--.--.--*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.08.31*Sat*

Two Weeks (7話)


ドラマ情報&他の話数のレビューはコチラ → Two Weeks

【あらすじ】
スンウは嬉しそうなス人を見て絶望に陥る。
事務所に戻ったスンウはチーム員が自身を除いて作戦に投入されたのを知って怒る。
ジェギョンとチーム員は密航を試みるテサンを追いかける。
一方、気を失って目をが覚めたジェギョンの前にムン・イルソクが現れて…


このドラマは字幕なし視聴です。
ハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますがご理解ください。


← 6話      7話   8     8話 →


スジンに会いに行ったイルソクは
スジンから「さっきパパが来た」と聞かされ、
テサンが生きていることを知るの。

一方、イネは病院に来たスンウと喫茶店で話を。

スンウはイネにテサンのことを確認したいけど
「スジンの実父の話は手術が終わった後に話す」
と言われ、それ以上聞けず。

その後、スジンと面会をしたスンウは
スジンと話しながら、テサンを撃ってしまったことを謝ってた・・・

そしてスンウは警察に戻るんだけど
スンウのチームは誰もいないの。
近くにいた人に聞いてみると
「特別な捜査が入ったとかで、携帯も連絡がつかないと言っていた」
と聞かされるスンウ。

その刑事たちは、ジェギョンから携帯を没収され、
釜山へと向かっていたの。

実はジェギョンはハン検事にテサンが釜山から外国に行くことを報告。
テサンが逃亡している事情を知っているジェギョンとハン検事は
どうにかしてテサンを保護しようと考えたのね。
ジェギョンはスンウを連れて行こうと連絡を取ったんだけど
ハン検事は
「私情が入るイム刑事(スンウ)は連れて行くな」と。
このアドバイスどおり、スンウは置いてけぼりになっちゃった。

一方、イルソクはジェギョンがスンウをのぞいて、消えたことを聞かされ、
テサンの居場所がわかったんだと思うのね。

その頃、釜山に到着したテサンはイネと出会った場所に行き、
イネとの思い出を思い出してた。
そして待ち合わせ場所のトイレへ。
そこへ「代理運転を呼びましたか」と聞く人がやってくるの。
チャグクから言われていた合言葉だとわかったテサンは
その人について船の中へ。

この様子をジェギョンたちが確認してた。

船の中を確認されても見つからないような場所に入れられたテサンは、
薬を塗りなおし、しばし休憩を。
と、そのとき誰かがやってきた足音がするの。
テサンは身を隠すんだけど、
ジェギョンたちにドアをあけられ、テサンは逃げられない状態に。
そしてテサンはジェギョンたちに捕まったわ。

実はハン検事から
「テサンを捕まえたら一番にすることは、自分を信じさせることだ。
テサンは誰の言葉も聞き入れないはずだから。娘の手術のことも知ってると話すんだ」
とアドバイスをされていたジェギョンは、
自分たちがテサンをつれてソウルに戻ると刑事たちに話すの。

だけど刑事たちは、それに反発。
そこでジェギョンは刑事数名が乗り込むことを許可。
その代わり、テサンに何も聞くなという条件を出したわ。

そして携帯を返してもらった刑事たち。
イルドが電源を入れると、スンウの怒りのメールが何通も入ってて、
イルドはおののいてた^^;;

すぐにスンウに電話して「テサンを捕まえた」と報告するイルド。
「酔ってるのか?死んだやつを捕まえられるわけがないだろう」と言うスンウに
「生きてたんです」と言い、今からソウルにもどるとイルドは電話を切ったわ。

ソウルにもどってくるまでジッと待っていることが出来ないスンウは、
イルドの携帯の位置をGPSで確認しながら、向かうことに。

一方、ソウルに向かっていたジェギョンたちは、
渋滞に巻き込まれ、国道に下りることにするの。
するとやけにゆっくり走る車がいて、
運転するト捜査官が追い越そうとしたとき、
前からトラックがやってくるの。

そのトラックはジェギョンたちの車が近くになるにつれ、
荷台が開き、通り過ぎる直前、荷台に乗った男に車を襲撃されるの。
車の中は煙だらけになり、刑事たちが次々と車から降りると、
前をゆっくり走っていた車の人たちが降りてきて、
刑事たちを棒で殴り、携帯を壊して行ったわ。

この混乱の中、テサンは逃げようと思い、車から降りるの。
ジェギョンはテサンを逃がさないように捕まえていたんだけど、
男たちに殴られ、一瞬、気を失った隙にテサンを連れ去られちゃった。
携帯で男たちの車のナンバーを連絡しようとするけど、
携帯を壊されていたため、
ちょうど現場を通った人に車を拝借し、
男たちを追うの。
だけどジェギョンに気づいた男たちはジェギョンをまいたわ。

すべての予定が狂ったジェギョンは
これはイルソクの部下に違いないと確信し、
今まで調べ上げた情報を思い出し、連れて行きそうなところがないか探すのね。
そして思い当たる場所があったらしい。

一方、倉庫に連れてこられたテサンは
水をかけられ起こされるの。
目が覚めたテサンの前に居たのはイルソク。
驚くテサンに
「ビデオカメラを出せ」とイルソクは言い、
この言葉にテサンはさらに驚くの。
マンソクが亡くなったときにカメラをイルソクが奪ったと思っていたのよね。
それなのに違ったとわかり、
「俺は知らない」と言いかけるテサン。
するとその言葉を阻止し
「知らないとは言わせない」とイルソク。

テサンはイルソクにやられるのを阻止しないといけないと心に決め、
「どうして俺だったんですか」と。
「最初も言うとおりにしたし、2回目もそうだったじゃないか。イヤといわなかった」
「脅したじゃないか」と反論するテサンに
「女と別れたのはお前だ」と言い、
あくまでもテサンのせいだと言い張るイルソク。

その後、イルソクはテサンの背中の銃弾を見て、
誰かが手助けしていることを知るの。
「誰に手助けしてもらったか言え」と言われたテサンは
「俺が自分で処置をした」と言い張ったわ。

その頃、ジェギョンは思い当たる倉庫にやってきていたの。
車がないことに不審に思うジェギョンは、
恐る恐る倉庫に入っていくのね。

と、そのときイルソクの部下に見つかり、殴り合いを。
男二人を倒して、気が緩んだところを
キム先生に見つかったジェギョンは
不意をつかれて投げ飛ばされたわ。
そしてジェギョンは捕まってしまうのね。

イルソクはソヒに電話して、指示を仰ぐの。
するとソヒは「殺しなさい」と。

そこでイルソクはジェギョンを連れてテサンのところへ。
「検事さん?」と聞くテサンに
「こいつは1番最初の事件のときの被害者の娘だ」とイルソク。
そしてジェギョンが父の仇を討つためにテサンを捕まえようとしていたと
ウソを教えるの。
口をふさがれているジェギョンは必死で首を横に振るけど、
イルソクはテサンに銃を渡すの。
「これであいつを殺したら、お前は生き延びられるぞ。
俺がお前を殺そうとしていたのは、あいつのせいだからな。
だけどお前があいつを殺したら、俺はお前を殺す理由はない」
とジェギョンを殺すように仕向けるイルソク。

迷ったあげく、イルソクから銃を受け取ったテサンは
「こいつを殺して、カメラはここを出て探す」と言うの。
イルソクは「そうしろ」と言い、
テサンはジェギョンに銃を向け・・・

いくらスジンのためとはいえ、
テサンは人を殺せないと思うのよね~
って予告でジェギョン生きてたし^^;;

チョ・ミンギさんはこういうムカツク役は
とくに上手よね。
ほんと見ててムカツクわ。




にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ   人気ブログランキングへ      
※ランキングに参加しています。1日1回のクリックが反映されます!
 ランキングバナークリックはとても励みになっていますので
 それぞれに応援の1クリックしていただけると嬉しいです♪

◆ブログランキング◆

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

人気ブログランキングへ

1日に1回、毎日クリックしていただくとランキングに反映されますので、お帰りの際にそれぞれに応援の1クリックして頂けると嬉しいです♪

※アクションはクリックだけで結構です。立ち上がったウィンドウで何かをしないといけないこともありませんので、そのまま閉じてくださいね。

 

苺

Author:苺

このブログはコメント欄を閉じていますので
メッセージがある方は、メールフォームか
管理人へメッセージの記事のコメント欄を
お使いください。
記事の応援、更新の応援などはブログランキングのバナーをクリックしていただけると、
ものすごく嬉しいです♪ 
よろしくお願いいたします!

最新記事

Twitter

Twitter

検索

 




カテゴリ

全記事表示リンク

このブログについて

記事内のマーク説明
 →ドラマ表紙へ

レビューは完全にネタバレしています。
みなさんの好きなドラマや俳優さんの ことを悪く言ってしまうこともありますが、
個人的な感想ですのでご了承ください。

なお、字幕なし視聴はハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますが
ご理解ください。

リンクはフリーですが、
お声をかけていただくと嬉しいです。
管理人へのメッセージは下にあります
メールフォームからお願いします。

また宣伝目的のコメントや
管理人が不愉快・不適切と判断した
コメントは削除させていただくことがありますのでご了承ください。

※当ブログにて使用させて頂いております画像等の著作権・肖像権は全て出所元に帰属しています。画像コピー、転載は、ご遠慮下さい。
サイト内の文章(特にレビューの文章)の無断転載もお断りします。

MAIL

管理人へのメールはコチラから♪
返信が必要な方は必ずメールアドレスを明記してくださいね♪
管理人の判断で返信しない場合もあります。
ご了承ください。

宣伝目的のメールはご遠慮ください。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

<>+-

カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

Admin

アクセスランキング

2014/10/01~

 

 

 

ブログランキング ドット ネット

08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Copyright © 気ままに苺日和 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM)  …   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。