--.--.--*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.04.05*Fri*

頑張って、ミスター・キム! (89話)


ドラマ情報&他の話数のレビューはコチラ → 頑張って、ミスター・キム!

【あらすじ】
テピョンの家の前でテピョンとウギョンが腕組みをして歩く姿を見たヘスクは
テピョンを会社に呼んで確認しようとするが、
その間ゴヌクは引き続きヘスクにテピョンを問題視してヘスクを不安にする。
一方テピョンは勇気を出してウギョンとの付き合いをホギョンに告白して、
ウギョンはゴヌクの粘り強い求愛に堪え難くて不便に思うけれど..


このドラマは字幕なし視聴です。
ハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますがご理解ください。


← 88話      89話   7     90話 →


テピョンの家から帰ろうとしていたウギョンは
ゴヌクから呼び出されるの。
「疲れている」と言っても、強引に呼び出そうとするゴヌク。
仕方なく、待ち合わせのカフェにやってくると
なんと!用件はなく「ただ顔を見たかっただけ」だと。
この言葉にウギョンは
「しょっちゅう、こうやって呼び出さないでほしい」とムッとしてた。

その後、家に帰ったウギョンが元気がなかったので、
ホギョンが心配すると、
「ゴヌクと会ってきて遅くなったんだけど、
ゴヌクと会うのは気が重い」とウギョン。
「ゴヌクにはもう感情はないのか?もしかして他の人のことを考えてるとか?」
とホギョンが聞き、ウギョンは
「そんなことないわ」と部屋に戻るの。

と、そのときテピョンから電話があり、
ホギョンに誰かと付き合ってるのかと聞かれたけど言えなかったと話すウギョン。
「僕が不釣合いだからでしょう。全部理解してるから気にしないで」
「違うわ。父さんやお祖母ちゃんに反対されても、
兄さんにまで理解してもらえなかったら辛すぎると怖くて言えなかったの」
とウギョンが言うので、テピョンは
「心配せずに寝て。そしたら明日会えるから」と。

一方、ヘスクはウギョンとテピョンが一緒にいるところを見たため、
確認がしたくて、ゴヌクに「ウギョンとは会ってるのか」と聞いてみるの。
いきなり自分のことを気にかけるヘスクに嫌悪感をあらわにするゴヌク。

翌朝、ジュヒは鏡の前で30分もかけて衣装選び。
そんなジュヒに呆れるジヨンは
「チョルリョンと会って話がしたいと伝えておいて」と言うの。
「どうして?」と恐れるジュヒに
「絶対に別れろ!なんて言わないから」とジヨン。

そして部屋を出たジュヒはご飯を食べずに家を出たわ。
そんなジュヒのことをおかしいと思うジェナムは
「男と会ってるんじゃないの??」と思うけど、
「学校と図書館と家の往復だけなのに、どうやって男と会うんだ」と
ミョングァンは言い、そんなやり取りを聞いていたジヨンは
気が気でないのね。

一方、サングクはゴヌクの企画の報告を受け、
ゴヌクを呼び出すの。
「2度と失敗しないという自信があるか」と聞くサングクに
「結果をお見せします」と自信たっぷりの返事をするゴヌク。
そして「仕事の話ではないんですけど」といい、
「ウギョンを諦められません」と言い出すの。
サングクに「反対はしないでほしい」というゴヌクだけど、
サングクは「そのことはウギョンに任せたから、私は何も言うことはない」と言うのね。

その頃、ホギョンはテピョンに
「ウギョンと付き合ってるのか」と聞いていたの。
隠せないと思ったテピョンは「はい」と答え、
「何かあったらお兄さんは先生の味方になってください」とお願いしてた。

一方、学校を訪ねてきたヨンジはヒレの担任のウギョンに
花束とその中にお金をしのばせて持ってきたわ。
「そんなことするなら、ヒレの本や参考書を買ってあげたほうが
テピョンさんの助けにもなる」と受け取りを拒否するウギョン。
ヨンジはウギョンがテピョンの心配ばかりしているので、気に入らず、
花束を持って帰ったわ。。

そして向かったのは、テピョンの家。
ウギョンに言われたから、子供たちのためにと参考書を買ってきたヨンジだけど、
必要のない参考書だったらしい・・・

その頃、ヘスクはテピョンに電話して、会社に呼び出していたの。
会社にやってきたテピョンとヘスクが話しているのを見たゴヌクは声をかけ
ヘスクはヒヤヒヤするのね。

テピョンに「先に事務室に行ってて」と言うヘスク。
テピョンがいなくなったあと、ゴヌクは
「どんな気分ですか?」と聞き、
ヘスクがテピョンに仕事を紹介しようとしていたことを話し
「ミスターキムを遠くに行かせようという母さんの魂胆でしょう?」と見抜いてた。

その後、事務室でテピョンと話すヘスクは
「この間の話だけど、ミスターキムが断るなら他の人を紹介するんだけど、
本当にいいの?」と聞くの。
「はい。事情があって」と断るテピョンに
「お見合いしてみる気はない?」とヘスク。
もちろん断るテピョンに
「誰かと付き合ってるの?」とヘスクは聞き
「まぁそうですね」とテピョン。
ヘスクは誰なのかと聞きたいけど、
「また今度お話します」とテピョンが言うので、ヘスクは肝心なことは聞き出せなかったわ。

一方、ゴヌクはウギョンを呼び出し、
「来る途中にウギョンのことを考えて花束を買った」と渡すの。
「いらないわ。おばさんにあげて。おばさんは花が好きじゃない」とウギョン。
するとゴヌクは「お前と友達でいるのはもうイヤだ。
前の関係に戻りたい。俺にもう一度、機会をくれ」と言い出し、
ウギョンはたまらず「好きな人がいる」と言っちゃった。
「誰だ?」と聞くけどウギョンは言わず。

そして家に帰ると今度はホギョンに呼び出されるウギョン。
「ミスターキムから聞いた」と言うホギョンは
「何かあればウギョンの味方でいてほしいと言ってたよ」と話すの。

部屋に戻ったウギョンにテピョンから
「ちょっと家の前まで出てきてくれませんか」というメールが。
家の前に出てみると、テピョンが一輪のバラの花をウギョンにプレゼント。
「今度は1束渡します」と言うテピョンに
「いいんです」とうれしそうなウギョンはテピョンに抱きついた!

そんな二人をゴヌクが見ていて・・・

ウギョンを諦めたくないのに、ウギョンの好きな人はテピョンで、
そのテピョンは自分を認めてくれないヘスクの実の息子。。。
ゴヌクにとってはテピョンは何もかも気に入らんはずよね。
邪魔するんだろうなぁ。
アメリカに行っちゃえばいいのに(`-ω-´)




にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ   人気ブログランキングへ   
※ランキングに参加しています。1日1回のクリックが反映されます!
 ランキングバナークリックはとても励みになっていますので
 それぞれに応援の1クリックしていただけると嬉しいです♪

◆ブログランキング◆

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

人気ブログランキングへ

1日に1回、毎日クリックしていただくとランキングに反映されますので、お帰りの際にそれぞれに応援の1クリックして頂けると嬉しいです♪

※アクションはクリックだけで結構です。立ち上がったウィンドウで何かをしないといけないこともありませんので、そのまま閉じてくださいね。

 

苺

Author:苺

このブログはコメント欄を閉じていますので
メッセージがある方は、メールフォームか
管理人へメッセージの記事のコメント欄を
お使いください。
記事の応援、更新の応援などはブログランキングのバナーをクリックしていただけると、
ものすごく嬉しいです♪ 
よろしくお願いいたします!

最新記事

Twitter

Twitter

検索

 




カテゴリ

全記事表示リンク

このブログについて

記事内のマーク説明
 →ドラマ表紙へ

レビューは完全にネタバレしています。
みなさんの好きなドラマや俳優さんの ことを悪く言ってしまうこともありますが、
個人的な感想ですのでご了承ください。

なお、字幕なし視聴はハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますが
ご理解ください。

リンクはフリーですが、
お声をかけていただくと嬉しいです。
管理人へのメッセージは下にあります
メールフォームからお願いします。

また宣伝目的のコメントや
管理人が不愉快・不適切と判断した
コメントは削除させていただくことがありますのでご了承ください。

※当ブログにて使用させて頂いております画像等の著作権・肖像権は全て出所元に帰属しています。画像コピー、転載は、ご遠慮下さい。
サイト内の文章(特にレビューの文章)の無断転載もお断りします。

MAIL

管理人へのメールはコチラから♪
返信が必要な方は必ずメールアドレスを明記してくださいね♪
管理人の判断で返信しない場合もあります。
ご了承ください。

宣伝目的のメールはご遠慮ください。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

<>+-

カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

Admin

アクセスランキング

2014/10/01~

 

 

 

ブログランキング ドット ネット

10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Copyright © 気ままに苺日和 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM)  …   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。