--.--.--*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.05.21*Tue*

男が愛する時 (9話)


ドラマ情報&他の話数のレビューはコチラ → 男が愛する時

【あらすじ】
テサンは精一杯準備しミドを家に招く。
直接料理もして2人だけの水入らずの時間を送ろうとするけれど...
一方ミドとジェヒの関係に感づいたソンジュは
わざわざ二人を共に出張に行かせようとする。


このドラマは字幕なし視聴です。
ハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますがご理解ください。


← 8話      9話   6     10話 →


テサンはミドにプロポーズするけど、
ミドは答えず。

そして帰り道、テサンは
「明日、俺の家に来ないか。俺が料理を作ってやる」と。

一方、チャンヒ、ジェヒ、ドングは
公園でバスケを。
そのそばでソンジュが見てたわ。
「食事に行かない?」と誘うソンジュだけど
みんな約束があるので、断るの。
「いいわ。一人で食べるから」と立ち去るソンジュ。

その頃、ヨンガプはドングに電話して
「寂しいんだ。俺が死んでも誰一人として泣いてくれる人なんていない」
と泣きつくのね。

その後、ソンジュが1人で食事をしているところにやってきたヨンガプ。
「一緒に食べたくないから他の席に行ってくれない?」とソンジュは言うけど
あいにく満席。
「そんなにイヤなら目を瞑って食べろ」とヨンガプがいうので
ソンジュはサングラスをして食べてた^^;;

一方、ジェヒは道端で、美術監督の講演ポスターを見かけるの。
そのポスターをお持ち帰りし、本屋の外に貼るのね。

その頃、チャンヒとドングは建設現場へ。
ドングはお金に困っているけど、テサンに言えないから
チャンヒからお願いしてもらえないかと言うの。
怒るチャンヒに
「いっそ俺がボスを殺していればよかった。
そうすれば、刑務所から出ても、いい待遇が与えられたんだから。
いままでテサンさんを見守ってきたのは俺だ」とドング。
この言葉にチャンヒは激怒!!
するとドングは
「右腕は左腕がどう思ってるかわかりますか。
いや、もうジェヒがいるから俺は左腕にもならないかもしれない」と立ち去るの。
ドングを見つめながら
「お前がテサンさんをそんな風に言っちゃだめだろう」とつぶやくチャンヒ。

一方、家に帰ったミドは美術監督の講演ポスターを見つけ、
ギョンウクに「誰が貼ったのか」と聞くの。
「お前の方がよくわかってると思うけど。わからないならそれでもいい」
とギョンウクはいい、ミドはジェヒが持ってきたんだと知るのね。

部屋に戻り、サイン帳を久しぶりに開くミドは忘れかけていた夢を再び思い出したらしい。

その頃、テサンは明日の料理のお買い物を。
冷蔵庫に入れているとき、ソンジュが訪ねてくるの。

ホンジャの料理をお持ち帰りしたソンジュは
「自分が作った」と言い、テサンに食べさせるの。
一口食べたテサンは「昔、食べた味だ」と嬉しそう。

と、そのときミドから電話があるの。
ソンジュはわざと大きな声で話し、
ミドは気分を悪くしてた。

そしてしソンジュが帰った後、テサンは料理の準備やら
掃除やらで結局、徹夜。

知らぬ間に寝てしまっていたので、起きたテサンは時計を見てビックリ。
料理も準備できてなくて、しまった!と思うテサン。

一方、ミドがデートだと知ったソネは
「ハン社長を絶対に離しちゃダメよ」とアドバイス。
でもミドは美術監督への夢を思い出しているため
「私だってしたいことを我慢してるのよ」と言い返してた。

そしてテサンの家に行ったミドは
テサンが料理を作るのをお手伝い。

出来上がり食べるミドは「美味しい」と満足そう。
テサンもそんなミドを見て嬉しいのね。
が!ミドは
「ピクルスない?」と聞き、
テサンは冷蔵庫から出してくるの。
するとミドは「これは辛くないから」と、しし唐をテサンに食べさせたわ。
最初は大丈夫だったテサンだけど、辛くなってたまらず牛乳をがぶ飲みしてるし^^;;

そのときソンジュがやってきた!
実はソンジュは昨日の夜、食事を持ってきたときに
手を洗っていて、そこでブレスレットを置いてきちゃったのよね。

ミドはソンジュが来たので、テサンとソンジュのやり取りをじっと見てた。

ソンジュが帰った後、テサンとミドは映画を見るけど、
テサンは途中で寝ちゃった^^;;
ミドはテサンを起こさないように家を出るの。

そして家の前にくると、ジェヒが黒板になにやら書いていて、
そのそばにはミドへのプレゼントが。

ジェヒが立ち去った後、黒板とプレゼントを見たミドは
ちょっと嬉しそう。

一方、テサンは辺りが暗くなった頃に目が覚めて、
ミドを探し回るけど、ミドはどこにもおらず。

翌日、テサンに呼び出されたミドは
「寝てしまったことは怒っていない」と言うけど
「私のことが好きだというのはわかってるけど、
それならソンジュさんはいったいなんなの?
希望があるのかな。利用価値があるから?」と聞くの。
「なんでそんなことを言うんだ」
「私はただそう感じるから聞いてるだけ」
「お前は考えもなしにそんなことを言うのか」と言い、
立ち去ろうとするミドに
「まだ話は終わっていない」とテサン。
だけどミドは話は終わったと去ろうとするのね。
するとテサンは「話はまだ終わってないと言ってるだろう!!」と大きな声を出したわ。
「俺をバカにしてるのか?お前の望むことをするから俺を甘く見てるのか?」
「それなら私は理解できなくても、言いたいことすら言っちゃいけないの?
仮があるから言うなってこと?」
「今はその話をしてるんじゃないだろう!!!二度とそんなことを言うな」
と立ち去るテサン。

この話をジェヒが聞いていて、
怒鳴られたミドを心配そうに見つめてた。

その後、テサンはジェヒと仕事の話を。
と、そこへチュングがやってくるの。
チュングは「お前の母さんが病気ですぐに手術をしないといけない」
と切羽詰まった感じでくるんだけどテサンは
「どこに住んでて、どんな病気なんだ?」と。
この言葉にチュングは言葉がでないのね。

その日の夕方、ミドとジェヒは仕事の一環として
美術監督の講演に行くことに。
ミドは嬉しくて、サインまでもらったんだけど、
バスの中で見ているとき、テサンから
「さっきは俺が悪かった。本屋で待ってる」と電話があるの。
「会社に一旦戻らないといけないから遅くなるかもしれないけど」
と言い、ミドは自分が降りるバス停だと気づいて急いで降りるの。
その時にサイン帳を落としたけど気づかず。

会社に行くとジェヒが待っていて、
ミドは嬉しそうに
「サインをもらったのよ」とサイン帳を見せようとしたとき
サイン帳をなくしたことに気づくの。
「バスの番号がわかってるのなら、電話して聞けばいい」とジェヒ。

でもミドは見つからなかったのか、
放心状態のまま本屋に戻ってきたわ。
「サイン帳を失くした」と言うミド。
するとテサンは「また俺が買ってやる」と言うのね。

本を片付けることも出来ないくらい、ショックを受けているミドに
「ここは俺が片付けておくから」とテサン。

その後、テサンは本屋の前でミドにメールしようかどうしようかと悩んでた。
と、そのときミドがタクシーに乗りどこかへ。

ミドが向かったのはバスの車庫。
一台一台チェックしながら見ていたミドは
ふと誰かがバスの車庫にいることに気づくのね。
怖くなったミドは恐る恐る動いて、
一台のバスに乗り込むの。
と、そのときミドが座ってた辺りから人が出てきて
ミドは悲鳴を。
でもそれはジェヒだったの。

一方、テサンはミドを追ってバスの車庫にやってきてたわ。
ミドに電話してみると、携帯を家に置いたままでソネが出るのね。

その頃、ミドはサイン帳を見つけてもらい嬉しくて
「ありがとう」とお礼を言い、見つけてもらったお礼におごると言ってたのかな。
そしてサイン帳を見せるの。
サインを見てジェヒも嬉しそう。

そんな二人のそばにはテサンがいて・・・

ジェヒとミドの関係は今のところ曖昧だけど
グァムでのことがバレたら・・・と思うと怖いねぇ。
ソンジュはなんとなく気づいているようだし。

ミドとテサンの間で揺れているミドですが、
どっちつかずなのはそろそろ終わってもらわないと
飽きてきますわ^^;;




にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ   人気ブログランキングへ   
※ランキングに参加しています。1日1回のクリックが反映されます!
 ランキングバナークリックはとても励みになっていますので
 それぞれに応援の1クリックしていただけると嬉しいです♪

◆ブログランキング◆

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

人気ブログランキングへ

1日に1回、毎日クリックしていただくとランキングに反映されますので、お帰りの際にそれぞれに応援の1クリックして頂けると嬉しいです♪

※アクションはクリックだけで結構です。立ち上がったウィンドウで何かをしないといけないこともありませんので、そのまま閉じてくださいね。

 

苺

Author:苺

このブログはコメント欄を閉じていますので
メッセージがある方は、メールフォームか
管理人へメッセージの記事のコメント欄を
お使いください。
記事の応援、更新の応援などはブログランキングのバナーをクリックしていただけると、
ものすごく嬉しいです♪ 
よろしくお願いいたします!

最新記事

Twitter

Twitter

検索

 




カテゴリ

全記事表示リンク

このブログについて

記事内のマーク説明
 →ドラマ表紙へ

レビューは完全にネタバレしています。
みなさんの好きなドラマや俳優さんの ことを悪く言ってしまうこともありますが、
個人的な感想ですのでご了承ください。

なお、字幕なし視聴はハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますが
ご理解ください。

リンクはフリーですが、
お声をかけていただくと嬉しいです。
管理人へのメッセージは下にあります
メールフォームからお願いします。

また宣伝目的のコメントや
管理人が不愉快・不適切と判断した
コメントは削除させていただくことがありますのでご了承ください。

※当ブログにて使用させて頂いております画像等の著作権・肖像権は全て出所元に帰属しています。画像コピー、転載は、ご遠慮下さい。
サイト内の文章(特にレビューの文章)の無断転載もお断りします。

MAIL

管理人へのメールはコチラから♪
返信が必要な方は必ずメールアドレスを明記してくださいね♪
管理人の判断で返信しない場合もあります。
ご了承ください。

宣伝目的のメールはご遠慮ください。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

<>+-

カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

Admin

アクセスランキング

2014/10/01~

 

 

 

ブログランキング ドット ネット

08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Copyright © 気ままに苺日和 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM)  …   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。