--.--.--*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.02.01*Fri*

隣のイケメン (7話)


ドラマ情報&他の話数のレビューはコチラ → 隣のイケメン

【あらすじ】
屋上で殺伐と立ち向かったエンリケとジンラク.
互いにドンミに対して誰よりよく分かるとし言い争いを行って、
ドフィはエンリケとジンラクにドンミの過ぎ去った過去に対しての話をする。
ワナタベの料理教室が開かれた日、エンリケとオーシャンヴィレッジの人々は
料理で一つになる心を感じるけれど..
一方、ソヨンは離れるテジュンを捕まえてほしいとエンリケに抱かれて泣いて、
ドンミはそのような二人を見て…


このドラマは字幕なし視聴です。
ハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますがご理解ください。


← 6話      7話   5     8話 →


エンリケを屋上に呼び出したジンラク。
エンリケにズバッと注意するのかと思いきや!
足元にあったホウキを持ち、掃除するしぐさを。
そして「俺は歳が一つとかしか違わないのに、
兄さんとか呼ぶのはイヤだから、友達みたいに話す」と宣言。
エンリケも「何の話なのか気になる~」と楽しそう^^;;
するとジンラクは
「人が嫌がってることをするのは嫌われる」と指摘したのかな。
この言葉に「兄さん(ジンラク)も僕のことが嫌いなんですね」とエンリケは落ち込んでた。
みんなから嫌われているというエンリケが可哀想になるジンラク。

そして話をしているとジンラクがドンミに告白した話になるのね。
でもジンラクは告白したと思っていないらしい(笑)
エンリケはジンラクになりきってその時の様子を再現するけど、
ジンラクは勘違いし、エンリケに嫉妬したりして。
二人は大きな声で言い合いのような、そうでないような・・・

一方、ジンラクの部屋に男が二人やってくるの。
ドンフンは「誰を訪ねてきたのか」と聞くとジンラクを訪ねてきたと二人の男は言うの。
ジンラクが詐欺などをはたらいたと男たちは言っていて、
いったん家に入ったドンミはジンラクがそんなことをする人じゃないと思って、
部屋から出てくるの。
そして「証拠を持ってきているんでしょうね。証拠がないなら警察を呼ぶわ」と言い、
男たちを帰らせたわ。

その頃、ドフィは屋上に行き、ジンラクとエンリケがいいあっているのを聞いてとめるの。
ドンミを好きなジンラクを自分のものにしようとするドフィは
ドンミの初恋の人にエンリケが似ていると話すの。
「そんなわけないじゃないか。ドンミさんが俺をどれだけ嫌ってるか知ってるのか?
知ってるのに知らんふりをしようっと言ったんだよ」とエンリケ。
これを聞いたジンラクは
「ドンミさんが知らんふりをしようと言ったなら、
知らんふりをしないといけないだろう?どうして家まで訪ねてくるんだ!」と。
「仕事だよっ!!」と大声でいいあう二人。

この二人、話してるとどんどん違う方向に話がいくので面白い(笑)

そして我に返ったジンラクはどうしてドフィが屋上に来たのか聞くのね。
「ジンラクさんを男が二人訪ねてきた」とドフィ。
ジンラクは誰かわかっているらしく、少しの間、屋上に居るしかないと思うのね。
そこでドフィは「私だってあのときのことを思い出すとつらくなる」と言い出すの。
そして高校時代の話をするドフィ。
と、そのとき、男たちが帰ったと連絡があり、
みんなで戻ろうとするのね。
ドフィは「ドンミに申し訳ないと思う」と言うので、
ジンラクとエンリケは
「いい考えがある」と声を揃えて言うの。

その後、ワタナベの部屋で料理教室が開かれることに。
そこにはドフィもやってきてドンミと近づこうとするけど、
ドンミは一言も話をせず。

エンリケはワタナベが日本人だと知り
「日本語が出来るよ」と言うの。
そこでワタナベはエンリケに通訳を頼むのね。

今日の料理はパエリア。
パエリアについて日本語で話したワタナベはエンリケに
「通訳お願いします」というけど、
ぜんぜん通訳になってないし(笑)
ジンラクは「いろいろ話してたのに、それだけか?」と。

料理ができ、みんなで楽しく食べていたの。
席を立っていたドンミが戻ってくると、みんなが楽しそうでドンミは少し笑顔に。
するとエンリケと目があってしまい、ドンミはすぐに笑顔をやめたわ。

食事後、ドンミの家に帰ったエンリケは
ドンミに「友達に話を聞いたよ。先生が辞めたのはドンミさんのせいじゃない」と言い、
ドンミが言われたくないことをエンリケは話すの。
我慢の限界が来たドンミは、エンリケの荷物をまとめて
「出て行って」とドンミ。
そして二人は言い合いをし、お互いに言われたくないことを言って別れるの。

追い出されたエンリケはジンラクの家に泊めてもらえないかと思うけど、
ジンラクは家に入れてくれず。
仕方なくテジュンのところへ戻ったわ。

ソヨンは「テジュンに許しを請え」とジェスチャーでアドバイスするけど、
エンリケはドンミに言われたことを話し「落ち込んでるから理解して」と言うの。
するとテジュンは「今までそんなこと言われても気にしたことなかったのに」と言い、
ソヨンも「その人は誰?」と聞くのね。
でもエンリケは答えず。

翌日、ドンミは出版社から連絡があり、来るようにと言われるの。
どうやらエンリケの自著伝にドンミの名前が載るらしく、
ドンミはそれを拒否している様子。

一方、エンリケは道をあるいていると、何者かに後ろからぶつかられ、携帯を奪われるの。
その人物を追いかけるけど、車に轢かれそうになっても
逃げるその人物をエンリケは追うのをやめたわ。

そして出版社に行くと、ドンミがちょうどでてきたところだったの。
でも二人は会話をせず。

エンリケは出版社の人からドンミの意向を聞き
「また俺がミスったのか」と凹んでた。

そしてワタナベの店でお弁当を買って帰ろうと思ったエンリケは
ワタナベに電話を借りてテジュンに電話を。

電話を切ったあと、ワタナベが
「今度の料理教室も来る?」と日本語で聞くんだけど
エンリケは理解できていないのね。
「もちろん」と言ったけど、毎回日本語で話しかけるワタナベに
ちょっとエンリケはうんざりしてるのね。

日本語出来るって言うから~(笑)

その頃、買い物から帰ってきたジンラクを、
この前訪ねてきた二人組みの男が待ち伏せ。
ジンラクはその男の1人から書類を受け取り
「こっちから連絡するから、先に連絡をよこすな」と言うの。
そして男たちが帰ったとき、ドンミがそこにいたことに気づくのね。
「ちょっと僕の話を聞いてくれませんか」と言うジンラク。

と、そのときエンリケがやってくるの。
二人を見たエンリケは、足早に立ち去り、
ドンミはジンラクに
「今日はちょっと疲れてるので」と話を聞けないというのね。
ジンラクも無理強いするつもりはないので、ドンミの後ろを歩いていたの。

するとそのとき!
ソヨンが上着も着ずに歩いていて、これに気づいたエンリケが声をかけるの。
「あんたは知ってたのね?外国に行くって」
「お前も兄さんの夢を知ってるじゃないか」
「夢がなんだって言うのよ!私にどうしろっていうのよ」
と泣き出すソヨン。
思わずソヨンを抱きしめてしまうエンリケは
ドンミが見ていることに気づいたわ。

ドンミは見ていられず、意を決してエンリケに近づき、
ソヨンを抱きしめるエンリケの腕を掴み・・・

ジンラクを訪ねてきた人が誰なのかわからないし、
エンリケの携帯を奪った人も誰だかわからないし、
気になるけど、それほど重要でもないのかな^^;;

ま、エンリケがドンミを気になりだしたことは確か。
ドンミも同じく。
だけど、今回はいまいちテンションがあがらんかったな。
ジンラクとエンリケの屋上でのシーンは楽しかったけどね( ´艸`)ププッ




にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ   人気ブログランキングへ   
※ランキングに参加しています。1日1回のクリックが反映されます!
 ランキングバナークリックはとても励みになっていますので
 それぞれに応援の1クリックしていただけると嬉しいです♪

◆ブログランキング◆

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

人気ブログランキングへ

1日に1回、毎日クリックしていただくとランキングに反映されますので、お帰りの際にそれぞれに応援の1クリックして頂けると嬉しいです♪

※アクションはクリックだけで結構です。立ち上がったウィンドウで何かをしないといけないこともありませんので、そのまま閉じてくださいね。

 

苺

Author:苺

このブログはコメント欄を閉じていますので
メッセージがある方は、メールフォームか
管理人へメッセージの記事のコメント欄を
お使いください。
記事の応援、更新の応援などはブログランキングのバナーをクリックしていただけると、
ものすごく嬉しいです♪ 
よろしくお願いいたします!

最新記事

Twitter

Twitter

検索

 




カテゴリ

全記事表示リンク

このブログについて

記事内のマーク説明
 →ドラマ表紙へ

レビューは完全にネタバレしています。
みなさんの好きなドラマや俳優さんの ことを悪く言ってしまうこともありますが、
個人的な感想ですのでご了承ください。

なお、字幕なし視聴はハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますが
ご理解ください。

リンクはフリーですが、
お声をかけていただくと嬉しいです。
管理人へのメッセージは下にあります
メールフォームからお願いします。

また宣伝目的のコメントや
管理人が不愉快・不適切と判断した
コメントは削除させていただくことがありますのでご了承ください。

※当ブログにて使用させて頂いております画像等の著作権・肖像権は全て出所元に帰属しています。画像コピー、転載は、ご遠慮下さい。
サイト内の文章(特にレビューの文章)の無断転載もお断りします。

MAIL

管理人へのメールはコチラから♪
返信が必要な方は必ずメールアドレスを明記してくださいね♪
管理人の判断で返信しない場合もあります。
ご了承ください。

宣伝目的のメールはご遠慮ください。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

<>+-

カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

Admin

アクセスランキング

2014/10/01~

 

 

 

ブログランキング ドット ネット

10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Copyright © 気ままに苺日和 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM)  …   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。