--.--.--*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.07.13*Sat*

君の声が聞こえる (12話)


ドラマ情報&他の話数のレビューはコチラ → 君の声が聞こえる

【あらすじ】
ヘソンはスハに対する気持ちを整理するためにスハに冷静に接する。
一方、グァヌはヘソンの頼みでスハの控訴審弁護を引き受けることにする。
ヘソンはグァヌの好意に感謝しながらも負担になっていき。。
その負担を知ったスハは、グァヌを訪ねて行く。


このドラマは字幕なし視聴です。
ハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますがご理解ください。


← 11話      12話   9     13話 →


雨の中、座り込んでいるスハが気になって
迎えに行ってしまったヘソンは
スハの記憶が戻るまでという条件付で
スハを家に連れて行くの。

「最近、あまり眠れない」と言っていたスハだけど、
ヘソンのそばにあるソファに座ったとたん、寝た!
そんなスハに呆れつつ、心が揺れるヘソン。

翌朝、目が覚めたスハは
時計を見ると11時前でビックリ。
またヘソンから冷蔵庫にメモが貼ってあるのを見たスハは
「無罪を勝ち取るためにも、記憶を取り戻さないといけない」
とヘソンに言われたことを思い出し、
ヘソンが使っていた付箋を使い、
思い出すことを書いていき、それを時間経過とともに順番に並べるのね。
まだまだ隙間だらけで、必死で思い出そうとするスハ。

すごいなぁ。
この付箋、1話で出てきたあの付箋よね。
ちょっとした小道具も、しっかり活用してるのはすごい。


一方、ヘソンはスハの弁護をグァヌに頼むことにするの。
申し訳ないと思うヘソンに
「チャン弁護士が申し訳ないと思うからスハの弁護を引き受ける。
そのほうがスハへの気持ちの整理もつけやすいだろう」とグァヌ。
だけどグァヌはヘソンの気持ちがスハに向いていることが辛いのね。
それでもスハ父の亡くなった事件のジュングクの裁判記録を読み、
スハとヘソンのことを思い浮かべるの。

その頃、ダルジュンが出所。
サンドクはダルジュンを迎えに行き、
送る途中「今までいろいろとすまなかった」と謝るの。
でもダルジュンは
「どうして謝るんですか。僕にとってシン弁護士は
僕を理解してくれた唯一の人です」と。

一方、ドヨンは諦めずにスハの通報者ソンナムと話をしていたの。
「この中に頼んだ人物はいないか」と何度も聞くドヨン。
だけどソンナムは「いない」と言うのね。
そこで「頼んだ人の手はどうだった?」と聞いてみるドヨン。
すると「おかしいところはなかった」とソンナムは返事をするの。
ドヨンはこの返事が気になってた。

その日の夜、ヘソンは家に帰り、
「明日、チャ弁護士に会いなさい。これからチャ弁護士が弁護をしてくれるから」
とスハに言うの。
「チャン弁護士がそういうなら」とスハ。

実はヘソンはスハと極力、顔をあわせないようにと思っていて、
食事もしてきていないのに「してきた」と言い、部屋に入ったもんだから
お腹が鳴ってた^^;;

夜中、ガサゴソと物音がするので、スハがドアを開けてみると、
そこには冷蔵庫のウィンナーをがむしゃらに食べるヘソンがいた・・・(笑)

翌朝、グァヌに会いに行ったスハ。
記憶喪失になる直前のことを断片的に覚えているスハは
そのことをグァヌに話すの。
そして弁護士費用の心配をするスハに
「そんなものは心配しなくてもいい。チャン弁護士のためにしていることだから」とグァヌ。
「そのことがチャン弁護士に負担になるのは嫌だ」とスハは言うのね。
「負担をかけているのはお前のほうだろう?
スーツを着てるからって大人になったわけじゃないだろう。
早く記憶を取り戻して、あの家から出ろ。
そうすればチャン弁護士に負担をかけずにすむんだ」とグァヌは言い、
この言葉にスハは自分に腹が立つのね。
そのグァヌもスハに八つ当たりしている自分に苦しんでた。

一方、ドヨンはソンナムの言った「おかしいところはなかった」という言葉が気になり、
秘書や先輩検事に
「私の手はどう?」とソンナムと同じ質問をしてみるの。
すると手の大きさなどの言葉は出てくるものの
おかしいところはなかったという発言にはならず、
ソンナムに頼んだのはジュングクではないかという結論に達するの。
そこでソンナムを検察に呼ぶことにしたらしい。

その頃、グァヌはスハから聞いた記憶喪失になった事故のことを調べようとするの。
元刑事だったグァヌは先輩刑事に頼み込み、
その日の事故の記録を見てもらうのね。
「青い車だった」というスハの証言と一致する事故があり
事故を起こした人の名前を調べるの。
キム・ギホという人物は、実はスハが記憶喪失後、ずっとお世話になっていた人だったわ。

一方、スハはソンビンとジュンギを呼び、
知っていることを話してほしいとお願いを。

その日の夜、ヘソンはまっすぐ帰ってスハと顔をあわせるのを避けたいし、
ご飯を1人で食べて帰ろうか?と思っているとき、
何かに悩んで回転ドアをグルグル回るサンドクを見かけるの。
サンドクはヘソンの真似をしてグルグル回っていたらしいけど、
目が回ったらしい(笑)

そんなサンドクと近くに屋台があったので行くことにしたヘソン。
するとそこにはキム判事やドヨンがいたのね。
酒を飲み、酔っ払ったヘソンは
高校生のとき、裁判で証言したことを話すの。
「一緒にいた目撃者に裏切られた」と言うヘソンは当時のことを話し始めるの。

その事件の裁判長だったドヨン父テソクに裁判後
「怖かっただろうけど、よくやった」と言われるの。
そこで「この事件の目撃者はもう1人いるんです。ドヨンです。
一緒に証言しようと約束したのに逃げたんです。ドヨンは嘘つきだわ。
今回のこともそうだし、花火の件にしてもそう」とヘソン。
「知ってるよ。ドヨンが嘘をついたことは。
そのせいでヘソンが犯人になったことも。
でもウソはウソでもかまわないんだ。本当の犯人が見つかるなら」
とテソクは言ってたのかな。

そしてヘソンは目の前に座るドヨンに
「どう思うの?」と問いかけ、
「私だって、11年間も苦しんできたわ。
私があんたを嫌いな理由はね、私が逃げ出したことを知ってる人だからよ。
逃げたあと、帰りに父を見かけたけど、父はわざと知らんふりをしたわ。
そのときに初めて逃げたことを後悔したのよ。
だから二人を見返すために、必死で勉強して検事になったのよ!」とドヨン。

このドヨンの話を聞いて、
ヘソンの話のひどい友達がドヨンだったとキム判事やサンドクは知り、ビックリ。
するとドヨンもヘソンも話すだけ話して、帰っていくのね。

サンドクは以前、ヘソンが
「よりによってどうして検事と弁護士として再会したのか」
とドヨンに言っているのを思い出し、理由がわかって
「二人は面白い仲だな」と言ってた。

一方、スハは思い出したことを付箋に書き、時間経過順にドアに貼り付けていたんだけど
グァヌに言われた言葉を思い出して、辛そう。

そして外に出てみると、ヘソンのカバンと靴を見つけるの。
不思議に思って見渡してみると、ヘソンは酔って、ベンチで寝てた^^;;

そんなヘソンを抱っこしてベットまで連れて行くスハ。
と、そのときヘソンのシャツが少しまくれていて、
お腹の傷が見えるの。
「何の傷だろう」と気になるスハ。

翌朝、スハは昨夜酔って帰宅したヘソンのために
朝食を作っていたんだけど、ヘソンは相変わらずスハを避けていて
食事をせずに出かけようとするの。
そんなヘソンを追いかけたスハは
お腹の傷のことを聞くの。
「これを話したらスハが苦しむ」と思うヘソンは
「盲腸のあとよ」と嘘をついたわ。
するとスハは「無罪になるようにがんばるし、無罪になったら勉強して大学に行き、
友達とも付き合う」と話すの。
「それはよかったわ」と言うヘソンに
「だから僕を避けないで。嫌いにならないで」とお願いを。

一方、ソンナムはジュングクと話を。
検察に呼び出されたけど、ジュングクのことは絶対に言わないというソンナム。
するとジュングクは
「このままここにいるか、いくところまで行こうか迷っている」と話し出すの。
「旅行中だったの?」と聞くスンナムに
「ええ、そうなんです」とジュングクは言い
「旅行なら行くところまで行かないといけないんじゃない」とソンナム。
「そうですよね」とジュングクは言ってた。

翌日、グァヌはギホを訪ねていくの。
白いトラックを見つけたグァヌは、鍵で傷をつけ、
白い塗装の下に青い塗装があることを見つけ
「これだ」と思うのね。

そしてギホと話をし、スハが思い出したということにするの。
するとギホは「あの人がどうせこの子は覚えていないんだから、
通報する必要はないといったんです」と言うの。
ギホはその人は左手がなかったと言い、グァヌはジュングクだと思うのね。

一方、秘書から「大変なことになりました」と連絡を受けたドヨン。
なんとソンナムが事故で亡くなったらしい。
現場に向かったドヨンは「監視カメラは?」と聞くと
「事故の1時間前に壊れたそうです」と。
「1年前の事故でも事故前に監視カメラが壊れていて、
今回も事故前に監視カメラが壊れいてるのは偶然かしら」
「偶然ではありませんね」
「そうよ。ジュングクは生きてるわ。ジュングクを指名手配して」とドヨン。

その頃、肩の傷を見て、ヘソンの傷と似ているなと思ったスハ。
と、そのときジュングクに刺された記憶がよみがえるの。
そして自分がヘソンを刺したことも。

混乱し、家を飛び出したスハは、
バイクにぶつかりそうになり、
記憶を失ったときの事故とオーバーラップし、
記憶が一気に戻った!

釣堀でスハはジュングクに呼び出され、
どうしてスハ父を殺したのか聞かされていたの。
「俺が先ではない。お前の父さんが先なんだ。
お前の父さんは俺の妻を殺したんだ」と言うジュングクに
「黙れ!!」と掴みかかるスハ。
そんなスハの手にナイフを握らせたジュングクは
「あのときの俺と同じように俺を殺せ」とスハに言うのね。
ナイフを振り上げたスハだけど
ヘソンの言葉を思い出し、ナイフを持った手を下ろし
「俺はあんたとは違う」と言って、立ち去ったらしい。

そんな記憶も全部思い出したスハは
同時に人の心も再び読めるようになるのね。
周りの人の心の声が一斉に聞こえたため、
混乱して鼻血を出し、倒れるスハ。

一方、グァヌ、ドヨンは
ジュングクが生きている証拠を見つけ、
ヘソンにそれぞれ話しにやってくるのね。
ヘソンはドヨンに
「スハの控訴を取り下げて」とお願いし、
スハに報告しないとと外に電話をしに行くの。

そのスハはヘソンの事務所の近くにいて、
ヘソンが自分に電話するのも見ていたのね。
ジュングクが生きていることを知ったら、
ヘソンに危害が及ぶかもしれないと思うスハだけど
ヘソンは「ジュングクが生きていたから、スハの事件は取り下げられたのよ」
と心の中で嬉しそうにつぶやいていて、
ヘソンが何を言いたいか知りながらも電話に出るスハ。
「ジュングクが生きていたから、あんたは完全に無罪よ」
と嬉しそうに報告するヘソンに
「その人が生きていたらあなたが危険になるじゃないか」
と言いながら、ヘソンに近づくスハ。
「パプトンア!そんなことは私の問題よ。ドヨンが控訴を取り下げるって」
と言うヘソンに後ろから抱きつくスハは
「あんたの知ってるパプトンイだ。
あなたの命が危険にさらされるのに、どうして無罪が先なんだ」と言い、泣き出すの。
そんなスハに「約束を守ってくれてありがとう」とヘソンは言い・・・

スハが無実でよかったけど、
ジュングクが生きてるので、
またしても恐怖は続くよね・・・

そんなことより、ヘソンを後ろからハグするスハがよかったわ~♪
ボヨンちゃん、うらやましい!

あ、そうだ。
あらすじの中に書くのを忘れた。
出所したダルジュンは、病院に入院したんだけど
その病院で刑務所に入ることになった事件の真犯人とバッタリ出くわしてました。
その真犯人はジュングクが真似したように、
左手がなくて手袋をはめてごまかしてた。
こっちはこのまま終わってしまうのか、
何か進展があるのかはわからないけれど、一応、書き残しておきます。




にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ   人気ブログランキングへ      
※ランキングに参加しています。1日1回のクリックが反映されます!
 ランキングバナークリックはとても励みになっていますので
 それぞれに応援の1クリックしていただけると嬉しいです♪

◆ブログランキング◆

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

人気ブログランキングへ

1日に1回、毎日クリックしていただくとランキングに反映されますので、お帰りの際にそれぞれに応援の1クリックして頂けると嬉しいです♪

※アクションはクリックだけで結構です。立ち上がったウィンドウで何かをしないといけないこともありませんので、そのまま閉じてくださいね。

 

苺

Author:苺

このブログはコメント欄を閉じていますので
メッセージがある方は、メールフォームか
管理人へメッセージの記事のコメント欄を
お使いください。
記事の応援、更新の応援などはブログランキングのバナーをクリックしていただけると、
ものすごく嬉しいです♪ 
よろしくお願いいたします!

最新記事

Twitter

Twitter

検索

 




カテゴリ

全記事表示リンク

このブログについて

記事内のマーク説明
 →ドラマ表紙へ

レビューは完全にネタバレしています。
みなさんの好きなドラマや俳優さんの ことを悪く言ってしまうこともありますが、
個人的な感想ですのでご了承ください。

なお、字幕なし視聴はハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますが
ご理解ください。

リンクはフリーですが、
お声をかけていただくと嬉しいです。
管理人へのメッセージは下にあります
メールフォームからお願いします。

また宣伝目的のコメントや
管理人が不愉快・不適切と判断した
コメントは削除させていただくことがありますのでご了承ください。

※当ブログにて使用させて頂いております画像等の著作権・肖像権は全て出所元に帰属しています。画像コピー、転載は、ご遠慮下さい。
サイト内の文章(特にレビューの文章)の無断転載もお断りします。

MAIL

管理人へのメールはコチラから♪
返信が必要な方は必ずメールアドレスを明記してくださいね♪
管理人の判断で返信しない場合もあります。
ご了承ください。

宣伝目的のメールはご遠慮ください。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

<>+-

カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

Admin

アクセスランキング

2014/10/01~

 

 

 

ブログランキング ドット ネット

10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Copyright © 気ままに苺日和 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM)  …   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。