--.--.--*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.04.13*Sat*

頑張って、ミスター・キム! (96話)


ドラマ情報&他の話数のレビューはコチラ → 頑張って、ミスター・キム!

【あらすじ】
会社でウギョンとテピョンがニアミスし、サングクの気持ちを鎮めるために
ウギョンはテピョンに電話して当分会わないと話す。
落ち込むテピョンは清掃をしながら心情をなだめて、
そのようなテピョンをずっと見守ったソンアはテピョンのためにあることをする。
一方、サングクはウギョンとテピョンを別れさせるために
ゴヌクの家族らとウギョンを呼んで食事の席を用意するけれど..


このドラマは字幕なし視聴です。
ハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますがご理解ください。


← 95話      96話   5     97話 →


会社にサングクを訪ねて行ったテピョンは
「ウギョンさんと別れません」と宣言。
これを聞いたサングクは
「家政婦で子供を4人も育てるお前がウギョンに何をしてやれるって言うんだ!
ウギョンのことを思うのならば良い思い出だけ残して立ち去れ。
そうしたらお前の気持ちを信じてやる。
もし俺の言うことに逆らうのならウギョンも辛くなることを忘れるな」と言うの。
「何を言われても僕の気持ちは変わりません。
今日はそのことだけ伝えに来ました。今日は失礼します」と帰っていくテピョン。

その頃、ウギョンはサングクに会いに会社に向かっていたの。
と、そのときテピョンを見かけ、ウギョンは思わず車を止めさせたわ。
追いかけたいウギョンだけど、運転手に
「会長がお待ちです」と言われ、仕方なく会社へ。

サングクに会ったウギョンは真っ先に
「さっきここにテピョンさんが来たんでしょう?」と聞くの。
だけどサングクは答えず「ご飯を食べに行こう」と。

そして食事をするサングクだけど、
ウギョンはまったく手をつけず。
「食事する気分じゃない」というウギョンは、
「今すぐ受け入れてくれとは言わないわ。
でも反対するだけじゃなく、テピョンさんの人柄を見てほしい」と訴えるの。
「人柄を見て何が変わるんだ。家政婦という仕事をして
子供を4人育てている奴がヒーリングフードの娘とつりあうと思ってるのか」
「私はあの人を尊敬してるんです」
「子供が二人いるのに、ウギョンまでもそんなことをするのか。
母さんがいなくても二人を立派に育ててきたつもりだけど、その代価がこれなのか。
父さんのことを思うなら、俺の結論が出るまでテピョンと会うな」とサングク。

一方、ヘスクからテピョンの家に偵察に行けと言われたヨンジはテピョンの家に行くのね。
そして子供たちにいろいろ聞いていると、ウギョンの父に交際を反対され、
家政婦の仕事も辞めさせられたことがわかるの。
と、そこへテピョンが帰宅。
ヨンジはテピョンに確認しようとするけど、
「今日は話をする気はない」と拒否。

仕方なくヨンジはテピョンの家を後にし、ヘスクのいるカフェへ。
ヨンジはテピョンが付き合ってるのはヒーリングフードの娘ウギョンで、
会長にバレて、家政婦の仕事をクビになったと報告。

その頃、ウギョンはテピョンに電話して
「父さんを必ず説得するから、それまで少しの間、会わずにいよう」と言うの。
このウギョンの言葉にテピョンも了承するのね。

一方、サングクはゴヌクに電話して
「明日、両親と一緒に食事しよう」と誘うの。
ゴヌクは「これからウギョンの送り迎えは僕がします」と言い、
サングクは明日の食事の席もゴヌクがウギョンを連れてくるようにと言ってた。

翌朝、出勤するウギョンを迎えに来たゴヌク。
「どうしてあんたが?」と怪訝な顔をするウギョンに
「これから俺が送り迎えをする」とゴヌクは言うの。
ウギョンは気分が乗らないけど、仕方なく車に乗ることに。

学校への道中で
「今日の夕飯、会長が俺の両親とともに食事をしようと言ってたから、迎えに行くから」とゴヌク。
何かあるのかと思うウギョンに
「詳しいことはわからないけど。行ったほうがいい。行ったら会長の怒りもおさまるかも。
そうしたらミスターキムとのことも説得しやすいだろう」とゴヌクは言うのね。

一方、テピョンはソンアとチョルリョンとともに家の大掃除中。

自分たちの家だけでは飽き足らず、1階も掃除しようとするテピョン。
そんなテピョンにギョンスルは
「つらいのか」と聞くの。
「そうじゃありません。ジッとしてたら悪いことばかり考えてしまうから。
会長の怒りがおさまるまで、当分の間、会うのを我慢しようと話し合ったけど、
今日、明日くらいなら我慢できる。でももう会えないのではと思うと・・・」
とテピョンは言うのね。

この話をソンアが聞いていて、こっそり2階に上がり、
テピョンの携帯からウギョンに電話をするの。

その頃、ウギョンはゴヌクに連れられて食事をする店に着いていたのね。
「パパが昨日から具合が悪くて、病院にも行かないというの。
家には私だけで、どうしていいのかわからない」と訴えるソンア。

一方、サングクはジェサンとヘスクに
「ゴヌクとウギョンをもう一度、付き合わせようと思う」と話すの。
ジェサンは喜ぶけどヘスクはうれしそうじゃないわ。

一方、ソンアからの電話で、居ても立ってもいられないウギョンは
ゴヌクの制止を振り切り、テピョンの家へ。

テピョンの心配をするウギョンにみんなはビックリ。
するとソンアの様子がおかしく、ソンアが嘘をついたことがバレちゃった。

「嘘をついていいと言ったか?」と聞くテピョンに
「ううん」とソンア。
でもソンアは「パパも辛いのに辛くないと嘘をついたじゃない!
パパが可哀想だったんだもん」と泣き出しちゃった。
そんなソンアを抱きしめるウギョンは
「パパが辛いことを教えてくれてありがとう」と言ってた。

その後、テピョンの部屋でウギョンは
「ソンアのおかげで会えた」と嬉しそう。

と、そこへなにやら荷物が届き、ジュソンがテピョンを呼ぶの。
「いったい誰から・・・」と言っているとき、ヘスクがやってきたわ。
ウギョンとテピョンを見たヘスクは
「二人は一緒にいたのね」と言い・・・

白々しい!
知ってて来たくせに。
ウギョンとゴヌクが結婚されたら困るから、
それならばテピョンとウギョンをくっつかせようってことか?
自分の子供をも、利用しようとする母。
恐ろしい。




にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ   人気ブログランキングへ   
※ランキングに参加しています。1日1回のクリックが反映されます!
 ランキングバナークリックはとても励みになっていますので
 それぞれに応援の1クリックしていただけると嬉しいです♪

◆ブログランキング◆

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

人気ブログランキングへ

1日に1回、毎日クリックしていただくとランキングに反映されますので、お帰りの際にそれぞれに応援の1クリックして頂けると嬉しいです♪

※アクションはクリックだけで結構です。立ち上がったウィンドウで何かをしないといけないこともありませんので、そのまま閉じてくださいね。

 

苺

Author:苺

このブログはコメント欄を閉じていますので
メッセージがある方は、メールフォームか
管理人へメッセージの記事のコメント欄を
お使いください。
記事の応援、更新の応援などはブログランキングのバナーをクリックしていただけると、
ものすごく嬉しいです♪ 
よろしくお願いいたします!

最新記事

Twitter

Twitter

検索

 




カテゴリ

全記事表示リンク

このブログについて

記事内のマーク説明
 →ドラマ表紙へ

レビューは完全にネタバレしています。
みなさんの好きなドラマや俳優さんの ことを悪く言ってしまうこともありますが、
個人的な感想ですのでご了承ください。

なお、字幕なし視聴はハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますが
ご理解ください。

リンクはフリーですが、
お声をかけていただくと嬉しいです。
管理人へのメッセージは下にあります
メールフォームからお願いします。

また宣伝目的のコメントや
管理人が不愉快・不適切と判断した
コメントは削除させていただくことがありますのでご了承ください。

※当ブログにて使用させて頂いております画像等の著作権・肖像権は全て出所元に帰属しています。画像コピー、転載は、ご遠慮下さい。
サイト内の文章(特にレビューの文章)の無断転載もお断りします。

MAIL

管理人へのメールはコチラから♪
返信が必要な方は必ずメールアドレスを明記してくださいね♪
管理人の判断で返信しない場合もあります。
ご了承ください。

宣伝目的のメールはご遠慮ください。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

<>+-

カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

Admin

アクセスランキング

2014/10/01~

 

 

 

ブログランキング ドット ネット

11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
Copyright © 気ままに苺日和 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM)  …   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。