--.--.--*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.08.11*Sun*

主君の太陽 (2話)


ドラマ情報&他の話数のレビューはコチラ → 主君の太陽

【あらすじ】
"あなたのような人は初めてです、あなたは私にとって特別です。
あなたは私の何ですか?"ジュンウォンに突きつけるゴンシル。
一方女子高生の心霊写真でキングダムの一部が騒々しくなり、
ゴンシルはその心霊写真のミステリーを解くために努力するけれど...


このドラマは字幕なし視聴です。
ハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますがご理解ください。


← 1話      2話   7     3話 →


「あなたのそばで寝たい」
と、ジュンウォンにもたれかかるゴンシルを
無理矢理起こしたジュンウォンは
「ヒジュのことを知ってるのか」と聞くの。
「あの人の名前はヒジュっていうのね」
というゴンシルは、ミギョンがヘソンを待っていた木のところに
ジュンウォンがやってきたあと、ヒジュを見かけたらしい。
「幽霊が見えるのか」というジュンウォンは
「ここにも居るのか?」と。

するとゴンシルは「あそこに」と言い、
揺れているイスを指差すの。
そしてジュンウォンに触れると幽霊が見えなくなるとゴンシルは説明。
「このままあなたのそばにいれば、幽霊も見えずに
ちゃんと生きられると思うの。きっとよく眠れるだろうし」
と言うゴンシルにジュンウォンは拒否。
「ひどいわ。あなたは何も見えないから怖くないんだろうけど
私はとっても怖いのよ」
「俺は何も怖くない。でもお前が怖い」と言い、
さっきまで揺れていたイスが止まっていたので、
わざと動かしに行くのね。

そしてその場から立ち去ろうとしたとき、
ジュンウォンが動かしたイスが止まった!
幽霊がとめたらしい^^;;

一方、カン・ウはセキュリティチームの飲み会へ。
そこでジュンウォンが昔、目の前で彼女を亡くした話を聞いてた。

その後、帰宅したカン・ウはジュンウォンがアパートから立ち去るのを見かけるの。
屋上からジュンウォンを見送るゴンシルのこともカン・ウは目撃。

その日の夜、ある学校では補習の自習授業中に
こっくりさんをしていたの。
数日前に亡くなったイ・ウンソルを呼びたかったらしい。
だけど先生が来たので、呼んだものの途中で出来なくなっちゃった。

するとその後、ウンソルと友達だった3人にウンソルから写真が送られてくるの。
ウンソルの事故の遭った日に、その3人は写真を撮っていたんだけど、
その写真の背後にはウンソルらしい人物が写っていたのね。

この写真がネットに公開され、瞬く間に話題に。
実はこの3人が写真を撮った場所が、ジュンウォンのショッピングセンターだったのね。

写真を撮った泉の前でグィドと話をしていたジュンウォンは
そこを掃除するゴンシルを見つけるの。
ゴンシルはこのショッピングセンターで掃除の仕事をすることになったらしい。

そこでジュンウォンは
「ここに幽霊がいるのか」とゴンシルに聞くの。
「ここにはいないですけど」
というゴンシルにジュンウォンはホッと一安心・・・
したのも束の間!

この写真が「ミステリーZ」と言う番組にも紹介されてしまい、
過去にジュンウォンの彼女が亡くなったことも調べ上げらてしまうのね。
そしてその彼女のたたりではないかと話題になってしまったわ。
ジュンウォンはその番組で、当時の刑事がインタビューに答えているのを見て激怒。
この刑事に会いに行こうとしたジュンウォンに
ゴンシルは声をかけるのね。
番組を見ていたゴンシルは
「あの写真の幽霊はヒジュさんではないです」とジュンウォンに言うの。
だけど怒ってるジュンウォンは「黙れ」と言い、
刑事に会いに行ったわ。

刑事に「どうしてインタビューなんか受けるんだ」と責めるジュンウォン。

一方、アパートに帰ったゴンシルは
スンモとスンジュンに夕飯を食べさせていて、
写真に写る幽霊のことを話していたの。
「姉さんは幽霊が見えるなら、姉さんが探してあげればいいじゃない」というスンモ。
「そうよね」と言い、ゴンシルはショッピングセンターに行くことに。

ゴンシルが立ち去ったあと、スンモは
「母さんは仕事で帰ってこないと言っていればご飯が食べられるから、
黙ってるんだぞ」とスンジュンに言ってた・・・

その後、ゴンシルは誰もいないショッピングセンターに行き、
写真に写る幽霊さんを探そうとするのね。
でも会う幽霊さんはどれもその写真の幽霊さんではないの。

疲れて休んでいるとき、カン・ウに声をかけられるゴンシル。
「探し物なら一緒に探すよ」といわれるゴンシルだけど
「あなたには見えないと思います」とゴンシル。
「僕は目が良いんだ」とカン・ウが言った時、
泉の前に女子学生3人がいるのを発見。
この女子高生たちはウンソルの友達
ユジン、ガヨン、ジュヒョンだったわ。
「何してるのかしら4人で」というゴンシルに
「3人でしょう?」とカン・ウ。

この言葉でゴンシルは1人は幽霊だと気づくのね。
カン・ウが女子学生に「何してるんだ」と大きな声で言ったことから
女子学生たちは退散。

ゴンシルは泉の前に行き、そこにたっていた幽霊のウンソルに
「あなたなの?」と声をかけるの。

一方、ジュンウォンはグィドとともにある場所へやってきたわ。
そこは昔、ジュンウォンが監禁されていた場所。
「犯人を見なかったのか」とグィドに聞かれたジュンウォンは
「見なかった」と言うけど、実際は見ていたらしい。

翌日、ゴンシルはジュンウォンに会いに行き
「写真の幽霊が誰だかわかった」と言うの。
そしてジュンウォンを連れて、学校に行ったゴンシルは
机の上に遺影が飾られているウンソルがその幽霊だと話したわ。
写真に写っていたのが、ユジンたちだというゴンシル。

そこで担任の先生にお願いして、話を聞いてもらうことに。
ユジンたちはウンソルをいじめていたわけではないと証言。
実は何をやってもうまく出来ずないウンソルのせいで迷惑をかけられていたユジンたち。
しかもお昼にはみんなの分のジュースは買ってきてくれるけど
食べ物は持ってこなかったらしい。
でもちゃっかり食べるウンソルにユジンたちは迷惑がっていたの。
だからあの日は「私たちだけで買い物がしたい」と言い、
ウンソルを帰したのね。
そしたらその日、ウンソルが事故にあって帰らぬ人になったらしい。

あの日、ユジンたちが携帯で撮った写真を見せると、
同じ写真なのに、携帯の写真には幽霊は写っていないのね。

ウンソルの携帯に写真を送ったのは認めたユジンたち。
だけどウンソルはその日、携帯をなくしていたらしい。
その携帯を持っていたのはクラスメイトのパク・ジウン。

実はあの日、ウンソルがユジンたちにジュースを買っているところに
出くわしたジウンは、ウンソルが携帯を落としたことに気づいて、
もって行こうと追いかけたのね。
するとユジンたちが
「ウンソルがまたジュースを買って現れるんじゃないの?」
と話しているのをウンソルが聞いてしまったのを目撃したジウン。

その後、ショックを受けたウンソルが
ふらふら歩くのを追ったジウンは
ウンソルが轢かれる所を目の前で見ちゃった。

だからジウンはユジンたちに仕返ししたかったのね。
これを聞いたユジンたちとジウンは掴み合いを。

「ウンソルはそんなことは望んでいないのに」
と止めに行こうとするゴンシルを制止するジュンウォン。

そして学校を去ろうとしたゴンシルは
「ウンソルが悲しそうだったから、このままではダメだわ」
と言い、ウンソルの携帯を使い、
ユジンたちにメールを送るの。

そのユジンたちは
「どうすればいいんだろう。もうこの世にいないウンソルに
どうして謝ればいいんだろう」と考えていたのね。
そこへウンソルの携帯から
「私はそばにいるから、言いたいことがあったら言ってみて。聞いてるから」
とメッセージがあり、ウンソルがそばにいると思って、話してみようということになるの。
ユジンたちは心から謝り、泣いてた。

と、そのとき自販機からジュースが出た音がするのね。
自販機に行ってみると、3人がそれぞれ好きなジュースが出てきていたわ。
ウンソルだとわかった3人は謝り、ウンソルは「大丈夫よ」と。

その頃、ゴンシルは学校の外で見守っていたの。
ウンソルの幽霊が気持ちを伝え終わった後、
消えていくのを手を振って見送るゴンシル。

そんなゴンシルが理解できないジュンウォンは
ゴンシルを置き去りに^^;;

その後、ショッピングセンターに戻ったゴンシルは
グィドから「掃除チームで仕事をしてもいいと社長が言っていた」と伝えるの。
この言葉に嬉しそうなゴンシル。

幽霊の事件が解決したあと、泉には幽霊が願いを叶えてくれるということで
人がどんどんやってくるのね。
この様子にジュンウォンは満足そう。

その後、ジュンウォンのところへ叔母ソンランがやってくるの。
今回の幽霊の事件で、ジュンウォンがヒジュの事件を
まだ引きずっているのではないかと思うソンランは心配するんだけど
ジュンウォンは「心配しないでください。
確実にいえることは、一度もヒジュが死んだのは自分のせいだとは思っていないことです」
と言うのね。

ジュンウォンが監禁されたときにやってきたのはヒジュ。
ヒジュを心配するジュンウォンに
「悪かったわね」とヒジュは言っていたらしい。

その頃、夫ソクチョルとショッピングセンターを歩いていたソンランは
ゴンシルを見かけるの。
「ヘソンの結婚式のときに現れた女性だ」というソクチョル。
そこでソンランはゴンシルに近づき
「テ・ゴンシル。覚えておくわ」と言い、立ち去ったわ。

と、そのときカン・ウがやってくるの。
「仕事は終わりましたか?終わったなら一緒に帰りましょう。家に」
と言うので、掃除チームのおばさんたちは、
ゴンシルがカン・ウと付き合ってるんだと思って、大騒ぎ。
ゴンシルも「一緒に帰りましょう」と言われて舞い上がるのね。

そんなゴンシルを見かけたジュンウォンは面白くないらしい。
通り過ぎようと思ったけど、気になるので
「また何か見えたのか?」と声をかけるの。
「見えませんけど」というゴンシルは
ジュンウォンに辛い過去があることを知ってたら
ヒジュが見えたことを話さなかったのにと言うのね。
「きっとヒジュさんはあなたに全部忘れて、
生きてる人は生きないとと言うでしょう。あなたのせいじゃないわ」とゴンシル。
「お前が見える幽霊を呼べるのか?」
「どうして?」
「呼べるのなら呼んでみろ。話があるんだ」
「どんな?」
「悪い女」
とジュンウォンは言い・・・

ゴンシルを避けようとするのに、
ゴンシルがカン・ウと話をして嬉しそうなのは気に入らんのだな。
なかなかツンデレ具合がジソプさん、いい感じですわ♪

出てくる幽霊さんの顔は怖いけど、
今のところ、誰かを恨んでいる幽霊さんではないのが
ちょっとホッとするよね。




にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ   人気ブログランキングへ      
※ランキングに参加しています。1日1回のクリックが反映されます!
 ランキングバナークリックはとても励みになっていますので
 それぞれに応援の1クリックしていただけると嬉しいです♪

◆ブログランキング◆

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

人気ブログランキングへ

1日に1回、毎日クリックしていただくとランキングに反映されますので、お帰りの際にそれぞれに応援の1クリックして頂けると嬉しいです♪

※アクションはクリックだけで結構です。立ち上がったウィンドウで何かをしないといけないこともありませんので、そのまま閉じてくださいね。

 

苺

Author:苺

このブログはコメント欄を閉じていますので
メッセージがある方は、メールフォームか
管理人へメッセージの記事のコメント欄を
お使いください。
記事の応援、更新の応援などはブログランキングのバナーをクリックしていただけると、
ものすごく嬉しいです♪ 
よろしくお願いいたします!

最新記事

Twitter

Twitter

検索

 




カテゴリ

全記事表示リンク

このブログについて

記事内のマーク説明
 →ドラマ表紙へ

レビューは完全にネタバレしています。
みなさんの好きなドラマや俳優さんの ことを悪く言ってしまうこともありますが、
個人的な感想ですのでご了承ください。

なお、字幕なし視聴はハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますが
ご理解ください。

リンクはフリーですが、
お声をかけていただくと嬉しいです。
管理人へのメッセージは下にあります
メールフォームからお願いします。

また宣伝目的のコメントや
管理人が不愉快・不適切と判断した
コメントは削除させていただくことがありますのでご了承ください。

※当ブログにて使用させて頂いております画像等の著作権・肖像権は全て出所元に帰属しています。画像コピー、転載は、ご遠慮下さい。
サイト内の文章(特にレビューの文章)の無断転載もお断りします。

MAIL

管理人へのメールはコチラから♪
返信が必要な方は必ずメールアドレスを明記してくださいね♪
管理人の判断で返信しない場合もあります。
ご了承ください。

宣伝目的のメールはご遠慮ください。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

<>+-

カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

Admin

アクセスランキング

2014/10/01~

 

 

 

ブログランキング ドット ネット

06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
Copyright © 気ままに苺日和 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM)  …   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。