--.--.--*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.01.15*Tue*

せがれたち (30話)


ドラマ情報&他の話数のレビューはコチラ → せがれたち

【あらすじ】
ヒョンギはイノクに恋愛だけしようと提案して、イノクはやむをえずこれを受け入れる。
再び始まった恋愛に幸せな二人.
ユリはミンギのまわりをウロウロし、ミンギは正しいと思わないながらも受け入れる。
ミンギはジョンスクに言われて、やむをえず行った見合いで
大学同窓であり有能な編集者になって帰ってきたガンヒに会う。
スンギはミリムのそばにいるソクジンがずっと気になって、
ソクジンは積極的にミリムに好感を表し始める。


このドラマは字幕なし視聴です。
ハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますがご理解ください。


← 29話      30話   5     31話 →


ヒョンギが「恋愛だけしましょう」と言ったとき、
子供たちがやってきたので、イノクはヒョンギの言葉の返事はせず。

そして家に帰るために、それぞれ車に乗るけど、
イノクの車は朝と同様、調子が悪くてエンジンがかからないの。
ヒョンギに見てもらうけど
「レッカーを呼ばないといけない」と言われてしまい、
イノクとダビンはヒョンギに送ってもらうことになったわ。

車の中で「さっきの返事は?」と何度も聞くヒョンギに
イノクはようやく頷くの。

イノクの家に到着し、ダビンを抱っこして帰るイノクに
「電話してもいいよね」とヒョンギ。
イノクは「はい」と答え、帰って行ったわ。

家に帰り、ビョングクに
「車が故障した」と話すイノク。
「どうやって帰ってきたんだ?」と聞かれ
「知り合いがいたので送ってもらいました」と言い、
部屋に戻るイノクにビョングクはニヤリ。
そして寝ているダビンに
「とりあえず作戦成功だな」とつぶやいてた。

その頃、ジョンスクはミンギの見合い話をまたもらってきてたのね。
そこへミンギが帰ってきたので、見合いの話をすると
ミンギは呆れるけど、会ってダメなら別にいいと言われたので、会うだけならと了承。

一方、仕事が終わったスンギが帰ろうとしたとき、
ソクジンを見かけるの。
ソクジンと一緒にいた人がソクジンのことを
「本部長」と言っていたのを聞いて驚くスンギ。

ソクジンが立ち去ったあと、一緒にいた人にソクジンのことをいろいろ聞いてみるスンギは
ソクジンが本部長で独身だということを知るの。
「そんな人がどうしてミリムを?」と不思議そうなスンギ。

その頃、家を出ているソンヒはレストランの更衣室で寝泊りしてたのね。
と、そのときレストランで物音がして、泥棒かも??と怖くなったソンヒは
スンギに助けを求めるの。
が!その物音は店長だった・・・

事情を話して「少しの間だけ居てはダメか」と聞くソンヒだけど
店長にダメと言われたのね。
そこへスンギがやってきて、事情がわかったスンギは
「すぐに謝って家に帰れ」というの。
そこでイノクに電話してビョングクに聞いてもらうけど
「出て行って数日しか経ってないじゃないか。もう根をあげたのか」
と言い、許すつもりはないらしい。

イノクはソンヒにビョングクの言った事を報告するけど、
「ウチに帰ってきなさい。私がなんとかするから」と言ってくれて
ソンヒは戻ることに。

イノクの助けで部屋に戻れたソンヒは
「一緒に寝よう」と言うの。

そしてソンヒは好きな人には子供が居ること、離婚している人だということなどを話し、
これを聞いたイノクはびっくり。
でも相手はソンヒのことを好きではないようなので
イノクは今のうちに諦める方がいいとアドバイスしてたかな。
ソンヒに「このままヒョンギさんと別れてもいいのか」と聞かれたイノクは
「実は今日からまた付き合ってるの。秘密恋愛なんだけど」と報告。
これを聞いたソンヒも嬉しそう。

翌朝、ヒョンギはイノクにメールしようとするけど
なんてメールしようか迷うのね。
するとイノクから先にメールが来ちゃった。
そして昼食に会う約束をする二人。

その後、イノクはビョングクの気をそらしている間に
ソンヒを外出させたわ。

一方、ジョンスクにミンギの見合いを持ってきた人から連絡があり
見合いの日にちが早まったらしい。

そこへスンギが起きてきたのでジョンスクは
ミリムとソクジンのことを聞くのね。
「まだ付き合ってるわけじゃないみたい」と言うんだけど
ジョンスクはもし二人が結婚となるとボラムはどうなるのかと心配なのよね。
スンギは「心配しなくてもいい」と言ってたけど。

その頃、ボラムはジョンスクの家に行きたくて号泣。
「明日になったらパパが迎えにきてくれて、お祖母ちゃんの家にいけるから我慢して」
と言うミリムの言葉も「イヤだ!!」と駄々をこねるボラム。

一方、ヒョンギとイノクは食事に行くんだけど、
近所だと誰に見られているかわからないので、
ちょっと遠くまで行くのね。

食事をしながらイノクに車のことを聞くヒョンギ。
エンジンに問題があるらしく、もう少しかかるのね。
そこでイノクに車を貸してあげようとヒョンギは思うの。
イノクは「車がなくてもとくに問題はない」と言うけど、
ヒョンギは「歯科に居るときは必要ないんだし」と。

その頃、ミリムはスンギに電話して
ボラムがジョンスクの家に行きたいと言ってると伝えるの。
喜んだスンギはすぐにボラムを迎えに来たわ。

そしてボラムを連れて行こうとしたとき、ソクジンがミリムを迎えに来るの。
二人が一緒にいてスンギはムッとするのね。

一方、ユリはミンギに会いに来て、仕事のお手伝いをすると申し出るの。
と、そこへジョンスクがやってきた!!
ユリは慌てて洗面所に隠れ、見つからずにすんでホッと一安心。
ジョンスクは見合いが早くなったことを告げにきただけだったのね。

その頃、ソクジンはミリムに「付き合おう」と言っていたの。
ソクジンの言葉に驚くミリムは
「時間をください」と言い、付き合うことも結婚のことも自信がないと言ってた。

一方、ヒョンギはイノクに車を貸してあげようと思い、
イノクも急ぎがあったことから、貸してもらうことに。
ヒョンギの車に乗ったイノクをウォンテが目撃。

気になるのですぐにヒョンギに聞きにいくウォンテは
ヒョンギとイノクがまた付き合いだしたことを知るのね。
「母さんが知ったらどうなるか」と心配するウォンテに
「恋愛だけをします。結婚となるとイノクさんにも負担になるし」とヒョンギ。
「歳をとっても恋愛だけしてるつもりか」とウォンテは言い
当分の間ジョンスクに知られないように気をつけろと言ってた。

仕事が終わったヒョンギはイノクと会い、
ビョングクは交際に反対していないことを話すの。
「もっと早く言ってよ。お義父さんに嘘をついちゃったじゃない」とイノク。
そしてヒョンギは
「人が死んだら、2つ質問をされるらしいんだ。
生きていて嬉しかったか。生きていて人を喜ばせられたか。
2つYESなら天国に、1つでもNOなら地獄にいくそうだよ。
天国に行くだろうか、地獄に行くだろうか。
これから嬉しいと思って生きていこう、人を喜ばせようと思うんだ。
一緒に努力してみようか」と言い、二人はキスを。

そして家に帰ったイノクは前にヒョンギからもらったネックレスをつけてた。

翌日、チョン女史はドクスンの店で食事をするの。
そのときドクスンは「ビョングクさんとこの前、約束していたのか」と聞くの。
「偶然会って、食事に言っただけ」と言うチョン女史に
「どうしてウチにこなかったのか」と不満そうなドクスン。
そして「付き合ってるのではないか」と言うので
チョン女史は「ただの友達」と説明してた。

一方、ミンギは見合いへ。
約束の時間に少し遅れてやってきた相手は、
学生時代の同級生らしい。
久しぶりに会い、楽しそうに話をするミンギを
影からこっそりユリが見てた^^;;

その頃、ウォンテはジョンスクを誘って、出かけていたの。
と、そのときジョンスクがヒョンギの車を発見。
そこへヒョンギが戻ってくるんだけど、
ジョンスクがいることに気づいてヒョンギはびっくり。
ヒョンギの驚きようをみたウォンテはイノクと一緒なんだと気づくのね。
ジョンスクに見られてはまずいので、
ウォンテはジョンスクの顔を両手で挟んだ!

と、そこへイノクが出てこようとするので
ヒョンギは「ダメだ」といいに行くの。
イノクもジョンスクが見えたので、慌てて隠れ・・・

イノクとヒョンギがこっそり付き合ってるだけでも進歩なんだけど、
どうしてこの二人がこっそり付き合わなきゃならんのだ(`-ω-´)

シニョンとジンもさっさとよりを戻せばいいのに。
そしたらミンギもユリとのラブライン始められるんじゃないの??
ミンギとユリの年齢設定に無理があるかもしれないけど、
まぁドラマなのでそれもありかな(笑)

あと、今回ソクジンがミリムに付き合おうと言ってたけど、
なんかソクジンに裏がありそうな気がしてならん。
純粋にミリムを好きなように見えないんだよなぁ。




にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ   人気ブログランキングへ   
※ランキングに参加しています。1日1回のクリックが反映されます!
 ランキングバナークリックはとても励みになっていますので
 それぞれに応援の1クリックしていただけると嬉しいです♪

◆ブログランキング◆

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

人気ブログランキングへ

1日に1回、毎日クリックしていただくとランキングに反映されますので、お帰りの際にそれぞれに応援の1クリックして頂けると嬉しいです♪

※アクションはクリックだけで結構です。立ち上がったウィンドウで何かをしないといけないこともありませんので、そのまま閉じてくださいね。

 

苺

Author:苺

このブログはコメント欄を閉じていますので
メッセージがある方は、メールフォームか
管理人へメッセージの記事のコメント欄を
お使いください。
記事の応援、更新の応援などはブログランキングのバナーをクリックしていただけると、
ものすごく嬉しいです♪ 
よろしくお願いいたします!

最新記事

Twitter

Twitter

検索

 




カテゴリ

全記事表示リンク

このブログについて

記事内のマーク説明
 →ドラマ表紙へ

レビューは完全にネタバレしています。
みなさんの好きなドラマや俳優さんの ことを悪く言ってしまうこともありますが、
個人的な感想ですのでご了承ください。

なお、字幕なし視聴はハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますが
ご理解ください。

リンクはフリーですが、
お声をかけていただくと嬉しいです。
管理人へのメッセージは下にあります
メールフォームからお願いします。

また宣伝目的のコメントや
管理人が不愉快・不適切と判断した
コメントは削除させていただくことがありますのでご了承ください。

※当ブログにて使用させて頂いております画像等の著作権・肖像権は全て出所元に帰属しています。画像コピー、転載は、ご遠慮下さい。
サイト内の文章(特にレビューの文章)の無断転載もお断りします。

MAIL

管理人へのメールはコチラから♪
返信が必要な方は必ずメールアドレスを明記してくださいね♪
管理人の判断で返信しない場合もあります。
ご了承ください。

宣伝目的のメールはご遠慮ください。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

<>+-

カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

Admin

アクセスランキング

2014/10/01~

 

 

 

ブログランキング ドット ネット

08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Copyright © 気ままに苺日和 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM)  …   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。