--.--.--*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.04.03*Wed*

その冬、風が吹く (4話)


ドラマ情報&他の話数のレビューはコチラ → その冬、風が吹く

【あらすじ】
オ・スは秘密の部屋の中でヨン兄とヨンの幼い時の思い出の写真を発見する。
一方、ヨンはチャン弁護士に理由不問、全財産を福祉館と兄に与える
という遺言状を書くと話すけれど...


このドラマは字幕なし視聴です。
ハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますがご理解ください。


← 3話      4話   7     5話 →


秘密の部屋にヨンが入ってきたので、
慌てて隠れたオ・ス。
ベルを手にしたヨンは気配に気づき
「この時間にそこにいるのは誰?」と。
オ・スは驚き、ヨンの方を見るけど、ヨンは見えていない様子。
そして気のせいかとヨンが歩き出したとき、オ・スが物音を立ててしまいヨンは立ちどまるの。
一瞬、緊張が走るけど、そのとき猫の鳴き声がして、
ヨンは猫だと思って部屋を出て行ったわ。

鍵をかけて外に出るヨン。
閉じ込められたオ・スはジンソンに電話するけど、
その頃、ジンソンは警察にいたの。

ジンソン父は若い男性二人に絡まれたみたいだけど、
その男性二人はジンソン父が足が悪いのをいいことに
ジンソン父を悪者に仕立て上げたみたい。
このことに怒るジンソン。

一方、オ・スはヒソンに電話して、助けを求めたわ。
ヒソンが来るまで、ビデオを見ていたオ・スは
泣きながら「目が見えなくなったのにワン秘書は病院に連れて行ってくれない。
だけどパパには連れて行ったと嘘をついてた」と必死でビデオカメラに向かって母に訴えてた。

あらま!
ワン秘書、前回でいい人だったんだ~と思ったのに、
病院に連れて行ってなかったのか!
いい人じゃないじゃない!!


と、そこへヒソンがやってきてくれたわ。
DNA鑑定のことを心配するオ・スに
「失敗しそうになったけど、なんとかうまく摩り替えた」と話すヒソン。
そしてオ・スが自分が来るまでヨンのビデオを見ていたことに気づき
「姉さんよりキレイらしいじゃない?まさか女としてみてるんじゃないわよね」と嫉妬を。

その後、飾ってある写真の植物の写真をヒソンは持ち帰ってた。

翌朝、ヨンは洗面所ですごく辛そうにしていて、
オ・スはヨンの異変に気づいて心配するけど
「遺言状の内容を知ったから、心配するの?
私の目が見えなくなったときには心配せず、今頃になって心配するのか」とわめくヨン。
するとオ・スは
「俺とお前はあと2ヶ月残ってる。その間、風が吹けばこのベルの音が響くだろう」
と部屋を立ち去ったわ。

その頃、ヒソンは花をヨンの家に配達中。
知らなかったワン秘書はお手伝いさんに「許可なく勝手に入れるな」と怒るけど、
ヒソンはオ・スの指示だと話していたらしい。
ちょうどそこにいたオ・スはヒソンと話をあわせ、
二人は秘密の部屋がある温室に花を運ぶの。

オ・スとヒソン、ジンソンが温室で作業をしているとき、
ヨンがやってきたわ。
この温室は母が大事にしていたようで、
オ・スがこの温室を気にかけてくれたのがヨンは嬉しかったみたい。
コケそうになるヨンを助けたオ・スは「助けてと言え」と。
するとヨンはオ・スの言葉に従い「助けて」と言い、オ・スは安全なところにヨンを抱えて移動。
「作業をしている間、そこに座ってろ」
と言うオ・ス。

ちょうどヨンが座った場所のそばには、母とヨンの思い出の花が植えてあり、
このことに気づいたヨンはオ・スに「覚えていたの?」と嬉しそうに聞くの。
戸惑うオ・スにヒソンは写真を見せ、理解できたオ・スは
「忘れるわけないだろう」と言うの。
このことでヨンはオ・スのことをどんどん信用し始めたみたい。

その後、ヨンはオ・スと一緒に花を植えたり、花に水をやりながら、
みんなで水をかけあったりしてはしゃいでた。
そんな笑顔のヨンをワン秘書は遠く離れたところから見てたわ・・・

そして温室でお茶を飲むヨンたち。
ヒソンはヨンにオ・スは自分の姉と付き合ってたことを話し、
「姉は亡くなった」と言うのね。
ジンソンやオ・スはヒソンを黙らせたいんだけど、ヒソンは黙らず
ヨンに「友達になって」と言うの。
するとヨンは「いいわ」と返事を。

一方、ミョンホからDNA鑑定の結果をワン秘書に見せ、
鑑定士が「でもちょっと変なんですよね」と言ってたことを話すの。
鑑定してもらったカミソリが最近のものではなかったっていうことかな~
「もう一度、確認が必要」というミョンホは
もう一度、オ・スのものを採取しようと提案するけど、
ワン秘書は「オ・スが了承しない」と言うの。
そこで手紙の字のオ・スを探すというのはどうかと言ってたかなぁ。

その後、ワン秘書とミョンホはCF契約したモデルのソラと会うの。
話をしているとき、ソラの携帯にメールが。
そのメールはムチョルからで
「オ・スの居場所を知ってるけど、会いたくないか?」と言うものだったわ。

ワン秘書たちと話を終えたソラはムチョルに電話するけど、ムチョルは電話に出ず。

その頃、ヨンはチャン弁護士と食事中。
「私がもし亡くなったら、遺産の半分をオ・ス兄さんに渡して。
ワン秘書には私が別に用意するから」と言ってた。
まだオ・スを信じきっていないはずのヨンがどうしてオ・スにそこまでするのか、
もしかして体調が悪いのかと思うチャン弁護士。
するとヨンは「そんなことはないわ」と否定し、
「ワン秘書に告白しないのはどうして?」と聞くの。
驚くチャン弁護士に「チャン弁護士がワン秘書を好きなのは知ってるわ」と言うの。
「まさか・・・ワン秘書にそのことを話してないよな」と言うチャン弁護士にヨンは笑顔に。

一方、オ・スはミラに
「カフェで行われる同窓会にヨンが行かないと言ってて、ヨンが行かないなら私は行けない。
お兄さんからヨンに行くように言ってくれませんか?
あ、でもカフェの主人ジュンテさんとお兄さんの仲はよくなかったですよね」と言われるの。

この前会ったときは仲がよさそうな感じでジュンテが声をかけてきたから、
オ・スとジンソンは「あれ?」と思うのね。

実は秘密の部屋に貼ってあった写真で、
ジュンテがオ・スの腕の怪我を知っていることに気づいていたオ・ス。
でもヨン兄の腕の怪我は左腕だったの。
オ・スのやけどの跡は右腕で、ジンソンは
「ジュンテに会わないほうがいい」とアドバイスをするけど、
オ・スは「この町に住んでる以上、避けられないし、昔のことだから覚えていないだろう」と言うの。

もしかしてヨン兄のやけどがジュンテが関わっていたとしたら?
忘れるわけないわよねぇ。。。。


その後、温室に行ったオ・ス。
するとそこにはワン秘書がいたわ。
「ヨンの目が見えなくなったとき、母さんに連絡したのか」と聞くオ・スに
「電話したら、病院に連れて行けと言われた」とワン秘書。
「俺でもそうするね。浮気して離婚までした夫の愛人に・・・」
「あのとき私は愛人として電話したわけじゃない。ヨンを育てた保母として電話したのよ。
私は会長に時々必要とされた人間だった。
会長がヨンだけそばにおいて、お兄さんをお母さんと連れて行かせたのも
ヨンがいればお母さんが戻ってくるという計算があったから。
会長にはお母さんだけだったのよ。
だけどお母さんは私や会長の憎しみだけでヨンを捨てたの。
それ以後、私はヨンの母として生きてきたの。ヨンは私が育てたの。
あなたやヨンが認めなくても私は・・・」
「母さんじゃないでしょう。錯覚しないでください。
母さんじゃない。保母であり、法定代理人なだけだ」とオ・ス。

翌日、ヨンはオ・スを連れて、オ・スのスーツを買いに行くの。
「どんな感じ?」と聞くヨンに
「お前が俺を見たら、かっこよくて驚く」と言うオ・ス。

その後、オ・スはヨンの服を選ぶの。
そしてヘアメイクをしてもらい、服を着替えたヨン。
ものすごくキレイになったヨンにオ・スも一瞬、言葉が出ないのね。

そして向かったのは、高校の同窓会。
だけどそれを知ったヨンは途中で車から降りたわ。
学生のときに初恋の人ジョンウに目が見えないことがバレてしまい、
とてもイヤな思いをしたヨンは、高校の同窓会に行きたくなかったのよね。
そんなヨンに「いつまで1人で遊んでるんだ!俺は2ヶ月後にいなくなるんだ。
そのあとも1人で閉じこもってるつもりか」とオ・スは言い、ヨンは泣き出しちゃった。
すると「5分したら行こう」とオ・ス。

一方、ジンソンはジュンテのカフェにいたの。
ジュンテに「オ・スはまだオレのことを嫌ってるか」と聞かれたジンソンは
今だ!と思い、やけどのことを聞いてみるのね。
するとやけどを負わせた張本人がジュンテだとわかるの。
しかもちゃんとやけどをしたのは左腕だと覚えていたため、ジンソンはヤバイと思うのね。

やっぱりそうだったか。

と、そこへヨンとオ・スが到着。
ジンソンはオ・スに目で合図するけど、
オ・スはジュンテのそばに居て、ジンソンの合図がよくわからず。
そこでジンソンはオ・スに電話して
「やけどを負わせた張本人がジュンテだから、
ひとまずここを立ち去って、作戦を練ってからにしよう」と言うんだけど、
オ・スはジンソンの電話を途中で切り、わざと右腕を出して、やけどの跡が見えるようにするの。
やけどのことを謝るジュンテだけど、やけどしたのは左腕では??と思うのね。
でもオ・スは堂々としているの。
そこでジュンテはヨン兄と昔、撮った写真を探そうとしてた。

一方、ヨンはジョンウと話をし、ジョンウが結婚したことを知るの。
「妻は聴覚障害者だ」と言い、ヨンを思い出して、
障害者施設に行った時に妻と初めて会ったと言ってたのかな。
「お前は俺たちのキューピットだ」とジョンウ。

その後、ジョンウは同級生たちのところへ行き、
ヨンのそばにはオ・スが。
二人の目の前では、ミラが彼氏からプロポーズをされていて、
その様子をオ・スがヨンに実況中継。
と、そのときヨンは具合が悪くなるの。
でもオ・スに気づかれないように「トイレに行ってくる」と立ち去ったわ。

ヨンがトイレに行こうとしているとき、ミョンホがカフェにやってきて、
オ・スに「ヨンさんとの結婚を認めてほしい。
会長には認めてもらっていたけど、お兄さんにも認めてもらうのが筋だと思う」と。
でもオ・スは「俺にはそんな資格はないから」と言い、この言葉にミョンホは
「許可していただいたと思っていいんですね」と言うの。
そしてヨンと話がしたいからオ・スに帰ってほしいと頼むミョンホ。

ミョンホが気に入らないオ・スだけど言葉に従い、帰ろうとしたとき、
秘密の部屋で見た写真に写ってたスーパーを見つけたわ。
車から降りて、そのスーパーを見つめるオ・スは
子供の頃のジュンテとヨン兄が店から綿菓子を持って出てきて、帰ろうとしているのが見えるの。
と、そのとき幼いヨンが店から泣きながら出てきたわ。
ヨン兄はヨンに「ここにいるぞ」と言い、ヨンを呼び、
これが見えたオ・スはヨンが兄と約束したのは綿菓子だったんだと気づいたわ。

そこでスーパーに行き、綿菓子を買おうと思うけど、店は閉まってたの。
そこへ兄妹が綿菓子を持って通り過ぎたため、
オ・スは子供に綿菓子のことを聞こうとするけど、
子供たちに怪しまれてしまい、逃げられてるし(笑)

一方、ヨンが席に戻るとオ・スがいなくて、ミョンホがいたことに気分を悪くするヨン。
「兄が現れて、自分の場所をとられるかと心配なの?
もともと私たちは婚約式をしたけど、デートすらまともにしたことがないわ」と言うの。
そこへオ・スが戻ってくるのね。
「黙って帰るのはどうかと思って」というオ・スだけど、
ヨンはオ・スにも怒っている様子。

その後、オ・スはヨンを車に連れて行き、綿菓子を渡すの。
「忘れたと思っていたのに覚えていたの?」と笑顔になるヨン。

オ・スとヨンが綿菓子に口をつけるシーン、
言葉で表現するのはむずかしいけど、忘れたくないシーン。
このシーンをスルーしたくないので、こんな形で書き残します^^;;


昔の話をし、オ・スに幼い日の兄を感じたヨンは
「母さんと行った思い出の場所に行こう」と言い、
オ・スとヨンはその場所へ。

一方、ソラはムチョルと電話が繋がらないのでイライラし、ムチョルに会いに行こうとしたのか?

その頃、ムチョルのところにはミョンホが訪ねていたの。
「オ・スさんの家ですか」と聞くミョンホに
「どっちのオ・スだ?PLグループのオ・スか、詐欺のオ・スか」とムチョル。

一方、オ・スとヨンは思い出の場所にやってきたの。
「そばに川があるから気をつけろ」というオ・スは石を拾い、川に投げたわ。
この音を聞き、母と兄と来たときのことを思い出したヨンは、
笑顔で川のほうへと歩き出すの。

オ・スが気づいたときには、かなり川の中に入っていたヨン。
すぐにオ・スがヨンを助けに行き、川岸へと連れて戻したわ。
そしてヨンにビンタをするオ・ス。

実は子供の頃、川岸でヨンは兄に同じようにビンタされていて、
ヨンはそのことを思い出してた。

オ・スはまたすぐにヨンを抱きかかえ歩き出すの。
ヨンは「兄さんの顔をなぞってみる」と言い、オ・スの顔をなぞり始め・・・

ヨン兄の偽物のオ・スが子供の頃のことがわかるわけがない!と思いつつ、
なんだかツッコめない独特な雰囲気があります^^;;

ソラがPLグループのモデルなので、
オ・スと会ったら、ひと波乱ありそう。
ムチョルもミョンホに余計なことを言ってそうだし。。。




にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ   人気ブログランキングへ   
※ランキングに参加しています。1日1回のクリックが反映されます!
 ランキングバナークリックはとても励みになっていますので
 それぞれに応援の1クリックしていただけると嬉しいです♪

◆ブログランキング◆

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

人気ブログランキングへ

1日に1回、毎日クリックしていただくとランキングに反映されますので、お帰りの際にそれぞれに応援の1クリックして頂けると嬉しいです♪

※アクションはクリックだけで結構です。立ち上がったウィンドウで何かをしないといけないこともありませんので、そのまま閉じてくださいね。

 

苺

Author:苺

このブログはコメント欄を閉じていますので
メッセージがある方は、メールフォームか
管理人へメッセージの記事のコメント欄を
お使いください。
記事の応援、更新の応援などはブログランキングのバナーをクリックしていただけると、
ものすごく嬉しいです♪ 
よろしくお願いいたします!

最新記事

Twitter

Twitter

検索

 




カテゴリ

全記事表示リンク

このブログについて

記事内のマーク説明
 →ドラマ表紙へ

レビューは完全にネタバレしています。
みなさんの好きなドラマや俳優さんの ことを悪く言ってしまうこともありますが、
個人的な感想ですのでご了承ください。

なお、字幕なし視聴はハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますが
ご理解ください。

リンクはフリーですが、
お声をかけていただくと嬉しいです。
管理人へのメッセージは下にあります
メールフォームからお願いします。

また宣伝目的のコメントや
管理人が不愉快・不適切と判断した
コメントは削除させていただくことがありますのでご了承ください。

※当ブログにて使用させて頂いております画像等の著作権・肖像権は全て出所元に帰属しています。画像コピー、転載は、ご遠慮下さい。
サイト内の文章(特にレビューの文章)の無断転載もお断りします。

MAIL

管理人へのメールはコチラから♪
返信が必要な方は必ずメールアドレスを明記してくださいね♪
管理人の判断で返信しない場合もあります。
ご了承ください。

宣伝目的のメールはご遠慮ください。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

<>+-

カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

Admin

アクセスランキング

2014/10/01~

 

 

 

ブログランキング ドット ネット

08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Copyright © 気ままに苺日和 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM)  …   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。