするのね。
書きながら泣き出してしまうセギョン。
「これからも今までと同じように演技をしないといけない」
と思うと涙が出ちゃったのよね。
泣くだけ泣いたら
「もうこれで以前の私に戻ったわ」とセギョンは家に帰るの。

家に帰り会長宛に手紙を書いたセギョンは
アジョンに見てもらうのね。
そして会長からもらった服を箱に戻しているとき
父がやってきた!
「何度も電話しているのに出ない」と言う父に
「電話したの?」と電話を探すセギョン。
そこでようやく電話がないことに気づくの。
「とにかくお前の友達が下で待ってる」と父。

友達?と思いながら降りてみると、
そこに居たのはユンジュ。

その頃、ドンウクに
「どうして帰ってしまったんだろう。どうして電話に出ないんだろう」
と半ばパニック状態のスンジョ。
そして「セギョンさんが今までのことを怒っていようと、
俺が会長だと失望したとしても、早く会って全部話がしたい」と言ってた。

一方、ユンジュはセギョンをホテルの一室に連れて行くの。
数年前のクリスマスに来たことがあったのかな。
それから毎年この部屋でクリスマスを祝おうと思ってたらしいけど
結婚したから出来なくなったのかな。

そんな話をするユンジュは
「どうなったの?正面突破は」とセギョンに聞くの。
「しなかったわ」と答えるセギョンは
会長秘書こそが時計ウサギだったと話し、
お互いに好きだと言うのね。
「よかったじゃない」と言うユンジュは
昔の自分を思い出し、セギョンに話してた。
そして「おめでとう」と言い、立ち去るユンジュ。

翌日、会社に出勤したスンジョの机に、
セギョンから服と手紙が置いてあったの。
おそるおそる手紙を開けるスンジョは
手紙に「スタイリストを続けられない。私はキム秘書が好きなんです」
と書いてあるのを見て、すぐにジーエン衣料へと向かうの。
でもセギョンは休暇をとっていて、会えず。
セギョンに電話してみると、電話に出たけどすぐに切られちゃった。

実は電話に出たのはダミー・ホン。
ダミー・ホンはこの電話で、セギョンがジャンティエール・シャではなく
キム秘書だと思って会っていたことを知るの。

一方スンジョは今度はセギョンの家に行ってみるけど、
母や妹から「いない」と言われちゃった。

実はアジョンがセギョンを連れ出していたのね。
セギョンの妹セジンからスンジョが来たと報告を受けたアジョンは
「今度こそ、彼の心を掴まないとね」と楽しそう。

その頃、スンジョはセギョンの携帯にメッセージを残して
大学へと向かったわ。
セギョンのデッサンを見つめ、セギョンの言葉を思い出すスンジョ。

一方、ダミー・ホンは複雑になったセギョンとスンジョのことを
整理し「セギョンがスンジョを利用し始めたということ」と結論が出たらしい。
秘書に「まずはセギョンの居場所探せ」と指示。

その頃、ミニョクはチャン女史に
「ロイヤルグループの息子とジャンティエール・シャ会長がとても似ているらしい。
調べる必要があるけど、もし同一人物なら
インファは事前にそのことを知っていたのかもしれない」と報告。
ロイヤルグループと親戚になることは、悪くないというミニョクとチャン女史に
ユンジュは「なんとか方法を見つけないと」と思うの。

一方、スンジョはセギョンと連絡が取れないので
何かあったのではと心配でたまらないの。
そんなスンジョに
「セギョンさんだってお前と同じように驚いてるんだ。
どうして今まで黙っていたのか正直に話せば・・・」と言うドンウクに
「信じてもらえなかったら?」とスンジョ。

そしてスンジョはセギョンの気持ちを知る前は
他の女性たちと同じように、自分の正体を隠せると思っていたのかな~
ちょっと違うか?
だけど、今はセギョンに会いたくて、会って話がしたいと辛そうなスンジョ。

翌日、ドンウクはセギョンの家を訪ねるの。
するとセジンが出勤するところで、
ドンウクの名刺を見たセジンは、自分が働く店にドンウクを連れて行ったわ。
そしてセジンはメガネを7つ持ってきて
「曜日ごとにメガネを変えるのってどうですか?」と。
セジンが何を言ってるのかわからないドンウクだけど
「お姉ちゃんの居場所を知りたいんでしょう?」とセジン。

結局メガネを7つお買い上げしたドンウクは
セギョンの居場所を教えてもらったため、
スンジョに連絡。
すぐにスンジョはその場所に向かうの。

その頃、ダミー・ホンは部下をアルテミスに潜入させていて、
スンジョがどこに行ったかわかった部下はずくにダミー・ホンに報告を。
ダミー・ホンもすぐに出発。

一方、セジンはアジョンに電話をしてドンウクの話をするの。
セギョンの居場所を教えたというセジンに
アジョンは大慌て。
今はまだスンジョと会うべきではないと思うアジョンは
セギョンに連絡して「そこから逃げて」と言うの。

セギョンはすぐにその場から離れるけど、
駐車場に逃げ込んだため、ちょうどスンジョの車がやってきてしまい、
スンジョはセギョンを見逃さなかったわ。
「車を停めろ!!」と秘書に指示するスンジョは
車を降りてセギョンを追いかけたわ。
その様子を見ていたダミー・ホンは二人がよく見える場所に移動。

駐車場の車の陰に隠れるセギョンを
必死で探すスンジョ。
呼んでも出て来てくれないセギョンに
「話があるんだ!」とスンジョが話そうとするので
セギョンは姿を現すの。

「話があるんだ。この話を聞いたら、セギョンさんが僕のことを失望するかもしれない。
でも言わないといけないんだ」と言うスンジョの言葉を聞きながら
「セギョン、頑張らないと。頑張って演技するのよ」と心の中でつぶやくセギョン。
そして「俺はキム秘書じゃなくジャンティエール・シャなんだ」と言うスンジョに
セギョンは驚いて声が出ない演技をし、
「演技出来てるわよね」と心の中でつぶやき・・・

面白くて楽しかったなぁ、この回。

私はスンジョの「オットカジ、オットカジ」が好きですな^^
そしてドンウクの妙な手の動き。
これも気になりますな(笑)

あと・・・前々から気になってるんだけど
ジーエン衣料ではなくジーエヌ衣料って会社名じゃないかな?
その方がしっくりくるけど、
自信がないのでとりあえずジーエン衣料のままですが^^;;




にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ   人気ブログランキングへ   
※ランキングに参加しています。1日1回のクリックが反映されます!
 ランキングバナークリックはとても励みになっていますので
 それぞれに応援の1クリックしていただけると嬉しいです♪

◆ブログランキング◆

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

人気ブログランキングへ

1日に1回、毎日クリックしていただくとランキングに反映されますので、お帰りの際にそれぞれに応援の1クリックして頂けると嬉しいです♪

※アクションはクリックだけで結構です。立ち上がったウィンドウで何かをしないといけないこともありませんので、そのまま閉じてくださいね。

 

苺

Author:苺

このブログはコメント欄を閉じていますので
メッセージがある方は、メールフォームか
管理人へメッセージの記事のコメント欄を
お使いください。
記事の応援、更新の応援などはブログランキングのバナーをクリックしていただけると、
ものすごく嬉しいです♪ 
よろしくお願いいたします!

最新記事

Twitter

Twitter

検索

 




カテゴリ

全記事表示リンク

このブログについて

記事内のマーク説明
 →ドラマ表紙へ

レビューは完全にネタバレしています。
みなさんの好きなドラマや俳優さんの ことを悪く言ってしまうこともありますが、
個人的な感想ですのでご了承ください。

なお、字幕なし視聴はハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますが
ご理解ください。

リンクはフリーですが、
お声をかけていただくと嬉しいです。
管理人へのメッセージは下にあります
メールフォームからお願いします。

また宣伝目的のコメントや
管理人が不愉快・不適切と判断した
コメントは削除させていただくことがありますのでご了承ください。

※当ブログにて使用させて頂いております画像等の著作権・肖像権は全て出所元に帰属しています。画像コピー、転載は、ご遠慮下さい。
サイト内の文章(特にレビューの文章)の無断転載もお断りします。

MAIL

管理人へのメールはコチラから♪
返信が必要な方は必ずメールアドレスを明記してくださいね♪
管理人の判断で返信しない場合もあります。
ご了承ください。

宣伝目的のメールはご遠慮ください。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

<>+-

カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

Admin

アクセスランキング

2014/10/01~

 

 

 

ブログランキング ドット ネット

08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Copyright © 気ままに苺日和 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM)  …   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。