--.--.--*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.05.30*Thu*

男が愛する時 (14話)


ドラマ情報&他の話数のレビューはコチラ → 男が愛する時

【あらすじ】
ミドを守ると決心したジェヒは投資の件を成功させた後、韓国を離れることを決心する。
一方、チャンヒはテサンがいるペンションにミドを呼ぶけれど...


このドラマは字幕なし視聴です。
ハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますがご理解ください。


← 13話      14話   7     15話 →


録画したミドとジェヒの会話を聞いたテサンは怒り、
ピアノの上に置いてあった、ミドとテサンが作ったこけしを割ってた。

その後、ミドの言葉を思い出し、ショックを受けながら車を走らせるテサンは
タイヤがパンクし、何台かの車とぶつかりそうになりながら、
ガードレールギリギリのところで止まるの。

翌朝、リビングに割れたこけしが散乱していて
ソネたちが片付けていたの。
するとミドが「今日、家に帰ろう。家が無理ならチムジルバンに行けばいい。
私だってやりたいことがあるのよ。ニューヨークに行くわ」
と言い出し、テサンと結婚しないというミドにソネは激怒。

一方、テサンは車のタイヤがパンクしたので、
歩いて自分の別荘へ。

秘書たちから電話があったけれど、テサンは出ないのね。

その頃、テサンと連絡が取れず、
ジェヒがミドが好きだとテサンに話したと聞いていたチャンヒは
ミドを呼び出し「テサンさんの彼女として話をします。
テサンさんと連絡が取れませんが、どこにいるか知ってますか」と聞くの。
「私も知りません」と言うミドに
「テサンさんはあなたが初めてで最後で全てなんです。
ジェヒのことは相手にしなくてもいいでしょう。
それなのにどうしてジェヒまで苦しめるんだ。
ジェヒには何がなんでもあなたを忘れるように説得しますから、あなたも忘れてください。
ジェヒから連絡があっても出ないでください。もちろん会うのもやめて下さい」
とチャンヒ。
「私はジェヒさんが好きなんです」
「ジェヒを好きにならないでください。ジェヒを揺れさせないでくれ」
と言うチャンヒに何も言わずにミドは立ち去ったわ。

一方、ソネは何とかしてミドとテサンを結婚させたいと考え、
テサンに電話を。
ソネからの電話に出たテサンに
「私がなんとかしてミドを説得するから、
家族たちで食事をする席を早くに作りましょう。今日はどう?」
とソネ。
「わかりました。夕飯に戻ります」とテサンは言い、電話を切ったわ。

その後、チャンヒから電話があり、
別荘にいることを伝えるテサン。

別荘にやってきたチャンヒはテサンが居て、ホッと一安心。
「夕方にソウルに戻らないといけないからシャワーだけ浴びてくる」
と言い、テサンが立ち去ったので、チャンヒは片づけを。
するとテサンのジャケットの下からビデオカメラが見つかるの。
見てみるとテサンがミドに宛てたメッセージが入っていて、
テサンが苦しんでいることに胸を痛めるチャンヒ。
そのまま録画したものを見ていると、ミドとジェヒが話をしているところを見つけ、
チャンヒはビックリ。

その後、チャンヒがテサンを家に送っていると
「これから別荘で寝泊りする」とテサンが言うので
「送り迎えをする」と申し出るチャンヒ。
でもテサンは「そんなことしなくてもいい」と拒否するのね。

一方、ヨンガプは偽テミンを連れて、ホンジャの店へ。
テミンだとほのめかすヨンガプにホンジャは気になって仕方がない様子。

その頃、ソンジュはテミンが生きていると報告を受けるの。
そしてそのテミンの養父がチャン・ジミョンという人物だとわかり、
ソンジュは「まさかあのチャン・ジミョン社長じゃないわよね」と。

チャン・ジミョンって誰やねん(`-ω-´)

一方、テサンはミド家族と食事を。
ソネはテサンがギョンウクにミドと結婚したいと正式に話すんだと思ってたのに、
テサンはまったく言わず。
すると今度はミドが
「話があるんだけど」と言い出し、外国に行くと話すの。
これを聞いていたテサンは「行けばいい。頑張って来い」と言うのね。
ソネは「そうじゃないでしょう」とテサンに促そうとするけど
「他の男のことを思って、騙してそばにいられるのもどうかと思う」
と言い、帰って行ったわ。

テサンを追いかけたミドは
「本心で言っているのか」と聞き、
「本心だ」とテサン。
でも本当の気持ちはミドが自分から離れるのなら
ミドが死ねばいいと思っていると話すの。

そしてテサンは待っていたチャンヒに
「1人で帰る」と立ち去るの。

ミドとテサンの会話を聞いてたチャンヒは
家に帰ってきたジェヒに
テサンが録画していた動画を見せるの。
最初は何かと思っていたジェヒだけど、
自分とミドが話しているところが映りビックリ。
そんなジェヒに
「ミドさんにメッセージを送ろうとして、そのまま録画しているのを忘れていて
偶然撮ったものみたいだ。これをテサンさんは見たんだ」と説明するチャンヒ。

一方、荷物を取りにテサンの家に戻ったミドたち。
でもソネはミドが間違えたことをしているから
自分が阻止して、なんとかしてテサンの怒りを抑えて許してももらおうと考えていて、
ミジュンたちに反対されてた。

その頃、1人で別荘にいたテサンはミドの声が聞こえるの。
別荘を探し回っているときに、今度はミドとジェヒの声が聞こえ、
必死で探し回るけど、別荘には誰もおらず。
そして幻聴はさらにひどくなり、
「テサンさんが死んだらいいと思う」とミドの声が聞こえるテサン。

翌朝、チャンヒはジェヒの部屋で
チャン・ジミョンと言う名前を見つけるの。
「この人と交渉してるのか」と聞くチャンヒに
「その会社の副社長と交渉してる」とジェヒ。
「副社長って誰だ」
「その人の息子だ。どうしてそんなこと聞くんだ?」
と言うジェヒにチャンヒは何も言わず。

その後、ジェヒはソンジュに呼び出されたので、
空港に行く前にソンジュに会うの。
ジェヒが交渉している副社長に
どこで韓国語を習ったのか聞けというソンジュに
「どうしてだか理由がわからないと、聞かない」とジェヒ。
そこでソンジュは
「テサンさんの弟テミンの可能性がある」と告げたわ。

一方、チャンヒはずっと考えていたけど、
意を決してある箱をあけるの。
そこには祖母の写真など思い出の品が入っていたわ。
そしてその祖母の写真の中に、隠されていた一枚の名刺。
そこにはチャン・ジミョンの名前が・・・

だから誰やねんって!!

その後、チャンヒはテサンの別荘へ。
テサンを元気づけるために食事を作ろうと食材を買ってきたチャンヒだけど
テサンは「要らない」と力なさげに言うのね。
うつろな目のテサンは
「17才のときに親に捨てられたときに思ったんだ。俺は1人だと」と弱音を吐くの。
「そんなことない。僕がいるじゃないですか。テサンさんは僕の家族です。
テサンさんを守るためにボスを殺したんです。
一度も後悔なんてしたことありません。阻止しないと!!
僕が元の場所に戻してみせます」
「お前は弟が愛している女性を殺すことはできるか」とテサン。

この言葉でチャンヒは、中古車と偽造ナンバープレートを購入。
そして別荘に行く道で下見を。

と、そこへテサンの様子を見に来たソンジュに声をかけられるの。
「何をしているのか」と聞かれても
「帰ってください」とチャンヒ。
ソンジュは気になりながらも、帰って行くのね。

そしてチャンヒはミドに動画を送りつけるの。
動画を見て驚くミドに電話をかけ
「その動画を送ったのは僕です」とチャンヒ。
「カメラをつけて監視してたってこと?」
「来週、ミドさんの誕生日でしょう。
メッセージを送ろうと録画していたら、間違って録画しっぱなしになっていたようです。
テサンさんを殺したいんですか?違うでしょう?テサンさんは今、とても辛いんです。
ここにきて誤解を解いてください」とチャンヒに言われたミドは、
テサンの別荘に行くことにするの。

一方、香港に到着したジェヒはテミンと食事を。
韓国語は父から習ったというテミンに
「お父さんは香港の人じゃないんですか」とジェヒ。
するとテミンは違うというのね。

そしてテミンはジェヒに兄弟のことを聞くの。
この質問にこと細かく答えるジェヒに
「そこまで聞いていませんが」とテミン。
「僕が詳しく話せば副社長も話して下さるかと思って」とジェヒが言うので、
「僕は養子です」とテミン。

そしてテミンからテサンの話が出たので
「今度三人で食事する機会を作りましょうか」とジェヒ。
「機会があればね」
「副社長は結婚されてるんですか」
「いいえ。テサン社長は結婚されてるんですか」
「いえ、まだです」とジェヒは答えてた。

その頃、ミドはチャンヒに言われたとおりのバス停で降り、
別荘へ向かう道を歩いていたの。
そしてチャンヒやテサンに電話してみるけど、
二人とも電話に出ないのね。
このまままっすぐ行けばいいのかと思いながら歩いているとき、
後ろから車が猛突進してきて、ミドは車に轢かれ、田んぼの中に。

車から降りたチャンヒは、ミドの状況を確認しようとするけど、
そのとき車がやってきたので、慌てて車に乗って立ち去るチャンヒ。

一方、テサンはミドのことが頭から離れず、
意を決してミドに電話してみるのね。
するとミドが事故に遭ったことを聞き、
すぐに病院に向かったわ。

ギョンウクたちも病院にかけつけ、
ギョンウクはテサンを責めるんだけど
「僕もどういうことなのかわからないんです」とテサン。
そして「今日が山らしいです」とテサンは説明し
ギョンウクはテサンにビンタを。

その後、ICUは女性のみしか入れないので、
ソネとウネがミドのそばに付き添ってた。

その頃、ジェヒにもミドの事故が知らされ、ジェヒは呆然と。

一方、ICUから離れたところの椅子に座るテサンは
どうしてこんなことに・・・と
思うんだけど、ふとしたときに
チャンヒに「お前の弟が愛する女性を殺せるか」と聞いたことを思い出すの。
まさかチャンヒが・・・と思うテサンは、
ICUのミドを辛そうに見つめ・・・

チャンヒがどれだけテサンに忠誠を尽くしていたか、
テサンはわかってたはず。
それなのに、いくら心が壊れそうだとしても
チャンヒにあんなこと言っちゃダメだわ。

そしてICUに入ってるミド。
目を閉じてるけど、微妙に目がぴくぴく動いていませんでしたかね?
なんだかとっても気になったんだけど^^;;




にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ   人気ブログランキングへ   
※ランキングに参加しています。1日1回のクリックが反映されます!
 ランキングバナークリックはとても励みになっていますので
 それぞれに応援の1クリックしていただけると嬉しいです♪

◆ブログランキング◆

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

人気ブログランキングへ

1日に1回、毎日クリックしていただくとランキングに反映されますので、お帰りの際にそれぞれに応援の1クリックして頂けると嬉しいです♪

※アクションはクリックだけで結構です。立ち上がったウィンドウで何かをしないといけないこともありませんので、そのまま閉じてくださいね。

 

苺

Author:苺

このブログはコメント欄を閉じていますので
メッセージがある方は、メールフォームか
管理人へメッセージの記事のコメント欄を
お使いください。
記事の応援、更新の応援などはブログランキングのバナーをクリックしていただけると、
ものすごく嬉しいです♪ 
よろしくお願いいたします!

最新記事

Twitter

Twitter

検索

 




カテゴリ

全記事表示リンク

このブログについて

記事内のマーク説明
 →ドラマ表紙へ

レビューは完全にネタバレしています。
みなさんの好きなドラマや俳優さんの ことを悪く言ってしまうこともありますが、
個人的な感想ですのでご了承ください。

なお、字幕なし視聴はハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますが
ご理解ください。

リンクはフリーですが、
お声をかけていただくと嬉しいです。
管理人へのメッセージは下にあります
メールフォームからお願いします。

また宣伝目的のコメントや
管理人が不愉快・不適切と判断した
コメントは削除させていただくことがありますのでご了承ください。

※当ブログにて使用させて頂いております画像等の著作権・肖像権は全て出所元に帰属しています。画像コピー、転載は、ご遠慮下さい。
サイト内の文章(特にレビューの文章)の無断転載もお断りします。

MAIL

管理人へのメールはコチラから♪
返信が必要な方は必ずメールアドレスを明記してくださいね♪
管理人の判断で返信しない場合もあります。
ご了承ください。

宣伝目的のメールはご遠慮ください。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

<>+-

カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

Admin

アクセスランキング

2014/10/01~

 

 

 

ブログランキング ドット ネット

10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Copyright © 気ままに苺日和 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM)  …   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。