--.--.--*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.07.15*Mon*

女王の教室 (10話)


ドラマ情報&他の話数のレビューはコチラ → 女王の教室

【あらすじ】
マ先生は子供たちに班別課題を渡す。
ドングはオ女史のそばにいるために班別課題から抜け出て、
この事実を知っているソヒョンがドングの役割まで私が責任を負うと申し出る。
一方、マ先生は班別課題を提出した子供たちに不真面目だった人の名前を申告させる。
グループ最下位には遂行評価最下点数を与えるという声に子供たちが動揺するが….


このドラマは字幕なし視聴です。
ハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますがご理解ください。


← 9話      10話   7     11話 →


ハナはドング、ソヒョン、ボミとともに元気に登校し、教室へ。
すると3組の生徒は全員席に座って勉強していて、
ハナたち4人の机がないの。
驚いていると、マ先生がやってきて、
「私たちの机がありません」と訴えてみるけど
「このクラスにあなたたちの席はないけど」とマ先生。

ここでハッと目が覚めたハナ。
これはハナの夢だったのね。
ハナは昨日、掃除しているときに言われたマ先生の言葉を思い出すの。

その後、学校に行ったハナはソヒョンたちに
「マ先生はまた何かしかけてくるかな」と相談。
だけどもう1人じゃないと思うハナたち。

と、そこへマ先生がやってきたわ。
マ先生は「もう美術室に行く人はいないのね」
と言い、授業を開始。

マ先生が黒板に書くのをただひたすらノートに写す子供たち。
そして授業が終わり、
「これで終わりなの?」と拍子抜けするハナ。

その後、ハナたちは班別課題をすることにするんだけど
ドングは早く終わらせて家に帰りたいのよね。
事情を知るソヒョンは
「私がドングの分までするからドングは帰って」と言うの。

そしてソヒョンとボミはハナの家で課題をすることに。
ハナ母は頭がいいソヒョンに興味津々で、
その様子を隣で聞いていたボミはちょっと寂しそう。

その頃、ドングはオ女史の店を掃除してた。
オ女史は「ミスローサはもう要らないのか」と聞き
「学校に友達がいるから」とドング。
友達が出来てよかったとホッとするオ女史。

翌日、マ先生は子供たちに1人ずつ紙を渡し、
「その紙に班別課題を不真面目に取り組んでいた人の名前を書きなさい」
と言うの。

そして、みんなそれぞれに名前を書くんだけどボミの班は
みんな自分の名前を書いていたのね。
するとドングはソヒョンの紙を奪い、
ソヒョンの名前を消してドングと書いたわ。

この投票後、各班に一人、不真面目に取り組んでいたとされる人が発表。
このことで3組の雰囲気が悪くなるのね。
書いた人と書かれた人で言い合いになり、
そんなみんなを見つめるハナたち。

そこでハナはこれはマ先生の陰謀だと思うの。
ソヒョンとともに「次の投票からは自分の名前を書けばいい」と提案。
みんなは納得し、賛成してくれたわ。

その日の放課後。
ハナたちはマ先生のことを何一つ知らないということで
マ先生を尾行してみることにするのね。

コンビニに寄って、何かを買ったマ先生を
ハナ、ボミ、ソヒョンは追うんだけど
ドングはマ先生が何を買ったか気になったらしい。
コンビニに行き、話を聞いていてハナたちとはぐれちゃった。

そのハナたちは、マ先生に尾行がバレていて
見つかっちゃった。
「やってみるというのは私の裏調査をすることだったの?
やりたければやりなさい。でもそんな卑怯なやり方が通用すると思う?
まずは今日のところは失敗ね」とマ先生は言い、
ハナたちは退散。

その後、マ先生はハナたちに尾行されていないと思っていたけど、
実はハナたちを探していたドングがマ先生を見つけていたの。
小さな子供とすれ違ったとき、マ先生はジッと見ていて、
このことが気になるドング。

一方、ハナたちはボミ母の店に行き、アイスを買おうと思うんだけど
店は閉まってて、借金取りが来てた。
と、そのときボミ母からボミの携帯にメールが。
「ごめん、行かないと」と言い、
母に言われたチムジルバンに向かうボミ。

「お金を準備できるようにしてくるから、ボミはここで待ってて」と言い、
母は立ち去るの。

1人でチムジルバンにいたとき、
女子高生の二人組みに声をかけられるボミ。
その女子高生と話していると、ちょうどチムジルバンで放送が入るの。
夜間は子供1人の人はチムジルバンに泊まれないらしい。
すると女子高生は
「あのおばさんの隣で寝ればいいのよ」とアドバイス。
ボミはその女子高生たちのアドバイスを素直に聞き入れ、
隣で寝ることに。

だけど夜中にチムジルバンの人に起こされるの。
なんと女子高生たちは寝ているおばさんたちの携帯やら財布やらを持ち逃げしたらしく
ボミも仲間だと思われたのね。

ちょうどその頃、ハナはボミが心配になり、
携帯に電話するとボミが警察にいることを知り、ビックリ。

警察に行き、おばさんたちに責められるボミだけど
「私は何も知らない」とボミ。
と、そこへハナとハナ母がやってきたわ。
警察も監視カメラの映像から、
「この子は何も関係ないようですね」と言い、
おばさんたちはバツが悪そう。

そして警察は「この子の保護者がいないので帰せない」と言うの。
するとハナ母は「私がつれて帰ります」と言ってくれて、
落ち着くまでボミはハナの家にお世話になることに。

ボミの成績のことであれこれ言ってたハナ母が
ちょっと気に入らなかったけど、
こういうときにすぐに手を差し伸べてくれてよかったわ~


翌日、マ先生は今日もまた子供たちに班の中から1名書くようにと言うんだけど
子供たちの様子がおかしいことに気づき
「自分の名前を書こうとしているの?本当に隣にいる友達はあなたのことを裏切らない?」
と不安をあおるの。
結局、不安に負けた人は自分の名前を書かなかったのね。
このことでまたまたクラスの雰囲気が悪くなったわ。
その様子に胸が痛いハナたち。

その後、ゴミを捨てに行って帰ってきたボミにマ先生は
「クラスの様子を見てわかるでしょう。みんな自分のことが大事なのよ。
あなたが私側につくならいつでも受け入れる」と立ち去ったわ。

授業が終わったあと、図書室で勉強をするハナたち。
「何か方法はないだろうか」と悩むハナやソヒョンに
「私ね、今、ハナの家にお世話になってるの」と言いだすボミ。
「前の私ならとても辛かったと思う。家出しているみたいだと思うし、
長くなれば学校にも行かなくなると思う。だけど今は違うの。
ハナたちと友達だから。辛いときは慰めてくれるし、
また逆に私がハナを助けてあげられることもあるから。
私は方法はわからないけど、私のようにみんなが友達が大事だと気づけば
みんなわかってくれるんじゃないかな。
お互いに本心を知れば、こんなことにならないんじゃないかな」
とボミがいうとソヒョンも
「私もみんなが父さんのことを知ったときすごく腹が立ったけど、
誰かが心から怒ってくれたから、目が覚めたわ」と言うの。
と、そのときハナが何かを思いついたらしい。

そして家に帰ったハナとボミは、
クラスの一人一人に手紙を書き始めるの。

翌日、全員の手紙を持ち、学校に向かうハナとボミ。
教室ではドングとソヒョンが待っていて、
みんなで協力して、それぞれの机に手紙を入れていくのね。

みんなが教室にやってきて、手紙を読むけど、
「子供じゃあるまいし」と迷惑そう。
そしてケンカが始まってしまったわ。

ケンカになった子たちは手紙を破り始めたため
これを見たドングは止めに入るの。
だけど机に乗り、押し合いになっていたことから、
ハナが止めに行くんだけど、誰かに押されたハナは
ガラスを突き抜けて廊下へ。

ガラスの破片がハナの体に突き刺さっていることから
誰も助けられず、ただ見てるだけなのね。
と、そこへマ先生がやってきて
ハナを抱き上げて保健室へ連れて行ったわ。

ドングはクラスのみんなに
「お前たち、ひどいんじゃないのか。
ハナは自分がいじめられているときもみんなの心配をしてたんだぞ。
マ先生のやり方だと誰かがまたいじめられる。
いじめは1人で寂しいから
絶対にクラスの誰にもそんな思いをさせたくないと言ってたんだぞ」と怒るの。

そしてドングが教室に入ると、
ソヒョンとボミが泣きながら破られた手紙を一枚一枚テープで元通りにしてたのね。
これを見た生徒たちは、反省したらしい。

一方、保健室で手当てをしてくれるマ先生は、
いつも首をしっかりと隠しているんだけど
ハナを保健室に連れて行くときに、
苦しむハナが首元を掴んだため、首の傷が見えてた。
これを見ていたハナに気づいたマ先生は首を隠してた・・・

その頃、独自でマ先生のことを調べるナリ母は
マ先生が子供を亡くしていること、そして教師に復帰した学校で問題がおき、
マ先生が監獄に行っていた事実を知り、教頭に話しにいってた。

一方、手当てが終わったハナは
「教室に戻ります」と言い、歩いて教室へ。
そのことに気づいたボミとソヒョンは駆け寄り、
ハナに手を貸すの。
この様子をマ先生が見つめてた。

そして教室にやってきたマ先生は、
「クラス委員(ボミたちの班)は掃除して、残っている人は授業の準備を」と言うんだけど
生徒たちは「僕たちも掃除します」と全員が席を立つの。

「みんなでクラス委員と同じように掃除するのね」
と言うマ先生は
「今日で夏休みの授業は終わりよ。2学期の始業式で会いましょう」と言い・・・

みんなが「掃除する」と立ち上がったのを見て
マ先生は少し嬉しそうだったのよね~
夏休みの授業はきっとこれが目的だっだたろうな。

いつも無表情のマ先生だけど
時々、ふとみせる表情にホッとするんだよね。

さぁ~2学期は何が待っているのか・・・^^;;
ナリ母が動くかな?




にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ   人気ブログランキングへ   
※ランキングに参加しています。1日1回のクリックが反映されます!
 ランキングバナークリックはとても励みになっていますので
 それぞれに応援の1クリックしていただけると嬉しいです♪

◆ブログランキング◆

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

人気ブログランキングへ

1日に1回、毎日クリックしていただくとランキングに反映されますので、お帰りの際にそれぞれに応援の1クリックして頂けると嬉しいです♪

※アクションはクリックだけで結構です。立ち上がったウィンドウで何かをしないといけないこともありませんので、そのまま閉じてくださいね。

 

苺

Author:苺

このブログはコメント欄を閉じていますので
メッセージがある方は、メールフォームか
管理人へメッセージの記事のコメント欄を
お使いください。
記事の応援、更新の応援などはブログランキングのバナーをクリックしていただけると、
ものすごく嬉しいです♪ 
よろしくお願いいたします!

最新記事

Twitter

Twitter

検索

 




カテゴリ

全記事表示リンク

このブログについて

記事内のマーク説明
 →ドラマ表紙へ

レビューは完全にネタバレしています。
みなさんの好きなドラマや俳優さんの ことを悪く言ってしまうこともありますが、
個人的な感想ですのでご了承ください。

なお、字幕なし視聴はハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますが
ご理解ください。

リンクはフリーですが、
お声をかけていただくと嬉しいです。
管理人へのメッセージは下にあります
メールフォームからお願いします。

また宣伝目的のコメントや
管理人が不愉快・不適切と判断した
コメントは削除させていただくことがありますのでご了承ください。

※当ブログにて使用させて頂いております画像等の著作権・肖像権は全て出所元に帰属しています。画像コピー、転載は、ご遠慮下さい。
サイト内の文章(特にレビューの文章)の無断転載もお断りします。

MAIL

管理人へのメールはコチラから♪
返信が必要な方は必ずメールアドレスを明記してくださいね♪
管理人の判断で返信しない場合もあります。
ご了承ください。

宣伝目的のメールはご遠慮ください。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

<>+-

カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

Admin

アクセスランキング

2014/10/01~

 

 

 

ブログランキング ドット ネット

08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Copyright © 気ままに苺日和 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM)  …   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。