--.--.--*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.07.03*Wed*

恋愛操作団;シラノ (11話)


ドラマ情報&他の話数のレビューはコチラ → 恋愛操作団;シラノ

【あらすじ】
シラノに恋愛操作を依頼してきた
スンピョのターゲットは他でもないコン・ミニョン!
ミニョンへの気持ちが増している中で、
ビョンフンはスンピョの依頼を受け入れるだろうか?
一方、恋愛操作団は消防署員キム・チョルスの隠された女が
死んだ後輩のガールフレンドであり、キム・チョルスが自身も
後輩のように誰かを残して死ぬかと思って
ヘシムを捨てて行ったという事実を知る。
チョルスに必要なことは今、瞬間に専念するようにという
あまりにも当たり前のメッセージ。
果たして恋愛操作団はチョルス消防署員の心に火を付けることができるだろうか?


このドラマは字幕なし視聴です。
ハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますがご理解ください。


← 10話      11話   5     12話 →


「正式にシラノに依頼する。ターゲットはミニョンだ」
と言うスンピョにビョンフンはビックリ。
すぐに返事できないビョンフンを見て
「よく考えてから返事をくれていい」とスンピョは帰って行くの。

その後、シラノではチョルスが会っていた女性のことを調べて会議中。
実はチョルスが会っていた女性ソンジュは
チョルスの仲のよかった後輩ヨンミンの婚約者だったの。
だけどヨンミンは消火活動の際に事故で亡くなってしまったらしい。
それからチョルスはソンジュをずっと気にかけてきたのね。

報告を聞くミニョンたちは、ビョンフンとイソルのようだと思うの。

そしてビョンフンとミニョンは消防署へと向かったわ。
チョルスを探すんだけど、チョルスはトレーニング室にいたのね。
男性ばかりがいるトレーニング室にミニョンを入れるわけにはいかないと
「車で待ってろ」というビョンフン。

そしてチョルスに近づきPTSDの相談医だと説明。
ソンジュから相談を受けていると話すビョンフン。

ヨンミンが亡くなった事情を話しだすチョルス。
非番だったチョルスがコンパのためにヨンミンと交代してもらったとき、
事故は起こったらしい。
なので本当なら自分が死ぬ運命だったとチョルスは思っているのね。
チョルスの話を聞いていたビョンフンは
「ヨンミンさんが亡くなったのはあなたのせいじゃない」と。

一方、イソルはシラノにやってきて、
鍵を開けようとするけど、うまく鍵があけられず
鍵を落としてしまうの。
と、そこへスンピョがやってきて手伝ったわ。
立ち去ろうとするスンピョに
「スンピョさん?」と声をかけるイソル。

そしてスンピョの店で話をするイソルは
ビョンフンも知っているのかと聞くけど
ビョンフンは自分のことを知らないようだとスンピョは話してた。
「ソ代表に僕のことは言わないでください。
気まずくなってしまうだろうから」とスンピョ。

その後、ビョンフンはミニョンとともにシラノに戻ってくるの。
だけど鍵が開いていて、ムジンたちが戻ってきたか?と思いながら
中に入るんだけど、そこにいたのはイソル。
「これは何?シラノエージェンシー?どういことなの。
劇団ではなくこんなことをしていたの?
この前、来たときにおかしいと思ったわ。
ドイルに恥ずかしくないの?」とイソルに責められたビョンフンは
「全部理由があるんだ。でもお前は知る必要がない。
悪いけど今日は帰ってくれないか」と言い、
「わかったわ」とイソルは帰っていくのね。

この二人の会話を聞いてたミニョンは
「どうして本当のことを言わないの?
借金のせいで仕方なくエージェンシーを始めたと言えばいいじゃない」
と言うんだけど
「あいつに心配をかけたくないから、知らなくていいんだ」とビョンフンは言うの。
「まだあの人のことが好きなの?」
「どうしてその質問をするんだ?」
「気になるから」
「どうして気になるんだ?」とビョンフン。

その後、ミニョンはスンピョの店の前を通るけど、
店の中には入らず。
スンピョがミニョンをものすごく意識していることを見ていた
ミンシクとヨンダルはミニョンにスンピョを売り込もうとするのね。
だけどスンピョのことを「兄貴」と言ったため、
ミニョンにレストランオーナーと借金取りの演技がウソだとバレちゃった。
「兄貴には絶対に言わないでほしい」とお願いするミンシクとヨンダル。

この二人、ほんとにドンくさいわよね(笑)

翌日、ヘシムは病院にチョルスもなかなか来てくれなくなり、
会えない日々が続いて、ずっと待っていたんだけど、
「自分から行けばいいんだ」と思い、消防署へ向かうの。

だけどチョルスは
「こういうことをされるのは困る。僕は誰とも付き合う気がないんだ」とヘシムに説明。

その後、チョルスはソンジュに呼び出されるの。
映画のチケットを渡すソンジュは
「あの日、チョルスさんが交代して、ヨンミンさんが非番になったということになってるけど、
実はあの時、私が頼んだことだったの」と話したわ。
「私だけが悲しみに浸るのがイヤで、チョルスさんに本当のことが言えなかった」とソンジュ。

実はこれもビョンフンたちの作戦だったのね。

そしてチョルスがエレベーターに乗ったあと、
ビョンフンが何気なく乗るんだけど、
ムジンは遠隔操作でエレベーターを止め、
ビョンフンが「もしここで死んだら、この電話番号に電話して
僕が愛していたと伝えてほしい」とチョルスに頼むの。
大げさすぎると呆れるチョルスに
「もし伝えなかったら、それこそ残された彼女は辛い思いをする」
とビョンフンが話したとき、
エレベーターが動き出すの。

外に出られたビョンフンはチョルスに
「チョルスさんはこれからの未来の準備が出来ているように見える」
みたいに言ったのかな~
このビョンフンの言葉でチョルスはヘシムに会いに行くの。

「実は後輩が亡くなったことがあり、自分のせいだと思って
これからは人を愛さない、自分のことで誰かを泣かせないと思っていたんです。
でも考えが変わる出来事があったんです。
ヘシムさんから手を差し伸べてくれていたのに待たせてすみません」
と言うチョルス。

この様子を見ていたファン女史は
「ラストはキスシーンで決まりよね」と見守っていたのに、
予想を反してヘシムは
「今まで私を避けていたのは、もしチョルスさんが亡くなったときに
私がつらいんではないかと思ったってことですよね」と言い、
女性に関心がないと言っていたチョルスが、そんな理由で避けていたと知ったヘシムは
「残念だわ」とその場を立ち去るの。
そんなヘシムにチョルスだけでなくファン女史も呆然。

一方、スンピョは誰もいないシラノにやってきて、
昔のことを思い出すの。
シラノ劇団を立て直そうと必死だったドイルが
ビョンフンに電話して「戻ってきてくれ」と頼んでいたんだけど
ビョンフンは断ったみたい。
スンピョが「誰からの電話だ?」と聞くと
「友達だ。帰国したらお前にも会わせるから」とドイルは言っていたらしい。
でも電話の内容を聞いていたスンピョは
「友達と電話しているような会話じゃなかった」と指摘。
ドイルは苦笑いしてたわ。

そんなことを思い出していたスンピョに
「他人の事務所に勝手に入るな」とビョンフンがやってくるの。
「他人?」と言うスンピョは
「前の代表のことを思い出してたんだ。
前の代表がいたら、あんたは今の地位を築いていないよな」と。
「ドイルを知りもしないのに言うな」と言うビョンフンの言葉に
スンピョはカチンときて、ビョンフンの胸倉を掴み
「それなら俺が何を知ってるか今から話そうか?」とスンピョは言い・・・

大人になったドイルが初めて出てきましたが、
イ・ミヌさんでした~

そしてチョルスとヘシムはまだ終わらんのね^^;;
ファン女史が言ってたように、
チョルスが告白した時点で終わりでええんちゃうのって思ったわ。




にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ   人気ブログランキングへ      
※ランキングに参加しています。1日1回のクリックが反映されます!
 ランキングバナークリックはとても励みになっていますので
 それぞれに応援の1クリックしていただけると嬉しいです♪

◆ブログランキング◆

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

人気ブログランキングへ

1日に1回、毎日クリックしていただくとランキングに反映されますので、お帰りの際にそれぞれに応援の1クリックして頂けると嬉しいです♪

※アクションはクリックだけで結構です。立ち上がったウィンドウで何かをしないといけないこともありませんので、そのまま閉じてくださいね。

 

苺

Author:苺

このブログはコメント欄を閉じていますので
メッセージがある方は、メールフォームか
管理人へメッセージの記事のコメント欄を
お使いください。
記事の応援、更新の応援などはブログランキングのバナーをクリックしていただけると、
ものすごく嬉しいです♪ 
よろしくお願いいたします!

最新記事

Twitter

Twitter

検索

 




カテゴリ

全記事表示リンク

このブログについて

記事内のマーク説明
 →ドラマ表紙へ

レビューは完全にネタバレしています。
みなさんの好きなドラマや俳優さんの ことを悪く言ってしまうこともありますが、
個人的な感想ですのでご了承ください。

なお、字幕なし視聴はハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますが
ご理解ください。

リンクはフリーですが、
お声をかけていただくと嬉しいです。
管理人へのメッセージは下にあります
メールフォームからお願いします。

また宣伝目的のコメントや
管理人が不愉快・不適切と判断した
コメントは削除させていただくことがありますのでご了承ください。

※当ブログにて使用させて頂いております画像等の著作権・肖像権は全て出所元に帰属しています。画像コピー、転載は、ご遠慮下さい。
サイト内の文章(特にレビューの文章)の無断転載もお断りします。

MAIL

管理人へのメールはコチラから♪
返信が必要な方は必ずメールアドレスを明記してくださいね♪
管理人の判断で返信しない場合もあります。
ご了承ください。

宣伝目的のメールはご遠慮ください。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

<>+-

カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

Admin

アクセスランキング

2014/10/01~

 

 

 

ブログランキング ドット ネット

06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
Copyright © 気ままに苺日和 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM)  …   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。