--.--.--*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.02.20*Wed*

隣のイケメン (13話)


ドラマ情報&他の話数のレビューはコチラ → 隣のイケメン

【あらすじ】
ドンミの家のドアを見てオーシャンヴィレッジは驚きに包まれる。
辛くていなくなったドンミを探し回るエンリケ.
一方、ジンラクの正体にドンフンは爆発してしまうけれど...
エンリケは自身のためにドンミが傷つくかと心配をして
ドンミは仕事をあきらめようとするエンリケが心配になるけれど...


このドラマは字幕なし視聴です。
ハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますがご理解ください。


← 12話      13話   5     14話 →


ドンミの家のドアに「死んでしまえ」と書かれているのを見た
エンリケとジンラクは呆然。
と、そこへ守衛さんがドンミの家を見に来た人を連れて来たの。
でもドアの落書きを見て、家を見に来た人は帰って行っちゃった。

そして守衛さんに鍵を貸してもらい、中へ。
エンリケはドンミがウェブチューンを見たことを知るの。

この「ウェブチューンを見て」というメモは
実はドンフンがドンミの牛乳に貼ったものだったらしい。

エンリケはドンミの家の中に入ったけど、
ジンラクは入れないのね。
「ドンミさんが居なくなっても探す術がない」
というジンラクに
「だから家に入れよ」とドンフン。

と、そこへドフィがやってくるの。
実はドンフンが食事を誘っていて
なかなか来ないので、持ってきたらしい。

ドンフンに食事を渡し、帰ろうとするドフィを呼び止めるジンラクは
ドンミの家のドアに落書きしたのはドフィではないかと疑ったわ。

そしてエンリケがドンミの部屋から出てきて、
エンリケもドフィではないかと思ったらしい。
「私もドンミの言葉に胸が痛かったのに」とショックを受けるドフィ。

ドンフンがドフィを追いかけていると、
ある女性とぶつかるの。
エンリケのストーカーだとわかったドンフンは
手が汚れていること、スプレーを持っていたことで
犯人はこの女性だとわかったのね。

ドンフンはジンラクに電話して、
「犯人はエンリケのストーカーだから、ドフィさんに謝れ!!」と言ってた。

一方、エンリケはストーカーと会うの。
「そうよ、私がドアに落書きしたわ」と認めるストーカーは
ドンミのせいでエンリケが夢を諦めていると言うのね。
「あの人がそんなに重要なの?私はあの人が嫌いだわ」とストーカー。

ストーカーが立ち去ったのを見ていたエンリケは
帰って来たドンミに気づいたわ。
ドンミはドアの落書きを消すペンキを買いに行っていただけらしい。
エンリケは自分のストーカーがこんなことをしたと謝るけど
「高校のときにこんなことがあったから慣れてる」とドンミ。

そしてエンリケはドンミにテジュンの部屋に行けというの。
ドンミにあのドアを見せたくないらしい。
でもドンミは家に向かったわ。

エンリケが戻ると、ジンラクが落書きを消してた。
ジンラクも自分と同じでドンミに見せたくなかったんだとわかったのね。

そしてエンリケがドアを塗っているとき、
ドンミはジンラクの部屋に行くことに。

「ウェブチューンの漫画ですが」と言うジンラクは
これから話が変わってくると思うと説明。
でもドンミは
「あの漫画のキャラクターは私じゃない。純粋で優しくなんかないから」と言うの。

一方、ドンフンは傷ついたドフィに
「ジンラクさんにも話をしたから、謝罪してくれると思う」
と言うんだけど、ドフィの友達たちは
ジンラクが実は金持ちの息子だと話すの。
何も知らなかったドンフンはビックリ。

家に帰り、荷物をまとめるドンフン。
驚くジンラクに
「金持ちの息子なんだって?」と聞くの。
ジンラクは自分と同じ境遇だと思っていたドンフンは
ずっと知らずに今までいたとわかりショックだったのよね。

そんなドンフンに
「子供の頃、両親が毎日のようにケンカしてて、
漫画ばかり描いてた。金持ちだったから留学にも行かされたけどイヤで逃げた。
そして父さんが亡くなって、兄さんたちに遺産放棄の書類を書かされたんだ。
その時に改名した。だからもう1人なんだ」とジンラク。
それでも聞かないドンフンに
「今、ここを出て行ったら、もう戻って来れないんだぞ。出て行ったら俺とは終わりだぞ。
俺が兄さんたちにされたことをお前にはしたくないんだ」と言うジンラクは
ドンフンがうらやましいと涙ながらに話したわ。
ジンラクの話を聞いたドンフンは出て行くのをやめてた。

その頃、ドンミはエンリケと動物園に来ていたわ。
いろいろな動物を見てはしゃぐエンリケは
突然スペインに行ったいきさつを話し始めるの。

あるおばあさんが急にエンリケ母に
「この国から出て行け!敵め!」と言ったらしい。
そこで母とエンリケはスペインへ。

スペインへ来た理由を話さなかった母は
「おばあさんが言ってたことはね・・・ちょっとおかしいおばあさんなのよ」
とだけ言い、エンリケもそれ以上は聞かなかったらしい。

スペインではエンリケはどこに行っても孤独だったのかな。
「ドンミさんは高校のときからそんな思いをしてきたんだろうけど、
俺は10才のときからそんな思いをしてきたんだ」とエンリケ。

「その話をするためにここに来たのね」と言うドンミに
「そうだ。こんな話をするのは実は初めてなんだ」とエンリケ。
するとドンミは
「私は子供の頃からみんなが自分のことを嫌いだと思ってた」と言うの。
「俺がどうしてドンミさんを好きか知ってる?」と言うエンリケは
ドンミと海に行った時に「海っていいな」と思ったのね。
目で見るものを感じることが出来たらしい。

そして動物園を出たドンミは
「これから出版社に出勤してみようと思う」と言ったのかな。
これを聞いたエンリケはドンミを抱きしめ
「良く決心したね」と褒めてた。

その後、二人は服を買いに行くの。
あれこれ着てみるけど、ペアルックを探しているとき、
エンリケの携帯にメールが。
ドンミが見てみると、たくさんメールが着ていたのよね。
知らんふりをしようと思ったドンミだけど、
そうできないと思ったらしい。

ドンミはエンリケに
「エンリケさんのおかげで世界が変わったの。だから私の心配をせずにスペインに帰って。
ここには何もないじゃない」と言うの。
「ドンミさんがいるじゃないか。どうしたんだよ、急に」
「私も知らんふりをしたかったわ。でも出来ないわ。
私はエンリケさんの夢を知ってるのよ。その夢を手放させて私が笑っていられると思う?」
「嘘だ。ドンミさんの嘘はもう聞きたくないよ」
「嘘をついてるのはエンリケさんでしょう?やりたいんじゃない」
「一度だけ、何も考えずに自分の気持ちに素直になれないか。
行くなと、ここで夢を探そうと言ってくれることは出来ないのか。
この前は胸が痛かったと言ったじゃないか。
今度はそんなことがないって言えるのか?」と言い、
ドンミを抱きしめたエンリケは
「一緒にスペインに行こう」と言い・・・

えぇぇ!
そんなことしたらジンラクはどうなるのさ?
っていうかスペインにドンミとエンリケが行っちゃったら
話は終わっちゃうだろう!!
ドンミは至って冷静なので、着いていかないと思うけどね。

それにしても、キャスティングいいのに、
どうしてこんなに盛り上がらんのだろうか(´・ω・`)




にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ   人気ブログランキングへ   
※ランキングに参加しています。1日1回のクリックが反映されます!
 ランキングバナークリックはとても励みになっていますので
 それぞれに応援の1クリックしていただけると嬉しいです♪

◆ブログランキング◆

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

人気ブログランキングへ

1日に1回、毎日クリックしていただくとランキングに反映されますので、お帰りの際にそれぞれに応援の1クリックして頂けると嬉しいです♪

※アクションはクリックだけで結構です。立ち上がったウィンドウで何かをしないといけないこともありませんので、そのまま閉じてくださいね。

 

苺

Author:苺

このブログはコメント欄を閉じていますので
メッセージがある方は、メールフォームか
管理人へメッセージの記事のコメント欄を
お使いください。
記事の応援、更新の応援などはブログランキングのバナーをクリックしていただけると、
ものすごく嬉しいです♪ 
よろしくお願いいたします!

最新記事

Twitter

Twitter

検索

 




カテゴリ

全記事表示リンク

このブログについて

記事内のマーク説明
 →ドラマ表紙へ

レビューは完全にネタバレしています。
みなさんの好きなドラマや俳優さんの ことを悪く言ってしまうこともありますが、
個人的な感想ですのでご了承ください。

なお、字幕なし視聴はハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますが
ご理解ください。

リンクはフリーですが、
お声をかけていただくと嬉しいです。
管理人へのメッセージは下にあります
メールフォームからお願いします。

また宣伝目的のコメントや
管理人が不愉快・不適切と判断した
コメントは削除させていただくことがありますのでご了承ください。

※当ブログにて使用させて頂いております画像等の著作権・肖像権は全て出所元に帰属しています。画像コピー、転載は、ご遠慮下さい。
サイト内の文章(特にレビューの文章)の無断転載もお断りします。

MAIL

管理人へのメールはコチラから♪
返信が必要な方は必ずメールアドレスを明記してくださいね♪
管理人の判断で返信しない場合もあります。
ご了承ください。

宣伝目的のメールはご遠慮ください。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

<>+-

カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

Admin

アクセスランキング

2014/10/01~

 

 

 

ブログランキング ドット ネット

08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Copyright © 気ままに苺日和 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM)  …   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。