--.--.--*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.04.20*Sat*

私の恋愛のすべて (4話)


ドラマ情報&他の話数のレビューはコチラ → 私の恋愛のすべて

【あらすじ】
国会から抜け出したミニョンは謝罪拒否のことで詰めよる記者たちの質問に
考える余裕もなくいミニョンをジュナは連れて行く。
一方、ミニョンが心配になったスヨンはわれ知らずにミニョンの家の前へ行くけれど...


このドラマは字幕なし視聴です。
ハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますがご理解ください。


← 3話      4話   5     5話 →


国会で謝らなかったミニョンが気になるスヨンだけど
それを認めたくないらしく、
「俺が誰かのために何かをしようとしたら、注意してほしい」
とメン補佐官とサンスに言ってた。

その後、帰宅するスヨンは
ルームサロン事件でミニョンが泣いていたのを思い出し
「また泣いてるんじゃないだろうな」と心配になって
ミニョンの家の前に来ちゃった^^;;

と、そこへミニョンが帰宅。
慌てて隠れるスヨンは意を決してミニョンに声をかけるの。

どうしてここにスヨンがいるのかと驚いて聞くミニョンに
スヨンは答えず「前みたいに悩んでいるんじゃないかと思ってきたのに」と言うのね。
「もしかして私が心配で来たの?」
「いいや。自分のことが心配できたんだ」
「えぇ?自分のことが心配なら、自分の家に行きなさいよ。
どうしてここにいるのよ」というミニョンに
「俺のことはどう思ってるのか」と聞くスヨン。
何を言い出すのかとミニョンは驚きつつ
「なんとも思ってないわ」と。
「そんなはずはないだろう」とスヨンは
「最近ちょっと頭がおかしくてね」と言うの。
「それは前からですけどね」というミニョンに
あれこれと言い訳するスヨンは
「自分の気持ちを確認しにきた」と。
そんなスヨンに「酔ってるんじゃないの?」といいつつ
「もしかして、もしかしてだけど、スヨンさん私を・・・」と言うミニョン。
このミニョンの言葉をさえぎるように
「俺の足を引っ張らないでくれ」とスヨンは言うのね。
その後、ミニョンが帰宅したため、
スヨンが帰ろうとしたとき、ヨンスクとボリがこの様子を見ていて
「どうしてここに来たのか」とボリに聞かれるスヨン。
思わず怒って立ち去るスヨンを
帰宅したジュナがすれ違い、スヨンが来ていたことに気づいたわ。

その後、ミニョンの家に入ったジュナは
「誰か来ていたのか」と聞き、
ミニョンは「家の前でボリがスヨンにあったんだって」とごまかすの。
そしてミニョンの携帯でゲームをしていたボリがとばっちりを受けるんだけど
ボリが拗ねたため「10分だけだからね」とボリに携帯を貸すミニョン。

と、そのときボリがミニョンの携帯にあるスヨンの写真を見てしまいビックリ!
この写真を見たヨンスクは
「この人と寝たのか」と問い、
「そんなわけないでしょう?」とミニョン。
「だってこの前、男と寝たいって」
「それは夢だって言ったじゃない」というミニョンとヨンスクの会話に
ジュナは動揺し慌ててた(笑)

その後、写真の説明をするミニョンだけど
ジュナは「わかったけど、その写真をすぐに削除しろ」と言うのね。
ミニョンがそんな写真を持ってるほうがおかしいというんだけど、
ミニョンはスヨンをこの写真で脅迫して、
法改正の案の件を動かしているので削除できないのよね。

一方、ヒソンから「ミニョンのことが好きなんでしょう」
と電話で聞かれたスヨンはビックリして、ヒソンに会いに行くの。

ヒソンが話をするのを邪魔するスヨンに
怒り出したヒソンは
「ミニョンとスヨンさんは絶対にダメよ。政界のスキャンダルよ」と言うんだけど
「そんなことは絶対にない。ミニョンはオレのこと嫌いだって。
嫌いというよりなんとも思ってないって。俺もまた同じだ」とスヨン。

翌日、大韓国党は今後のことについて会議を。
そこへミニョンの法改正の書類にスヨンがサインをもらっていると議員の1人が報告。
コ代表はムン議員になにやら指示を。

一方、新聞の一面にはミニョンの記事が。
緑の正義党のみんなでその新聞を見ていたミニョンに
コ議員が
「法改正の書類にスヨンがサインをもらってるらしいけどどうなってるの?」と聞くの。
ミニョンはごまかしたあと、部屋を出るんだけど、
スヨンが気になるらしく、スヨンの事務室を見つめてた。

その頃、スヨンは家で夜通しジグソーパズルをしていたらしい。
そこへメン補佐官がやってきて、何かあったのかと聞いたわ。
「人のことで整理していた」というスヨンに
「始まってないのに終わったんですか。それでいったい相手は誰なんですか」
とメン補佐官。
スヨンは「聞かなくていい」と言い、
夜通し自分と戦っていたことを思い出すのね。

「結論はその人と僕とはハッピーエンディングはないということ」と言うスヨンは
もう考え終わったことなので、これ以上この話はするなとメン補佐官に言うの。
そして法改正のサインはまだ出来ていないというメン補佐官に
「わかりました。それじゃ私が動きましょう」と顔を洗い、支度を始めるスヨン。

そして議員会館に行ったスヨンは
法改正のサインを集めることを開始。

これを聞いたムン議員はスヨンに仕返しするならいまだと
スヨンの周りをうろつくけど、スヨンはムン議員を一切無視。

だけど大韓国党の党員からはサインはもらえず苦戦していて
噂を聞いたミニョンはスヨンを呼び止め
「大韓国党の人が賛成してくれれば、法改正も簡単に実現するかなと思ったけど、
無理みたいなので、サインをもらうのはもういいです。他の方法を考えます」と言うの。
「それはよかった」と言うスヨンに
「噂を気にしないで」とミニョンは言うのね。
でもこの言葉に「気にしていないし、仲がよくなったと勘違いするな」とスヨン。

このスヨンの言葉の意味がわからないと思うミニョンは
チョン補佐官に聞いてみるんだけど
「お前のことが好きだったけど、今は嫌いだですか?」といわれるの。
「やっぱりそうよね。でもそうじゃないはず」と首をひねるミニョン。

この話を聞いていたジュナはスヨンを呼び出したわ。
そしてミニョンの携帯に残っているスヨンの写真のことを話すジュナ。
「お前見たのか」と驚くスヨンに
「あぁみたよ」と言い、スヨンはかなり動揺。
そんなスヨンに
「もっと運動しないと。スヨンなんだから水泳(スヨン)でもしろよ」とジュナは立ち去ったわ。

誰にも口外しないと約束したのにと怒りに震えるスヨンは
ミニョンに会うたびに、睨んでた^^;;
どうして睨まれるのかわからないミニョンは気分が悪いのね。
でもジュナは嬉しそう。

その後、国会が行われ、続々と議員が国会会議室に入ってくるんだけど、
ムン議員のパク補佐官とミニョンがぶつかり、書類を落としちゃうのね。
中身を確認せずにお互いに持って会議室へ。

議会でムン議員の質疑応答が始まるんだけど、
ムン議員はミニョンの書類と気づかずに質疑応答を始めてしまい、
ムン議員の質疑応答を聞き、ミニョンたちは「あれ?」と思うのね。
そしてミニョンはムン議員と自分の質疑応答の書類が入れ違えたことがわかるの。
でもムン議員はそのまま続けていて、途中からおかしいと思いつつ、
どうすることもできないのね。
議員たちもムン議員は何を言ってるんだと思い始め、ざわつき始めたわ。

そして今度はミニョンの質疑応答へ。
ミニョンはムン議員の質疑応答を読みつつも、
質問しながら自分で答えるという手法に出て、
「実はムン議員の質問文と私の質問文が入れ替わりました」と公表。

ミニョンは「この質問文と回答はなんですか」と議員たちに訴えるのね。
そんなミニョンを見たスヨンは恋に落ちたらしい。

国会が終了しても恋煩いはおさまらず、
ムン議員が質問文が入れ替わった説明を記者たちにしているのに、
堂々とその前を通っていくスヨン^^;;

一方、ムン議員はパク補佐官に激怒し、
その後、ミニョンとも話をすることに。
「入れ替わったなら、すぐに本人に返すべきだろう」というムン議員に
「質疑応答が始まってから気づいたから」とミニョン。
すると「どうしてくれるんだ。
もし俺が来期に当選しなかったらどうしてくれるんだ」とムン議員は怒ってた^^;;

その頃、サンスは帰る時間になってもスヨンが部屋から出てこないことを心配。
そこでメン補佐官がスヨンの部屋へ。
真っ暗な部屋で考え事をするスヨンに
「また何かお考えですか」とメン補佐官。
「よく聞いてくれました。聞きたいことがあるんです」とメン補佐官に質問するんだけど、
自分の考えがおかしいことにスヨンは気づいたのね。
「明日からどんなスケジュールでも入れてくれ」というスヨン。

翌日、さっそく美術館の開館記念の式典に出席することになったスヨンだけど、
美術館の前でミニョンがいることに気づき、スヨンは帰ろうとするの。
と、そのとき美術館の館長から声をかけられたスヨンは、
ミニョンと軽く会釈して挨拶を。
そしてお互いにこの場にいることが嫌そうで言い合いに。

その後、式典が行われ、テープカットの後、周りの人と握手をするんだけど
ミニョンとスヨンは隣同士。
どうしても握手をしなければならなくなり、仕方なく握手するんだけど、
ミニョンはすぐに手を離したわ。

式典後の帰り道、スヨンはサンスに
「ミニョンと同じスケジュールはないだろうな。あったらキャンセルしろ」と言うんだけど
「ラジオの番組はキャンセルできません」とサンス。

そしてそのあと、スヨンとサンスとメン補佐官が食事に行くんだけど
スヨンの悩んでいることをメン補佐官はいろいろと考えてくれたようで
その話をするの。
スヨンは「サンスがいるから」と止めるけど
「内容を理解できませんよ」とメン補佐官。
スヨンは納得し、話を続けてて、やっぱりサンスは何の話をしているか理解できず^^;;

翌日、ヒソンはジュナに会いに行き
「スヨンはミニョンに気がある。ジュナ先輩が阻止して」と言うんだけど
ジュナは「会議があるから」と話をそらし、帰っていくの。

追いかけたヒソンは
「ジュナ先輩が好きな女性ってミニョンなんじゃないの?」と言うの。
ジュナは親戚関係にあるからミニョンのことは諦めたらしい。
告白も出来ないし、ミニョンを支えるために弁護士を休業して補佐官になったのよね。
「ミニョンとスヨンがスキャンダルになったらおおごとになる」というヒソンに
「それはない。俺が阻止するから」とジュナ。

一方、ラジオの放送局にやってきたスヨンは
ミニョンがいないので気になるのね。
そこへミニョンが到着。
慌てて平静を装うスヨンは、ミニョンに
「こういう番組に出るのはイメージが大切」などとアドバイスを。
そんなスヨンの助言にムッとするミニョンは
急いで来たので、髪や化粧を見るために鏡を見るの。

このミニョンをジッと見つめるスヨン。
ミニョンは
「何を見てるんですか?そんなに見られたら、私に落ちたと勘違いしてしまうわ」と。
するとスヨンは
「勘違いじゃなかったら?」と聞き・・・

期待せずに見たら、まぁそれなりに楽しめるドラマかなと思いました。
言葉のやり取りとかは面白いところもあるしね。

そして今回、スヨンがミニョンのことを好きだと認識し始めたので
これからが楽しみ。
視聴率はよくなくても、気軽に楽しめるドラマならそれでよし。




にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ   人気ブログランキングへ   
※ランキングに参加しています。1日1回のクリックが反映されます!
 ランキングバナークリックはとても励みになっていますので
 それぞれに応援の1クリックしていただけると嬉しいです♪

◆ブログランキング◆

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

人気ブログランキングへ

1日に1回、毎日クリックしていただくとランキングに反映されますので、お帰りの際にそれぞれに応援の1クリックして頂けると嬉しいです♪

※アクションはクリックだけで結構です。立ち上がったウィンドウで何かをしないといけないこともありませんので、そのまま閉じてくださいね。

 

苺

Author:苺

このブログはコメント欄を閉じていますので
メッセージがある方は、メールフォームか
管理人へメッセージの記事のコメント欄を
お使いください。
記事の応援、更新の応援などはブログランキングのバナーをクリックしていただけると、
ものすごく嬉しいです♪ 
よろしくお願いいたします!

最新記事

Twitter

Twitter

検索

 




カテゴリ

全記事表示リンク

このブログについて

記事内のマーク説明
 →ドラマ表紙へ

レビューは完全にネタバレしています。
みなさんの好きなドラマや俳優さんの ことを悪く言ってしまうこともありますが、
個人的な感想ですのでご了承ください。

なお、字幕なし視聴はハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますが
ご理解ください。

リンクはフリーですが、
お声をかけていただくと嬉しいです。
管理人へのメッセージは下にあります
メールフォームからお願いします。

また宣伝目的のコメントや
管理人が不愉快・不適切と判断した
コメントは削除させていただくことがありますのでご了承ください。

※当ブログにて使用させて頂いております画像等の著作権・肖像権は全て出所元に帰属しています。画像コピー、転載は、ご遠慮下さい。
サイト内の文章(特にレビューの文章)の無断転載もお断りします。

MAIL

管理人へのメールはコチラから♪
返信が必要な方は必ずメールアドレスを明記してくださいね♪
管理人の判断で返信しない場合もあります。
ご了承ください。

宣伝目的のメールはご遠慮ください。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

<>+-

カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

Admin

アクセスランキング

2014/10/01~

 

 

 

ブログランキング ドット ネット

11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
Copyright © 気ままに苺日和 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM)  …   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。