--.--.--*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.04.17*Wed*

頑張って、ミスター・キム! (100話)


ドラマ情報&他の話数のレビューはコチラ → 頑張って、ミスター・キム!

【あらすじ】
ヘスクとヨンジの話を聞いたウギョンは
ヘスクがテピョンの実の母親という事実に衝撃を受ける。
テピョンとヘスクが会う席に現れてヘスクに
なぜテピョンに事実を話さないのかと尋ねるウギョン.
時間をくれというヘスクの話に悩んだウギョンは
ギョンスルに助言を得て、テピョンと会う約束をする。
一方、しきりにテピョンとウギョンの間を引き裂けと圧迫するゴヌクと
テピョンと自身の関係を知ったウギョンのために悩んだヘスクは
テピョンを訪ねて行くけれど...


このドラマは字幕なし視聴です。
ハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますがご理解ください。


← 99話      100話   7     101話 →


ヨンジとヘスクが話しているのを聞いたウギョンは
ヘスクがテピョン母だと知っちゃった。
ヨンジに「ウギョンに絶対に知られるな」と言っていたことから
ウギョンは慌ててヨンジの部屋に戻るの。

そしてヨンジが部屋に戻ってきたので、
「ちょっと外に出る」と出かけるウギョンは
今までヘスクがテピョンのことをものすごく気にかけていたことを思い出すのね。

と、そこへテピョンから電話が。
「いろいろ考えたんだけど、ホン代表が仕事も手を貸してくれたみたいなんだ。
気持ちは嬉しいけど、ちょっと負担だから断ろうと思う」とテピョン。
するとウギョンは
「テピョンさんのしたいようにすればいい」と言うのね。

一方、サンジやサンシムはホギョンが部屋から出てこず、
ご飯も少ししか食べないので心配に。
サングクに会いに来ていたゴヌクが帰るときに、
この話をするサンシムは
「ウギョンが出て行ったし、話し相手だったミスターキムもいなくなったからだ」と言うの。
そんなサンシムの話を聞いて
「僕がお兄さんに会ってきます」と部屋へ。

いい迷惑です。
ホギョンはテピョンに心を開いているけど
あなたには一切開いていませんので(`-ω-´)
自分が何かできるとか思うなヽ(`Д´)ノ


ホギョンの部屋に入ると、ホギョンはトイレに行ってるようでいなかったの。
そのときホギョンの携帯がなり、番号だけが出るのね。
気になるゴヌクが携帯を見ていると、
ホギョンが戻ってきたわ。

電話に出たホギョンはウギョンからだとわかり嬉しそう。
「俺は元気にやってるから心配するな」とホギョン。
そして電話を切ったホギョンに
「ウギョンやミスターキムのようには出来ないけど、
僕も出来る限りお兄さんに会いに来ます」とゴヌクは帰って行ったわ。

だから迷惑ですって!!

そしてウギョンの家を出たゴヌクは、
ホギョンの着信のときに出ていた番号に電話をかけ、
「お兄さんは食事もほとんど食べずに、部屋から出ていない。
お兄さんのことで話がしたいから連絡をくれ」とメッセージを残してた。

すごい記憶力やな。
しかも留守電になってたから、間違えてるかもしれんのに。


その後、家に帰ったゴヌクはヘスクに
「今すぐテピョンに電話してウギョンと別れろと言え。ウギョンが家に帰るしろ」と言うの。
ヘスクは仕方なくテピョンに電話して、明日会う約束を取り付けてた。

ゴヌクが部屋に戻ったあと、ジェサンはヘスクの部屋に行き
「テピョンの家にお前が行っていたことを知って、ゴヌクは傷ついたんだ。
ゴヌクに謝って許しを請え。それがお前が生き残る道だ」とアドバイスを。

翌日、テピョンはチラシを作り、配ることにしてたのね。
そこへウギョンから電話が。
「話があるからお昼を一緒に食べたい」というウギョンに
「先約があるんだ」とテピョン。
ウギョンは「先約って誰?」と聞くとヘスクだと答えるテピョンに
「わかったわ」と電話を切るの。

だけどウギョンはテピョンとヘスクが会うのに同行しようと思い、
テピョンが出かけるときに迎えに行き、
一緒にヘスクのところへ向かうの。

テピョンだけだと思ってたのにウギョンも一緒にやってきて驚くヘスク。
テピョンはヘスクに
「今起こってることは自分がしないといけないことだと思うんです。
手を貸していただくのはとてもありがたいけど、本当に困ったときに手を貸してください。
その時は言いますから」と言うの。
「私が出すぎたことをしたならごめんなさい」とヘスクは謝ってた。

その後、テピョンがトイレに行っているとき、ウギョンは
「昨日、おばさんを見ました。ヨンジさんと会って話しているのを聞きました。
おばさんはテピョンさんのお母さんなんですか?
そうならどうして名乗らないんですか?」と聞くの。
そこへテピョンが戻ってきたので、ウギョンもヘスクも黙ったわ。

ウギョンと別れたヘスクはキム部長に
ウギョンが知ってしまったことを話すの。
「どうしてウギョンさんが知ったんですか」と聞くキム部長に
「どうして知ったかが重要じゃないわ」とヘスク。

いやいやいやいや・・・・
どうしてウギョンが知ったかって
ヘスクがヨンジに会いに行ったからじゃない!
それは重要じゃないんですか!
ヨンジの家にウギョンがいることを知ってて、
ヨンジを呼び出したんだから、バレるのも覚悟の上ですよね?


その後、ヘスクはテピョンと別れたウギョンに声をかけるの。
そして二人はカフェへ。

「さっきの質問に答えないといけないと思って」というヘスクは
「私も最近知ったのよ。1人でいるならまだしも、家族がいる私がどうして名乗れる?
少しずつ親しくなってからテピョンに話をしようと思ってるから
ウギョンも私に時間をくれないかしら?」と言うの。
でもウギョンは「今でもテピョンさんはおばさんのことをおかしいと思ってるんです。
おばさんの立場で私は考えられません。
テピョンさんにとってどの方法がいいかのほうが重要なんです」といい、
授業があるウギョンは立ち去ったわ。

そしてウギョンは学校に行き、ジヨンに
「先生のお父さんに会いたいんだけど、一緒に行ってもいいかな」と。

その頃、子供たちはヒレからホギョンがここ数日、音信不通だと聞かされ、心配に。

一方、ウギョンがギョンスルに会いにきたので、
ジェナムはいったいウギョンが何の話をしにきたのかとか気になるらしく
あれこれ詮索を。

一方、ウギョンはギョンスルに
「テピョンさんのお母さんに会った」と報告。
テピョンの母は家族がいるので、今すぐには公表したくない考えだと話すウギョンは
「何も知らずにお母さんが会いに来るのはどうかと思うんです」と言い、
「もしかして俺たちが知ってる人なのか」とギョンスル。
そして「捨てておいて、会いたくなったからと会いに来るのはダメだろう」と言うのね。

その後、ウギョンはテピョンに電話して
「話があると言ってた話を、顔を見て話がしたい」と。

その頃、ゴヌクは自身が企画したランチングショーの招待状ができ、
ヘスクに持っていくの。
「テピョンに会ったんですか?
母さんのことを尊敬しているテピョンが言うことを聞くといいましたか?」と言うゴヌクに
「あなたの言うとおりにしているから確認は必要ない」とヘスク。
すると「ランチングショーまでに二人が別れていなければ、
母さんのことを全部公表する」とゴヌクは脅迫。

そこでヘスクはウギョンと待ち合わせしているテピョンに会いに行くの。
「約束があるのにごめんなさいね。どうしても話したいことがあったの。
この前、私にどうして良くしてくれるのかと聞いたわよね。実は・・・」と言い
ヘスクとテピョンと兄テジンが写ってる写真を見せたわ。
「この写真に写ってる女性が私なの」
「え?どういう意味で・・・」
「私がテピョンさんの本当の母なの」とヘスクは告白し・・・

あら~!
もっと引っ張るのかと思ってたけど、
ゴヌクから公表されるなら自分で名乗ろうと思ったのか。
ウギョンも知っちゃったことだしね。
懸命な判断かな。




にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ   人気ブログランキングへ   
※ランキングに参加しています。1日1回のクリックが反映されます!
 ランキングバナークリックはとても励みになっていますので
 それぞれに応援の1クリックしていただけると嬉しいです♪

◆ブログランキング◆

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

人気ブログランキングへ

1日に1回、毎日クリックしていただくとランキングに反映されますので、お帰りの際にそれぞれに応援の1クリックして頂けると嬉しいです♪

※アクションはクリックだけで結構です。立ち上がったウィンドウで何かをしないといけないこともありませんので、そのまま閉じてくださいね。

 

苺

Author:苺

このブログはコメント欄を閉じていますので
メッセージがある方は、メールフォームか
管理人へメッセージの記事のコメント欄を
お使いください。
記事の応援、更新の応援などはブログランキングのバナーをクリックしていただけると、
ものすごく嬉しいです♪ 
よろしくお願いいたします!

最新記事

Twitter

Twitter

検索

 




カテゴリ

全記事表示リンク

このブログについて

記事内のマーク説明
 →ドラマ表紙へ

レビューは完全にネタバレしています。
みなさんの好きなドラマや俳優さんの ことを悪く言ってしまうこともありますが、
個人的な感想ですのでご了承ください。

なお、字幕なし視聴はハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますが
ご理解ください。

リンクはフリーですが、
お声をかけていただくと嬉しいです。
管理人へのメッセージは下にあります
メールフォームからお願いします。

また宣伝目的のコメントや
管理人が不愉快・不適切と判断した
コメントは削除させていただくことがありますのでご了承ください。

※当ブログにて使用させて頂いております画像等の著作権・肖像権は全て出所元に帰属しています。画像コピー、転載は、ご遠慮下さい。
サイト内の文章(特にレビューの文章)の無断転載もお断りします。

MAIL

管理人へのメールはコチラから♪
返信が必要な方は必ずメールアドレスを明記してくださいね♪
管理人の判断で返信しない場合もあります。
ご了承ください。

宣伝目的のメールはご遠慮ください。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

<>+-

カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

Admin

アクセスランキング

2014/10/01~

 

 

 

ブログランキング ドット ネット

08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Copyright © 気ままに苺日和 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM)  …   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。