--.--.--*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.04.12*Fri*

頑張って、ミスター・キム! (95話)


ドラマ情報&他の話数のレビューはコチラ → 頑張って、ミスター・キム!

【あらすじ】
テピョンとウギョンを呼んで激しく叱責するサングクの前でウギョンはテピョンをかばって、
テピョンはウギョンを心配してひとまず家へ帰る。
引き続きウギョンとの付き合いを守ろうとするテピョンはサンジに会って別れろと言われる。
一方、テピョンとウギョンの関係を知るようになったサングクが
テピョンをクビにしたとジェサンから聞いて不安になったヘスクは
ヨンジを呼んで調べろと指示するが..


このドラマは字幕なし視聴です。
ハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますがご理解ください。


← 94話      95話   6     96話 →


テピョンがウギョンと付き合ってることを知ったサングクは
テピョンを殴り、激怒。
そして二人に部屋に来るようにと言うの。

テピョンはジュソンとヒレに「先に帰っていろ」と言うけど、
ジュソンは言うことを聞かず。
そこでヒレにジュソンを連れて帰るように頼んだわ。

そしてテピョンとウギョンとはサングクの部屋へ。
「本当にウギョンと付き合っているのか」と聞くサングクに
「はい、付き合っています」とテピョン。
またテピョンを殴る素振りを見せるサングクに
「私はテピョンさんが本当に好きなんです。
怒らずに私たちの話を聞いてくれませんか」とウギョン。
この言葉にまた怒りがこみ上げるサングクにテピョンは
「今日は帰ります」と言うの。
「今日は?二度と娘と会うな!会ったら無事でいられると思うな」とサングク。

テピョンが帰った後、ウギョンは
「私はテピョンさんを諦めません」と宣言。
そこへサンジがやってきて
「これからもミスターキムと付き合うっていうの?それならいっそゴヌクのほうがいいわ。
女性問題のあるほうがまだいい」とテピョンとは絶対にダメだというサンジ。
そんなサンジをなだめるべく、サンシムとサングクは部屋から出て行ったわ。

一方、ウギョンの家を出たヒレとジュソン。
ジュソンはテピョンを置いてくるなんてひどい女だとヒレのことを言うんだけど、
実はヒレは泣いてたのよね。
それに気づいたジュソンは慌てて慰めてた^^;;

そして家に帰ったヒレとジュソン。
ヒレは家に入るなり、部屋に直行。
そんなヒレを見て、ホギョンの外出が失敗したのかと心配になるチョルリョンとソンア。
でもジュソンから「それは成功してよかったんだけど。問題はおじさんだったんだ。
先生の父さんがおじさんと先生のことを知って怒ったんだ」と聞かされ、
チョルリョンとソンアはさらに心配に。

一方、ジェサンからサングクにウギョンとテピョンの話をしたと聞かされたゴヌクはビックリ。
「この件は僕に任せてくださいと言ったじゃないか」というゴヌクに
「イ会長も知らないといけないし、どうするかはイ会長が考えること」とジェサン。
そこへヘスクが帰宅し
「お前の息子が大変なことになってるぞ。
イ会長がウギョンとあいつのことを知ったからあいつも終わりだ」とジェサンは言ってた。

その後、ゴヌクはウギョンに電話するけど、ウギョンは電話に出ず。

その頃、帰宅したテピョンはジュソンに
「今日のことをみんなに話したか」と聞くの。
「だいたい」とジュソンは答え、
「今日、先生の家の仕事を辞めてきた。また新たな仕事を探すから心配するなと」テピョン。
するとジュソンは
「このまま先生と別れることは出来ないの?ヒレもそうだしおじさんも可哀想すぎる」と。
だけどテピョンは「まだ大丈夫」と言うの。

その後、部屋に戻ったテピョンにウギョンから電話が。
仕事を辞めたテピョンはウギョンに会いに、学校の近くに行くというので
「明日は外でデートが出来るのね」とうれしそうに言うウギョンは
「また明日」と電話を切るんだけど、実はウギョンがいたのはテピョンの家の前。
「おやすみ」とつぶやいて立ち去るウギョン。

翌日、ホギョンの部屋にやってきたウギョン。
ホギョンは地図を見ながら「昨日のことがずいぶん前のようだ」と言い、
ウギョンに「父さんに認められたいのなら、急がないことだ」とアドバイスを。

その頃、食卓ではサンシムが食事を作っていたの。
「久しぶりだから自信がない」というサンシムに
「すぐに家政婦を見つけます」とサングク。
するとサンシムは「ミスターキムのような人がすぐにみつかるわけがない」と言うのね。

そうだ!そうだ!

と、そこへホギョンとウギョンが朝食を食べにやってくるの。
ウギョンは「朝食を食べずに出勤する」といい、家を出ようとするんだけど
サングクは「車のキーを置いていけ。そして運転手に送り迎えをしてもらえ。
家と学校以外に外出は禁止だ」と言うの。

ウギョンは中学生の子供かっ!

驚いて言葉が出ないウギョンにホギョンは
「父さんの言うとおりにしなさい」と促してた。

キーを置き、家を出るウギョン。
するとホギョンはサングクに
「ウギョンを追い詰めないでほしい」とお願いを。
これにはサンジも「ホギョンの言うとおり」と言い、
「私に考えがあるから、サングクは黙っていなさい」と言ってた。

どんな考えがあることやら^^;;
まさかゴヌクとウギョンをくっつけようって言うんじゃないでしょうね!
それだけは勘弁してほしいわ。


その頃、テピョンたちは朝食中。
頑張っているテピョンに
「僕たちの前でそんなに頑張らなくてもいい」とジュソン。
でもテピョンは「頑張ってなんかない」と否定。

その後、テピョンの携帯にサンジから連絡があり
「今日、会いたい」といわれるの。

一方、子供たちが学校に向かおうとしているとき、
ジヨンとギョンスルが家から出てきたわ。
「テピョンは?」と聞くギョンスルとジヨンに
「先生の家の家政婦を辞めたんです」と説明するチョルリョン。
「もしかしてイ先生の家で何かあったの?」とジヨンは聞くけど、
「学校に遅れるので」とヒレは言い、詳しいことは聞けず。

そこで学校に行ったジヨンはウギョンを呼び出すの。
「子供たちにテピョンが仕事を辞めたと聞いたんだけど」とジヨンは聞き、
ウギョンはサングクにバレたことを話すの。
ジヨンはテピョンの心配をしてた。

一方、サンジに呼び出されたテピョンは
「ホギョンのことはありがとう」とサンジからお礼を言われるの。
ホギョンのこととウギョンのことはまた別なので、
ウギョンに会わないでほしいとサンジは頼んだわ。
そして今までの給料と退職金を渡し
「二度とウギョンに連絡しないでね。
会いたくても、サングクの運転手がずっとついてるから会えないと思うけど」
と言い、サンジは立ち去るのね。

その頃、サングクはゴヌクと会っていて
「いつから知ってたんだ」と聞くの。
「前から知ってました」と言うゴヌクは
サングクに黙っていたのは、今はテピョンに向かっているウギョンの気持ちが
いつかは自分のところに戻ってくると考えていたらだと話すのね。
ゴヌクがウギョンのことを本当に思っているとわかったサングクは
「俺が力になるから、今の内にウギョンの心を掴め」と。

一方、学校が終わったウギョンを運転手が迎えに来たけど
ウギョンは乗るのを拒否。
と、そこへゴヌクがやってきて
「会長の許可を得たから」と運転手を帰らせるの。
「どうしてあんたが?どうして私があんたの車に乗らないといけないの?」
と言うウギョンに
「それなら運転手の車に乗るのか?」とゴヌク。
仕方なくゴヌクの車に乗るウギョン。
この様子をテピョンが見てた・・・

その後、ウギョンとゴヌクはカフェに行き、話を。
「父さんに話したのはあんたなのね」と言うウギョンに
「違うと言っても信じないだろう」とゴヌク。
そしてジェサンがサングクに話をしてしまったことを話したわ。
「どうしておじさんが知ってるの?」とウギョン。
「俺が落ち込んでいるのを見てウギョンのことを調べたんだろう」とゴヌクは答えてた。

おーいっ!
ウソやんかぁ!
ま、これは本当のことは話せないか。
ヘスクに話をしていてジェサンに聞かれたんだものね。
それにしてもこんなウソついててウギョンの心をつかめると思ってるのかね^^;;


一方、家に帰ってきたテピョンをギョンスルが訪ねてくるの。
テピョンは付き合ってる人がウギョンだと話し
「今日、初めて遠い世界の人だと感じた」と。
そんなテピョンに
「子供を引き取るときも自分の気持ちで引き受けてきたんじゃないのか。
やってもないのに諦めないでくれたらいい」とギョンスルはアドバイスを。

この言葉でテピョンは
サングクの会社に行き「話があります」と言い・・・

サングクに話したところで聞いてくれる親父じゃないでしょうに。
ま、ギョンスルの言うようにやらないで諦めるよりはいいんだろうけれど。




にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ   人気ブログランキングへ   
※ランキングに参加しています。1日1回のクリックが反映されます!
 ランキングバナークリックはとても励みになっていますので
 それぞれに応援の1クリックしていただけると嬉しいです♪

◆ブログランキング◆

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

人気ブログランキングへ

1日に1回、毎日クリックしていただくとランキングに反映されますので、お帰りの際にそれぞれに応援の1クリックして頂けると嬉しいです♪

※アクションはクリックだけで結構です。立ち上がったウィンドウで何かをしないといけないこともありませんので、そのまま閉じてくださいね。

 

苺

Author:苺

このブログはコメント欄を閉じていますので
メッセージがある方は、メールフォームか
管理人へメッセージの記事のコメント欄を
お使いください。
記事の応援、更新の応援などはブログランキングのバナーをクリックしていただけると、
ものすごく嬉しいです♪ 
よろしくお願いいたします!

最新記事

Twitter

Twitter

検索

 




カテゴリ

全記事表示リンク

このブログについて

記事内のマーク説明
 →ドラマ表紙へ

レビューは完全にネタバレしています。
みなさんの好きなドラマや俳優さんの ことを悪く言ってしまうこともありますが、
個人的な感想ですのでご了承ください。

なお、字幕なし視聴はハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますが
ご理解ください。

リンクはフリーですが、
お声をかけていただくと嬉しいです。
管理人へのメッセージは下にあります
メールフォームからお願いします。

また宣伝目的のコメントや
管理人が不愉快・不適切と判断した
コメントは削除させていただくことがありますのでご了承ください。

※当ブログにて使用させて頂いております画像等の著作権・肖像権は全て出所元に帰属しています。画像コピー、転載は、ご遠慮下さい。
サイト内の文章(特にレビューの文章)の無断転載もお断りします。

MAIL

管理人へのメールはコチラから♪
返信が必要な方は必ずメールアドレスを明記してくださいね♪
管理人の判断で返信しない場合もあります。
ご了承ください。

宣伝目的のメールはご遠慮ください。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

<>+-

カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

Admin

アクセスランキング

2014/10/01~

 

 

 

ブログランキング ドット ネット

08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Copyright © 気ままに苺日和 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM)  …   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。