--.--.--*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.06.22*Sat*

君の声が聞こえる (6話)


ドラマ情報&他の話数のレビューはコチラ → 君の声が聞こえる

【あらすじ】
スハによって双子事件の真実を知ってしまったヘソン..
その真実を明らかにするためにヘソンは
ドヨンの危険な提案を受け入れることにするけれど..
一方、裁判で弁護士としてしてはならないことをしたと、
サンドクに非難を受けたヘソン..
その言葉にヘソンは限りなく意気消沈して..
そんなヘソンが気になる二人の男.. スハとグァヌ..
果たしてヘソンを慰めるのは誰だろうか?


このドラマは字幕なし視聴です。
ハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますがご理解ください。


← 5話      6話   8     7話 →


「嘘だと言いなさい!」というヘソンは
スハの話を聞かないのね。
そこでスハは
「法廷から逃げるんだな。10分前あなたがドヨンさんに言ってたじゃないか」
と言うの。
ドヨンに言った言葉を思い出したヘソン。
でも心の中でスハに
「私の足を引っ張るのか」とつぶやき、
このヘソンの心のつぶやきを聞いたスハは
握っていたヘソンの腕を離しちゃったわ。

実はスハは子供の頃、親戚のおじさんから置き去りにされ、
警察に保護されて、おじさんの家に戻った時、
おじさんが心の中で
「こいつまで足を引っ張るんだな」
と言われていたのよね。
そのことを思い出すスハ。

と、そこへヘソンがやってきたわ。
なんやかんや言いながらも
自分がドヨンに負けたことを認めるというヘソン。
するとスハは「負けたんじゃなく、違うだけだ
ヘソンさんはドヨンさんとは全然違う、すごくね」と言い、
機嫌が良くなったヘソンはスハとともにスーパーへ。

翌日、ピルスンに会いに行ったヘソンは
「私に話したことの1%も違うことを話していないか」と問うの。
「もちろんです」というピルスンに
「話をしたことの1%でも違えば残りの99%も嘘になる。
もしかしてなんだけど、お兄さんと一緒に殺したの?」とヘソン。
「いいえ。兄が何か言ったんですか」と言うピルスンに
「それはお兄さんが言えばあなたも正直に話すということ?」
とヘソンはツッコむの。
「そんなことはないです」と言いつつ、ピルスンは
「弁護士がそんなこと言っちゃダメでしょう。
弁護士は調査で知りえたことを話してはならない。わかってますよね?」と。
「脅迫してるの?」
「いいえ。あなたは今までのように弁護士として仕事をしてくれればいいんです。
僕は法を少し勉強しました。法を利用しようと思ってね」とピルスン。

面会後、ヘソンはまた回転扉をぐるぐる回りながら考え事を。
と、そこへグァヌがやってきたので、
ピルスンとピルチェが共犯だったと話をしようとするけど、
グァヌはヘソンの話を聞こうとせず。
「やめてください」と言ったときヘソンの顔が
グァヌのスーツに当たってしまい、化粧のあとがついてた・・・

そんなアホな!!
そんなにベットリ、スーツにつくわけがない!!
演出しすぎ^^;;


家に帰ったヘソンはどうすればいいのかと
資料を見ながら悩むんだけど、
その隙に、スハはヘソンの携帯からドヨンにメールを。
気づいたヘソンが阻止しようとするけど、
メールはドヨンに送られてた。

一方、ヘソンから「話がある」とメールが来たドヨンは
「明日の朝、事件のコンビニに7時半」とメールを返信。
ヘソンはそのメールを見て
「行かない」と返事をしようとするけど、
またスハに携帯を奪われ、行くことになっちゃった。

翌朝、事件のコンビニの前にやってきたヘソンとドヨン。
「2人が共犯なのは事実」
というドヨンはヘソンが協力してくれれば真実を明かすことが出来ると話すの。
そしてヘソンはドヨンの提案を受け入れるのね。

一方、グァヌは出勤途中でヘソンとドヨンが話をしているのを目撃。
そのことをサンドクとユチャンに報告し、サンドクは弁護士として
やってはいけないことをしているのでは?と気になるの。
が!グァヌは「朝早くに事件のコンビニの前で話をするなんて、
この事件について熱心なのはいいことだ」とヘソンを擁護(笑)

その頃、ヘソンはピルスンに面会に行き、
「自白するか、しないかどっちかを選択しろ」と言うの。
もちろん自白しないほうを選ぼうとするピルスンに
「自白したら無罪になるかもしれないのに?」とヘソン。
驚くピルスンに
「自白するほうにしたら、つかんだ証拠を全部なかったことにするの。
ピルスンさんのだけでなくピルチェさんの証拠もね。
2人が共同犯行である証拠が全部なくなったらピルスンさんが自白するの。」
とヘソンは話すのね。
「冗談でしょう?自白してどうして無罪になるんだ」
「刑法に被告人の自白が唯一の証拠となった場合は、被告人は有罪にならない。
自白しても他に証拠がないからあなたは無罪になる。
代わりに、最後まで自白をしないお兄さんは有罪よ」
「なんだって?兄さんだって証拠がないじゃないか」
「あなたが自白するからそれが証拠になるの」
「それなら2人とも黙ってたら無罪になるじゃないか」
「証拠があることを検事も目をつむったら?」とヘソンは言うの。
そのあと、いろいろ説明してたけどよくわからん。
そして最後に
「法は利用するものでしょう?」とヘソン。

その後、スハとともにバスを待っていたヘソンは
ピルスンとの面会の様子などを話してたの。
と、そのとき、スハは近くにいたおばさんの後ろにやってきた男の心の声を聞いたの。
スリをしようとしていると気づいたスハは
スリをしようとしている男に
「社会の窓があいてますよ!」と大きな声で話しかけるの。
驚いた男が確認すると社会の窓は開いておらず、
「僕の感違いでした」と謝るスハ。
このことで男はバス停から立ち去ったわ。

一方、チュンシムの店で働くジュングクは
名前を偽って働いているのね。
チュンシムはヘソンが家に帰ってくる日はいつなのかとメールをすると
「再来週の金曜日!!」という返事が。
そこでチュンシムはジュングクに
「カレンダーに娘が帰ってくる日と書いておいてほしい」と頼むの。

(;゚ロ゚)ヒイイイィィィィ
ジュングクがヘソンが店に来る日を知っちゃったよ。
この店に働いていると
ヘソンのことが手に取るように分かるものね。
怖いわ~


壁に貼ってある、チュンシムと娘の写真を見て
「幸せそうですね」というジュングク。
そこでチュンシムはジュングクに「家族は?」と聞いたわ。
「いませんよ」というジュングク。

翌日、双子の裁判の日。
法廷では、証拠としてあげられているものの
検証を行うんだけど、
どれも証拠とならないことがわかるの。

裁判が終わろうとしたとき、
ピルスンが自白。
しかも自白したので無罪になると聞かされたピルチェはビックリ。
すると今度はピルチェも自白すると言いだし、
事件の真相を語るのね。

共犯だということがわかって、裁判が終わったため
ヘソンは上機嫌で法廷をあとにするの。
そんなヘソンに傍聴していたサンドクは
「チャン弁護士は、弁護士として法廷に立っていたのか。
検事みたいに見えた。チャン弁護士は国選弁護士としての資格はない」と指摘。

この言葉を聞いて、前回の事件で
ドヨンが犯人が分かっていても検事としての
仕事をしたことを思い出し、
今回は自分が弁護士としての仕事をしなかったことにヘソンは落ち込んでた。

家に帰りスハにこのことを話すヘソンは
「よくやったと言ってくれない?」と言うけど
スハは言わないのね。

一方、チュンシムは店を閉めた後、
友達と出かけようとするんだけど
その前にジュングクに
「今日は誕生日でしょう」とおかずとわかめスープを渡すの。
複雑な気持ちのジュングク。

翌日、学校にしたスハにジュングクから電話があったわ。
嫌な予感がして電話の内容を録音したスハは
警察へと向かうの。

録音していた内容をスハはお巡りさんに聞かせるの。
その内容は
「俺が引っ越ししたことを知ってるよな。俺を忘れて行きろ。
俺はお前たちのことは絶対忘れず、元気に生きるよ」というもの。
これを聞いた一人のお巡りさんは「脅迫なんてしてないじゃないか」と。
でも携帯事件でヘソンの家にやってきたお巡りさんは
心の中で「これは脅迫じゃないのか」と思ってたのね。
これを読みとったスハは「ジュングクがどこにいるか知ってるでしょう」
と聞くんだけど、脅迫じゃないかと思ったお巡りさんは
「こんなことなら引っ越し先を聞いておくんだった」と心の中でつぶやくの。
これを聞いたスハは呆れつつ
「あんたたちが動かないなら、俺があいつを殺すかもしれない」と言い、立ち去ったわ。

一方、事務所にいたヘソンは
ユチャンとサンドクから「昼食に行こう」と誘われるけど
「約束がある」と言い、事務所を出るのね。
が!一人でご飯を食べてた^^;;

そこへユチャン、サンドク、グァヌがお昼にやってきたので
「よりによって同じ店だなんて」と思いながら、
テーブルの下に隠れるヘソン。

そして3人の話を聞いていると、
グァヌは双子に会いに行き、事件の真相を聞いてきたらしい。
双子が殺したコンビニの店長は、
双子の弟の彼女に手を出そうとしたらしく、困った彼女か双子に相談。
これを聞いた双子は怒り、犯行に及んだらしい。

と、そのとき店の人が隠れているヘソンに
「何してるの」と声をかけたため、
3人にヘソンがいることがバレちゃった。

慌てて店を出るヘソンを追いかけるグァヌ。
サンドクはヘソンが弁護士としてしてはいけないことをしたと思ってたんだけど
グァヌはヘソンは真実を暴いたし、自分とやり方が違っただけとしか思ってないのよね。
この話を聞いていたヘソンは追いかけてきたグァヌに
「観たい映画があるから一緒にどう?」と聞くの。
あくまで「デートではないから」と言うヘソンはグァヌに
「そのださい靴や髪型は変えてくるように」と指示。

一方、スハは学校帰りに、録音できるぬいぐるみを購入。
と、そのときバス停でスリをしようとした男が
お巡りさんに追われているのを見て、
男は刃物を持ってたけど、果敢に立ち向かうの。
スハのおかげで男を捕まえ、スハはそばに落ちていた銃を拾おうとするんだけど
お巡りさんは「触るな!」と言い、男を捕まえながら銃を拾うの。
が!男はその隙にまた逃げようとし、スハが足を引っ掛けてコケさせ、
ちょうど到着したもう一人のお巡りさんがやってきてくれたので
2人のお巡りさんが男を取り押さえたわ。

スハにお礼を言うお巡りさんは
「ジュングクのことは俺たちが見張るから
お前は気にするな」と言うけど
「嘘ばっかり。もう警察は信じないよ」とスハ。

そして家に帰ると、ちょうどヘソンが出かけるところ。
「どこに行くの?」と言われたヘソンは
「チャ弁護士とデートに行くと言ったら笑われちゃうかな」と心の中で思っちゃうのね。
でもそれをスハは聞いちゃった。
「そうじゃないの。今回の裁判でチャ弁護士に迷惑をかけたから
それで映画に行こうと誘っただけ」とヘソンは説明。
そして心の中で「チャ弁護士は私の言って欲しいことを言ってくれたの。
負けたんじゃなく、よくやったと」とヘソンは言ってた。

ヘソンが出かけた後、スハは家に入り、
録音したぬいぐるみのお腹を押すのね。
すると「チャン弁護士、よくやった」というスハの声が録音されてた・・・

一方、ヘソンとのデートに浮かれるグァヌは
ヘソンに言われた通り、髪型も靴も変えて待ち合わせ場所に向かっていたの。

その頃、警察ではお巡りさんが銃を失くしたことに気づき大慌て中。
もしかしてあのとき・・・と思うお巡りさんは
スハがジュングクを殺すかもしれないと言っていたことを思い出し、
スハが銃を持っているのではないかと思いこんだわ。

お巡りさんはヘソンに電話し、
「スハと一緒ですか」と聞き、もしかしたらスハが銃を持っているかもと話すの。
驚いたヘソンは信号の向こうにグァヌがいたけど、
放ったらかしにして家へと向かうの。

そのスハはシャワーをしていて、出てきたらいきなりヘソンに
「自分の部屋から出るな」と言われ、驚くのね。

そこへお巡りさんがやってきて、
ヘソンはシャワーを浴びていた風を装うために、
頭を濡らし、タオルで巻いて玄関を開けたわ。
「シャワーを浴びてたから家の中には入れられない。
スハは出かけてるみたいでいないわ」とヘソン。
するとお巡りさんは「銃は見つかりました」と言うの。
ホッとしたヘソンはお巡りさんに怒ってたわ~
ヘソンが怒るのを聞いていたスハは
「自分を心配してくれる人が出来たんだな~」と嬉しかったらしい。

その後、グァヌから電話があったヘソンは
「知り合いが事故に遭ったと聞いてきたけど、たいしたことなかったの」
とごまかしてた。
そして「無事、家に帰ったんですよね」とヘソンが聞くので
ヘソンの家の近くまで来ていたグァヌは「はい」と返事を。

電話を切ったグァヌはヘソンの家の前にスハがいるのを見つけるの。
スハもグァヌに気づくんだけど、ヘソンにはグァヌがいることに気づかれたくないので
「洗濯物は俺が入れるから」と家の中に入らせたわ。

そして洗濯物を一緒にたたむヘソンとスハ。
ヘソンは双子の事件をスハに話し
「私たちも憎い人がいるけど、いくら憎くても殺しちゃだめよ。
殺したら憎い理由すらなくなってしまう。人を殺した瞬間、被害者じゃなく殺人者になるのよ。
だからジュングクに復讐するという考えはもうやめなさい。」
と言うの。
だけどスハは返事しないのね。
「返事をしなさい」
「もしジュングクがヘソンさんを殺しに来たら?」
「そうだとしても、自分の命は自分で守るわ。だから殺したいと思っていたことを忘れなさい」
とヘソン。
そしてヘソンはスハの成績表を見ながら
「ジュングクを殺したらこの成績がもったいない。この成績だと大学に十分にいけるわ」
とヘソンは言ってた。

一方、ジュングクはチュンシムからもらった
おかずやわかめスープをトイレに流してたわ。

その頃、スハはジュングクの携帯番号をあるところに持って行き、
「居場所を突き止めて欲しい」とお願いを。
そしてヘソンが見ていた成績表をくしゃくしゃにし、
購入したナイフを見つめ・・・

ヘソンにジュングクに復讐するなと言われたって
ジュングクからあんな電話をもらったスハは
復讐しようとしていたことを忘れるなんて出来ないわよね。
ますます目が離せないわ~




にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ   人気ブログランキングへ      
※ランキングに参加しています。1日1回のクリックが反映されます!
 ランキングバナークリックはとても励みになっていますので
 それぞれに応援の1クリックしていただけると嬉しいです♪

◆ブログランキング◆

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

人気ブログランキングへ

1日に1回、毎日クリックしていただくとランキングに反映されますので、お帰りの際にそれぞれに応援の1クリックして頂けると嬉しいです♪

※アクションはクリックだけで結構です。立ち上がったウィンドウで何かをしないといけないこともありませんので、そのまま閉じてくださいね。

 

苺

Author:苺

このブログはコメント欄を閉じていますので
メッセージがある方は、メールフォームか
管理人へメッセージの記事のコメント欄を
お使いください。
記事の応援、更新の応援などはブログランキングのバナーをクリックしていただけると、
ものすごく嬉しいです♪ 
よろしくお願いいたします!

最新記事

Twitter

Twitter

検索

 




カテゴリ

全記事表示リンク

このブログについて

記事内のマーク説明
 →ドラマ表紙へ

レビューは完全にネタバレしています。
みなさんの好きなドラマや俳優さんの ことを悪く言ってしまうこともありますが、
個人的な感想ですのでご了承ください。

なお、字幕なし視聴はハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますが
ご理解ください。

リンクはフリーですが、
お声をかけていただくと嬉しいです。
管理人へのメッセージは下にあります
メールフォームからお願いします。

また宣伝目的のコメントや
管理人が不愉快・不適切と判断した
コメントは削除させていただくことがありますのでご了承ください。

※当ブログにて使用させて頂いております画像等の著作権・肖像権は全て出所元に帰属しています。画像コピー、転載は、ご遠慮下さい。
サイト内の文章(特にレビューの文章)の無断転載もお断りします。

MAIL

管理人へのメールはコチラから♪
返信が必要な方は必ずメールアドレスを明記してくださいね♪
管理人の判断で返信しない場合もあります。
ご了承ください。

宣伝目的のメールはご遠慮ください。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

<>+-

カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

Admin

アクセスランキング

2014/10/01~

 

 

 

ブログランキング ドット ネット

11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
Copyright © 気ままに苺日和 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM)  …   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。