--.--.--*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.03.01*Fri*

隣のイケメン (16話)


ドラマ情報&他の話数のレビューはコチラ → 隣のイケメン


このドラマは字幕なし視聴です。
ハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますがご理解ください。


← 15話      16話   5     評価


2014年、年明け。
ドンミは出版社で仕事をしているらしい。
仕事が終わって外に出ると、ジンラクが。
「1年・・・1年記念は何をしたらいいかな」
とジンラクが聞くと
「もう1年になるのね」とドンミ。

1年前、ストーカーの前で
「アニメーションをする。スペインに戻る」
と言ったエンリケは
「それは今すぐにではない。今、この瞬間、俺にとって大事なことが何か知ってるんだ。
俺の目の前にいる人との愛が重要なんだ。離したくない」と言うの。
「ウェブチューン作家と二股をかけてる人のために仕事を捨てるの?」
「お前は5才の子供か?人の言葉をちゃんと聞いてるのか」とストーカーに怒るエンリケは
ドンミを連れて出たわ。

そしてバスを待っているとき、ドンミは
「旅行に行きたい」と。
この旅行はドンミが行きたいというところに行くらしい。

一方、ジンラクとドンフンは担当者のところに行っていたの。
ジンラクには厳しい担当者もドンフンには優しいのよね。
これからの方針を話している時も、
ドンフンを見つめる担当者に気づいたジンラクは
「自分のように告白も出来ずにいる人に勇気を与えたい」と提案。
すると担当者は「わかったわ。それなら最初の恋の話を聞こうかな」と。
ジンラクは一つ目の恋の話をし始めるんだけど、
それは担当者とドンフンのことなのね。
ジンラクの話を聞いた二人は「これって愛なのかな」と顔を見合わせる二人。
そんな二人をジンラクは笑顔で見てた。

その頃、ドンミとエンリケは寺にやってくるのね。
そしてエンリケはドンミから「愛している」と聞きたいので
「ごめん、ありがとう、愛してるで文を作ってくれ」と言うの。
でも愛してるとはいわず「エンリケさんのおかげで自分を愛せたわ」と言うドンミに
エンリケは残念そう。
今度はエンリケの番で
「早くに見つけてあげられずにごめん。愛してくれてありがとう。愛してる」
と言い、ドンミのおでこにキスを。

一方、家に向かっていたジンラクはドフィとバッタリ会うの。
珍しく1人でいるドフィに
「今日は1人なんですね」と声をかけるジンラク。
そして「一緒にいる人たちは高校時代からの友達なんでしょう?
いい人なんだね。今度は友情を手放さないようにね」と言い、立ち去ったわ。

ドフィのあの服は何?
胸のところについてるバッチかな?
あれにずっと目がいってしまった^^;;


その頃、ペンションの外で、焚き火をしながら
歌を歌い、自分の気持ちを伝えるエンリケ。
ドンミはエンリケの写真と「その女の世界」という文字を合わせて見せたわ。
「私が外の世界を見れたのはエンリケさんのおかげ。あなたは私の世界よ。
これが私の告白よ。さっきの文章をもう一度作るわね。
今頃、告白してごめんね。私を世間に出してくれてありがとう。愛してる」とドンミ。
この言葉にエンリケは泣いてた。
そして今は二人だけのことを考えようと提案。
その後、ペンションに戻り、二人は楽しく過ごしたわ。

1年後。
出版社から出てきたドンミと、担当者に会うためにやってきたジンラクはバッタリ会うの。
「1年・・・守衛さんとジョンイムさんが1年になるんですけど、記念日にはどうしたらいいかな」
「もう1年になるのね」というドンミに
「そうだ。エンリケは 本当にスペインに帰ったのか?毎日毎日メールしてきて」とジンラク。
「どんなメールをしてるの?」
「ドンミさんのことばかりですけどね」とジンラクは言い、
二人は帰宅の途に。

いやいや!ジンラクさん!!
担当者に会いにきたんちゃいますのん!
ドンミと話してたら、忘れたんかい?


マンションに戻ったジンラクとドンミはワタナベの部屋へ。
ドンミはワタナベとケーキを作り、
守衛さんとジョンイムのお祝いをするためにドンフンやウェブチューン担当者までやってきた!
するとワタナベは「アフリカに行く」と言い、みんなを驚かせたわ。

1年経ってるはずなのに、ハングルが上達していなかった渡辺くん。。。
頑張れ!


パーティが終わったドンミが家に帰ると
エンリケから手紙が着ていてドンミは嬉しそう。
「もうちょっと待ってて」と毎回書いてくるエンリケに
「もうちょっと、もうちょっとって言ってるけど、
これだけ待たせるなら、しばらくの間待っててくれと言えばいいじゃない!!」とドンミは思い、
出版社に電話して3日間休みをくれといったのかな。

そして窓の近くに行ったとき、向かいのマンションの人と目が会うの。
ん?と思うドンミはもう一度見てみると、もうその人はいなかったわ。
そこで、いったん隠れて、カーテン越しに向かいのマンションを見てみると・・・
そこにいたのはエンリケ!!

すぐにエンリケに会いに行こうとマンションを出たドンミは
マンションの前でエンリケに会い、二人はキスを。

まわっとる、まわっとる~
カメラまわっとる!


その頃、ジンラクはアシスタントを募集していて、
やってきた人は「家で仕事をしちゃいけませんか」と言うの。
昔のドンミみたいだと思ったジンラクは
「もしかして家から一歩も出たくない人なんじゃないのか?」と聞くの。
「どうしてわかったんですか?」とその人。

一方、ドフィはクラブで飲んでいて、バーテンダーが気に入ったらしく、
アタック作戦に。

その頃、守衛さんとジョンイムは守衛室で仲良くご飯を食べていたし、
ワタナベはアフリカに発つために荷物をまとめてた。
そして担当者とドンフンはペアルックを着て、ゲームに夢中。

一方、ドンミは「その女の世界」を執筆。

「1人で世界を変えることは出来ない。
だけど人を世界に送りだしてあげることはできる。
全ての人がそうやって人のために、いい世界にしようとすると、
1人が10人に、そして100人になり、いい世界が出来る。
エンリケの世界はドンミ。ドンミの世界はエンリケ」・・・The END

最終話はドンミが世間に出てこれたので、
ストーリー展開もよかったと思います。
ずっとドンミが暗かったのでね。
もっとエンリケがドンミを無理矢理にでも引っ張りだしてくれて
ドタバタするストーリーなら楽しめたのではないかな~
と思わなくはない。

そして私の「ドンミとジンラクをカップルに」
との密かな願いは叶わず。
最終話冒頭のシーンで、おおっ!と思ったのはたぶん私だけでしょうな^^;;
途中の1年後のときに、冒頭シーンの詳細がわかったときは
ガッカリしたわ。

1年後でかっこよかったのはジンラク役のジフンさんだな♪
シユンくんは真っ黒でストレートで、一瞬、
髪が長くなったキムタックか?と思っちゃいました。
あと・・・ワタナベ役の水田くん。
日本じゃ、あんなメイクしないと思うので、
なんか日本人っぽくないなと思いました。

最後はドンミとエンリケ、そして他の人も笑顔で終わって
ハッピーエンドだったので、それだけでもよかったかな。





 評価 

 オススメ度と感想 
※総合オススメ度以外の評価の数字は、
見終わった時の管理人の感想を数字にしたものなので、メモ程度にお考えください。


ストーリー展開度★★★★★☆☆☆☆☆ 5
キャストマッチ度★★★★★★★☆☆☆ 7
最終話納得度★★★★★☆☆☆☆☆ 5
胸キュン度★★★★★★☆☆☆☆ 6
笑える度★★★★★☆☆☆☆☆ 5
泣ける度★☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 1
せつなさ度★★★★★★☆☆☆☆ 6
意外性度★☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 1


総合オススメ度 ★★★★★☆☆☆☆☆ 5




【ストーリー感想】
最初はドタバタとコミカルな感じの展開だったのに、
いつまでたってもドンミが暗いままで、
ストーリー自体もしんみりな感じに。

エンリケがドンミを巻き込んで、
ドタバタするストーリーだともっと楽しめたのになぁ。

最終話はドンミが外に出たお話しだったので
とっても見やすかった。



【キャスト感想】

ドンミ役・・・パク・シネ
いつも下を向いて、あまり笑顔もなかったドンミ。
もう少しエンリケに振り回されて笑顔になってほしかったな。

エンリケ役・・・ユン・シユン
何気にいろいろなことをしてましたよね。
パンダのぬいぐるみ着て踊ったり(笑)
シユンくん頑張ってるなぁ。
明るくて元気だったエンリケがドンミのことで悩み初めて
元気じゃなくなったとたん、ストーリーも暗くなっちゃったのが残念。

ジンラク役・・・キム・ジフン
このドラマのジフンさん、カッコよすぎるよ~
ダサダサな格好してたかと思ったら、
スーツ着たりして、そのギャップがたまらん。
元祖イケメンに納得しちゃった。



にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ   人気ブログランキングへ   
※ランキングに参加しています。1日1回のクリックが反映されます!
 ランキングバナークリックはとても励みになっていますので
 それぞれに応援の1クリックしていただけると嬉しいです♪

◆ブログランキング◆

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

人気ブログランキングへ

1日に1回、毎日クリックしていただくとランキングに反映されますので、お帰りの際にそれぞれに応援の1クリックして頂けると嬉しいです♪

※アクションはクリックだけで結構です。立ち上がったウィンドウで何かをしないといけないこともありませんので、そのまま閉じてくださいね。

 

苺

Author:苺

このブログはコメント欄を閉じていますので
メッセージがある方は、メールフォームか
管理人へメッセージの記事のコメント欄を
お使いください。
記事の応援、更新の応援などはブログランキングのバナーをクリックしていただけると、
ものすごく嬉しいです♪ 
よろしくお願いいたします!

最新記事

Twitter

Twitter

検索

 




カテゴリ

全記事表示リンク

このブログについて

記事内のマーク説明
 →ドラマ表紙へ

レビューは完全にネタバレしています。
みなさんの好きなドラマや俳優さんの ことを悪く言ってしまうこともありますが、
個人的な感想ですのでご了承ください。

なお、字幕なし視聴はハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますが
ご理解ください。

リンクはフリーですが、
お声をかけていただくと嬉しいです。
管理人へのメッセージは下にあります
メールフォームからお願いします。

また宣伝目的のコメントや
管理人が不愉快・不適切と判断した
コメントは削除させていただくことがありますのでご了承ください。

※当ブログにて使用させて頂いております画像等の著作権・肖像権は全て出所元に帰属しています。画像コピー、転載は、ご遠慮下さい。
サイト内の文章(特にレビューの文章)の無断転載もお断りします。

MAIL

管理人へのメールはコチラから♪
返信が必要な方は必ずメールアドレスを明記してくださいね♪
管理人の判断で返信しない場合もあります。
ご了承ください。

宣伝目的のメールはご遠慮ください。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

<>+-

カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

Admin

アクセスランキング

2014/10/01~

 

 

 

ブログランキング ドット ネット

10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Copyright © 気ままに苺日和 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM)  …   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。