--.--.--*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.04.15*Mon*

頑張って、ミスター・キム! (98話)


ドラマ情報&他の話数のレビューはコチラ → 頑張って、ミスター・キム!

【あらすじ】
ウギョンを探しに来たゴヌクからウギョンが家を出たという話を聞いたテピョンは
あちこち電話をしてみるけど、家にやってきたウギョンを見て軽率に家を出たと怒る。
独立をするという決心をしたウギョンはテピョンと共にサングクを訪ねて行って、
サングクは許諾できないという。
一方ヨンジはホテルに泊まるというウギョンに
自身のオフィステルで一緒に過ごそうと連れていくけれど..


このドラマは字幕なし視聴です。
ハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますがご理解ください。


← 97話      98話   7     99話 →


突然やってきたゴヌクは
「ウギョンはここにいるか?」と聞くの。
「いませんけど。先生に何かあったんですか」とテピョン。
すると「居るのにいないといってるのか、本当に来ていないのかどっちなんだ!」
とゴヌクはいい、これを聞いていたジュソンは
「先生は本当にここに来ていません」と。
そしてヒレも
「疑うなら、家の中を探せばいい」と言うのね。

やっとウギョンが居ないことがわかったゴヌクは
「ウギョンから連絡があれば、連絡がほしい」と立ち去ったわ。

その後、ゴヌクはサングクに電話して
「ミスターキムのところにいなかったし、
ミスターキムはウギョンが家を出たことを知りませんでした」と報告。

一方、子供たちが学校に行こうとしたとき、ウギョンがやってくるの。
驚くテピョンに「おなかが空いた」とウギョン。

ご飯を食べ終わったウギョンに
「今までどこに居たのか」と聞くテピョン。
「チムジルバンにいたの」とウギョンは言い、
これを聞いたテピョンは、サングクたちが心配しているから
家に帰ろうと言うのね。
でもウギョンは「サングクから独立したい」と。
「独立するにしても、こんな形で家を出てはダメだ」となだめられたウギョンは
まず心配している家族に電話するようにテピョンに言われ、家に電話を。

その後、ウギョンとテピョンはサングクの事務室へ。
サングクはテピョンを見て、怒りがこみ上げるんだけど
「テピョンさんがここに来るように私を説得してくれたのよ」とウギョンは説明。
「すぐに家に帰れ」というサングクに
「こうでもしないと話を聞いてくれないからここまでした。
私は独立したいんです」とウギョンは言うのね。
これを聞いたサングクは家を出てテピョンのところに行くつもりだろうと思い、反対するけど、
「そんなことはしません。父さんから離れて、テピョンさんとのことをよく考えてみます。
私が今まで父さんが怒ることをわかっていて頼んだことはありますか?」
とウギョンは言い、サングクは何も言えず。

そしてウギョンはテピョンに「帰りましょう」と言うけど、
テピョンは「会長と話があるから先に部屋を出ていて」と言うの。
ウギョンが部屋を出るのを確認してからテピョンは、
この前ゴヌクから受け取ったお金の入った封筒を返してた。

その後、カフェに行ったウギョンとテピョン。
ウギョンはテピョンとサングクが何を話していたのか気になるんだけど
「男同士の話だから言えない」とテピョン。
「話せないのには理由があるんだろうから聞かないけど、
私はこれからなんでも話すわ」
「僕もこれからなんでも話します」
「約束よ。テピョンさんが1人で心を痛めているのはイヤだから」とウギョン。

そしてテピョンと別れたウギョンは遅れながらも学校へ。
子供たちが帰る前に学校にやってこれたウギョンに
ジュソンもヒレもホッと一安心。

その後、学校が終わったウギョンを校門でゴヌクが待ってた。
「どれだけ心配したと思ってるんだ」と怒るゴヌクに
「冷静になって話をしましょう」とカフェに連れて行くウギョン。

ウギョンは独立することをゴヌクに話し、
それもこれもテピョンのためだと思うゴヌクは大反対。
でもウギョンは
「テピョンさんのそばにいたいからだと言うのは本当だけど、そう言ったらあの人は怒る」といい、
テピョンのことを顔やスタイルだけでなく、全部を見ていると話すの。
このウギョンの話を聞き、ゴヌクはどうすることも出来ず。

ゴヌクと別れたウギョンは子供たちとともにテピョンの家へ。
テピョンは面接が決まって嬉しそうで、
そんなテピョンに「服を選んであげる」とウギョン。
でもテピョンはワイシャツ、ジャケットは1着ずつしか持っていないのね^^;;

買ってあげるとも言えないしね。

と、そこへヨンジがやってくるの。
ウギョンは「帰るわ」とテピョンに言うんだけど
「どこに?」とテピョン。
このやり取りを聞いてヨンジはウギョンが家出したんだと気づくのね。
「ホテルにでも泊まるから」というウギョンに
「それなら私のところに来たら?」とヨンジ。
ウギョンは嫌そうなんだけど、テピョンは心配だからと
「今日一晩だけヨンジ姉さんのところに泊まったら?」と言い、
ウギョンはその言葉に従うのね。

その頃、サングクたちは家族たちとウギョンのことで話をしていたの。
サンジは「ここは私に任せない」と言い、サンシムも
「こういうときは女の方がいい」とサングクにアドバイス。
サングクはジッと待つことにしたみたい。

一方、ウギョンはヨンジの携帯を借りて、ホギョンに電話するの。
その後、ウギョンが着替えに行っている隙にヨンジはヘスクに電話して
ウギョンが来ていることを話したわ。

翌日、サンジがテピョンの家にやってきたんだけど
「ここはジェームス先生(ギョンスル)の家じゃないの」と驚くサンジ。

そして2階のテピョンの家に行き、テピョンと話を。
ウギョンを4人の母にすることは祖母としては納得できないと言い、
この話をチョルリョンが来ていて、ショックを受けるの。

部屋に戻ったチョルリョンは子供たちに
「俺たちのことを話していた」と報告。
ジヨンのときもそうだったけど、
やっぱり自分たちがテピョンのお荷物なんだと確信する子供たち。

サンジが帰るのを見送るテピョン。
と、そこへジェナムがやってくるの。
テピョンとウギョンが付き合ってることを知って
サンジがやってきたんだと思ったジェナムは
サンジにこのことを話してしまい、サンジは何も答えずに立ち去ったわ。

その後、家に戻ったジェナムは、ギョンスルたちに
「ヒーリングフードの会長母がテピョンに会いに来ていた」と話すの。
いよいよテピョンがウギョンと結婚するのか?と思うミョングァンだけど
「違うのよ。イ先生が家を出たのよ」と話すジヨン。

このシーン、ジェナムが帰宅したときに
リビングではみんながテレビを見ていたんだけど、
画面写ってないけど、声の感じから「いとしのソヨン」だと思われます♪
「いとしのソヨン」でも「ミスターキム」のドラマ見てるシーンあったしね(笑)


サンジが帰った後、ウギョンがやってきて
ご飯を作ってくれるのね。
みんなはウギョンが作ったご飯が怖いんだけど、
テピョンが味見をして、咳き込みながら「美味しい」というの。
そこでみんなはいっせいに食べるんだけど、一口食べて咳き込んでた^^;;
だけどチョルリョンは「前の料理よりは大丈夫です」と(笑)

そこへヘスクがやってきたわ。
キム部長からテピョンの面接が決まったことを聞いていたヘスクは
テピョンにスーツ一式を持ってきていたの。

部屋に行き着替えようとするテピョンだけど
「高いものですよね」とウギョンに聞いてた。
ヘスクがテピョンにあまりにもよくすることが不思議なウギョンは
「おばさん、何かおかしい」と言ってた。

その後、スーツを着て部屋から出てきたテピョンに
ヘスクも満足げ。
そしてタイピンをつけてあげているとき、
「何をしてるんですか」とゴヌクがやってきて・・・

これはテピョンに嫉妬するよね。
きっと自分にはそんなことしてもらったことないんだろうから。
まぁ、嫉妬するのはわかるけど、
なんであんたがここに来たのか。
来たならドアの外でノックぐらいしろよヽ(`Д´)ノ
なんで黙って入ってくるかなぁ(`-ω-´)




にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ   人気ブログランキングへ   
※ランキングに参加しています。1日1回のクリックが反映されます!
 ランキングバナークリックはとても励みになっていますので
 それぞれに応援の1クリックしていただけると嬉しいです♪

◆ブログランキング◆

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

人気ブログランキングへ

1日に1回、毎日クリックしていただくとランキングに反映されますので、お帰りの際にそれぞれに応援の1クリックして頂けると嬉しいです♪

※アクションはクリックだけで結構です。立ち上がったウィンドウで何かをしないといけないこともありませんので、そのまま閉じてくださいね。

 

苺

Author:苺

このブログはコメント欄を閉じていますので
メッセージがある方は、メールフォームか
管理人へメッセージの記事のコメント欄を
お使いください。
記事の応援、更新の応援などはブログランキングのバナーをクリックしていただけると、
ものすごく嬉しいです♪ 
よろしくお願いいたします!

最新記事

Twitter

Twitter

検索

 




カテゴリ

全記事表示リンク

このブログについて

記事内のマーク説明
 →ドラマ表紙へ

レビューは完全にネタバレしています。
みなさんの好きなドラマや俳優さんの ことを悪く言ってしまうこともありますが、
個人的な感想ですのでご了承ください。

なお、字幕なし視聴はハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますが
ご理解ください。

リンクはフリーですが、
お声をかけていただくと嬉しいです。
管理人へのメッセージは下にあります
メールフォームからお願いします。

また宣伝目的のコメントや
管理人が不愉快・不適切と判断した
コメントは削除させていただくことがありますのでご了承ください。

※当ブログにて使用させて頂いております画像等の著作権・肖像権は全て出所元に帰属しています。画像コピー、転載は、ご遠慮下さい。
サイト内の文章(特にレビューの文章)の無断転載もお断りします。

MAIL

管理人へのメールはコチラから♪
返信が必要な方は必ずメールアドレスを明記してくださいね♪
管理人の判断で返信しない場合もあります。
ご了承ください。

宣伝目的のメールはご遠慮ください。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

<>+-

カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

Admin

アクセスランキング

2014/10/01~

 

 

 

ブログランキング ドット ネット

06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
Copyright © 気ままに苺日和 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM)  …   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。