--.--.--*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.01.11*Fri*

逢いたい (18話)


ドラマ情報&他の話数のレビューはコチラ → 逢いたい

【あらすじ】
ヘリーの証拠操作で殺人寃罪をこうむることになったスヨンは
自身を訪ねてきたジョンウとともに命をかけた逃避を敢行して、
人々の目を避けて訪ねて行ったところで少しの間だけでも切ない2人だけの時間を過ごす。
一方、証拠隠滅後秘密の部屋で発見されたヘリーは
事件を捜査中である刑事にスヨンを探してほしいと哀願するけれど...


このドラマは字幕なし視聴です。
ハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますがご理解ください。


← 17話      18話   7     19話 →


警察から逃げたジョンウは
ロッカーに銃を置き、ジョンミョンに電話を。

ヘリーの家に入っていたジョンミョンは
ミランは死んでいたわけではなく、危険ながらも生きていたので
病院に運ばれたと報告。
するとジョンウは隠し部屋があることをジョンミョンに教えるの。
ジョンミョンがそこをあけると、ベットの上でヘリーで酔って寝てた・・・

床にガラスがいっぱい落ちていたのにキレイに片付けられ、
監視カメラの画面は違う画面に変えられてたし、
手際のよさがすごすぎるよね(笑)


ミランへの殺人未遂容疑で取調べを受けるヘリーは
「ジョイを探してくれ」と訴えるの。
この様子を見ていたチェ刑事は
「ユン秘書と対面させろ」と指示。

二人の様子を見ていたチェ刑事は
この二人が仲間であることを見抜いていたような・・・

一方、ジョンウはジョンミョンから
「俺の実家に行っていていい」と言われ、
ジョンミョンの家に向かうことに。
その前にウンジュに電話して
ヒョンジュをミョンヒの家に連れて帰ってほしいとお願いしたみたい。

その頃、テジュンが家に帰ると
ヒョンジュがいなくなっていてビックリ。
書斎に行ってみると、荒らされていて
金庫の中にはいつもヒョンジュが作っている花の別バージョンの自転車があったわ。
これを見て笑い出すテジュン。

一方、ジョンミョン父の経営するペンションに到着したジョンウとスヨン。
父は詳しく聞いていたわけじゃないので
スヨンを秘密刑事だと思ったらしい^^;;

食べるものを買いに行く途中でスヨンは
「私を死んだことにしたのはテジュンよ。USBが何者かから送られてきて
そのなかでサンチョルがテジュンがそうしろと指示したと言ってた」と言うの。
「ほかに知ってることがあれば全部言ってくれ」と言うジョンウに
「ヘリーがサンドクを殺したって。
そしてテジュンが匿ってるジョンウの叔母さんはヘリーのお母さんよ。
ヘリーのお母さんがあんなふうになったのも、
ヘリーの足が悪いのもテジュンのしたことなの」と話し、ジョンウは驚き、
「どうして父さんが?ヘリーの足まで・・・」とショックを受けるの。
そんなジョンウを抱きしめ
「ジョンウが悪いんじゃないわ」となだめるスヨン。

その頃、家にやってきたヒョンジュに
話しかけるミョンヒは
「私の子供を見せるわね」とアルバムを見せるの。
スヨンだけでなくジョンウのことも話をするんだけど
写真を見てジョンウの名前を聞いたヒョンジュは
「違う!!!」と言い、発作が起き、ミョンヒとウンジュはびっくり。

一方、落ち着いたジョンウはスヨンに
「お前はどうやって生きてきたんだ?」と聞き、
「今はジョンウがいればそれでいい」とスヨン。

そして家の中に入ったスヨンは
窓の外を見つめるジョンウを見ながら
「テジュンがヘリーの足をあんなふうにしたのも、
私を死んだことにしたのもすべてはお金のため。
でも今のヘリーは違う。同じ目にあわせようとしている。
テジュン、ジョンウ、そして私を」と心の中でつぶやいてた。

翌日、ジョンウはジョンミョン父とともに釣りに行き、
魚が釣れたところでスヨンがやってきたので、
初めて一緒に写真を撮ってもらうことに。

その後、釣れた魚で料理を作ろうと
買い物に出かけたり、束の間のデートを楽しむ二人。

一方、ヘリーはテジュンに会っていたの。
テジュンはヘリーからお金を奪い返したいんだけど、
「お金なんてくれてやる」と言い、
ジョンウから一番大事なものを奪うとヘリー。

そこでテジュンは意識の戻ったミランに会いに行き、
「警察が来たら、なんていうかわかってるな」と言い聞かせてた。

その頃、ヘリーは病院に来ていて、
アルムとウンジュの話からヒョンジュがミョンヒの家に居ることを知るのね。

そしてミョンヒとウンジュはヒョンジュを連れて市場へ。
屋台でうどんを食べているヒョンジュの横に座ったヘリー。
ヒョンジュがうどんをこぼし、ウンジュが席を立った隙に
ヘリーはヒョンジュにネックレスのかけらを手渡し、立ち去るの。
ヒョンジュはヒョンジュンだと気づいて呼び止めたいんだけど、
ヘリーは振り向かずに立ち去ったわ。

その日の夜、スヨンとジョンウは楽しく食事をしていたのね。
と、そのときスヨンは
「ソウルに戻らないといけない」と言うの。
スヨンはヘリーが今までジョンウを憎んでいたスヨンと同じなのではないかと考え、
なんとかしてあげたいと思ったのね。
そんな話をしているとき、ジョンウの携帯にジョンミョンから電話が。
スヨンが電話に出たので、ジョンミョンは言いにくそうだけど、
「ミランさんが目を覚まして、スヨンさんにやられたと話している」とジョンミョンは言うのね。
「なんですって!!」と驚くスヨンだけど
ヘリーがそうさせたんだろうと自分に納得させるスヨン。
ジョンウに「どっちみち行くつもりだったんだから」と話すんだけど
ジョンウは辛そう。

その頃、テジュンはヘリーに
「見つけた」と報告。

翌日、ジョンウが外を見ると警察が来ていて、
その向こうにヘリーの姿を確認するの。
家を出てきたスヨンに
「お前が望むことを全部してやる」というヘリー。
するとスヨンはヘリーからもらった鍵のついたネックレスを渡そうとして
ネックレスは落ちるのね。
「どうして私を助けようとするその手で人を殺したの?」と聞くスヨンに
ヘリーは激怒しながらネックレスを拾ったわ。

「スヨンはわざと警察に向かうんだ」とジョンウは言ったのかな~
そしてスヨンはジョンウとともにパトカーに乗り・・・

今回、いつも以上に知らない単語出てきたのかな。
聞き取れてないところが多い気がする。




にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ   人気ブログランキングへ   
※ランキングに参加しています。1日1回のクリックが反映されます!
 ランキングバナークリックはとても励みになっていますので
 それぞれに応援の1クリックしていただけると嬉しいです♪

◆ブログランキング◆

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

人気ブログランキングへ

1日に1回、毎日クリックしていただくとランキングに反映されますので、お帰りの際にそれぞれに応援の1クリックして頂けると嬉しいです♪

※アクションはクリックだけで結構です。立ち上がったウィンドウで何かをしないといけないこともありませんので、そのまま閉じてくださいね。

 

苺

Author:苺

このブログはコメント欄を閉じていますので
メッセージがある方は、メールフォームか
管理人へメッセージの記事のコメント欄を
お使いください。
記事の応援、更新の応援などはブログランキングのバナーをクリックしていただけると、
ものすごく嬉しいです♪ 
よろしくお願いいたします!

最新記事

Twitter

Twitter

検索

 




カテゴリ

全記事表示リンク

このブログについて

記事内のマーク説明
 →ドラマ表紙へ

レビューは完全にネタバレしています。
みなさんの好きなドラマや俳優さんの ことを悪く言ってしまうこともありますが、
個人的な感想ですのでご了承ください。

なお、字幕なし視聴はハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますが
ご理解ください。

リンクはフリーですが、
お声をかけていただくと嬉しいです。
管理人へのメッセージは下にあります
メールフォームからお願いします。

また宣伝目的のコメントや
管理人が不愉快・不適切と判断した
コメントは削除させていただくことがありますのでご了承ください。

※当ブログにて使用させて頂いております画像等の著作権・肖像権は全て出所元に帰属しています。画像コピー、転載は、ご遠慮下さい。
サイト内の文章(特にレビューの文章)の無断転載もお断りします。

MAIL

管理人へのメールはコチラから♪
返信が必要な方は必ずメールアドレスを明記してくださいね♪
管理人の判断で返信しない場合もあります。
ご了承ください。

宣伝目的のメールはご遠慮ください。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

<>+-

カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

Admin

アクセスランキング

2014/10/01~

 

 

 

ブログランキング ドット ネット

10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Copyright © 気ままに苺日和 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM)  …   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。