--.--.--*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.04.02*Tue*

その冬、風が吹く (3話)


ドラマ情報&他の話数のレビューはコチラ → その冬、風が吹く

【あらすじ】
ヨンはオ・スが1年前、手紙を読んだ男というのに感づいて本当に兄なのか確認しようとする。
オ・スはヨンが持ってこいとの思い出の物を探すために死んだヨン兄の物を探してみるけれど...


このドラマは字幕なし視聴です。
ハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますがご理解ください。


← 2話      3話   6     4話 →


通過する電車に近づこうとしたヨンを助けたオ・スは
このときからヨンを知りたいと思うように。

一方、ワン秘書はヨンがミラと一緒にいると思っていたのに
オ・スと一緒にいると知り、ミラに怒ったわ。
これを聞いていたミラのバイト先のカフェ主人ジュンテの妻ジョンヒョンは
ワン秘書に文句を。
でもジュンテはカフェを開店するときにワン秘書からお金を出してもらったらしく、
これを知ったジョンヒョンはビックリ。

その頃、ヨンは
「どうして押さなかったのか」とオ・スに聞いていたの。
「死にたくても生きないといけないんだ」
と言うオ・スに
「まるで自分も以前そう思ったことがあるみたいね。
それはいつなの?」とヨン。
オ・スはヒジュが死んだときを思い出しながら、
「今だ。世界で1人しかいない妹が、20数年ぶりにあったと思ったら死にたいと言ってる。
この瞬間だ。この前お前は言ったよな。
別れたときは目が見えていたのに、20数年ぶりにあったら見えなくなってたらどう感じるのかと。
すまない。俺がいたとしてもお前の目は見えなくなってただろうけど、ごめん。
会いに来るのが遅くて」と言うの。
このオ・スの言葉に涙するヨン。

その後、家に帰り、夕飯の時間に。
明らかに機嫌の悪いワン秘書に
「今日は夕飯はいらない」とヨンは言うけど、
ワン秘書は「食べないさい」と。
そんなワン秘書に
「いらないと言ってるのに」とオ・スが口を挟むと
「客なら客らしくしてください。私はヨンの法定代理人です。
これからはヨンのことを勝手に連れまわさないで」とワン秘書。
この話を聞いたヨンはチャン弁護士に電話をして
「法定代理人を変える事は可能ですか?」と聞くの。
「ヨンが望むなら」とチャン弁護士。
「そうなんですね。私が望むならいつでもってことですね。
また連絡します」と電話を切るヨン。
電話を聞いていたワン秘書は「あなたのためを思って」と言うけど
「私のためだと言うなら、黙ってて」と言い、ヨンは立ち去ったわ。

その日の夜。
オ・スは「眠れない」とヨンの部屋へ。
ヨンの部屋に金庫があるのでは?と思ったみたいだけど、
オ・スがそっと手にした写真立ての存在ですら、ヨンは気づき、
あまり探し回れないのね。

そしてヨンが読んでた本を手にしたオ・スが話をしていると、
ヨンは「1年前に会ったあの人なの?」と。
返答できないオ・スに
「最初からどこかで聞いたことがある声だと思ってたのよ」というのね。
あくまでもヨン兄を演じようとするオ・スだけど、
「ミョンホさんは疑ってるわ。昔、別れるときに約束したものを持ってきてよ。
まさか忘れたんじゃないわよね?」とヨンに言われちゃった。
それを持ってきてくれたら信じてあげるといわれたオ・スはピンチ!

翌朝、ジンソンとオ・スはミョンホがオ・スとヨンのDNA鑑定をしようとしていることに気づくの。
そこでオ・スはヒソンとジンソンに、
ヨン兄の荷物からDNA鑑定出来そうなものを探してほしいとお願いを。
だけど、ちょうど屋根部屋は荷物を片付けて捨てられているところで、
ゴミ収集車を追いかけるジンソン。
ヒソンが車の前に寝転がり、行く手を阻み、荷物を得ることが出来たの。
その中からヨン兄の荷物が出てきて、歯ブラシやカミソリを見つけたわ。

それを持って帰ったジンソン。
夜中に帰ったのに、ちょうどヨンが階段を下りてくるところで
慌ててジンソンは隠れたわ。
するとヨンは電気をつけて外に出たの。
これを見たジンソンは驚いて、オ・スのところへ行き、
「ヨンは目が見えてるんじゃないのか?」と。

でもそれならショッピングセンターでオ・スが見たヨンの姿はおかしいということで、
オ・スたちはヨンが見えているのか見えていないのかが気になり始めるの。

翌朝、ヨンはミラとともにジョギングに。
それにオ・スも少し離れたところから同行。
すると途中でムチョルが待ってたわ。
「どうして殺さなかったんだ」と聞くムチョルに
「事故として警察が動けば俺が捕まる」とオ・ス。

その頃、オ・スがジョギングに出たことを確認したワン秘書は
オ・スの部屋を物色。
ワン秘書は以前のヨン兄からの手紙と、オ・スの文字を見比べたりしてた。
と、そこへオ・スが帰宅。
部屋にいたのを上手くごまかして出たワン秘書だけど、
オ・スは隠しカメラで映像を撮っていたので、
ワン秘書が何をしてたか、映像を見てわかったわ。

一方、食事中のヨンに
「本当に何も見えないのか?
視覚障害者と言っても、少しくらい見える人もいるじゃないか」と聞くジンソン。
するとワン秘書は
「ヨンは全盲よ」と言うの。
だけどヨンにはうっすら光は見えているのよね。

と、そこへオ・スがやってきて、
ワン秘書が自分がいない間に、部屋を物色したことを指摘。

そこでワン秘書とオ・スは外に出て、話をするの。
ワン秘書はヨンには友達も多いけど、
それはお金持ちだからという理由で近づいている人もたくさんいると考え、
ヨンを守ろうと思っているらしい。
そんなワン秘書の話を聞いていたオ・スは、
何もかもワン秘書が守りすぎていることを指摘してたのかなぁ。
ちょっと違うかも。

一方、ヨンはチャン弁護士を呼び
「遺言状を書く」と言っていたの。
ヨンは自分に何かあったらオ・スに全財産を渡そうと思ったみたいだけど、
そこへワン秘書がやってきて「それは出来ない」と言うの。
実はヨンが遺産相続するには、
ワン秘書が法定代理人でないといけないとヨン父が決めていたんだって。
そして「私はヨンのことを娘だと思ってきたのに、ヨンは違うのね」とワン秘書。
「ワン秘書の言葉を聞いたら、私が悪いみたい。
家庭を壊した人をどこまで受け入れないといけないの?わかってるわ。
ワン秘書は能力があるけど、私はあなたの言われるがままにしか出来ない無能だということも。
そして私がこんな無能な人間になったのはワン秘書のせいだと言うこともわかってる。
私の目が見えなくなったのもどうすることも出来なかったって?そんなこと信じられない」
と言い、部屋を立ち去ろうとするヨン。
ドアを開けると、そこにオ・スが立ってた。

その後、ワン秘書はチャン秘書に
「ヨンが見えなくなったとき、ワン秘書ではなくおばさんと呼んだときに始まったのよ。
あのとき、私は保母ではなく母だった。お願いよ。ヨンに遺言状を書かせないで。
オ・スさんがヨンの財産ではなくヨンのためにここに来たことがわかったら、
私が出て行くからその時まで」とお願いしてた。

ワン秘書はずっと財産狙ってるのかと思ってたけど、
そうじゃないみたい。
なんだ・・・結構いい人なんだね^^;;


一方、ヨンはオ・スに
「遺言状を書く。財産の受け取りはオ・スさんで。
その代わり条件があるわ。私を殺すのはあなたよ」と言うの。
これを聞いたオ・スは「いいだろう。書けよ」と言い、ヨンをある場所に連れて行くの。

そこは遊園地のストリートパフォーマンスをしているところ。
人が多くてぶつかってくるので恐れるヨンに
「死ぬのは怖くないのに、人が多いと怖いのか」とオ・ス。
「俺が守っててやるから、お前は音楽をよく聴け」と言い、
ヨンはその通りに。
でもやっぱり人が多いので、ぶつかられてヨンはまたオ・スの腕を掴んでた。

その後、射撃をするオ・スだけど、全然当たらないのね。
「私もしてみる」というヨン。
そこでオ・スが手伝いながらヨンが撃つと・・・当たった(笑)

そしてそのあともゲームを楽しむヨンは
目が見えないのに、目が見えている人みたいに水風船を投げ、
オ・スの顔は水浸し^^;;

一方、ミョンホはDNA鑑定してもらうために病院へ。
ヒソンはすり替えを狙い、ぶつかってすり替えに成功。
かと思ったけど、ミョンホが追いかけてきて、
「その封筒は社名が入ってるから、そっちが俺のだ」と言い、
持っていっちゃった。
その後、結果が出るまで待つミョンホ。

その頃、カフェに行ったヨンとオ・ス。
「母さんはどうして会いに来なかったんだろう」と言うヨンに
「後でとずっと思ってたんじゃないか。
だけど母さんもこんなに早く亡くなるなんて思いもしなかったんだろう」とオ・スは話してた。

その日の夜中。
またヨンがどこかに出かけることを知ったオ・スは後をつけてみるの。
ある場所にたどり着いたヨンは鍵を開け、奥の部屋へ。

その場所は施錠されているため、2時間ほどたってからヨンが出たのを見届けたオ・スは
棒で鍵を開けて中に入ったわ。

ヨンが入っていったところには部屋があり、ヨン母が撮ったビデオがたくさん置いてあるの。
子供の頃のヨンとヨン兄を見て、微笑むオ・ス。
そして次に見たのはヨン母と兄が出て行ったあと、
ヨンが泣きながら録画している8ミリビデオだったわ。

その頃、部屋に戻ったヨンはベルを忘れたことに気づき、戻ってくるの。
オ・スはヨンに気づかれないように隠れたつもりだったけど、
ベルを手にしたヨンはかすかな物音に気づいたのか、
「誰?この時間にそこにいるのは」と言い・・・

今回はちょっと物足りなかったかな。
いや、私の理解力がなさすぎたかも^^;;




にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ   人気ブログランキングへ   
※ランキングに参加しています。1日1回のクリックが反映されます!
 ランキングバナークリックはとても励みになっていますので
 それぞれに応援の1クリックしていただけると嬉しいです♪

◆ブログランキング◆

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

人気ブログランキングへ

1日に1回、毎日クリックしていただくとランキングに反映されますので、お帰りの際にそれぞれに応援の1クリックして頂けると嬉しいです♪

※アクションはクリックだけで結構です。立ち上がったウィンドウで何かをしないといけないこともありませんので、そのまま閉じてくださいね。

 

苺

Author:苺

このブログはコメント欄を閉じていますので
メッセージがある方は、メールフォームか
管理人へメッセージの記事のコメント欄を
お使いください。
記事の応援、更新の応援などはブログランキングのバナーをクリックしていただけると、
ものすごく嬉しいです♪ 
よろしくお願いいたします!

最新記事

Twitter

Twitter

検索

 




カテゴリ

全記事表示リンク

このブログについて

記事内のマーク説明
 →ドラマ表紙へ

レビューは完全にネタバレしています。
みなさんの好きなドラマや俳優さんの ことを悪く言ってしまうこともありますが、
個人的な感想ですのでご了承ください。

なお、字幕なし視聴はハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますが
ご理解ください。

リンクはフリーですが、
お声をかけていただくと嬉しいです。
管理人へのメッセージは下にあります
メールフォームからお願いします。

また宣伝目的のコメントや
管理人が不愉快・不適切と判断した
コメントは削除させていただくことがありますのでご了承ください。

※当ブログにて使用させて頂いております画像等の著作権・肖像権は全て出所元に帰属しています。画像コピー、転載は、ご遠慮下さい。
サイト内の文章(特にレビューの文章)の無断転載もお断りします。

MAIL

管理人へのメールはコチラから♪
返信が必要な方は必ずメールアドレスを明記してくださいね♪
管理人の判断で返信しない場合もあります。
ご了承ください。

宣伝目的のメールはご遠慮ください。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

<>+-

カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

Admin

アクセスランキング

2014/10/01~

 

 

 

ブログランキング ドット ネット

08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Copyright © 気ままに苺日和 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM)  …   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。