--.--.--*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.06.09*Sun*

君の声が聞こえる (1話)


ドラマ情報&他の話数のレビューはコチラ → 君の声が聞こえる

【あらすじ】
他人の気持ちが聞こえる超能力少年がいる。
10年前、交通事故で父が殺害されるのを目撃した以後、
スハは相手の目を見ればその人の考えを読むことができるようになった。
超能力少年スハには探したい初恋の人がいる。
10年間、顔を一度も見ることができなかったが..
9才の少年に強烈なイメージで刻印を残したチャン・ヘソンがその彼女だ。
誰かの初恋になったという事実を全く知らないヘソンは
一ヶ月に100万ウォンも儲けられない三流弁護士だ。
ヘソンは安定した収入のために国選専門担当弁護士の面接に行く。
思ったより多くの競争者に脱落危機を感じたヘソンは
10年前の自身の人生をひっくり返した事件を話し始めるけれど..


このドラマは字幕なし視聴です。
ハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますがご理解ください。


 1話   7     2話 →


高校生のスハは人の心を読める超能力少年。
教室でクラスの女子がいじめられそうになっていることに気づいたスハは
その女子を助けるの。

そのスハは携帯にストラップをつけているんだけど、
このストラップは父の形見。

子供の頃、父と車に乗っていたスハは
トラックが突っ込んできて、事故に遭うの。
二人とも身動きできずにいたんだけど、
トラックから降りてきた男ジュングクは、心の中で
「完全に殺さないといけなかったのに。生きてやがる」
とつぶやいていて、この言葉にスハは気づき
父に話そうとするけど、ジュングクがパイプでフロントガラスを破り、
スハ父を殴り殺したわ。
そしてスハもジュングクに殺されそうになったんだけど・・・

その時に車のルームミラーについていたのが
今の携帯についているストラップ。
あの事故以来、人の心が読めるようになったスハは
人の声が聞こえてうるさいので、いつもヘッドホンをしてるの。

スハと同じクラスのソンビンはスハが好きなようだけど、
気持ちを隠して「助けた子を好きなのか」と問うの。
でもスハには全部お見通しなのよね。
「俺には好きな人がいる」と話すスハ。
優しくて賢くてそんな女性らしい。

その頃、弁護士のヘソンは歩いていると、バスケットボールが転がってきて
拾ってあげるのかと思いきや、別方向に投げて立ち去ってるし(笑)
法廷でもやる気の無い弁護。

一方、グァヌは刑事だったんだけど、
国選弁護士になりたいと志願。
今日は、その面接の日で、面接会場にやってくるの。

ちょっと!!
サンヒョンさんの髪型!!(笑)
思わず笑っちゃったよ
さすがサンヒョンさん、笑わせてくれるわ。

でも確か、サンヒョンさん負けたくないでも弁護士だったよねぇ。
ボヨンちゃんもいとしのソヨンで弁護士だったし。
二人とも前回演じたキャラとは違うので、同じには見えないところがすごいよね。


部屋に入るとヘソンしかおらず。
「もっとたくさんいると思ったのに」と言いながら
過去の面接の質問回答でも見るかとグァヌはヘソンに声をかけてみるのね。

と、そこへ職員がやってきて
「何をしてるんですか」と聞かれるの。
「国選弁護士の面接を受けに来たんです」と説明するグァヌに
「ここではありません」と職員。
そう、同じ529号室でも違うところの529号室だったのね。

このことがわかったヘソンはグァヌより先に
本当の面接会場へと向かうの。
そして二人が面接会場に行くと、人がたくさん。
驚いていると、そこにいた人に
「この3倍はいるよ」と言われ、ビックリ!
そこでヘソンはグァヌに
「さっき言ってた過去の面接の質問回答を見せて!」とお願いを。

そして他の人が面接をしている間、
その面接を盗み聞きし、
志願した理由を模索するヘソン。
どれもこれも先に言われてしまうヘソンは
「私はお金がほしくて国選弁護士を志願した」と話すの。
貧しい生い立ちを話し、同情を引こうとするんだけど、
面接官のキム判事は「そんなのはドラマだけだ」と一蹴。

ダメだったと思うヘソンは挨拶もせずに立ち去ろうとするの。
が!キム判事はヘソンが話したことが気になり、聞いてみるのね。
「その話をすれば、合格させてくれますか」とヘソン。
「話にインパクトがあれば、それはそれで考える」とキム判事が言うので、
ヘソンは話すことに。

高校生のとき、ヘソンの母がソ判事の家の家政婦を住み込みでしていたの。
ソ判事にはヘソンと同い年のドヨンがいて、ドヨンとヘソンは同じ高校に通ってた。
ある日、テストでドヨンがカンニングしているのを目撃するヘソン。

その日の夜、友達が遊びに来ていたけど、
ヘソンは母のお手伝いをしていたのね。
食べ物を庭に持っていくと、1人の友達が
「ヘソンも一緒に花火をしようよ」と渡してくれるの。
長い棒の花火で、ヘソンは火をつけようか、どうしようかと迷っていたとき!
花火をすすめてくれた友達が、花火がすぐに止まったので、
あれ?と思って、見ようとしたとき、花火が出てきて、
隣にいたドヨンに花火が直撃。
ドヨンは左目を怪我してしまうの。

医師は「左目の状態がよくない。もしかしたら失明するかも」と話し、
両親はいったい誰がそんなことをしたのかと病室にやってきた友達に聞いてた。
自分がやったと言えない友達は、ちょうど母と病室にやってきたヘソンに濡れ衣を着せたわ。
「私はやっていない」と必死に訴えるヘソンだけど、
母すら疑いのまなざしを。
泣きながら否定するヘソンにようやく母はヘソンではないとわかってくれ
ソ判事たちに説明するけど、ソ判事は
「信じて言ってるんじゃないんだ。待ってるんだ。
反省して謝ってくれるのを」と言うの。
「私じゃない」と言うヘソンに
「それなら家を出て行ってもらわないと」といわれてしまうの。
それでもヘソンは母に悪いと思いながらも「私じゃない」と否定を。

その後、ヘソンは学校を辞めさせられ、
ヘソンと母は引越しを。
引っ越すときにソ判事からとお金を渡された母。
これを見たヘソンは「私のことを信じてるならお金を受け取るな」と言うけど、
母は受け取ってトラックに乗るの。
このことにショックを受けるヘソンは、
「お金を返すまでここから動かない」と言うんだけど、
母は行ってしまうの。

呆然としているヘソンは辺りが暗くなっても、動かないのね。
これを見たソ判事が声をかけるんだけど、
そのとき!母はソ判事の書籍を大量に買って、家の前に持ってきて
火をつけて燃やした!!
激しく罵り、立ち去る母だけど、ソ判事から見えないところにやってくると
考えたとおり言えなかったと反省してた。

その後、ヘソンは学校から帰ってくるドヨンを待ち伏せ。
あのときの花火を持ち、火をつけるヘソンに
怖がるドヨン。
「あの時、見たと言ってたけど本当は見てないんでしょう」と言うヘソンに
ドヨンは開き直り「見てないわ」と言うのね。
「今から言って話をしよう」と言ってるとき、
車と車が衝突する音を聞くの。
「今の音はなに?」と顔を見合わせ、見に行くヘソンとドヨン。
その現場はスハと父がトラックとぶつかった現場だったわ。

ヘソンとドヨンはジュングクがスハ父をパイプで殴り殺しているのを目撃。
その後、ジュングクがスハまでも殺そうとしているのを見て、
ヘソンは思わず携帯で写真を撮ろうとするの。
すると写真のシャッター音でジュングクが気づいちゃった。

このおかげでスハは助かるけど、
ヘソンとドヨンはジュングクに追いかけられたわ。

木陰に隠れた二人だけど、ジュングクはすぐそばまでやってきていて、
息を潜める二人。
と、そのときドヨンがしゃっくりをしたため、
ジュングクに二人がこの近くにいることだけは気づかれてしまうの。
必死で探そうとするジュングクだけど、
現場にパトカーが来た音がして、探すのを諦め
「お前らが目撃者として出てきたら、お前らだけでなく家族まで殺しに行く」
と言い、立ち去ったわ。

翌日、事故の目撃者を探していることを知ったヘソンとドヨンは
それぞれ気になって現場に訪れるけど、
ジュングクが言った言葉が忘れられず、名乗れないのね。

だけどお互いに強がるので「法廷に行くつもりだ」と言ってしまい、
あとで後悔を。

そして法廷の日。
裁判所の中であったヘソンとドヨンは、
法廷の前まで行くけど、なかなか中に入れず。
そこで二人は3つ数えて同時に入ろうと決めるのね。

ここまで話をしたヘソンは
「今日はここまでにします。受かるかどうかわからないんだし、
気になることは残しておかないと。
ただ言えることは、あのときのことを後悔して、今の私がいます」と話すの。

一方、学校が終わったスハは街中でヘソンに似た人を見つけるの。
信号が赤になっても、かまわずヘソンを追いかけようとするスハ。
でも見失うのね。

その後、道場に行ったスハは日記帳になにやらメモってた。
そしてスハは事故の後のことを思い出すの。

事故後、言葉が話せなくなったスハは
刑事に「トラックの運転手が父さんを殺した」と紙に書いて訴えるの。
そこでジュングクが捕まったらしい。

裁判の日。
スハは傍聴席にいて、裁判を見守ってたの。
だけど目撃者もおらず、頭をケガして話せないスハの言葉だけしか証言が無く、
信憑性が無いとのことから、ジュングクは殺していないという流れになっていたのね。

するとスハはジュングクが自分を見ながら
「ここにいる奴らはお前の味方になってくれそうにないな」
と心の中でつぶやいたことに気づくの。
すぐに紙に書き、裁判官に訴えるスハ。
スハの妄想だと思われたので
「僕は人の心が読めるんです」と書くのね。
でもこれがさらに妄想だと思われて、相手にされないわ。

話せないし、誰も信じてくれないスハは悔しくてうなってた。
と、そこへヘソンが入ってきた!
ハッと隣の扉を見るとドヨンは入ってきてなくて
裏切られたと思うヘソン。

この状況で何もないと言えず、恐怖心をこらえて
「あの事件の目撃者です。あのおじさんがパイプで運転手を殺すのを見た」とヘソンは証言。
またしても子供の証言で証拠もないことから、流されそうになるけど
ヘソンは携帯を差し出し「ここに証拠がある」と言うの。
そこでヘソンは証人尋問を受けることになるんだけど、
ヘソンが話せば、犯人だとバレてしまうと思ったジュングクは
ヘソンに掴みかかり
「言うなといっただろう!!
言ったらお前だけでなく、お前の家族も殺しに行くといっただろう!!」と首を絞めるの。
検事や弁護士が止め、ジュングクは連れて行かれたわ。

その後、ヘソンは宣誓し、事故のことを証言。

だけどその後、とっても後悔していたのよね。
そんなヘソンにスハは「ありがとう」と地面に書いてお礼を言うんだけど
「お礼なんて言わないで。とっても後悔してるんだから」とヘソン。
そして帰ろうとするけどスハがついてくるのね。
「ついてくるな!!」と言うヘソンは転んでしまい、
カバンからノートが出ちゃってた。
座り込み「証言したから犯人が殺しに来るかもしれない。
これからどうやって生きればいいの」と泣きながら心の中で思うヘソン。

この言葉をスハは読み取っていて、ヘソンを抱きしめてあげるの。
そして「僕が守ってあげるから」とようやく言葉が話せたスハ。
ヘソンは「言葉が話せたのね」といい、二人は笑顔に。

「あのときのあなたを忘れません。僕が守ってあげます」
とヘソンを守るために道場で体を鍛えるスハ。

ヘソンが落としていったノートには
「今日もあなたに似た人に会いました」と書き綴っていたの。
もう何度もヘソンに似た人を追いかけては声をかけ、
そのたびに違って謝っていたスハ。

ずっとヘソンのことを思うスハは
ヘソンに「会いたいです」と心の中でつぶやき・・・

視聴率一桁だったので、
1話はイマイチなのかと思ってたけど、全然!!
アッと言う間に終わったって感じ。

見ごたえがあって、こういうドラマいいわ~
ジョンソクくんカッコイイしね(*´ェ`*)
これからが楽しみ♪




にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ   人気ブログランキングへ      
※ランキングに参加しています。1日1回のクリックが反映されます!
 ランキングバナークリックはとても励みになっていますので
 それぞれに応援の1クリックしていただけると嬉しいです♪

◆ブログランキング◆

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

人気ブログランキングへ

1日に1回、毎日クリックしていただくとランキングに反映されますので、お帰りの際にそれぞれに応援の1クリックして頂けると嬉しいです♪

※アクションはクリックだけで結構です。立ち上がったウィンドウで何かをしないといけないこともありませんので、そのまま閉じてくださいね。

 

苺

Author:苺

このブログはコメント欄を閉じていますので
メッセージがある方は、メールフォームか
管理人へメッセージの記事のコメント欄を
お使いください。
記事の応援、更新の応援などはブログランキングのバナーをクリックしていただけると、
ものすごく嬉しいです♪ 
よろしくお願いいたします!

最新記事

Twitter

Twitter

検索

 




カテゴリ

全記事表示リンク

このブログについて

記事内のマーク説明
 →ドラマ表紙へ

レビューは完全にネタバレしています。
みなさんの好きなドラマや俳優さんの ことを悪く言ってしまうこともありますが、
個人的な感想ですのでご了承ください。

なお、字幕なし視聴はハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますが
ご理解ください。

リンクはフリーですが、
お声をかけていただくと嬉しいです。
管理人へのメッセージは下にあります
メールフォームからお願いします。

また宣伝目的のコメントや
管理人が不愉快・不適切と判断した
コメントは削除させていただくことがありますのでご了承ください。

※当ブログにて使用させて頂いております画像等の著作権・肖像権は全て出所元に帰属しています。画像コピー、転載は、ご遠慮下さい。
サイト内の文章(特にレビューの文章)の無断転載もお断りします。

MAIL

管理人へのメールはコチラから♪
返信が必要な方は必ずメールアドレスを明記してくださいね♪
管理人の判断で返信しない場合もあります。
ご了承ください。

宣伝目的のメールはご遠慮ください。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

<>+-

カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

Admin

アクセスランキング

2014/10/01~

 

 

 

ブログランキング ドット ネット

06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
Copyright © 気ままに苺日和 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM)  …   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。