--.--.--*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.06.05*Wed*

恋愛操作団;シラノ (2話)


ドラマ情報&他の話数のレビューはコチラ → 恋愛操作団;シラノ

【あらすじ】
ミニョクの初めての依頼人ドクターJチン・ジュニョク!
真心が行き来するロマンスを夢見たミニョンの幻想とは違って、
すべての作戦はビョンフンの徹底的に計算された演出のもと、
恋愛操作作戦でターゲットをだまして心を攻略する方式だった。
初めての作戦からビョンフンとミニョンはぶつかり合い、
ついにミニョンはビョンフンの作戦を無視して独断的な行動をしようとするけれど...
作戦名‘ハードボイルド ドクターJ'依頼人とターゲット.
果たしてこれらは愛を始めることができるだろうか?!


このドラマは字幕なし視聴です。
ハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますがご理解ください。


← 1話      2話   6     3話 →


ビョンフンに助けられたミニョンだけど
「もし怪我していたらどうしてくれるつもりだったのか」と。
「助けたんだからありがとうと言うのが当たり前じゃないのか」とビョンフンは言いつつ、
ジェインの行動をチェック。

そしてジェインが立ち去るのを見届けたビョンフンは
ミニョンから離れたわ。
「俺の計画がどれだけ完璧だったかわかったか」
と言うビョンフンに
「だけど全部偽物じゃない」と反論するミニョン。

するとビョンフンは
ジュニョクは6ヶ月もジェインを見つめていたけど、
ジェインはまったくジュニョクを気づきもしなかったんだから、
これくらいのインパクトが必要と言ってたかな。

一方、スンピョはシラノエージェンシーのメンバーの写真を見つめ、
「こんなに楽しんだら困るんだけどな」と独り言を。
と、そこへミンシクとヨンダルがやってきてスンピョにご挨拶を。

ん??
スンピョはただのレストランシェフじゃなかったんだぁ。
ミンシクとヨンダルはスンピョの手下みたいよね。
スンピョはいったい何者なんだ??


その頃、ジェインはカバンの中に入っていた図書カードを取り出して見つめてた。
「いったいあの人は何者なのか」と思うジェインは
図書館の端末で調べてみるのね。
ジュニョクの電話番号がわかったジェインは、
電話をかけてみることに。

一方、エージェンシーでは、
ミニョンが衝撃事実を知るの。
なんとビョンフン、ムジン、アランはロマンスにまったく関心がないらしい。
「そんな人たちがどうやって、恋愛を成就させるプロジェクトをするのか」と呆れるミニョン。

と、そのとき電話が鳴るの。
これはジェインがジュニョクにかけた電話。
エージェンシーにかかってくるようになっているらしい。
だけどビョンフンたちは電話に出ないわ。

ミニョンは呆れかえってエージェンシーを出るの。
ミニョンが家に向かっていると、スンピョが通りかかり、
「乗せていくよ」と。

スンピョの好意に甘え、乗せてもらうミニョン。
そしてジェインのつとめる図書館の前を通るのね。
と、その時ジェインが猫を抱きかかえて、タクシーに乗り込むのを見たミニョンは、
スンピョにお願いして、尾行してもらうことに。

そしてビョンフンに電話して報告。
驚いたビョンフンはムジンとともに、ジェインより先にジュニョクの病院に着こうと
バイクを飛ばしたわ。
ミニョンには「出来るだけ時間を引き延ばせ」と指示があり、
病院近くになったとき、スンピョに「タクシーを止めてほしい」とお願いを。
タクシーの前に行き、タクシーを停止させてくれるスンピョ。

ジェインはタクシーを降りて、病院に向かおうとするので、
ミニョンもそれを追いかけるの。

ミニョンが立ち去った後、スンピョは人が変わったように
痛がるタクシーの運転手に
「痛くないだろう」と脅してた。

ジェインを追いかけたミニョンは
今ジュニョクに会わせられないので、
なんとか阻止しようと声をかけるんだけど、
ジェインは猫が大変と、悲痛な表情で診察室に入るの。

すると診察室にいたのはビョンフン。
間に合ったらしい。

ジェインに猫を置いて、診察室を出るように言うビョンフンは
実は猫アレルギーの持ち主。

エージェンシーに戻ったビョンフンはくしゃみが止まらず、
猫アレルギーの症状が出て、苦しそう^^;;

翌日、刑事コロンボの本を探すジェインは。
その本の中にメモが入っていることに気づくの。

と、そこへミニョンがやってきて、ジェインに声をかけたわ。
ミニョンは「実はあの動物病院のスタッフだ」と話し、
病院には先生が二人いて、昨日居たのは院長ではないんですと説明。
院長がどれほどすばらしい人か話すミニョンに
「それでウチの猫は誰が診てくれているの?」とジェイン。
「もちろん院長です」とミニョンが言うとジェインはホッとして立ち去ったわ。

その頃、猫アレルギーのビョンフンはマスクをしてジュニョクの病院へ。
打ち合わせ後「ジェインさんを騙しているようで心苦しい」というジュニョクを
うまくなだめるビョンフン。

そして、ムジンとビョンフンはエージェンシーに向かったわ。
ムジンは「ミニョンをこのまま雇うのか」と聞き
「人が必要じゃないか。女が」とビョンフン。
「それだけの理由か?」
「最近、質問が多いな」とビョンフンは話をそらしてた。

と、そのときバスからミニョンが降りてくるのをみたムジンとビョンフン。
ビョンフンは「声をかけないでそのまま帰れ」と言うんだけど、ムジンはミニョンに声をかけるの。
小さい車なので、ビョンフンは狭い後部座席に座ることになっちゃった。

ムジンが「どこに行ってたんだ?」と聞くと
「図書館だろう」とビョンフン。
「どうしてわかったの?」
「さっきバスから降りてきたじゃないか。俺は一度見たら全部わかるんだ」
とビョンフンはあれこれと話し始めるけど、ミニョンは聞かずに
「歓迎会をしてくれないの?」とムジンに話すの。
「何が歓迎会だ。誰が歓迎して、誰が歓迎されるんだ?そういうのはお金のかかることだ」
とビョンフン。

だけど結局、歓迎会をすることになったらしく、
スンピョの店で飲むことに。
ワインを飲み、酔っ払ったミニョンは
「シラノに入って、自分が大丈夫な人間だと確信した」などと言いたい放題。
あまりにひどいので、ビョンフンはムジンとアランに指示して、
ミニョンを連れて帰ってた。

ビョンフンはお金を払おうとするけど、
思ったより高かったので、またツケ払いにしたのかな。

ビョンフンが帰った後、厨房の中から、隠れていたミンシクとヨンダルが出てきたわ。
スンピョは二人に「とうぶん外回りはしなくてもいい」と言うの。

ビョンフンの作戦に参加させるからか??
ちょっとよくわからん。


夜中、酔って寝ていたミニョンが起き、
喉が渇いたので冷蔵庫から飲み物を出して飲んでいると、
部屋で昔のビデオを見ていたビョンフンに気づくの。
部屋の外からジッと見ていたミニョン。
するとビョンフンはミニョンに気づき、
部屋に招きいれたわ。

「酔って早く目が覚めたなら、家に帰って
酔って言ったことを反省しないといけないんじゃないのか」と言うビョンフンに
「さっき話したことは全部本心です。
シラノで本当に私がしたいことを探すんです」とミニョン。

するとビョンフンは
「いったいどうやったらお前が俺より大丈夫な人間だと錯覚するんだ??」と聞くの。
「心がないじゃない」
「感情的に動かなくてもいい。相手が動けば俺も動くだけだ。
怪我をしたくなかったら家でよく考えて来い」とビョンフン。

翌日、ジュニョクの作戦パート2が開始。
ジェインを尾行するのはアラン。
車の中で指示をするのはビョンフン。その隣にはミニョンが。
そしてムジンはジュニョクに追われる、麻薬売買人の役を。

ジュニョクはジェインに気づいてもらえるように、
タイミングよく、姿を見せ、
気づいたジェインはジュニョクを追いかけたわ。

そして麻薬売買人を見つけたジュニョクが捕まえようと追ったとき、
ジェインもジュニョクを追いかけるんだけど、
そのとき!麻薬売買人ムジンのバイクがジェインに向かってくるの。
間一髪でジェインを助けるジュニョク。
するとジェインは「食事でもどうですか」とジュニョクを誘ったわ。

その後、レストランに向かったジェインとジュニョク。
ジュニョクに電話が入り、
「申し訳ないけど、少し待っててくれますか」と言い、ジュニョクは立ちさるの。

ジュニョクがいない間、ジェインは
ジュニョクが麻薬売買人の部屋に乗り込み、戦っているのを想像。

そのジュニョクは、車に戻り、アランに血のりをつけてもらって
戦ってきた風を演出しジェインの待つ、レストランへと戻るの。

「何があったのか」と聞くジェインに
答えたくない風を装うジュニョク。
「言いたくなければ言わなくてもいいです。
だけどこれだけ覚えておいてください。私はジュニョクさんの味方です」とジェイン。

作戦が終わった後、ミニョンはスンピョのレストランへ。
このままでいいのかと悩んでいたミニョンは
スンピョから「思っている通りにしてみるのもいいのでは」とアドバイスを受けるの。

翌日、ミニョンはジュニョクを訪ねたわ。
そして「ジェインさんに本当の姿を見せてはどうか」と提案。

その頃、ビョンフンは最後の作戦を実行しようとしていたの。
ムジンは図書館で待機、アランはバイクに乗ってどこかに向かってたけど。
そしてビョンフンがミニョンに電話するとミニョンは電話に出ない。
おかしいと思ったビョンフンはジュニョクに電話してみるけど、
ジュニョクも電話に出ないの。

そのジュニョクはビョンフンの電話に迷いに迷ってたけど、
結局ミニョンの提案を受け入れることにしたらしく、
ミニョンと共に図書館へと向かったわ。

一方、ジュニョクはミニョンと連絡が取れないけど、ムジンに作戦開始の合図を。
ムジンは本を返すんだけど、
その本はジュニョクが借りたことになっていて、
ジュニョクが気になって仕事が手につかないジェインは、これに気づいてビックリ。
ハッと返した人を探すと、麻薬売買人だ!と思ったジェインは、
ムジンが立ち去るまでジッと見てた。

その頃、ミニョンとジュニョクは図書館に到着。
「ジェインさんがいるかどうか確認してくる」
と言い、ミニョンが図書館に入ったとき!
ビョンフンがミニョンを引き止めたわ。
「お前はシラノエージェンシーからアウトだ。二度と俺の目の前に現れるな」
とビョンフンはミニョンに言い・・・

これでミニョンがクビになったらおしまいですやん!
どうやってクビを撤回するのかしら。
人が必要だとミニョンを雇ってるビョンフンだけど、
ムジンの言い方だと、単純にそれだけでもなさげだし。
まさか・・・まさか・・・??
いや~それはないだろう。。。
と思いたい(笑)




にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ   人気ブログランキングへ      
※ランキングに参加しています。1日1回のクリックが反映されます!
 ランキングバナークリックはとても励みになっていますので
 それぞれに応援の1クリックしていただけると嬉しいです♪

◆ブログランキング◆

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

人気ブログランキングへ

1日に1回、毎日クリックしていただくとランキングに反映されますので、お帰りの際にそれぞれに応援の1クリックして頂けると嬉しいです♪

※アクションはクリックだけで結構です。立ち上がったウィンドウで何かをしないといけないこともありませんので、そのまま閉じてくださいね。

 

苺

Author:苺

このブログはコメント欄を閉じていますので
メッセージがある方は、メールフォームか
管理人へメッセージの記事のコメント欄を
お使いください。
記事の応援、更新の応援などはブログランキングのバナーをクリックしていただけると、
ものすごく嬉しいです♪ 
よろしくお願いいたします!

最新記事

Twitter

Twitter

検索

 




カテゴリ

全記事表示リンク

このブログについて

記事内のマーク説明
 →ドラマ表紙へ

レビューは完全にネタバレしています。
みなさんの好きなドラマや俳優さんの ことを悪く言ってしまうこともありますが、
個人的な感想ですのでご了承ください。

なお、字幕なし視聴はハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますが
ご理解ください。

リンクはフリーですが、
お声をかけていただくと嬉しいです。
管理人へのメッセージは下にあります
メールフォームからお願いします。

また宣伝目的のコメントや
管理人が不愉快・不適切と判断した
コメントは削除させていただくことがありますのでご了承ください。

※当ブログにて使用させて頂いております画像等の著作権・肖像権は全て出所元に帰属しています。画像コピー、転載は、ご遠慮下さい。
サイト内の文章(特にレビューの文章)の無断転載もお断りします。

MAIL

管理人へのメールはコチラから♪
返信が必要な方は必ずメールアドレスを明記してくださいね♪
管理人の判断で返信しない場合もあります。
ご了承ください。

宣伝目的のメールはご遠慮ください。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

<>+-

カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

Admin

アクセスランキング

2014/10/01~

 

 

 

ブログランキング ドット ネット

06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
Copyright © 気ままに苺日和 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM)  …   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。