--.--.--*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.08.17*Sat*

Two Weeks (4話)


ドラマ情報&他の話数のレビューはコチラ → Two Weeks

【あらすじ】
テサンは捕えられないように、山で狂ったように走って降りて行くが、
誰かがテサンを捕まえる。
目の前から消えたテサンをジェギョンととスンウはテサンの背後に誰かがいると疑う。
イネはニュースでテサンの脱走のニュースに接して驚く。
一方、テサンをにがしたジェギョンとスンウは初めから再び捜査をする。
スンウはテサンの通話内訳リストにイネの電話番号を発見して慌てるが…


このドラマは字幕なし視聴です。
ハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますがご理解ください。


← 3話      4話   7     5話 →


警察に見つかるも、必死で逃げ、
山の方へと登ってしまうテサンは、
身動きできない状態に。

もうだめかもと思いながら、
スジンから預かった人形を握り締め
「助けてくれ」とお願いするテサン。

するとそのとき、山のふもとのほうで爆発が何度もあり、
警察がこの爆発にテサンが関わっていると思って
爆発のしたほうへと集まったため、
その隙にテサンは逃げた!

だけどテサンは途中で何者かに捕まるの。
その人物とはキム先生。
「ミスクのビデオカメラは?」と聞くキム先生は
言わなければテサンを殺すというの。
ビデオカメラってなんだ?と思うテサンは、
キム先生をうまく交わして、逃走。

ようやく警察と離れてたところに出たテサンだけど、
このまま走って逃げるのは無理だと考えたのね。
そこで警察車両の中から警察の帽子やジャンパーを拝借。

やってきた回送バスに
警察のふりをして乗せてもらうことができたわ。

そしてやってきた村で、父親がおらず、母親は聴覚障害者で娘が1人いる家を見つけるの。
新聞紙でくるんだ包丁をちらつかせてやってきたテサンは
母親と娘を縛り、やっとご飯にありつけたわ。
母親はテサンが娘を狙っていると思ったのね。
これに気づいたテサンは娘に肌が露出しない服に着替えさせてた。

食事後、山の中で包丁を突きつけられたときに
首に傷ができたことに気づいたテサンは
スジンの主治医に「ケガをしてはだめ」と言われたことを思い出すの。
「消毒液はないか」と聞くけど、消毒液はないらしい。
とにかくシャワーで傷口を洗い、塗り薬を塗り、絆創膏を貼るテサン。

その間、娘は母親に
「あの人は悪い人には見えない」と話してた。

一方、スンウとジェギョンはテサンが
村に潜伏しているのではないかと思い、
一軒一軒訪ねることに。
テサンのいる家にもやってくるんだけど、
その家の娘はテサンがいるとは言わなかったのね。

家に戻ってくるまで母親が人質になっていたけど、
もう大丈夫だとわかると母親から手を離し
「すまない」とテサン。

その後、明かりを消し、母親と娘を寝かせたテサンは
ビデオカメラのことを思い出すの。
質屋でミスクから預かったあと、
家に持ち帰り、マンソクが旅行に持って行くと言っていたことを思い出したのね。

翌朝、テサンは髪型を変え、メガネをかけ、
その家の父のスーツを拝借するの。
そんなテサンに
「どこに行くの?」と言う娘。
「お前に言うわけないだろう。それに俺は脱走者だ。
絶対に捕まってはいけない脱走者。
逃げるために金を貸してくれ。必ず返しにくるから。
それと俺が行ったあと、警察がきたら、必ずこう言ってくれ。
俺はミスクを殺していないと」
「殺していないのにどうして?」
「俺は人を殴っても人を刺すことはない。人の血が一番怖いんだ」
と言い、テサンは去っていくの。

すぐに警察に通報しろと言う母親だけど
娘は家の門のところの合図のランプを直してくれていたので
「もう少しあとにしよう」と言うの。

一方、イネは偶然ニュースを見ていて逃亡しているのがテサンだということを知るの。
スジンの手術が危うくなったイネは呆然。

その頃、ジェギョンはイルソクがテサンに指示してミスクを殺したのに、
どうして脱走したテサンをイルソクが助けるのかと思うのね。
イルソクは裏切り者を絶対に許さないので、
今の状況でイルソクが手伝うわけがないと思っているらしい。

AM9:30
テサンはソウル行きの高速バスに乗り込んだわ。
途中、検問があるけど、テサンは目をそらさず堂々としていて、気づかれずにすんだわ。

一方、ハン検事は上司に呼び出され、
ジェギョンがテサンの事件からおりたはずなのに
どうしてジェギョンが関わっているのかと怒るの。
その話の中でハン検事は
ジェギョンをおろしたのがチョ議員だということを知るの。

その後、部屋に戻ったハン検事はジェギョンにこのことを報告。
ジェギョンもテサンがビデオカメラを持っていることを報告するのね。

そしてジェギョンはチョ議員に電話をするけど、
インタビューしているため拒否されるの。
そこでジェギョンはインタビューをしている記者に電話をして
チョ議員と直接話すことに。

「テサンを必ず捕まえるし、ビデオカメラをみつけたら、
そのときにプレゼントを贈るわ」とジェギョン。
でもチョ議員はビデオカメラのことを知らないので
「あとで連絡するわ」と電話を切るの。

電話を切ったジェギョンは
「ビデオカメラはチョ議員の手元にはないわ。
テサンをイルソクが助けたのは、そういうことだったんだわ。
ビデオカメラがテサンの手にあるんだわ」と。

その頃、チョ議員はビデオカメラのことを知り、
今まで一度も直接行ったことのないイルソクの会社に行き、
いきなりイルソクにビンタを。
「ビデオカメラがあるって?責任を取ってくれるんでしょうね」
とチョ議員は帰って行ったわ。

一方、マンソクはヨンジャに「急用」と呼ばれて店に行くと
旅行のときの写真を見せられるの。
そのビデオカメラを見るだけで、テサンのことを思い出すマンソクは
ビデオカメラをヨンジャに預けてた。

その頃、テサンの携帯の履歴を調べろと言われていたイルドは
スンウに履歴の書類を持っていくの。
その書類を見たスンウは見覚えの番号があることに気づいたわ。
自分の携帯を出し、確認するスンウ。
そう、その携帯は間違いなくイネの携帯番号だったのね。

「たった一回だけだ。でもどうしてイネさんはテサンに電話を?」と思うスンウ。
と、そのときジェギョンがやってきたので、会議を。
スンウは履歴にイネの番号があることは報告したくないらしく、
「ちょっと出かけてくる」と出て行ったわ。

一方、テサンはイネに電話を。
驚くイネは人気のないところへいくの。
「どうして人を殺したのか。
どうして娘を助けないといけない人がそんなことができるのか」と責めるイネに
「俺は人を殺していない。スジンの手術までは生きないといけないから逃げてるんだ。
手術の日には必ず病院に行く。お前との約束ではなくスジンとの約束なんだ。
だけど俺は見つかったら殺される。だからお前も俺とスジンの関係を誰にも言うな。
もし言ったらお前たちが危険な目に遭う」と話すの。

その頃、スンウは質屋に行き、テサンのことをいろいろと聞いていたの。
ミスクがテサンを慕っていたことを話しているとき、
「そういえば、ここに似つかわない女が来た」と話すテリョンとソクドゥ。
服装や髪形を聞いたスンウはイネだとわかるのね。

スジンの実父がテサンなのか?と
考えたくもないことを考えてしまうスンウは
イネとの出会いを思い出してた。

それは4年前。
不法侵入している人がいると通報を受けたスンウは
ある場所へ。
そこにはイネとスジンがいて、事情を話したイネは
「行く所が出来るまでここにいさせてほしい」とお願いを。
冬なのに暖房器具のないこの場所に
子供を置いておくのはダメだと思ったスンウは
知り合いがとうぶん帰ってこない家にイネとスジンを連れて行ったわ。

それからイネと付き合いだしたらしい。

そんなことを思いながら病院に着いたスンウ。
イネを見つけ「スジンの実父はテサンなのか」と聞きたい衝動にかられるけど、
実際には聞けず。

イネとスジンの病室に行こうとしたとき、
スンウの携帯がなり、テサンが潜伏していた家から
通報があったと報告を受けるの。
イネはテサンのことだと思って、ビクビクしてた。

PM7:00
テサンは質屋から出てくるソクドゥを捕まえ、
「俺を人殺しに仕組んだのは誰だ。イルソクか」と聞くんだけど
「知らない」とソクドゥ。
そこで「それならお前がミスクの家に行けと言ったんだから
お前がミスクを殺したんだな」とテサンがいうと、
「俺たちはただ、テサンさんがミスクの家に行くように仕向けろといわれただけ。
それと監視カメラを取れといわれただけなんだ。本当だ」とソクドゥ。

このソクドゥの話で、全て仕組んだのがイルソクだとわかったテサン。
そして山でビデオカメラはどこだと聞かれたことを思い出したテサンは
「ビデオカメラになにかあるんだ」と思うのね。

その後、テサンはマンソクの仕事場に電話を。
この電話を盗聴していたのはイルソクたち。

マンソクはスンウとイルドから、
捕まえたらテサンの刑を軽くすると言われたのかなぁ。
ちょっと違うかも。
そのためテサンに「家が一番安全だ。家に来い」と言ってた。

マンソクが電話を切ると、スンウとイルドはマンソクの家へと向かうの。
二人でテサンを待ち伏せして捕まえる作戦らしい。

ここから来るであろうと思われるところで待機していたスンウとイルドだけど
テサンの前にマンソクが帰ってきたのね。
「なんでマンソクが先なんだ?」と思うスンウ。

その頃、家に帰ったマンソクは電気をつける前に、何者かに襲われるの。
それはキム先生で、テサンだと思っていたらしく、
テサンでないことに驚いてた。

一方、テサンは警察がいるかもしれないと裏から家へと向かうのね。
家の中に入ったテサンは部屋の真ん中で
血まみれになって倒れているマンソクを見つけるの。

驚いたマンソクに駆け寄ったテサンの背後にはキム先生がナイフを持って
忍び寄ろうとしてた。

その頃、スンウはテサンが来るのが遅すぎるし、
マンソクは家に入ったのに明かりをつけていないのはおかしいと、
家に向かっていたの。
ちょうど家の前に来たときは部屋の明かりがついていて、
中に突入するつもりだったスンウ。
と、そのときスンウの携帯が鳴っちゃった。

この音でキム先生は電気を消し、身を隠したわ。
テサンは誰かに仕組まれていると思い、
ミスクのときのようにならないようにと、
ドアから逃げようとするんだけど、
そこにはスンウがいて・・・

ま、あんな近距離にスンウがいたけど、
また逃げ切るんでしょうな(笑)

これ、毎回最後に捕まる危機に陥り、
次の回が始まると、うまく逃げ切って、
また最後に危機に陥るパターンなのかしら。
どこかでパターンを裏切ってもらいたいもんだわ。




にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ   人気ブログランキングへ      
※ランキングに参加しています。1日1回のクリックが反映されます!
 ランキングバナークリックはとても励みになっていますので
 それぞれに応援の1クリックしていただけると嬉しいです♪

◆ブログランキング◆

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

人気ブログランキングへ

1日に1回、毎日クリックしていただくとランキングに反映されますので、お帰りの際にそれぞれに応援の1クリックして頂けると嬉しいです♪

※アクションはクリックだけで結構です。立ち上がったウィンドウで何かをしないといけないこともありませんので、そのまま閉じてくださいね。

 

苺

Author:苺

このブログはコメント欄を閉じていますので
メッセージがある方は、メールフォームか
管理人へメッセージの記事のコメント欄を
お使いください。
記事の応援、更新の応援などはブログランキングのバナーをクリックしていただけると、
ものすごく嬉しいです♪ 
よろしくお願いいたします!

最新記事

Twitter

Twitter

検索

 




カテゴリ

全記事表示リンク

このブログについて

記事内のマーク説明
 →ドラマ表紙へ

レビューは完全にネタバレしています。
みなさんの好きなドラマや俳優さんの ことを悪く言ってしまうこともありますが、
個人的な感想ですのでご了承ください。

なお、字幕なし視聴はハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますが
ご理解ください。

リンクはフリーですが、
お声をかけていただくと嬉しいです。
管理人へのメッセージは下にあります
メールフォームからお願いします。

また宣伝目的のコメントや
管理人が不愉快・不適切と判断した
コメントは削除させていただくことがありますのでご了承ください。

※当ブログにて使用させて頂いております画像等の著作権・肖像権は全て出所元に帰属しています。画像コピー、転載は、ご遠慮下さい。
サイト内の文章(特にレビューの文章)の無断転載もお断りします。

MAIL

管理人へのメールはコチラから♪
返信が必要な方は必ずメールアドレスを明記してくださいね♪
管理人の判断で返信しない場合もあります。
ご了承ください。

宣伝目的のメールはご遠慮ください。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

<>+-

カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

Admin

アクセスランキング

2014/10/01~

 

 

 

ブログランキング ドット ネット

08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Copyright © 気ままに苺日和 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM)  …   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。