--.--.--*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.02.24*Sun*

せがれたち (39話)


ドラマ情報&他の話数のレビューはコチラ → せがれたち

【あらすじ】
イノクは自分の周りをウロウロするテジュが不便だが、
ヒョンギとテジュが度々会うようになって
ガンヒとも会うことになりながら心が情けなくなる。
この渦中にイノクとジョンスクの同居の葛藤は深刻化していって、
ウォンテとヒョンギはこれら二人を和解させるための作戦を組む。
ガンヒはボンナムにミンギと近づくために変身を提案して、
変わったボンナムの姿にミンギは胸がドキドキする。
スンギはミリムが復縁するのを考えてみるという許諾を受けてひたすら浮き立つが、
ミリムは病院検査結果で異常を発見して心が情けなくなる。


このドラマは字幕なし視聴です。
ハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますがご理解ください。


← 38話      39話   7     40話 →


テジュと挨拶するミンギから
ガンヒの前夫がテジュだと聞かされたヒョンギはビックリ。
「イノクさんの大学の同期でもあるんだ」
と言うと「テジュさんは音大のピアノの専攻だ」とミンギ。
この話を聞いたヒョンギは
この前、イノクとテジュが一緒に居るとき
「ピアノレッスンの相談をしにきた」と言っていたことを思い出すの。

と、そこへイノクが到着。
テジュが同じ店にいることに驚きつつ、
ヒョンギの隣に座ったイノクは
テジュのことを聞かれ、上手く答えられないわ。

そしてテジュとヒョンギはトイレでバッタリ会い、
「この前は嘘をついてすみませんでした。
実は大学時代、僕がイノクさんに片思いしてたんです」
とテジュは説明。
これでヒョンギは少しは納得したかな。

その後、ガンヒがやってきて
テジュとイノクが大学の同期だとミンギから聞かされるの。
でもガンヒはテジュがイノクの名前を覚えていなかったことから
「そんなに仲良くなかったようですね」と。

その頃、ウォンテはボンナムにもらったパックでパック中。
ジョンスクはボンナムがヒョンギの周りをうろついているのが気に入らなさそう。

一方、スンギはボラムの面倒を見るためにミリムの家へ。
ボラムの面倒をよく見てくれるスンギが嬉しいミリムは
「明日、幼稚園で懇談があるから一緒にいく?」と聞き、
「時間に遅れないで来て」と言うのね。
「今日は、ここに寝て行っちゃダメかな?」とスンギは聞いてみるけど
「さっきの聞いてたの?時間に遅れないで来てって言ったのよ」とミリム。

その頃、家に帰ったヒョンギは、
「大学時代に片思いしていた相手に、10年ぶりに会うのに
ピアノのレッスンの相談なんて嘘をついて会う必要があるんだろうか、
もしかしてテジュさかがイノクさかにまだ思いを寄せているのでは?」と思うのね。

部屋に戻るとイノクは
「ピアノレッスンの相談と嘘をついてごめんなさい」とヒョンギに謝るの。
「もしかしてテジュさんはまだイノクさんのことが好きなんじゃない?」
と言うヒョンギに「そんなことないわ」とイノクは否定してた。

一方、ガンヒの家で飲みなおすことにしたガンヒとミンギ。
ガンヒは「テジュさんには忘れられない人がいたの。
イノクさんと仲がよかったら誰か聞けたのに」と言うんだけど
テジュがイノクの名前を知らなかったことが変だと言ってた。

翌日、ウォンテはビョングクとモデルのオーディションを受けるために家を出るの。
オーディション後、ドクスンの店に行った二人。
するとそこへチョン女史がやってくるの。
ビョングクはチョン女史がもうすぐアメリカに行くと知り、ちょっと寂しそう。

一方、DNA鑑定の結果が届いたテジュは
中を見てダビンが自分の子だと知ったわ。
この事実に泣き出してしまうテジュ。

その頃、イノクは新しいタッパが届いたので、
冷蔵庫のお掃除を。
そのあと、ピアノレッスンがあるので、
この日の子供たちのお迎えはジョンスクが行くことに。

ジョンスクが家に帰ってくると、冷蔵庫がきれいに片付けられていてビックリ。
だけど前まで使ってたタッパを片隅にまとめられていて、ちょっと不満そうだわ。

一方、スンギとミリムは幼稚園の面談に行き、
ボラムが褒められたので二人はニコニコ。
その帰り道、スンギは3人家族でペアルックを着ている家族を見て
「俺たちもあんなふうにしよう」と提案。
でも「ボラムと二人でしなさい」と突き放すミリム。

その頃、テジュはダビンが気になり、学校に行ってみるの。
もちろんそこにダビンはおらず。
と、そのときヒョンギから電話があるの。
ヒョンギは友達が弁護士を探しているので、
ヒョンギがテジュに頼んだらしい。

最初は電話ですまそうと思ったテジュだけど
「会えませんか」と聞き、ヒョンギの歯科へ。
そしてテジュはヒョンギにダビンのことをいろいろと聞くの。
「どうしてダビンのことを?」と不思議がるヒョンギに
「実はダビンの父親は僕の同期なんです」と説明。

と、そこへビョングクとソンヒがやってくるの。
テジュは二人に「ヒョンスの友達です」と挨拶し、
ビョングクは久々にヒョンスの話を聞いて嬉しそう。

一方、ジョンスクはイノクに
「どうして勝手なことばかりするのか。そんなに私に聞くのが難しいことなの?」
とタッパを捨てようとしたり、冷蔵庫の中身を勝手に整理したりしたことに怒るの。
冷凍のホットクを子供たちに食べさせようと思っていたジョンスクは
「ホットクはどこに置いたの」と聞くの。
するとイノクは「捨てました」と。
イノクは子供たちにインスタントのものは食べさせたくないらしい。
この言葉にジョンスクは怒りが収まらず
「それなら義母も変えたほうがいいわね。あなたの思い通りにしてくれる義母にね!」
と言い、部屋に戻って行ったわ。
そして部屋に戻るとウォンテに愚痴を。

その頃、ボンナムはガンヒに
「私は女に見えませんか」と聞いてた。
ガンヒがアドバイスしたことをしても、ミンギの心が動かないのなら
ボンナムにも問題があるとガンヒ。
そして化粧や髪型を変えてあげ、ガンヒの持ってる服を貸してあげて、
女っぽく大変身。

一方、イノクとジョンスクの間で板ばさみになるヒョンギはウォンテに
「どうしたらいいんだろう。助けてよ」と言うのね。
ウォンテも昔、同じ経験があるので、
「俺にいい考えがある」とウォンテ。
その後、ヒョンギはスンギとミンギを呼び出したわ。

ミンギが執筆部屋から出てくると、ちょうどガンヒの部屋からボンナムが出てくるの。
いつもと違い、女性らしい格好のボンナムに驚くミンギが
「こんな時間からどこに行くんだ。男に会いに行くのか」と聞くと
「どうしてわかったんですか?」と言い、ボンナムは立ち去るのね。
ミンギは「また変な奴に捕まってないだろうか」と心配しながらも
「何で俺がアイツの心配をしないといけないんだ」と思い直して、
ヒョンギに言われた待ち合わせ場所へ。

ウォンテはジョンスクを連れて、カラオケへ。
そこにはヒョンギ家族とミンギが来てた。
イノクがさっきは申し訳ないという気持ちを込めて花束を渡し、
ジョンスクは少し気分がよくなったみたいね。
と、そこへボラムを連れてスンギがやってきた!

このシーン。
子供たちに目がいっていた私。
スンギがボラムを降ろしたら、ボラムはすぐにダビンのところに駆け寄ってた。
「ヒョ~ン」って感じで(笑)
そしたらダビンは「ヨシヨシ」みたいに肩を叩いてて、さすが兄弟だなと思いました♪


みんなが集まり、ジョンスクが歌っているとき、
ボンナムがやってきて、
歌ってる最中のジョンスクに花束を。
歌っているので怒ることも出来ないジョンスクは花束を受け取ってた( ´艸`)ププッ

その後、ジュースを買いに行ったイノクと
トイレに行ったジョンスクは部屋に戻るときに会ったので
ちょっと話をしていくの。
「さっきはすみませんでした。私の考えが至りませんでした。
今まで1人でしてきたので、ついつい1人で考える癖がついているみたいです。
これから気をつけます」とイノク。
これを聞いたジョンスクは
「憎くて言ってるわけじゃないのよ」と言い、
二人は仲直り。

そして部屋に戻ると、スンギとミンギが江南スタイルを
ジョンスクとイノクが無条件を歌ってました~

このカラオケのシーン、みんなすっごい楽しそうでよかったわ♪

カラオケが終わり、家に帰ってきたヒョンギは
ダビンとアラムの宿題の絵日記を見るの。
まずはダビンから。
今日の絵日記はカラオケで、
昨日の日記には学校の前でテジュに会ったときのことを書いてたのね。
「日記のおじさんって誰?」と聞くヒョンギに
「結婚式のとき、トイレで石鹸を取ってくれた人」とダビン。
テジュだとわかったヒョンギにアラムは
「ダビンママの友達と言ってたけど、ダビンママは違うって怒っちゃったの」と説明。

そこで部屋に戻ったヒョンギはイノクに
「テジュさんと昔付き合ってたんじゃないのか?」と。
思わず固まるイノクに
「昔のことなんだし、誰かと付き合ってたなんて当たり前のことなんだから」
とヒョンギは気にしていない様子。
「どうしてわかったの?」と聞くイノクに
「もしかしてよくない別れ方をしたの?」とヒョンギ。

翌日、モデルのオーディションの発表があり、
ウォンテが落ちて、ビョングクが合格したらしい。
これが納得できないウォンテは
不動産屋の社員に
「俺のほうがかっこいいよな??」と何度も聞いてた^^;;

一方、病院に行ったミリムは腫瘍があると言われるの。
悪性かどうかわからないので、見てみないとわからないと言われ、
検査することに。

その頃、ヒョンギは子供たちを迎えに行き、歯科に連れて行っていたの。
実はその様子をテジュが見ていて、ヒョンギの歯科まで着いてきてた。

一方、イノクは子供たちを迎えに歯科にやってくるの。
ビルの前でテジュにあったイノクはビックリ。
「話をしよう」というテジュに
「話をすることはない」と突き放すイノク。
と、そこへガンヒが帰ってくるの。
二人の様子がちょっとおかしいと思いつつ、声をかけるガンヒ。
「イノクさんとは偶然に会って、お茶でもどうかと言ってた」というテジュにイノクは
「ガンヒさんも一緒にどう?」とガンヒを誘ったわ。
ガンヒは「家に一旦帰って、シャワーを浴びてくるから30分後ぐらいに行く」と家に帰っていくの。

そしてテジュとイノクは先に喫茶店へ。
「この前、話しかけたのはダビンのことか」
「なんのこと?」
「ダビンのパパは誰だ?」
「ダビンパパはヒョンスさんだって知らないの?」
「ヒョンスなのか?俺なのか」
「おかしくなったの?どうしてそんなありもしないことが言えるの?
ダビンのパパはヒョンスさんよ。
テジュさんの知らないときに結婚し、生まれたの。ヒョンスさんの息子よ」
「そうだ。結婚して生まれた。でも妊娠は結婚前だ」
とテジュは言い、この言葉に怒るイノクが席を立とうとすると
「ダビンは俺の息子だ。DNA鑑定をしたんだ。99.99%親子だと」
と言うテジュにイノクは思わず水をかけるの。
その様子をガンヒが見ていて・・・

なかなか面白くなってきました~
ってようやくって気もするけど^^;;




にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ   人気ブログランキングへ   
※ランキングに参加しています。1日1回のクリックが反映されます!
 ランキングバナークリックはとても励みになっていますので
 それぞれに応援の1クリックしていただけると嬉しいです♪

◆ブログランキング◆

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

人気ブログランキングへ

1日に1回、毎日クリックしていただくとランキングに反映されますので、お帰りの際にそれぞれに応援の1クリックして頂けると嬉しいです♪

※アクションはクリックだけで結構です。立ち上がったウィンドウで何かをしないといけないこともありませんので、そのまま閉じてくださいね。

 

苺

Author:苺

このブログはコメント欄を閉じていますので
メッセージがある方は、メールフォームか
管理人へメッセージの記事のコメント欄を
お使いください。
記事の応援、更新の応援などはブログランキングのバナーをクリックしていただけると、
ものすごく嬉しいです♪ 
よろしくお願いいたします!

最新記事

Twitter

Twitter

検索

 




カテゴリ

全記事表示リンク

このブログについて

記事内のマーク説明
 →ドラマ表紙へ

レビューは完全にネタバレしています。
みなさんの好きなドラマや俳優さんの ことを悪く言ってしまうこともありますが、
個人的な感想ですのでご了承ください。

なお、字幕なし視聴はハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますが
ご理解ください。

リンクはフリーですが、
お声をかけていただくと嬉しいです。
管理人へのメッセージは下にあります
メールフォームからお願いします。

また宣伝目的のコメントや
管理人が不愉快・不適切と判断した
コメントは削除させていただくことがありますのでご了承ください。

※当ブログにて使用させて頂いております画像等の著作権・肖像権は全て出所元に帰属しています。画像コピー、転載は、ご遠慮下さい。
サイト内の文章(特にレビューの文章)の無断転載もお断りします。

MAIL

管理人へのメールはコチラから♪
返信が必要な方は必ずメールアドレスを明記してくださいね♪
管理人の判断で返信しない場合もあります。
ご了承ください。

宣伝目的のメールはご遠慮ください。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

<>+-

カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

Admin

アクセスランキング

2014/10/01~

 

 

 

ブログランキング ドット ネット

10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Copyright © 気ままに苺日和 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM)  …   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。