--.--.--*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.05.05*Sun*

頑張って、ミスター・キム! (116話)


ドラマ情報&他の話数のレビューはコチラ → 頑張って、ミスター・キム!

【あらすじ】
ヨンジとウギョンの話を聞いて衝撃で倒れたホギョンは病院に移されて、
テピョンはヨンジにホギョンの話を聞いてウギョンを心配する。
ジェサンとゴヌクはホギョンの見舞いにきて、
ジェサンはウギョンに是非を論じるゴヌクを叱って、
ウギョンにゴヌクが心を変えられるように冷静に対してほしいと要請をする。
一方テピョンの家に尋ねてきたソンア母は
まもなくソンアを連れて行くとテピョンに話すけれど...


このドラマは字幕なし視聴です。
ハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますがご理解ください。


← 115話      116話   8     117話 →


ヒレがテジンの娘だと知ったホギョンは
ショックのあまり気を失い病院へ。

意識は戻らないけど、
命には別状がないらしく、
サングクやサンジ、サンシムやウギョンは一安心。

その後、ホギョンは目が覚めるけど
「一人にしてほしい」と言い、
ウギョン以外は家に帰ることに。

一方、テピョンはギョンスルに
ホギョンの足をあんなふうにしてしまったのは
自分の兄テジンだと話すの。
ウギョンとテピョンが別れた理由がわかったギョンスルだけど
テピョンの
「ホギョンさんとヒレを守るために別れたんだから、いいことです」
と言う言葉に
「何がいいことだ」と言ってた。

その後、家に帰ったテピョンは
ヘスクから電話があり、
子供たちの夕飯を作った後、ヘスクと食事に行くことになったわ。

テピョンが辛いだろうと思うヘスクは
慰め方が食事を誘うことぐらいしかなかったのね。
ウギョンの話をするヘスクに
「もうちゃんと整理してきたから、その話はしないで」とテピョン。

と、そのときソンア母から電話が。
ソンアを連れて行くという話を聞いたテピョンは
「今回は本当だろうな」と言い、電話を切るの。
話を聞いていたヘスクは
「ソンアがお母さんのところに行くのはいいことじゃない。
もしかしてソンアを手放したくないんじゃない?」と聞くのね。
「俺がどうこう言う問題じゃない。母親のところに行くのがいいんだから」
とテピョンは言うけど、寂しそうなのね。

テピョンと別れたヘスクは
ソンア母に電話して
「ソンアを連れて行くのを少し待ってくれないか」と言ってみるけど、
「もしかして気が変わったんですか」とソンア母に言われ、
「いいの。あなたの好きにして。ただしテピョンには絶対に言わないでね」と約束を。

一方、ホギョンの入院する病院の知り合いの医師から
ジェサンにホギョンが入院したという連絡が入るの。
心配するジェサンはゴヌクとともに明日ホギョンに会いに行こうと考えるのね。

と、そこへヘスクが帰宅。
ホギョンが倒れたことをジェサンが話すと
ヘスクはゴヌクがホギョンにテピョンのことを話したのではないかと思い
ジッと見つめてた。

そのことにムッとしたのに、
さらにヘスクがテピョンと食事に行っていたことを知ったゴヌクは、
イライラしながらも部屋に戻り、ウギョンに電話して
「どうしてホギョンさんが倒れたことを言わなかったんだ」と怒るの。
「どうして私があんたにいちいち報告しないといけないのよ」と言うウギョンに
「明日父さんと行くから、どこにも行かずに待っておけ」とゴヌク。

いちいちムカツク行動するな、あんたは(`-ω-´)

翌朝、ソンア母がテピョンに会いにやってくるの。
家を準備した証明を見せるソンア母に
「こんな大金どうしたんだ。また何か変なところで借りたんじゃないだろうな」
とテピョン。
ソンア母はヘスクのことは言えないので、
「知り合いのお姉さんが貸してくれて、少しずつ返せばいいと言ってくれたから」
と、うまくごまかしてた。

と、そのときテピョンの携帯にヨンジから電話が!
「先生のお兄さんが倒れたのよ。怖くて死にそう」というヨンジの電話に驚いたテピョンは
すぐにヨンジの家へ。
事情を聞き「どうして先生の家に行ったんだ!!」とテピョン。
「ヒレが知ったらどうしよう」と言うヨンジは
ウギョンからホギョンはもう大丈夫だから心配するなと言われたと話すの。

そこでテピョンはウギョンに
「お兄さんの事を聞いたんだけど、大丈夫?」
とメールを入れるのね。
「目を覚ましたし、心配することないわ」と返信するウギョン。

と、そこへジェサンとゴヌクがやってくるの。
ホギョンは誰とも話したくなさげで、
ジェサンとゴヌクもすぐに病室を出たわ。

だけどゴヌクはウギョンに
「ミスターキムにホギョンさんが倒れたことを話したのか」など
言わなくてもいいことを言い、ジェサンに止められてた。

そしてゴヌクは先に車の準備をしに行くの。
その間にジェサンは、
「ゴヌクがお前にすがっても、突き放してほしい」とお願いを。

一方、保健室に行ったジュソンは
ジヨンが電話でウギョン兄のホギョンが倒れて入院していると話しているのを聞いてしまうの。
すぐにヒレを追いかけて、このことを伝えるジュソン。
するとヒレはホギョンのいる病院に向かい、ジュソンもお供を。

その途中で、ジュソンはチョルリョンに電話して
ヒレとともにホギョンのお見舞いに行くことを伝えたわ。

その頃、ジュヒはジヨンに「ドライブに行こう」と連れられて、
カフェにやってくるの。
「ドライブなのにどうしてここに?」と聞くジュヒに
「もう少し待ってて」とジヨン。
そしてそこにやってきたのはチョルリョンなのね。
「ちょっと行って来るからそれまでの間、二人で話してて」と立ち去るジヨン。
ジヨンのおかげで二人は久々に会って話すことが出来て、嬉しそう。

前半、テピョンに言い寄ってるジヨンは嫌いだったけど、
後半、理解あるとってもいい人になってくれてよかった~
これでこそジョンユンさんにピッタリな役だわ♪


一方、ヒレとジュソンが病院に向かっているとき、
家に帰ったテピョンはソンアからこの話を聞き、
慌てて病院へと向かうの。

その頃、ヒレとジュソンは病院に着くけど、
病室の前でウギョンとバッタリ会い
「今は誰とも会えないから帰って」と言われちゃった。

ウギョンとテピョンが別れたからって
子供たちまでも拒否するのはどうしてなんだろうと思うジュソン。
と、そのときヒレが本を見つけるの。

一方、ウギョンはホギョンに
「散歩にでも行こうか」と声をかけるんだけど
「ドアを開けてくれ。息苦しい」と。
この言葉にウギョンはドアを開けるのね。

するとホギョンは
「お前たちが別れた理由がこのせいだったのか?
ミスターキムがテジンの弟だとわかったからか」と言うの。

その頃、病院にテピョンが到着。
ジュソンを見つけたので「ヒレは?」と聞いてみると
「おじさんが暇だろうって本を買って、病室に行きました」とジュソンが言うので
テピョンは慌てて、ホギョンの病室に向かったわ。

そのホギョンは
「どうしてこんなことが。。。どうしてこんな偶然があるんだろう。
俺の足をこんな風にしたテジンの娘がヒレなんて。どうして気づかなかったんだろう。
考えてみればテジンとヒレは似てるところが多々あるのに」といい、
ウギョンは
「ヒレやテピョンさんとはもう会うことはないわ」となだめてた。

そこへ「ヒレ!」と言うテピョンの声が。
ウギョンが振り向いてみると、そこにはヒレがいて、
話を聞いていたヒレは驚き・・・

知られたくない事実が、面白いくらいに
どんどんバレていきますが(笑)
ホギョンはさすがに簡単に何もなかったことには出来ないだろうね。
それぞれ、辛い葛藤が続きますなぁ。




にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ   人気ブログランキングへ   
※ランキングに参加しています。1日1回のクリックが反映されます!
 ランキングバナークリックはとても励みになっていますので
 それぞれに応援の1クリックしていただけると嬉しいです♪

◆ブログランキング◆

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

人気ブログランキングへ

1日に1回、毎日クリックしていただくとランキングに反映されますので、お帰りの際にそれぞれに応援の1クリックして頂けると嬉しいです♪

※アクションはクリックだけで結構です。立ち上がったウィンドウで何かをしないといけないこともありませんので、そのまま閉じてくださいね。

 

苺

Author:苺

このブログはコメント欄を閉じていますので
メッセージがある方は、メールフォームか
管理人へメッセージの記事のコメント欄を
お使いください。
記事の応援、更新の応援などはブログランキングのバナーをクリックしていただけると、
ものすごく嬉しいです♪ 
よろしくお願いいたします!

最新記事

Twitter

Twitter

検索

 




カテゴリ

全記事表示リンク

このブログについて

記事内のマーク説明
 →ドラマ表紙へ

レビューは完全にネタバレしています。
みなさんの好きなドラマや俳優さんの ことを悪く言ってしまうこともありますが、
個人的な感想ですのでご了承ください。

なお、字幕なし視聴はハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますが
ご理解ください。

リンクはフリーですが、
お声をかけていただくと嬉しいです。
管理人へのメッセージは下にあります
メールフォームからお願いします。

また宣伝目的のコメントや
管理人が不愉快・不適切と判断した
コメントは削除させていただくことがありますのでご了承ください。

※当ブログにて使用させて頂いております画像等の著作権・肖像権は全て出所元に帰属しています。画像コピー、転載は、ご遠慮下さい。
サイト内の文章(特にレビューの文章)の無断転載もお断りします。

MAIL

管理人へのメールはコチラから♪
返信が必要な方は必ずメールアドレスを明記してくださいね♪
管理人の判断で返信しない場合もあります。
ご了承ください。

宣伝目的のメールはご遠慮ください。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

<>+-

カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

Admin

アクセスランキング

2014/10/01~

 

 

 

ブログランキング ドット ネット

06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
Copyright © 気ままに苺日和 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM)  …   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。