--.--.--*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.06.15*Sat*

君の声が聞こえる (4話)


ドラマ情報&他の話数のレビューはコチラ → 君の声が聞こえる

【あらすじ】
出所したジュングクがヘソンを狙うということを直感するスハ.
警察に通報をしてみるが疑惑なく疑いだけで捜査はできないとし却下される。
警察を信じられないスハは直接出所したジュングクを訪ねて行くけれど..
一方コンビニエンスストア主人を殺害した
一卵性双子の弟側の弁護を引き受けることになったヘソン.
兄側の弁護を引き受けた人がグァヌということを知って安心をする。
しかし、グァヌの弁論を見守ってグァヌが外見と違い
鋭い洞察力があることを知るようになって、ヘソンはますます自信を失くすけれど..


このドラマは字幕なし視聴です。
ハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますがご理解ください。


← 3話      4話   8     5話 →


ヘソンが「そこにいるのは誰?」と言ってるとき
ちょうどスハが家の前にやってきたの。
ヘソンの声にドアをブチ破って家の中に入ってきたスハ。
「どうしてあんたがここに?」と驚くヘソンに
「外に出ていろ」と言い、
携帯が鳴る部屋に入っていくスハ。
そこには誰もおらず携帯が置かれていてそれがなっていたらしい。

家の外で携帯がなってるのかと思ったら、部屋の中だったとは!
怖すぎる~!!


ヘソンが警察を呼んでいたことから、警察がやってきちゃった。
「この携帯がなってただけで警察を呼んだのか」と呆れられるヘソン。
ヘソンはちゃんと調べてほしいというけど、
警察は「わかりました」と言うものの、調べるつもりは無いらしく、
スハは警察の人の目を見て、その心を読み取ってた。

帰ろうとする警察を呼びとめ
「その携帯の持ち主を知ってるかも」とスハ。

一方、ヘソンはスハがドアを壊したため、
ドアが閉まらなくなって困っていたのね。
そこへスハが戻ってきてドアを閉めてくれるの。
「これから友達かどこかの家で寝泊りしろ。
まだその辺にいるかもしれないから」と言うスハは
そのままヘソンにもたれかかり・・・寝た(笑)
困ったヘソンはスハを泊める事にするの。

そのスハは夢で、昔のことを思い出すのね。
父の葬式後、親戚のところに預けられる予定だったけど、
親戚のおじさんが言葉では受け入れると言ってたものの、
心の中ではスハを受け入れたくないと言っていて、
スハはこれを読み取っていたらしい。

その頃、ヘソンはスハの顔の傷の手当てをしていて、
目が覚めたスハはビックリ。
ヘソンが心の中で「両親に連絡しないといけないかな。心配してるだろうに。
でもどうしてこんなケガをしてるんだろう。もしかして暴走族?」と思っていたの。
それを読み取ったスハは
「両親はいないし、暴走族でもない」と。
スハに心を読まれたことがわかったヘソンは、
パーカーのファスナーを頭の上までしめてた(笑)

そんなヘソンに
「オレの名前を知っているか」と聞くの。
「知らないわ。知る必要もないじゃない」とヘソン。
そこでスハは「パク・スハだ」と言ってみるけど、ヘソンは思い出さないわ。
ヘソンが部屋から出て行くのを見届けたスハは
「そうだよな。覚えてるわけがないよな。10年前のことだから」と独り言を。

そのヘソンはスハの名前を聞いたことがあるような気がするけど、
思い出せないらしい。

その頃、ヘソンの家の外にはジュングクがいた・・・

翌朝、ドヨンの家族が朝食中。
ドヨンの誕生日だったらしいけど、
父テソクはドヨンが裁判で負けたことを指摘。
しかも相手の弁護士がヘソンだということも知ってたのね。
ドヨンは「すみません」と言い、
食事も食べずに立ち去ったわ。

誕生日なのに、ちょっとは気を遣ってあげればいいのに。
ドヨンもある意味、可哀想よね。


一方、目覚めたスハが部屋を出ると、
頭がボサボサでパジャマもだらしなく着ているヘソンを見てビックリ!
「女性のほとんどが朝はいつもこうなのよ」と言うヘソンは
朝食もとっても適当。
ねこまんまのような食事を出されて困惑するスハ。
そして「他になくなってる物はないか」と聞きながら、
部屋を見渡し「あんなに散らかってるんだから」と言うんだけど
「犯人の仕業じゃないわ」とヘソン。
「こんな部屋で生活してるのか??」と驚くスハ。

スハの中のヘソンは
優しくてキチンとしている人だったのに、
ガタガタと音を立てて崩れ去ったわ。

その後、出勤したヘソンをチュンシムが訪ねてくるの。
店のチキンを差し入れに持ってくる口実で
お見合いを持ってきたチュンシム。
少し前までヘソンは見合いでもして結婚しようかと思ってたみたいだけど、
今はその気はなくなったらしく、お見合いを断ってた。

そして事務所に戻ったヘソンはやってきたソンビンにネイルをしてもらうのね。
「ちょっと派手じゃない?」と心配するヘソンに
「これはサロンでしてもらったら高いんですよ」とソンビンは言い、
ヘソンだけが自分の言うことを信じてくれたので、
ずっと無償でネイルをしてあげると約束してた。

一方、スハは警察へ行き、携帯の持ち主がジュングクだったかと訪ねるの。
でももともと警察は調べる気がなかったのね。
警察の人の目を見て、心を読み取るスハは
ジュングクの居場所がわかるのね。

ジュングクは炊き出しのボランティアをしていたの。
ジュングクを見たスハは、手に力が入ってた。

そしてジュングクの近くまで行き、
ジュングクに声をかけてもらったスハは
「ボランティアに興味がある」と。
名前を聞かれたスハは友達の名前キム・ジュンギと名乗ったわ。

その頃、ヘソンは次の裁判の資料に目を通していたの。
コンビニに強盗に入った二人組みの男が、
戻ってきた店主を刺した事件。

一見、簡単に処理できそうな事件だけど、
なんと二人組みの男は一卵性双生児。
どちらも「自分がやった」と主張しているらしく、
刑が確定できないらしい。

ヘソンは双子の弟チョン・ピルスンを担当。
会いに行き、話を聞くヘソンは
ピルスンから「兄さんは前科がある」と聞かされ、
弟が兄をかばっているのではないかと思うのね。
「今回は僕がやりました。兄さんではない」と言うピルスンは
部屋に子犬を拾ってきて、そのまま置いてきたので、
世話をお願いしたいと言われるの。

部屋に行き、子犬を見つけて事務所に連れて行くヘソン。
そしてヘソンはユチャンから
兄の弁護を担当するのはグァヌだと聞かされたわ。

一方、ボランティアをし、ジュングクに近づくスハは
「僕のことを覚えていませんか。ずいぶん前、法廷にいませんでしたか」
と聞いてみるの。
ジュングクは「こいつ、あそこで俺を見たのか」と心の中で思いつつ、
「そんなところには行ってないけど」とごまかすの。
でもスハはジュングクの心の声を聞いていたのよね。
「人違いかな」とごまかしてたけど。

その頃、サンドクはヘソンを会食を誘うの。
今まで自分抜きで会食をしていたのに、
急に誘ってくれて驚くヘソンは
「用事がなければ行きます」と返事を^^;;

その後、二人はグァヌの裁判を傍聴。
かなり不利な感じだったけど、
グァヌは耳の不自由な被告の気持ちをわかってもらおうと、
USBをつないで資料を開くふりをして、
なかなか出来ないのを装うの。
裁判長が怒ったとき、グァヌは
「人の声が聞こえず、自分の意志を伝えられない被告はどれだけ辛かったでしょうか」
と訴えかけたわ。
被告は常に不安を抱いていたけど、お金を寄付することで心の安らぎを得ていたらしい。
だけどお金に困りだして、寄付したところに行くと邪険にされたみたいな感じ。
グァヌは
「被告をここの席に座らせたのは被告自身ではなく、周りの人たちによるものではないか」
と言い、勝訴したらしい。

グァヌの弁護力を目の当たりにしたヘソン。
そして傍聴していたドヨンもグァヌは手ごわいと思ったみたい。

一方、ボランティアの会長から「学生の連絡先を知らないか」と聞かれたジュングクは
名前とどこの学校に行っているかを聞いたから行ってくると学校に向かうの。

校庭でスハを見つけたジュングクは
近くにいた学生に「あそこにいる学生を呼んでほしい」と頼むの。
するとその学生は「スハですか?」と。
スハのフルネームを聞いたジュングクはすぐにわかったわ。
そこで「悪いけどスハの携帯番号を教えてくれ」とジュングク。

いやいや。
目の前にいるんやから声かけましょうよ!
友達もスハが目の前にいるのにスハの携帯番号を教えてくれって言われて
教えるなやヽ(`Д´)ノ


その頃、会食に参加したヘソンはサンドクから
「ヘソンの目が弁護士に向いている」といわれるの。
被告がウソをついてもそれを見抜く目。
「それ以外には?」と聞いてみるけど、
「それ以外にはない。目だけだ」と言われてしまうヘソン。
それはスハのおかげなので、落ち込むヘソンはワインをガバ飲みし、
酔っ払っちゃった。

サンドクとユチャンはそんなヘソンをおいて帰り、
席を外して戻ってきたグァヌがヘソンを送ることになるの。

この酔っ払ったシーン、ボヨンちゃん酔ったように見えなかったわ^^;;
でも!セリフは笑えたけど(笑)
「私は目がおかしくなったんだわ。チャ弁護士がイケメンに見える」とな(笑)
失礼極まりないわ!!( ´艸`)ププッ


ヘソンをおぶって家まで送ろうとするグァヌだけど、
ヘソンは家がどこなのか言わなくて困っていたのね。
と、そこへヘソンと連絡がつかず、待っていたスハがいて
「僕が家まで連れて行く」と言ってくれるの。
タクシーにヘソンを乗せ、自分もタクシーに乗ろうとするグァヌに
「僕1人で大丈夫ですから」とスハ。
グァヌは心の中で「こいつに任せてもいいんだろうか」と思うのね。
そこでスハは「名刺をください。家に送ったら連絡しますから」と。

そしてスハはヘソンを送り、帰っていくのね。

翌朝、目が覚めたヘソンにチュンシムから電話が。
まだサンドクに言われたことに凹むヘソンは
「この間のお見合いをしてみようかな」と弱気発言を。

そして事務所に向かっていると、グァヌに声をかけられるの。
「まだ僕がイケメンに見えますか」と聞くグァヌに
「しっかりしてくださいよ!もう酔ってませんから」
とグァヌの顔を両手で挟んで言うヘソン。
その後、トイレに行き、反省を。

一方、先に事務所に行っていたグァヌはサンドクから
「ヘソンにミン・ジュングクって言う人を知ってるかと聞いたか」と聞かれるの。
グァヌが答える前に、ヘソンがやってきて
「どうしてジュングクを知ってるんですか」とヘソン。
「俺が知ってる人が同じ刑務所にいたんだ。
ジュングクはこの前、出所したそうだ。チャン弁護士を知ってると言ってたそうだ」
「出所ですか。いつですか」
「1ヶ月くらい前かな。キミの話をしていたそうだけど」とサンドク。

この話を聞いて、ジュングクが自分を殺しに来ると思ったヘソンは
バスに乗っていても、周りが気になるのね。
携帯のメッセージ「I'll be there」もジュングクなのかもと思うヘソン。

その頃、ヘソンの家のドアを修理していたスハ。
と、そこへヘソンが帰宅するけど
「もう二度とここへは来るな!!」と言い、
スハは驚くの。
ヘソンの目を見てみると
「ジュングクの一味かもしれない」とヘソンの心の声を聞き、
スハはショックを受けるのね。

そして帰宅途中、ジュングクから電話を受けるスハ。
ジュングクが自分のことを知らないと思い
「ジュングクおじさん」と言うけど
「昨日、お前の学校に行ったんだ。パク・スハ。名前を偽ってたんだな。
法廷で会って以来だから10年ぶりか」とジュングク。
「どこにいるんだ」と聞くスハはジュングクに会いに行くの。

席に座り、向かい合ったスハとジュングク。
「どんな考えだ」と聞くスハにジュングクは心の中で話をするの。
「話せよ。考えてばかりいないで。携帯はお前のだろう?お前の仕業なんだろう?」
と聞くスハに
「結局、それが聞きたいのか。まだ始めてもいないのに」と心の中で話すジュングク。
「何を考えてるんだ」
「心配するな。お前をどうこうするつもりはない。
10年前もターゲットはお前ではなくお前のお父さんだったんだ。
今回もお前ではなく別にいるんだ」
「俺でなければ誰なんだ」
「弁護士になったらしいな。あの娘」
とジュングクが心の中で言った時、スハはたまらずジュングクに殴りかかるの。

一方、ヘソンはジュングクがやってくるのではないかという恐怖で
明かりを消さず、スタンガンやバットを持ち、眠れない様子。
そこへ警察から電話が。

行ってみるとスハが人と殴り合いをしたけど、
親はいないし先生とは連絡が取れないので
ヘソンに連絡したらしい。
殴った相手が出所したばかりの人で
揉め事を起こしたくなくて帰ったと聞かされたヘソンは
「相手の名前は?」と聞くの。
「ミン・ジュングクと言う人です」と警察。
そこでヘソンは監視カメラを見せてもらうことに。

監視カメラの映像を探しているときに、映像を見た警察の人から
「話しているのはスハだけでジュングクは何も言っていませんよ」と聞かされるの。

そして映像を見ているとき
「スハはなんて言ってるの?」とヘソン。
「考えてないで話せと言ってたらしい」と警察。

実はスハは
「10年前、あの人がいなかったら俺も死んでた。
だから俺の命をかけて彼女を守るんだ!!
命をかけて守るから彼女に手を出したら殺してやる!」と言っていたの。

これを警察から聞いたヘソンは10年前の事故のこと、
裁判のあと助けた少年がパク・スハと名乗っていたこと。
スハが「僕が守ってあげる」と言っていたことを思い出したわ。

一方、スハはジュングクの居場所などを聞いたのかと警察に詰め寄っていたの。
「危険な人物だ」と言うスハに
「証拠は無い」と取り合ってくれない警察。
「証拠はある!!俺は聞いたんだ。あいつの心の・・・」とスハが言った時、ヘソンが
「やめなさい!!」とやってきたわ。

ヘソンは心の中で
「考えもなく動かないで。10年前の法廷と同じようになりたいの?
バク・スハ。あんたの名前をようやく思い出したわ」と言い・・・

ジュングクが動き出すと怖いわ~
しかもスハが心を読めることをわかってて、
スハにしか話させず、自分は心の中で話すんだもんな。
卑怯者め!!

今回はようやくヘソンがスハを思い出してくれてよかった♪
ジュングクの一味だなんて思われてたらスハだって可哀想だもの。

久しぶりに見ごたえのあるドラマに当たった感じ。
これからが楽しみだな~♪




にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ   人気ブログランキングへ      
※ランキングに参加しています。1日1回のクリックが反映されます!
 ランキングバナークリックはとても励みになっていますので
 それぞれに応援の1クリックしていただけると嬉しいです♪

◆ブログランキング◆

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

人気ブログランキングへ

1日に1回、毎日クリックしていただくとランキングに反映されますので、お帰りの際にそれぞれに応援の1クリックして頂けると嬉しいです♪

※アクションはクリックだけで結構です。立ち上がったウィンドウで何かをしないといけないこともありませんので、そのまま閉じてくださいね。

 

苺

Author:苺

このブログはコメント欄を閉じていますので
メッセージがある方は、メールフォームか
管理人へメッセージの記事のコメント欄を
お使いください。
記事の応援、更新の応援などはブログランキングのバナーをクリックしていただけると、
ものすごく嬉しいです♪ 
よろしくお願いいたします!

最新記事

Twitter

Twitter

検索

 




カテゴリ

全記事表示リンク

このブログについて

記事内のマーク説明
 →ドラマ表紙へ

レビューは完全にネタバレしています。
みなさんの好きなドラマや俳優さんの ことを悪く言ってしまうこともありますが、
個人的な感想ですのでご了承ください。

なお、字幕なし視聴はハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますが
ご理解ください。

リンクはフリーですが、
お声をかけていただくと嬉しいです。
管理人へのメッセージは下にあります
メールフォームからお願いします。

また宣伝目的のコメントや
管理人が不愉快・不適切と判断した
コメントは削除させていただくことがありますのでご了承ください。

※当ブログにて使用させて頂いております画像等の著作権・肖像権は全て出所元に帰属しています。画像コピー、転載は、ご遠慮下さい。
サイト内の文章(特にレビューの文章)の無断転載もお断りします。

MAIL

管理人へのメールはコチラから♪
返信が必要な方は必ずメールアドレスを明記してくださいね♪
管理人の判断で返信しない場合もあります。
ご了承ください。

宣伝目的のメールはご遠慮ください。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

<>+-

カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

Admin

アクセスランキング

2014/10/01~

 

 

 

ブログランキング ドット ネット

06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
Copyright © 気ままに苺日和 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM)  …   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。