--.--.--*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.08.03*Sat*

女王の教室 (16話)


ドラマ情報&他の話数のレビューはコチラ → 女王の教室

【あらすじ】
マ先生は最後の授業を終わらせる。
子供たちは厳かな姿でマ先生を送る。
ところがマ先生が離れた翌日から変なことが起こり始める。
卒業式当日、教頭が6年3組の担任として子供たちに別れのあいさつをする。
子供たちは物足りなさを隠す方法がなくて...
教室に戻ったハナが物思いにふけていたマ先生を発見し…


このドラマは字幕なし視聴です。
ハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますがご理解ください。


← 15話      16話   8     評価


3組の授業を終えたマ先生が教室を出ると
校長が待ってたわ。

校長はマ先生に他の学校に行くことを薦めるんだけど
マ先生はそこに行くのはイヤらしく、
1年間の停職が決定。

その頃、3組の生徒たちは担任はマ先生でないとイヤだという結論に達し、
担任がマ先生でないなら、授業をボイコットしようとするのね。
でもハナは
「さっき先生が言ってたことを忘れたの?
逃げずに今、自分たちが出来ることをやりなさいと言ってたじゃない」と言うのね。
このハナの言葉で、みんなはボイコットをやめることにしたらしい。

一方、職員室を去るマ先生を呼び止めたヤン先生は
「先生はどうして先生になられたんですか?
先生の答えは私の答えにならないことはわかっています。
私も自分の方法で答えを探します。答えを探すために参考にしたいんです」と聞くの。
「子供たちは奇跡を起こすんです。
教師はその中で方法を探す子供たちに自信をもたせるんです」
「だから先生はすぐに良い先生かとそうでないかは問題じゃなかったんですね。
先生がどういう先生かより、子供たちにとってどうなのかが重要だから」
「だからいつも私が言ってたじゃないですか。
余計なことを考えずに自分のクラスのことを考えたほうがいいと」
と言い、マ先生は立ち去ったわ。

その後、6年の担任が集まっているとき、教頭がやってきたので、
チョン先生がマ先生の3組のファイルを渡すの。
「このファイルを見て、自分が恥ずかしくなった」とチョン先生。

一方、マ先生が学校をあとにしようとしたとき、
ナリ母が学校にやってくるの。
「最後に挨拶できてよかった。またマ先生がまた教師をされるなら手助けできますよ」
と言うナリ母に
「それならどうして私を恐れるんですか?
どうしてそんなに頑張って、私を辞めさせるようなことをしたんですか?
お母さんも知ってらっしゃいますよね。時々、希望と現実が変わることを」
とマ先生は言い、立ち去るの。

その頃、教頭は3組へ。
授業を始めようとすると、クラス委員のボミが何の授業でどこからかを的確に伝え、
教頭が質問すると、クラス全員が手をあげてた。

その日の夜、ナリ母は電話をしながら帰宅。
この電話の内容を聞いたナリは
マ先生を辞めさせるように教育委員会に働きかけていたのが
自分の母だったと知るの。
「今までママの言うことを聞いてきたけど、
これからは自分がしたいことをしていく!!」とナリは宣言。

一方、ハナはドングに呼び出されていたの。
「先生が毎日、店に行ってミスローサに会ってたのは本当なのか。
ハナもミスローサの顔を見たのか?」と聞くドングに
「うん。見たわ。それにこの前の授業の時も来ていて、泣いてた」とハナ。

マ先生が去った翌日から、3組の生徒たちに変化が。
子供たちはそれぞれに自分が出来ることを頑張り、
時にはマ先生の言葉を思い出してた。

ナリは自分のしたいことをしていて、毎日、母とケンカしているらしい。
それを聞いたハナは母に「ナリのママに最近会ってないの?」と聞き、
「最近は集まりに参加していないから」と母。
その母は会社の面接試験の準備で頭がいっぱい。
不安そうな母に「自分でやると決めたんだからできるわよ」
とマ先生の言葉を思い出しながら元気付けるハナ。

そして会社の面接に行ったハナ母は、緊張しながらも
志望動機など自分の思っていることをちゃんと話せて、
合格したらしい。

一方、ヤン先生はマ先生の影響を受け、
余計なことで悩まずに、子供たちを守れるようにするため
ジャスティンに護身術を習っていたの。
「マ先生のおかげ」というヤン先生にジャスティンは告白。

その後、ヤン先生は校長と話す機会があり
「マ先生の消息をご存知ですか?」と聞いてみるの。
「マ先生が自分の消息を誰かに報告する人だと思う?私もわからないわ」と校長。
するとヤン先生はずっと気になっていたマ先生が刑務所に行った話を聞いてみるの。

マ先生が担任したクラスの子が起こした事件らしいけど、
その子が真実を話したのはだいぶんあとなのかな~
校長はちょうど教育委員会の委員としてマ先生の裁判に立ち会っていたらしい。
だけどマ先生は裁判でも何も言わなかったのね。
生徒が起こした事件は自分の責任だと思っているからだそう。

卒業式の前日。
最後の掃除を終えたハナ、ドング、ソヒョン、ボミ。
学校をあとにしようとしたとき、校門のところでローサが待ってたの。
これに気づいたハナはドングをローサのところに連れて行ったわ。
ローサはミスローサをドングに渡し
「先生が毎日私に会いにきていたの」と。
「先生が毎日来ていたなら怖かっただろう」というドングに
「ごめんね」と泣きながら謝り、抱きつくローサ。

ローサの涙が黒い・・・(笑)

翌日の卒業式。
式典が行われているとき、マ先生は誰もいない職員室にやってきて、
以前、自分が座っていた席に座り、パソコンを開くの。
3組の子供たちが1人ずつ卒業証書をもらっているとき、
マ先生はパソコンにある、一人一人のファイルを削除。

たったこれだけのシーンなのに、いろいろなことを思い出して泣けた~

全員の証書を渡し終えたあと、マ先生は卒業式が行われている体育館の前へ。
そしてそのまま立ち去ろうとするんだけど、教頭とバッタリ会っちゃった。

教頭は「子供たちはいじめもなく、何もごとにも一生懸命頑張っていました。
ご存知だったでしょう?マ先生なら子供たちを見守ってらっしゃったはずですから」
と言うんだけど、マ先生は「失礼します」とだけ言って立ち去るの。

その後、マ先生は3組の教室へ。
と、そのとき3組の生徒が教室に戻ってくるの。
「何してるの?まだ卒業式は終わってないでしょう」と驚くマ先生に
「教頭先生がマ先生が来ているから挨拶してきなさいと送り出してくれました」と生徒たち。
そして「先生に見せたいものがある」と卒業制作を見せたわ。

それから3組の生徒たちは一人一人、マ先生に感謝の気持ちを泣きながら話してた。
そして最後に話したのはハナ。
「先生は一人一人のことを考えて心配してくれてたんですよね。
誰がなんと言おうと私は信じます。先生は私たちにとって良い先生です。
これからも私たちを見守ってほしいです」とハナ。

このシーン。
ずっと通しで撮影したのかな。
たまに、話し始めにマイクが間に合わず、声が拾えていない子とかいて
誰が話してるのかわからんかった。
と言いながら、泣いてしまっていた私ですが^^;;


3組の生徒がみんな泣いているとき
「いい加減にしなさい」と言い、立ち去ろうとするマ先生。
すると子供たちは歌を歌いだすのね。
この歌にマ先生は立ち止まったわ。

歌が終わったあと、振り返ったマ先生は
「いつまで思い出に浸っているつもり?
ここはあなたたちがいる場所じゃないでしょう。
中学校に行きなさい」と言い、教室を出て行ったわ。

卒業式が終わったある日。
ハナはドングに呼び出されるの。
ミスローサの人形をハナに渡すドングは
「俺が背が高くなったら・・・かっこよくなったら・・・」
と告白したそうなんだけど、言い出せず。
ハナは最後まで聞かずに
「もう帰らないと」と立ち去ろうとするの。
だけど立ち止まりドングのほうをみるのね。
するとドングは、言えなかったなぁ、まぁいいか
って感じだったのね。
そんなドングを見てハナは
「今でもかっこいいよ」と言い、立ち去ったわ。

中学生初日。
ハナはソヒョン、ボミ、ドングと待ち合わせ。
でもボミとドングは学校が同じだけど、
ハナとソヒョンは違う学校なのね。
「もう会えないかな」というソヒョンに
「オ女史がみんなに会いたがってるんだから
いつでも会いにきて」とドング。
そこで週末はオ女史の店に集まることに。

一方、小学校でも進級した子供たちが次々と登校。
そんな中、昨年と1人違うのはヤン先生。
初日から学校に不必要なものを持って来ている生徒を注意。
しかも服装もマ先生の影響を受けていて、
ク先生やチョン先生は心配そう^^;;

その頃、みんなと別れて学校に向かうハナは
マ先生とバッタリ会うの。
「今日から中学生なんです。怖いけど期待もしてます。
先生に一つ聞きたいことがあるんですけど。
私たちが先生に勝ったんですよね。
先生は私たちに会うととても気分がいいんですよね?」
と聞き、嬉しそうなハナ。

「先生!また学校に戻ってきますよね?」
「もちろんよ」と言うマ先生。
ハナは「学校に行ってきます」と挨拶し、走って立ち去るの。
そんなハナを見送るマ先生は笑顔で・・・The END

日本版見ていませんが、日本版の公式HPであらすじを見る限り、
ほぼ同じストーリー展開。
わかっていても、泣いてしまうのはなせだろう^^;;
最終回は、前半泣くようなところがなかったので、
このまま泣かずに終われるかと思ったのに、
卒業式で泣いちゃったし。

視聴率よくなかったのは残念だけど、
子供たちの演技力はすばらしかった!





 評価 

 オススメ度と感想 
※総合オススメ度以外の評価の数字は、
見終わった時の管理人の感想を数字にしたものなので、メモ程度にお考えください。


ストーリー展開度★★★★★★★☆☆☆ 7
キャストマッチ度★★★★★★★☆☆☆ 7
最終話納得度★★★★★★★★☆☆ 8
胸キュン度★☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 1
笑える度★☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 1
泣ける度★★★★★★☆☆☆☆ 6
せつなさ度★☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 1
意外性度★☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 1


総合オススメ度 ★★★★★★★★☆☆ 8




【ストーリー感想】

日本の「女王の教室」を視聴していませんが、
公式HPなどであらすじを確認しながら視聴していました。
大筋のストーリー展開は日本版そのまま。

視聴率は良くなかったけど、
私は見やすかったし、
何より子役ちゃんたちの演技がとっても良くて
後半は何度も泣きました。

活躍している子役ちゃんたちが
メインでキャスティングされていましたが、
それ以外の子役ちゃんたちも演技が上手でした。
あぁ・・・その中でもそうでない子もいましたけど( ´ノω`)コッソーリ

日本の教育事情と韓国の教育事情は異なるはずなのに
ストーリー展開がほぼ同じだったから
韓国では受け入れられなかったのかもしれませんね。


【キャスト感想】

マ・ヨジン役・・・コ・ヒョンジョン
さすがコ・ヒョンジョンさん!
というくらいの存在感でした。
日本版の天海祐希さんのような
アクションシーンはなかったですけどね(笑)
やっぱりヒョンジョンさん好きだなぁ♪

ハナ役・・・キム・ヒャンギ
ヒャンギちゃんも実力のある子役ちゃんなので、
コ・ヒョンジョンさんとの1対1のシーンも
負けてなかったですね。
最後のヒャンギちゃんとヒョンジョンさんのシーンが良かったです。



にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ   人気ブログランキングへ   
※ランキングに参加しています。1日1回のクリックが反映されます!
 ランキングバナークリックはとても励みになっていますので
 それぞれに応援の1クリックしていただけると嬉しいです♪

◆ブログランキング◆

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

人気ブログランキングへ

1日に1回、毎日クリックしていただくとランキングに反映されますので、お帰りの際にそれぞれに応援の1クリックして頂けると嬉しいです♪

※アクションはクリックだけで結構です。立ち上がったウィンドウで何かをしないといけないこともありませんので、そのまま閉じてくださいね。

 

苺

Author:苺

このブログはコメント欄を閉じていますので
メッセージがある方は、メールフォームか
管理人へメッセージの記事のコメント欄を
お使いください。
記事の応援、更新の応援などはブログランキングのバナーをクリックしていただけると、
ものすごく嬉しいです♪ 
よろしくお願いいたします!

最新記事

Twitter

Twitter

検索

 




カテゴリ

全記事表示リンク

このブログについて

記事内のマーク説明
 →ドラマ表紙へ

レビューは完全にネタバレしています。
みなさんの好きなドラマや俳優さんの ことを悪く言ってしまうこともありますが、
個人的な感想ですのでご了承ください。

なお、字幕なし視聴はハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますが
ご理解ください。

リンクはフリーですが、
お声をかけていただくと嬉しいです。
管理人へのメッセージは下にあります
メールフォームからお願いします。

また宣伝目的のコメントや
管理人が不愉快・不適切と判断した
コメントは削除させていただくことがありますのでご了承ください。

※当ブログにて使用させて頂いております画像等の著作権・肖像権は全て出所元に帰属しています。画像コピー、転載は、ご遠慮下さい。
サイト内の文章(特にレビューの文章)の無断転載もお断りします。

MAIL

管理人へのメールはコチラから♪
返信が必要な方は必ずメールアドレスを明記してくださいね♪
管理人の判断で返信しない場合もあります。
ご了承ください。

宣伝目的のメールはご遠慮ください。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

<>+-

カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

Admin

アクセスランキング

2014/10/01~

 

 

 

ブログランキング ドット ネット

08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Copyright © 気ままに苺日和 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM)  …   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。