--.--.--*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.04.24*Wed*

頑張って、ミスター・キム! (106話)


ドラマ情報&他の話数のレビューはコチラ → 頑張って、ミスター・キム!

【あらすじ】
テジンを訪ねたテピョンに会ったヘスクは
ゴヌクの話を聞いて誤解しているテピョンに
ゴヌクの話は事実でないとテピョンを理解させる。
ゴヌクはテピョンに会って最後の警告をして、
テピョンは紛らわしい気持ちでウギョンと会って慰労を受ける。
一方ジェサンは会社からヘスクを追い出そうと企てて、
ヘスクはどうにかテピョンとウギョンを結婚させるために
テピョンが連れている子供たちを親元に返そうかと考えるけれど..


このドラマは字幕なし視聴です。
ハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますがご理解ください。


← 105話      106話   6     107話 →


テジンがいるお寺にやってきたテピョンは
ヘスクがいてビックリ。
ヘスクもテピョンに気づき、驚いたふりをし
「私にかまわず、テジンに会っていきなさい」と言うの。

するとテピョンは
「話があるんです。聞きたいこともあるし。時間があるなら話しませんか」と言い、
テピョンとヘスクは話をすることに。

テピョンはゴヌクからもらった写真をヘスクに見せるの。
これを見たヘスクはゴヌクからだとわかったのね。
「いつゴヌクが持ち出したのかはわからないけど、私が調べていたことは事実よ。
生きているのか知りたかったから。
見つけたのに会いに行かなくてごめんなさい」とヘスクは説明。

その後、ヘスクはギョンスルに保証金を渡したことを謝りに行きたいとテピョンに言い、
ギョンスルの家に向かったわ。

と、そのときテピョンの携帯にウギョンから電話が。
運転中で出られないテピョンに変わり、ヘスクが出るのね。

ウギョンが電話を切るとヨンジは
「テピョンとホン代表は一緒にいるって?二人はヒレ父のところに会いに行ったんだわ」と言うの。
そこでウギョンは「ヒレのお父さんはどんな事故で亡くなったんですか?」と聞いてみるの。
でもヨンジは「私はまだテジンのことを忘れていないから、あの事故のことは話したくない」と。

一方、ヘスクはギョンスルに
「お世話になったお礼をお金で解決しようとしていた私が恥ずかしい」と謝罪。
そして「私もこれからはここの家族の一員として、
皆さんが困っていれば手助けしたい」と申し出るの。

この話を聞いていたミョングァンとジェナムは
保証金をギョンスルが返したと聞き、ビックリ。
部屋に戻り、悔しさを隠せないミョングァンに
「いやいや、ちょっとまって。保証金のことはもうどうでもいいかも。
だってさっきホン代表はこれからはここの一員で、出来ることは手伝うと言ったじゃない!
もしかして昇進とかあるかも」といい、
「そうかな」と嬉しそうな顔のミョングァン。
「でもテピョンによくしたらね」と言うジェナムに
ミョングァンはものすごく頷いてた^^;;

その頃、テピョンの家に行き、テピョンの手料理をいただくヘスク。
テピョンに電話がかかってきたため、席を外したとき、ジュソンは
「おばさんがおじさんと先生の仲を取り持ってくれませんか。
おじさんがお金持ちの息子だとわかったら、
先生のお父さんも承諾してくれるかもしれないし」と言うの。
でもソンアとヒレは
「サンジお祖母さんが私たちがいるからダメって言ってたじゃない」と言い、
この話を聞いて驚くヘスク。
そこへテピョンが戻ってきたので、話はチョルリョン兄のことに。
有力な手がかりの場所を話すチョルリョンに
「それじゃそこから探させるわ」とヘスク。

そして家に帰ったヘスクはゴヌクに写真を渡し
「テピョンは私の子なのよ。私の言うことを信じるに決まってるじゃない。
それにテピョンはゴヌクの心配もして、できる限りの努力をすると言ってるのに
あなたはなんなの?」と部屋を出て行くの。

部屋に戻ったヘスクはキム部長に
子供たちの親のことを調べさせ、
チョルリョンに関しては兄の有力な手がかりの場所を指定し、そこから調べろと指示。
その後、サンジに電話したヘスクは
「ウギョンのことで話があります」と翌日訪ねたいと話すの。

翌朝、ホギョンは1人で庭に出ていたの。
サングクが近づくと
「ミスターキムと子供たちとでまた外に出てみたい。今度はもう少し遠いこところへ」とホギョン。
でもサングクは「あいつの話は聞きたくない」と拒否。
そんなサングクに
「ミスターキムは他の家政婦とは違って、気楽で好きだったんだ。
家族が誰も出来なかったことをミスターキムがやってくれたんだよ。
ウギョンの結婚相手はお金持ちで良い家じゃなく、
ミスターキムのような心がきれいな人ならいいと思う」とホギョンは言うの。

一方、サンジを呼び出したヘスクは
「子供たちは私がなんとかする」と話すの。
テピョンに子供たちがいなくなったからって、ウギョンとのことは許すつもりはないというサンジに
「テピョンに機会を与えてやってほしい」と頼むヘスク。

そして会社に戻ったヘスクはヒレとジュソンの親の報告書をキム部長から受け取るの。
ヒレはヘスクがなんとかすると言ってたけれど。

ヨンジにヒレを育てさせようってことでしょう?

その頃、ゴヌクはミョングァンから
「最近ホン代表がウチによくやってくる」と報告を受けるの。
これに怒ったゴヌクはテピョンを呼び出して警告。
でもテピョンは「人からの評価ではなく、ホン代表のありのままを見たいと思っています。
それはゴヌクさんに対しても同じです」
「俺はお前と仲良くなるつもりはない。逆の立場ならお前はそんなことできると思うか?」
と言い、ゴヌクは立ち去ったわ。

その後、家に帰ったテピョンはウギョンに呼び出され、
ボーリングデート。
初めてボーリングをするテピョンはなかなかピンが倒れず。
そして勝った人の言うことを聞くという条件でボーリングをしていたので
勝ったウギョンは公園のベンチでサンドイッチを食べたいといったらしい。
「本当にこんなのでいいのか」と聞くテピョンに
「こんなのがいいの」とウギョン。
するとテピョンはサンドイッチだけでなく花束も買って来ていてウギョンに渡したわ。
喜ぶウギョンに「この前約束したでしょう。今度は花束をプレゼントするって」とテピョン。
そして「僕は先生のことが好きです。とっても好きなので、どこにも行かないでください」と告白。
ウギョンは「どこにも行かない」と言い、テピョンはウギョンのおでこにキスを。
と、そのときテピョンの携帯がなるの。

実はヘスクがキム部長にチョルリョン兄を探すように指示していて、
見つかったらしい。

テピョンとウギョンはすぐに病院へ。
チョルリョンはキム部長に連れられて病院に到着し、
ヘスクはみんなをチョルリョン兄のところへ連れて行くの。
そこは霊安室。
「チョルリョンが直接確認しないといけない」とヘスクに促されたチョルリョンだけど
動けないのね。
そこでテピョンは「俺が行く」と言うんだけど、チョルリョンは止めたわ。
そして霊安室に入り「兄さん!!兄さん!!」とチョルリョンは叫び・・・

こんなタイミングで亡くなったなんて。
あと少し早かったら生きて会えたかもしれないっていうのに(´・ω・`)
まるでドラマみたいやんか!
ドラマやけどさ^^;;

でも死因はなんなんだろうか。
気になるところはまだわからんのだな。

チョルリョンもテピョンと同じで兄を亡くしてしまったので、
テピョンがそばに居てくれるとチョルリョンの気持ちは少しはラクかもしれないね。




にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ   人気ブログランキングへ   
※ランキングに参加しています。1日1回のクリックが反映されます!
 ランキングバナークリックはとても励みになっていますので
 それぞれに応援の1クリックしていただけると嬉しいです♪

◆ブログランキング◆

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

人気ブログランキングへ

1日に1回、毎日クリックしていただくとランキングに反映されますので、お帰りの際にそれぞれに応援の1クリックして頂けると嬉しいです♪

※アクションはクリックだけで結構です。立ち上がったウィンドウで何かをしないといけないこともありませんので、そのまま閉じてくださいね。

 

苺

Author:苺

このブログはコメント欄を閉じていますので
メッセージがある方は、メールフォームか
管理人へメッセージの記事のコメント欄を
お使いください。
記事の応援、更新の応援などはブログランキングのバナーをクリックしていただけると、
ものすごく嬉しいです♪ 
よろしくお願いいたします!

最新記事

Twitter

Twitter

検索

 




カテゴリ

全記事表示リンク

このブログについて

記事内のマーク説明
 →ドラマ表紙へ

レビューは完全にネタバレしています。
みなさんの好きなドラマや俳優さんの ことを悪く言ってしまうこともありますが、
個人的な感想ですのでご了承ください。

なお、字幕なし視聴はハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますが
ご理解ください。

リンクはフリーですが、
お声をかけていただくと嬉しいです。
管理人へのメッセージは下にあります
メールフォームからお願いします。

また宣伝目的のコメントや
管理人が不愉快・不適切と判断した
コメントは削除させていただくことがありますのでご了承ください。

※当ブログにて使用させて頂いております画像等の著作権・肖像権は全て出所元に帰属しています。画像コピー、転載は、ご遠慮下さい。
サイト内の文章(特にレビューの文章)の無断転載もお断りします。

MAIL

管理人へのメールはコチラから♪
返信が必要な方は必ずメールアドレスを明記してくださいね♪
管理人の判断で返信しない場合もあります。
ご了承ください。

宣伝目的のメールはご遠慮ください。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

<>+-

カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

Admin

アクセスランキング

2014/10/01~

 

 

 

ブログランキング ドット ネット

09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
Copyright © 気ままに苺日和 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM)  …   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。