--.--.--*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.01.19*Sat*

逢いたい (20話)


ドラマ情報&他の話数のレビューはコチラ → 逢いたい

【あらすじ】
ヘリーが犯人という決定的な証拠を確保したジョンウは
逮捕を避けて逃げるヘリーと追撃戦を行って、
これを見守るスヨンはヘリーの限りない狂気と執着に恐れを感じる。
一方、ジョンウは病院にいるミランから思いがけない話を伝え聞くことになるけれど...


このドラマは字幕なし視聴です。
ハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますがご理解ください。


← 19話      20話   8     21話 →


ジョンウとスヨンの前に現れたヘリーは
ジョンウに電話するの。
と、そのときテジュンの手下がヘリーの手助けをするためにやってきたわ。

テジュンの手下がジョンウの車を囲んだとき、
ヘリーはスヨンに
「降りて来い」と言うけどスヨンは拒否。

そこでヘリーはテジュンの手下に指示し、
ジョンウの車を攻撃させたわ。
スヨンをこの場から助けたいジョンウは
車を動かす決意を。
するとヘリーは
「刑事なのに人をひき殺すのか」と。
「人じゃない。お前はゴミだ」と言い、ジョンウは車を動かしてその場から逃げるの。

そこへ警察の車がやってきたので、
ジョンウは1人の巡査にスヨンを頼み、
ヘリーを捕まえに行くのね。
でもヘリーの姿が見当たらず。

ヘリーはその場から抜け出していて、
スヨンが乗った車に近づいたわ。
でも鍵が閉まっていたため開けられず。
ヘリーがそばにいることを知ったスヨンは悲鳴をあげ、
巡査が窓を開けるけど、スヨンは
「早く行って!私を殺しにきたんでしょう」とおびえるの。
そんなスヨンにヘリーは呆然。
そこへジョンウが来たので、ヘリーは動揺しながらも逃げたわ。

ヘリーの荷物だけ奪い取ったジョンウは
ミョンヒの家に帰り、荷物を見ながらジョンミョンと話をしていたの。
そこへウンジュがやってきて
「父さんを殺した犯人を見つけたんでしよう?
かならず生きて捕まえて」と言うの。

その頃、スヨンはミョンヒがそばにいて安心していたわ。
お互いに辛かった日々を話す二人は涙ぐみ、
スヨンは「でもね、ジョンウは生きていてくれてよかったと言ってくれたの」
と嬉しそうに言い、ミョンヒも
「これからひっそりと暮らそう」と。

その後、ジョンウはスヨンのそばにやってきて甘えるけど
スヨンはジョンウに
「お父さん、継母さんのことが気になるんでしよう。行ってきなさい。
そして辛かったらここに戻ってくればいい。
ここには私や母さん、ウンジュ、そしてジョンミョンさんもいるじゃない。
何が怖いことがあるの?」と背中を押したわ。

一方、逃げ延びたヘリーは
昔、外に出ず住んでいた家にやってくるの。
そしてテジュンに電話して
「どうにかしろ」と言うけど、テジュンは
「そこまでしてるのにまた失敗したのか」と言うのね。
「俺が捕まったらお金は渡さない。欲しかったら、スヨンをつれて来い」と言うの。

その頃、ジョンウはミランの病室へ。
離婚したとしてもテジュンが怖いというミランは
ジョンウしか頼る人がいないと泣きつくのね。
そこでジョンウはヒョンジュとヒョンジュンがいったい誰なのかと問うの。

ミランに二人のことを聞いたジョンウは
そのままテジュンに会いに行ったわ。
でもテジュンは会いたくないので
「部屋から出て行け」と言うけど
「僕には父さんが二人居ます。こうやって生きろと教えてくれたキム刑事と
こうやって生きてはいけないと教えてくれたあなたです」と話すジョンウ。
そして12才で自分の部屋に犬を送り込まれ、殺されそうになって、
逃げるときに足を怪我し・・・とヘリーのことを話すジョンウは
「父さんは人ですか?僕は人の息子なんですか?父さんの息子で恥ずかしい」と言うの。

一方、寝てしまったヘリーは
スヨンの声を聞いた気がして目が覚めるのね。
窓の外から心配してくれたスヨンを思い出すと同時に、
さっきヘリーを見て、殺されると恐れるスヨンも思い出し、
いてもたってもいられずに、スヨンに会いに行こうとするの。
でもスヨンの家の前まで来たとき、パトカーがやってきたので、
ヘリーはすぐに退散。

その頃、ジョンウはスヨンに電話を。
スヨンに「会いたい」というジョンウ。
スヨンはミョンヒから
「ジョンウが電話してきて会いたいと言ったときは何かあるときよ」と教えられていたので
ジョンウの気がまぎれるように、食べ物を買ってきてとお願いするの。

そしてジョンウを外で待っていたスヨンは
ジョンウがやってくると公園へ連れて行くのね。

前にジョンウが1人で公園で遊んでいたのを再現するスヨンは
一通り終わると
「話があるなら話してみて。まだ準備が出来ていないならもう一度同じことをするから」とスヨン。
するとジョンウは「ヘリーが」と言い、その先を言うのをやめて、
「抱きしめてくれないか」とスヨンに言うの。
そしてスヨンの手を握るジョンウは
「ヘリーが俺のお祖父さんの息子なんだって」と。
これを聞いたスヨンは涙ぐんでた。
そんなスヨンに
「明日は笑わせてやる」とジョンウ。

そうだった!
この事実をすっかり忘れてた。
そしていつの間にかヒョンジュンはテジュンの息子だと思い込んでた∑(ノ∀`)ペチッ!!
ヒョンジュが持っていたお金はジョンウ祖父の遺産だったものね。
途中から勘違いしていたから、
どうしてテジュンがヒョンジュンを殺そうとしてたのかわかんなくなってたけど、
異母弟なら、消したいわよね。お金のために。


翌日、スヨンがミランの店にいると、ミランがやってくるの。
まだ体調も万全ではないけれど、ランチングの準備などがあるらしい。
すぐにスヨンと仕事の話を始めるミランに
「謝らないの?」とアルム。
ミランはスヨンに悪いと思いつつ、謝罪の言葉は言わないのね。
ミランが立ち去ったあと、アルムは
「母が申し訳ないと思ってることはわかってくれてますよね」とスヨンに言ってた。

その後、スヨンは作業室へ。
実はスヨンは結婚指輪を準備していたの。
と、そこへジョンウがやってきた!
「大事な話がある」というジョンウは
スヨンの黄色い傘を差し出したあと、ひざまずきスヨンにプロポーズを。
「雪の降る日に結婚しよう」というジョンウの言葉に
「早く雪が降ればいいのに」とスヨン。
そしてスヨンの指に指輪をはめたジョンウはキスをしようとするけど
スヨンに止められるのね。
ちょっと迷ったけど、スヨンは結婚指輪の箱を渡したわ。
箱を開けたジョンウはビックリし、
「一日遅かったら大変なことになってた」とプロポーズを自分から出来てホッとした様子。

と、そこへジョンミョンがやってくるの。
チェ刑事が呼んでいるらしい。

スヨンに何かあったら困るとジョンウは
発信機を渡したわ。
「肌身離さず持て」とジョンウ。

その後、警察に行ったスヨンはユン秘書にヘリーがどこにいるのか問う役目を担うのね。
でもユン秘書は
「あの人は絶対に助けに来る」と言うの。

一方、ジョンウは昔スヨンが住んでいた家に行き、
その近くにある、ヘリーが住んでいた家をのぞいてみるの。
すると壁に絵が書いてあり、昔も同じ絵を見たと思って、鍵を壊して家の中へ。

と、そのときヘリーの足音が聞こえ、ジョンウは閉じ込められちゃった。
窓越しに顔をあわせることになったヘリーとジョンウ。
「ジョイだったらよかったのに」と言うヘリーに
ジョンウはヘリーに「叔父さん」と言うの。
ハッとしたヘリーは「ジョイをつれて来い」と言い残し、立ち去ったわ。

ジョンウはなんとかドアを開け、ヘリーを追いかけるけど、なかなか捕まえられず。
ようやくヘリーの姿を捉えたので、名前を呼び、チーム長などに知らせるのね。
同僚たちが先にヘリーに近づき、銃を構えて、足めがけて撃つの。
ヘリーは怪我をしたまま車を走らせたわ。

また捕まえ損ねたんかい(`-ω-´)
怪我している左足ではなく、右足を撃ったにも関わらず
逃げられるってどんだけどんくさいねんっ
だいたいあの状況で銃を構える必要があるのか?
相手は左足を怪我してて走れないんだから、
走ったら捕まえられるでしょう??


そしてヘリーはある場所に車を止め、笑っていたけど辛そう。
と、そこへある人がやってきて、お金と交換してヘリーが得たものは銃だった・・・

その頃、スヨンの携帯にテジュンから電話が。
「店の前にいるからちょっと出てきてくれ」とテジュン。
そこでジョンミョンは店の前にいる刑事に
テジュンが一人かどうか確認。
スヨンはジョンウに電話して、テジュンが会いに来たことを話すの。
「テジュンに会いに行くな」というジョンウだけど
スヨンはヘリーの居場所を知ってるテジュンに会いに行くというのね。

そしてスヨンはテジュンの車に近づき、話を。
「警察が見張ってるのに、店に入れないから車に乗れ」と指示するテジュン。

テジュンの車に乗ったスヨンは
「ジョンウが可哀相。でもそのジョンウはお父さんが可哀相だと言うんです」
とテジュンに訴えたわ。
テジュンはちょっと気にはなったみたいだけど、
ジョンミョンたちが追ってきているのに気づいて、撒こうとするの。

左折したテジュンの車のすぐあとから来た車に阻まれたジョンミョンたちは
テジュンの車を走って追いかけるけど、
テジュンは車の中にいたけどスヨンがいなくなってた。

車に阻まれているため、すぐに追うことが出来ないジョンミョンはジョンウに電話するのね。
するとジョンウはスヨンが持っている発信機でどこにいるのか特定できたわ。

ジョンウがやってきたのは、14年前の倉庫。
ドアの前に立ったジョンウは
「何度も夢見た。お前を連れて、ここから出ることを」と心の中でつぶやき
ドアを開け・・・

銃を手にしたヘリーがとっても気になるのだけど。

この回を見る前に、ニュース記事のタイトルで
このドラマの結末がわかったので、
これ以上、感想書けない・・・
記事の中で書くならまだしも、タイトルに書かんでくれよ(`-ω-´)




にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ   人気ブログランキングへ   
※ランキングに参加しています。1日1回のクリックが反映されます!
 ランキングバナークリックはとても励みになっていますので
 それぞれに応援の1クリックしていただけると嬉しいです♪

◆ブログランキング◆

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

人気ブログランキングへ

1日に1回、毎日クリックしていただくとランキングに反映されますので、お帰りの際にそれぞれに応援の1クリックして頂けると嬉しいです♪

※アクションはクリックだけで結構です。立ち上がったウィンドウで何かをしないといけないこともありませんので、そのまま閉じてくださいね。

 

苺

Author:苺

このブログはコメント欄を閉じていますので
メッセージがある方は、メールフォームか
管理人へメッセージの記事のコメント欄を
お使いください。
記事の応援、更新の応援などはブログランキングのバナーをクリックしていただけると、
ものすごく嬉しいです♪ 
よろしくお願いいたします!

最新記事

Twitter

Twitter

検索

 




カテゴリ

全記事表示リンク

このブログについて

記事内のマーク説明
 →ドラマ表紙へ

レビューは完全にネタバレしています。
みなさんの好きなドラマや俳優さんの ことを悪く言ってしまうこともありますが、
個人的な感想ですのでご了承ください。

なお、字幕なし視聴はハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますが
ご理解ください。

リンクはフリーですが、
お声をかけていただくと嬉しいです。
管理人へのメッセージは下にあります
メールフォームからお願いします。

また宣伝目的のコメントや
管理人が不愉快・不適切と判断した
コメントは削除させていただくことがありますのでご了承ください。

※当ブログにて使用させて頂いております画像等の著作権・肖像権は全て出所元に帰属しています。画像コピー、転載は、ご遠慮下さい。
サイト内の文章(特にレビューの文章)の無断転載もお断りします。

MAIL

管理人へのメールはコチラから♪
返信が必要な方は必ずメールアドレスを明記してくださいね♪
管理人の判断で返信しない場合もあります。
ご了承ください。

宣伝目的のメールはご遠慮ください。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

<>+-

カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

Admin

アクセスランキング

2014/10/01~

 

 

 

ブログランキング ドット ネット

10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Copyright © 気ままに苺日和 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM)  …   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。